角館旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2018年の4月下旬、桜前線が北上してきた東北・秋田県に、お花見をメインとした2泊3日の旅へ。<br /><br />内蔵で知られる「増田」の次に訪れたのが、”みちのくの小京都”とも称される「角館」。<br />目的はもちろん、”日本さくら名所100選”にも選定されている角館の桜!<br />例年4月下旬に満開となり、特に有名な武家屋敷通りのしだれ桜をはじめとして、昔ながらの町並みが残る町内を美しく彩る様は、まさに桜劇場♪<br /><br />今回は大きく三幕に分かれ、<br />・第一幕:武家屋敷通りのしだれ桜(夜景)<br />・第二幕:武家屋敷通りのしだれ桜(昼景)&武家屋敷青柳家<br />・第三幕:桧木内川堤のソメイヨシノ<br />という順番で角館町内を巡ってみました。<br /><br />しだれ桜はもうすでに散り始めって感じでしたが、桧木内川堤のソメイヨシノは今がまさに満開。<br />お天気にも恵まれ、絶好のお花見日よりの中、角館の桜を堪能することができました。

さくら舞う東北・出羽國へ【2】~角館・昼夜の桜劇場全三幕 武家屋敷街&桧木内川堤をめぐり歩く~

30いいね!

2018/04/27 - 2018/04/29

112位(同エリア580件中)

2018年の4月下旬、桜前線が北上してきた東北・秋田県に、お花見をメインとした2泊3日の旅へ。

内蔵で知られる「増田」の次に訪れたのが、”みちのくの小京都”とも称される「角館」。
目的はもちろん、”日本さくら名所100選”にも選定されている角館の桜!
例年4月下旬に満開となり、特に有名な武家屋敷通りのしだれ桜をはじめとして、昔ながらの町並みが残る町内を美しく彩る様は、まさに桜劇場♪

今回は大きく三幕に分かれ、
・第一幕:武家屋敷通りのしだれ桜(夜景)
・第二幕:武家屋敷通りのしだれ桜(昼景)&武家屋敷青柳家
・第三幕:桧木内川堤のソメイヨシノ
という順番で角館町内を巡ってみました。

しだれ桜はもうすでに散り始めって感じでしたが、桧木内川堤のソメイヨシノは今がまさに満開。
お天気にも恵まれ、絶好のお花見日よりの中、角館の桜を堪能することができました。

旅行の満足度
4.5
観光
4.5
ホテル
3.5
グルメ
3.5
ショッピング
4.0
交通
3.5
交通手段
レンタカー JRローカル 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 〔 角館駅 〕<br /><br />秋田県東南部の横手市「増田」から「大曲」を経由し、夕方の17時過ぎくらいに「角館駅」へ到着。<br /><br />ここ「角館」は、”みちのくの小京都”とも称される県を代表する観光地。<br />春のこの季節、武家屋敷通りに華麗に咲くしだれ桜が特に有名・・・ということで、今回の旅のメインイベントは”角館の桜”です!

    〔 角館駅 〕

    秋田県東南部の横手市「増田」から「大曲」を経由し、夕方の17時過ぎくらいに「角館駅」へ到着。

    ここ「角館」は、”みちのくの小京都”とも称される県を代表する観光地。
    春のこの季節、武家屋敷通りに華麗に咲くしだれ桜が特に有名・・・ということで、今回の旅のメインイベントは”角館の桜”です!

    角館駅

  • 〔 町家ホテル 角館 〕<br /><br />町の中心部まで少し距離があり、駆け足で駅へと戻る観光客とすれ違いながらしばらく歩いていくと、この日の宿「町家ホテル 角館」に到着。<br />この時期、角館市内のホテルはどこも満室なんですが、たまたまキャンセルがでたのか、幸運にも予約することができました。

    〔 町家ホテル 角館 〕

    町の中心部まで少し距離があり、駆け足で駅へと戻る観光客とすれ違いながらしばらく歩いていくと、この日の宿「町家ホテル 角館」に到着。
    この時期、角館市内のホテルはどこも満室なんですが、たまたまキャンセルがでたのか、幸運にも予約することができました。

