鳥取市旅行記(ブログ) 一覧に戻る
 TVの某番組の録画を見ながら主人が一言、「鳥取砂丘か。行ったことないなぁ…家から遠いかなぁ~」<br /> 日頃、行き先にはほぼ無関心な主人、ゆえに決定権を持っている私(^^)v。<br />主人の海外ビーチ以外で「◯◯行きたい~」の具体案が出てくるとは!ちょっとよろしい傾向だわ。と即採用です。<br /><br /> 取り敢えず宿さえ取れたら出かけられるからと、砂丘を主に週末の鳥取ドライブ旅行となりました。<br /><br /> 自宅から兵庫~鳥取~岡山と走った750キロのドライブです。

「運転いっぱいしたぞー」鳥取砂丘へ1泊2日ドライブの旅

23いいね!

2018/10/20 - 2018/10/21

219位(同エリア890件中)

4

91

この旅行記のスケジュール

2018/10/20

  • 8:30 出発 舞鶴若狭縦貫道

  • 9:30 出発 9号線

  • 中国自動車道 20時帰宅

TVの某番組の録画を見ながら主人が一言、「鳥取砂丘か。行ったことないなぁ…家から遠いかなぁ~」
日頃、行き先にはほぼ無関心な主人、ゆえに決定権を持っている私(^^)v。
主人の海外ビーチ以外で「◯◯行きたい~」の具体案が出てくるとは!ちょっとよろしい傾向だわ。と即採用です。

取り敢えず宿さえ取れたら出かけられるからと、砂丘を主に週末の鳥取ドライブ旅行となりました。

自宅から兵庫~鳥取~岡山と走った750キロのドライブです。

旅行の満足度
4.0
観光
4.0
ホテル
4.0
グルメ
4.0
ショッピング
4.0
交通
4.0
同行者
カップル・夫婦
旅行の手配内容
個別手配

PR

  •  ドライブで立ち寄る場所は私が下調べし、ざっくりと地理説明を受けた主人が、走る道を決めます。<br /> 出来れば行き帰り、同じ道を通りたくないらしく若干回り道もありです。<br /><br /> 自宅から京都縦貫道を走って福知山方面へ。<br />途中の道の駅で丹波篠山の黒豆枝豆と、栗を買い帰宅後、美味しい栗ご飯が出来ました。

    ドライブで立ち寄る場所は私が下調べし、ざっくりと地理説明を受けた主人が、走る道を決めます。
    出来れば行き帰り、同じ道を通りたくないらしく若干回り道もありです。

    自宅から京都縦貫道を走って福知山方面へ。
    途中の道の駅で丹波篠山の黒豆枝豆と、栗を買い帰宅後、美味しい栗ご飯が出来ました。

  • 朝来市。<br />ここで但馬牛のランチです。

    朝来市。
    ここで但馬牛のランチです。

  •  ランチメニューから、厚切り焼肉(上)と赤身三昧焼肉定食を注文。<br />お値段リーズナブルなのにしっかりとした肉質と甘みのあるお肉でこれうま!でした。<br />ところで但馬牛、全国さまざまなのブランド牛の素牛(もとうし)で松坂も近江も但馬牛の血を引いているらしいです。おまけにあの高級神戸ビーフも但馬牛。もちろん厳しい基準をクリアしたものだけが神戸を名乗れるのだけど、やっぱり値段がね~

    ランチメニューから、厚切り焼肉(上)と赤身三昧焼肉定食を注文。
    お値段リーズナブルなのにしっかりとした肉質と甘みのあるお肉でこれうま!でした。
    ところで但馬牛、全国さまざまなのブランド牛の素牛(もとうし)で松坂も近江も但馬牛の血を引いているらしいです。おまけにあの高級神戸ビーフも但馬牛。もちろん厳しい基準をクリアしたものだけが神戸を名乗れるのだけど、やっぱり値段がね~

  • 竹田城跡へ向かいます。

    竹田城跡へ向かいます。

  • 指定されている駐車場にとめて、ここからはバス移動。のはずでしたが9月の台風の影響なのか通行止めになってるらしく利用できません。徒歩1時間かけたら行けるらしいけれどそこまでして行きたいわけでもないので城跡が見える立雲峡に移動します。

    指定されている駐車場にとめて、ここからはバス移動。のはずでしたが9月の台風の影響なのか通行止めになってるらしく利用できません。徒歩1時間かけたら行けるらしいけれどそこまでして行きたいわけでもないので城跡が見える立雲峡に移動します。