    町家ホテル 角館 宿・ホテル

    2名1室合計 9,936円~

  • 早速チェックインして部屋へ。<br /><br />メインスポットの「武家屋敷通り」が徒歩圏内という抜群のロケーションとともに、2017年のオープンで施設・設備も新しくとても快適で、フロントの方もとても親切でした。<br />まぁ、あえて言えば、部屋がちょっと狭めなのと、最盛期なので少しお値段が高め(1泊朝食付で大人13,000円程度)なとこくらい。。。

    早速チェックインして部屋へ。

    メインスポットの「武家屋敷通り」が徒歩圏内という抜群のロケーションとともに、2017年のオープンで施設・設備も新しくとても快適で、フロントの方もとても親切でした。
    まぁ、あえて言えば、部屋がちょっと狭めなのと、最盛期なので少しお値段が高め(1泊朝食付で大人13,000円程度)なとこくらい。。。

  • 〔 角館の桜まつり 〕<br /><br />ホテルでひと休みし、陽も落ちてきたくらいに行動を再開。<br />&quot;角館桜劇場&quot;の第一幕は「武家屋敷通り」の夜桜♪<br /><br />桜の開花に合わせて開催される「角館の桜まつり」期間中、「武家屋敷通り」のライトアップ(2018年は4月20日~5月5日)をやっており、今からここを歩いてみることに。

    〔 角館の桜まつり 〕

    ホテルでひと休みし、陽も落ちてきたくらいに行動を再開。
    "角館桜劇場"の第一幕は「武家屋敷通り」の夜桜♪

    桜の開花に合わせて開催される「角館の桜まつり」期間中、「武家屋敷通り」のライトアップ(2018年は4月20日~5月5日)をやっており、今からここを歩いてみることに。

    角館の桜まつり 祭り・イベント

  • 「角館樺細工(かばざいく)伝承館」の前まで来てみると、すでにライトアップが始まってました。<br />う~ん、ちょっと出遅れたかな(^^ゞ

    「角館樺細工(かばざいく)伝承館」の前まで来てみると、すでにライトアップが始まってました。
    う~ん、ちょっと出遅れたかな(^^ゞ

    角館樺細工伝承館 美術館・博物館

  • 陽が沈んだ直後の深いブルーの空を背景に、桜色のしだれ桜が妖艶に咲き誇り♪

    イチオシ

    陽が沈んだ直後の深いブルーの空を背景に、桜色のしだれ桜が妖艶に咲き誇り♪

  • あ、ちなみにすべて手持ち撮影なので、手ブレはご容赦を。<br />大勢の観光客がいる中を重い三脚持って歩くのは、いろいろ大変なので。

    あ、ちなみにすべて手持ち撮影なので、手ブレはご容赦を。
    大勢の観光客がいる中を重い三脚持って歩くのは、いろいろ大変なので。

  • それにしても、夜だというのにすごい人出。。。<br />これでも人並みが切れた瞬間を狙ってるんですが、完全に排除するのは無理だなぁ・・・。

    それにしても、夜だというのにすごい人出。。。
    これでも人並みが切れた瞬間を狙ってるんですが、完全に排除するのは無理だなぁ・・・。

  • (どこかの)武家屋敷の蔵もライトアップ♪

    (どこかの)武家屋敷の蔵もライトアップ♪

  • そのまま”表町上丁”まで歩いてゆくと、暗闇の中に浮かび上がる見事な一本桜が登場(*^^*)<br /><br />角館町内には、国の天然記念物に指定されているしだれ桜が162本あり、この中の79番木だそうです。

    イチオシ

    地図を見る

    そのまま”表町上丁”まで歩いてゆくと、暗闇の中に浮かび上がる見事な一本桜が登場(*^^*)

    角館町内には、国の天然記念物に指定されているしだれ桜が162本あり、この中の79番木だそうです。

  • 下から見上げると、空を覆い尽くさんばかりの枝ぶり!

    下から見上げると、空を覆い尽くさんばかりの枝ぶり!

  • 周囲が真っ暗なので、一本桜の存在感がより一層引き立ちます。<br />いや~、圧巻の姿ですねぇ。

    周囲が真っ暗なので、一本桜の存在感がより一層引き立ちます。
    いや~、圧巻の姿ですねぇ。

  • そろそろこのあたりでUターン。<br /><br />約800メートルある「武家屋敷通り」を歩いてみましたが、やっぱり伝承館周辺が一番華やかな雰囲気で、また、最後に現れた一本桜もすごい迫力でした。<br /><br />そんなに大した距離でもないため、ぷらっと歩いていれば、きっとお気に入りの1本が見つかると思いますよ~。

    そろそろこのあたりでUターン。

    約800メートルある「武家屋敷通り」を歩いてみましたが、やっぱり伝承館周辺が一番華やかな雰囲気で、また、最後に現れた一本桜もすごい迫力でした。

    そんなに大した距離でもないため、ぷらっと歩いていれば、きっとお気に入りの1本が見つかると思いますよ~。

  • 〔 町家ホテル 角館 〕<br /><br />翌朝、この日のお天気は快晴で、絶好のお花見日和となりそう。<br />ホテルのすぐとなりに建つ「食彩町家館」の2階レストランで朝食をいただき、昨日の夜に引き続き町内の散策へと出発!

    〔 町家ホテル 角館 〕

    翌朝、この日のお天気は快晴で、絶好のお花見日和となりそう。
    ホテルのすぐとなりに建つ「食彩町家館」の2階レストランで朝食をいただき、昨日の夜に引き続き町内の散策へと出発!

    町家ホテル 角館 宿・ホテル

    2名1室合計 9,936円~

  • 〔 武家屋敷通り 〕<br /><br />ホテルから2分ほども歩けば、「武家屋敷通り」の入り口に到着するという完璧な立地(笑)<br /><br />ここ角館は佐竹氏一門の佐竹北家が領した地で、黒板塀が連なる武家町には、当時の区割りそのままにお屋敷が残る貴重なエリアであり、国の重要伝統的建造物群保存地区の指定制度が開始された1976年に、その第1号として選定されています。

    〔 武家屋敷通り 〕

    ホテルから2分ほども歩けば、「武家屋敷通り」の入り口に到着するという完璧な立地(笑)

    ここ角館は佐竹氏一門の佐竹北家が領した地で、黒板塀が連なる武家町には、当時の区割りそのままにお屋敷が残る貴重なエリアであり、国の重要伝統的建造物群保存地区の指定制度が開始された1976年に、その第1号として選定されています。

  • 〔 角館の枝垂桜 〕<br /><br />そして有名なのが、この「武家屋敷通り」を彩るしだれ桜♪<br />”角館桜劇場”の第二幕は、(昼の)武家屋敷通りのしだれ桜です!<br /><br />この有名な「角館の枝垂桜」は、佐竹北家の2代義明の正室が京都から輿入れの際、3本の桜の苗木を持ってきたのが始まりだといわれています。<br />それがこんなにも広がるんですから、町全体でとても大切に育ててきたんだろうな~と。

    〔 角館の枝垂桜 〕

    そして有名なのが、この「武家屋敷通り」を彩るしだれ桜♪
    ”角館桜劇場”の第二幕は、(昼の)武家屋敷通りのしだれ桜です!

    この有名な「角館の枝垂桜」は、佐竹北家の2代義明の正室が京都から輿入れの際、3本の桜の苗木を持ってきたのが始まりだといわれています。
    それがこんなにも広がるんですから、町全体でとても大切に育ててきたんだろうな~と。

    角館の枝垂桜 花見

  • 見上げてみると、う~ん、パット見の印象ですが、緑の葉もちらほらあり、すでに散り始めっていう感じですかねぇ。<br />やっぱり、年々桜の開花って早まっているのかなぁ。。。

    見上げてみると、う~ん、パット見の印象ですが、緑の葉もちらほらあり、すでに散り始めっていう感じですかねぇ。
    やっぱり、年々桜の開花って早まっているのかなぁ。。。

  • 〔 角館樺細工伝承館 〕<br /><br />気を取り直して、「角館樺細工伝承館」の前まで来てみると、夜もそうでしたけども、しだれ桜が咲き誇りとっても華やかな雰囲気に(*^^*)

    イチオシ

    地図を見る

    〔 角館樺細工伝承館 〕

    気を取り直して、「角館樺細工伝承館」の前まで来てみると、夜もそうでしたけども、しだれ桜が咲き誇りとっても華やかな雰囲気に(*^^*)

    角館樺細工伝承館 美術館・博物館

  • それぞれ、花の色が微妙に違う感じがしませんか?

    それぞれ、花の色が微妙に違う感じがしませんか?

  • 小春日和の青空には、やっぱり桜の花が映えますな。

    小春日和の青空には、やっぱり桜の花が映えますな。

  • 門の奥にあるしだれ桜は、一番濃い鮮やかなピンク色♪

    門の奥にあるしだれ桜は、一番濃い鮮やかなピンク色♪

  • 〔 青柳家 〕<br /><br />「武家屋敷通り」には、内部を見学することができる武家屋敷が複数あり、お花見メインとはいえ、重伝建地区に来て寄らないのもあれなので、表町下丁に位置し、周囲との調和が美しい薬医門が残る「青柳家」を見学してみることに。

    〔 青柳家 〕

    「武家屋敷通り」には、内部を見学することができる武家屋敷が複数あり、お花見メインとはいえ、重伝建地区に来て寄らないのもあれなので、表町下丁に位置し、周囲との調和が美しい薬医門が残る「青柳家」を見学してみることに。

    青柳家 美術館・博物館

  • 青柳家は佐竹北家の家臣として続いた家で、敷地内には母屋や蔵をはじめ様々な展示施設があります(有料:大人500円)。

    青柳家は佐竹北家の家臣として続いた家で、敷地内には母屋や蔵をはじめ様々な展示施設があります(有料:大人500円)。

  • ではでは、約200年前に建てられたという母屋からスタート。

    ではでは、約200年前に建てられたという母屋からスタート。

  • そのまま母屋のとなりに建つ武器蔵へ。<br />武士の家・青柳家に代々伝わる貴重な鎧兜などが展示されています。

    そのまま母屋のとなりに建つ武器蔵へ。
    武士の家・青柳家に代々伝わる貴重な鎧兜などが展示されています。

  • ホンモノの刀に触ることができるコーナーも。<br />実際持ち上げてみると、ズシリとした重さを感じます。。。

    ホンモノの刀に触ることができるコーナーも。
    実際持ち上げてみると、ズシリとした重さを感じます。。。

  • 中庭には、上空から降るように咲くしだれ桜の優雅な姿が♪

    中庭には、上空から降るように咲くしだれ桜の優雅な姿が♪

  • 「秋田郷土館」の縁側に座り、お庭を眺めながらしばしの休憩。。。

    「秋田郷土館」の縁側に座り、お庭を眺めながらしばしの休憩。。。

  • せっかくなのでお抹茶をいただきました。<br />まー、こういうささやかな贅沢くらいさせてください(^^ゞ

    せっかくなのでお抹茶をいただきました。
    まー、こういうささやかな贅沢くらいさせてください(^^ゞ

  • 庭内にひっそりと咲くカタクリの花を見つけ!

    庭内にひっそりと咲くカタクリの花を見つけ!

  • 「ハイカラ館」には、(なぜか)昔懐かしい蓄音機とカメラが所狭しと置かれてました。<br />個人的に、こういう古いカメラは気になっちゃいますね。

    「ハイカラ館」には、(なぜか)昔懐かしい蓄音機とカメラが所狭しと置かれてました。
    個人的に、こういう古いカメラは気になっちゃいますね。

  • 敷地内をひと廻りして、母屋へと戻ってきました。<br /><br />武家屋敷とのことでしたが、敷地内には「解体新書記念館」(解体新書の附図を描いたのが、角館出身の武士で青柳家の親戚にあたる小野田直武という武士に由来した記念館)、「ハイカラ館」や「秋田郷土館」など、武家の生活のみにとらわれないバラエティに富んだ展示内容で、飽きさせない工夫がなされていました。

    敷地内をひと廻りして、母屋へと戻ってきました。

    武家屋敷とのことでしたが、敷地内には「解体新書記念館」(解体新書の附図を描いたのが、角館出身の武士で青柳家の親戚にあたる小野田直武という武士に由来した記念館)、「ハイカラ館」や「秋田郷土館」など、武家の生活のみにとらわれないバラエティに富んだ展示内容で、飽きさせない工夫がなされていました。

  • 「青柳家」を出て、引き続きここから町歩きを再開。

    「青柳家」を出て、引き続きここから町歩きを再開。

  • お、昨日の夜にも観た一本桜も。<br />やっぱり皆この桜には目を奪われるようで、桜の前には大勢の人が集まってますが、心なしか、闇夜に浮かび上がる姿の方がボリューム感があったような。。。

    お、昨日の夜にも観た一本桜も。
    やっぱり皆この桜には目を奪われるようで、桜の前には大勢の人が集まってますが、心なしか、闇夜に浮かび上がる姿の方がボリューム感があったような。。。

  • 夜には読めなかった案内板。<br />天然記念物の桜だけで162本もあるなんてスゴイ!<br />位置図を見ると、武家屋敷街全体にしだれ桜が植えられているのが分かります。

    夜には読めなかった案内板。
    天然記念物の桜だけで162本もあるなんてスゴイ!
    位置図を見ると、武家屋敷街全体にしだれ桜が植えられているのが分かります。

  • これで南北に貫く「武家屋敷通り」を歩いてきたことに。<br /><br />約800メートルにわたり武家屋敷と黒壁が続く通りを、薄紅色のしだれ桜が彩るたたずまいは、「みちのくの小京都」に相応しく、やっぱり見逃せないエリアです。<br />ただ、さすが角館を代表するスポットだけあって、まずはここを目指して人が集まってくるためか、かなりの混雑ぶり。<br />今度は別の季節に、ゆっくりと歩いてみたくなりました。

    これで南北に貫く「武家屋敷通り」を歩いてきたことに。

    約800メートルにわたり武家屋敷と黒壁が続く通りを、薄紅色のしだれ桜が彩るたたずまいは、「みちのくの小京都」に相応しく、やっぱり見逃せないエリアです。
    ただ、さすが角館を代表するスポットだけあって、まずはここを目指して人が集まってくるためか、かなりの混雑ぶり。
    今度は別の季節に、ゆっくりと歩いてみたくなりました。

  • 〔 桧木内川堤の桜並木/古城橋 〕<br /><br />ここから”角館桜劇場”の第三幕、桧木内川堤の桜並木です!<br /><br />武家屋敷街の西側を流れる「桧木内(ひのきない)川」の河川敷には、約2キロにわたって約400本のソメイヨシノの桜並木が続いており、その北端にあたる「古城橋」の上まで移動してきました。

    〔 桧木内川堤の桜並木/古城橋 〕

    ここから”角館桜劇場”の第三幕、桧木内川堤の桜並木です!

    武家屋敷街の西側を流れる「桧木内(ひのきない)川」の河川敷には、約2キロにわたって約400本のソメイヨシノの桜並木が続いており、その北端にあたる「古城橋」の上まで移動してきました。

  • お~~~、しだれ桜は散り始めっぽかったですが、ソメイヨシノは今がまさに満開ですね(*^^*)

    イチオシ

    お~~~、しだれ桜は散り始めっぽかったですが、ソメイヨシノは今がまさに満開ですね(*^^*)

  • それでは、河川敷に沿って続く桜のトンネルを歩いていきましょう。

    それでは、河川敷に沿って続く桜のトンネルを歩いていきましょう。

  • 土手のすぐ近くまで枝が降りてきているため、目線と同じ高さで桜を楽しむことができますね~。

    土手のすぐ近くまで枝が降りてきているため、目線と同じ高さで桜を楽しむことができますね~。

  • こんな目の前にに桜の花が♪

    こんな目の前にに桜の花が♪

  • 下から見上げてみると、咲き誇る桜の勢いを一層感じさせます。<br />ホントに満開のタイミングだなぁ。。。

    下から見上げてみると、咲き誇る桜の勢いを一層感じさせます。
    ホントに満開のタイミングだなぁ。。。

  • 川辺まで降りてみると、なぜかあそこに1本だけ、川のすぐそばに咲く桜があってアクセントに。

    川辺まで降りてみると、なぜかあそこに1本だけ、川のすぐそばに咲く桜があってアクセントに。

  • その桜の木の下から川の流れも入れて1枚。<br />奥に見えるのが、さっき居た「古城橋」になります。

    その桜の木の下から川の流れも入れて1枚。
    奥に見えるのが、さっき居た「古城橋」になります。

  • これまで観てきたのと微妙に花の色が違うような・・・これも気のせいですかねぇ。

    これまで観てきたのと微妙に花の色が違うような・・・これも気のせいですかねぇ。

  • 人出は多いものの、武家屋敷通りのように狭いエリアに人が集中することが無いため、こっちの方がゆったりした雰囲気でお花見ができます。

    イチオシ

    人出は多いものの、武家屋敷通りのように狭いエリアに人が集中することが無いため、こっちの方がゆったりした雰囲気でお花見ができます。

    桧木内川堤の桜並木 名所・史跡

  • しばらく進むと、今度は黄色い水仙の花が咲くエリアがあって、桜とのコラボも。<br />いや~、春っていう雰囲気が表れてて絵になります。

    しばらく進むと、今度は黄色い水仙の花が咲くエリアがあって、桜とのコラボも。
    いや~、春っていう雰囲気が表れてて絵になります。

  • バランスを取りながら斜面に立ち、望遠気味に1枚♪

    バランスを取りながら斜面に立ち、望遠気味に1枚♪

  • ちなみに振り返るとこんな感じ。<br />どっちを見てもさくらばっかり(当たり前の贅沢ですが・・・)

    ちなみに振り返るとこんな感じ。
    どっちを見てもさくらばっかり(当たり前の贅沢ですが・・・)

  • 青空をバックに薄紅色の桜並木・・・春の鉄板の光景、いいですねぇ(*^^*)

    イチオシ

    青空をバックに薄紅色の桜並木・・・春の鉄板の光景、いいですねぇ(*^^*)

  • たまたま見つけたのですが、この場所は土手から少し飛び出すように構造物があり、小さな展望スポットのようになっていて、桜並木のカーブをきれいに眺めることができました。

    たまたま見つけたのですが、この場所は土手から少し飛び出すように構造物があり、小さな展望スポットのようになっていて、桜並木のカーブをきれいに眺めることができました。

  • 「横町橋」のすぐそばには、「桧木内川堤」と「武家屋敷」が”日本さくら名所100選”に選定されていることを示す記念碑がありました。<br />これだけの桜たちですから、そりゃあ選ばれて当然ですよねぇ。

    「横町橋」のすぐそばには、「桧木内川堤」と「武家屋敷」が”日本さくら名所100選”に選定されていることを示す記念碑がありました。
    これだけの桜たちですから、そりゃあ選ばれて当然ですよねぇ。

  • 〔 桧木内川堤の桜並木/横町橋 〕<br /><br />桧木内川の桜並木の中をお花見しながら、「横町橋」のたもとへと歩いてきました。<br />ここからまだまだ桜並木は続いているのですが、桜劇場第三幕をこのあたりで切り上げることに。<br /><br />それにしても、まさに満開の咲きっぷり!<br />しだれ桜の方が散り始めだったので少し心配だったのですが、品種が異なるので満開のタイミングに時間差があるのかな。。。

    〔 桧木内川堤の桜並木/横町橋 〕

    桧木内川の桜並木の中をお花見しながら、「横町橋」のたもとへと歩いてきました。
    ここからまだまだ桜並木は続いているのですが、桜劇場第三幕をこのあたりで切り上げることに。

    それにしても、まさに満開の咲きっぷり!
    しだれ桜の方が散り始めだったので少し心配だったのですが、品種が異なるので満開のタイミングに時間差があるのかな。。。

  • 角館の桜劇場全三幕はこれにて終幕(*^^*)<br /><br />この日は9時前にホテルを出たのですが、町中はすでに観光客で溢れていて少しびっくり。<br />いい立地の宿を確保したことに油断し、ちょっと出遅れたかなぁ。。。<br />まぁ、今回桜を十分堪能したので、次はまた別の季節に、もう少し落ち着いた雰囲気の中、重伝建地区メインの町歩きができればいいかなと。<br /><br />このあと、ここから秋田市に移動したのですが、ちょうど切りもいいので、この先の模様は次の旅行記に譲ることに。<br />最後までご覧いただきありがとうございましたm(_ _)m

    角館の桜劇場全三幕はこれにて終幕(*^^*)

    この日は9時前にホテルを出たのですが、町中はすでに観光客で溢れていて少しびっくり。
    いい立地の宿を確保したことに油断し、ちょっと出遅れたかなぁ。。。
    まぁ、今回桜を十分堪能したので、次はまた別の季節に、もう少し落ち着いた雰囲気の中、重伝建地区メインの町歩きができればいいかなと。

    このあと、ここから秋田市に移動したのですが、ちょうど切りもいいので、この先の模様は次の旅行記に譲ることに。
    最後までご覧いただきありがとうございましたm(_ _)m

30いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集