  • 立雲峡から見た雲海に浮かぶ竹田城跡のパネル。<br />そのナイスショットを撮影する主人はあたかも自分が撮影した気分になってます。

    立雲峡から見た雲海に浮かぶ竹田城跡のパネル。
    そのナイスショットを撮影する主人はあたかも自分が撮影した気分になってます。

  • 展望地点は3箇所あるようで、5分ほど登ると第1の展望所です。

    展望地点は3箇所あるようで、5分ほど登ると第1の展望所です。

  • 周囲は古木の桜の木が植わり、道も苔むしてここ自体も城跡のような気配です。

    周囲は古木の桜の木が植わり、道も苔むしてここ自体も城跡のような気配です。

  • まずまずな天気だったのでよく見えます。<br />確かに山のてっぺんにある山城ですね。

    まずまずな天気だったのでよく見えます。
    確かに山のてっぺんにある山城ですね。

  • スマホめーいっぱいよりで全景を確認。<br />1時間かけて登らなくてもこれで充分でした。雲海の写真もゲットしたしね(笑)<br />予定では第3展望所まで登るつもりでしたが第1で満足したので直ぐに下山して砂丘へと移動します。

    スマホめーいっぱいよりで全景を確認。
    1時間かけて登らなくてもこれで充分でした。雲海の写真もゲットしたしね(笑)
    予定では第3展望所まで登るつもりでしたが第1で満足したので直ぐに下山して砂丘へと移動します。

  • 海岸に近い道路を行って欲しかったので香住海岸から浜坂、浦富海岸へと走ります。<br /><br />海の景色がとっても綺麗。時々止まっては眺めての快調なドライブです。

    海岸に近い道路を行って欲しかったので香住海岸から浜坂、浦富海岸へと走ります。

    海の景色がとっても綺麗。時々止まっては眺めての快調なドライブです。

  • 16時。目的地の鳥取砂丘に到着です。<br /><br />お土産店の無料駐車場があったのに、砂丘の有料駐車場に入ってしまった…<br />まあ、協力金と言うことにしょう。

    16時。目的地の鳥取砂丘に到着です。

    お土産店の無料駐車場があったのに、砂丘の有料駐車場に入ってしまった…
    まあ、協力金と言うことにしょう。

  •  階段を少し上がると、目の前一面に砂丘~<br /><br />初めて見た主人、お~お~感嘆!やや感動かも。

    階段を少し上がると、目の前一面に砂丘~

    初めて見た主人、お~お~感嘆!やや感動かも。

  •  夕暮れ前、これはなかなかの絶景です。

    夕暮れ前、これはなかなかの絶景です。

  • 砂丘と言えばラクダでしょ。<br />やや遠巻きに眺めて砂丘気分をあげます。その後営業終了とみえてラクダはいなくなりました。

    砂丘と言えばラクダでしょ。
    やや遠巻きに眺めて砂丘気分をあげます。その後営業終了とみえてラクダはいなくなりました。

  • 多分韓国人だと思われるカップルが結婚式風に写真撮影してました。<br />(黄昏る彼女をモデルに一枚)<br /><br />先日新聞の記事に砂丘の人気が上がってると読んだばかりです。確かに色々な言語が耳に入ります。

    多分韓国人だと思われるカップルが結婚式風に写真撮影してました。
    (黄昏る彼女をモデルに一枚)

    先日新聞の記事に砂丘の人気が上がってると読んだばかりです。確かに色々な言語が耳に入ります。

  • 砂丘の高い場所に立つ人影が幻想的に見える時間帯でした。

    砂丘の高い場所に立つ人影が幻想的に見える時間帯でした。

  • 急な勾配を選んで登る子供達。途中で転げ落ちないでね~

    急な勾配を選んで登る子供達。途中で転げ落ちないでね~

  • ちゃんとオアシスもあります。<br />主人が見ていた番組でも詳しく説明していたようですが、水溜りではなくて地下水が湧き出してできていると言われています。

    ちゃんとオアシスもあります。
    主人が見ていた番組でも詳しく説明していたようですが、水溜りではなくて地下水が湧き出してできていると言われています。

  • 馬の背に立ちました。<br />やはり遮るものがないのでいちだんと風が強いです。<br />砂紋もどんどん変わります。

    馬の背に立ちました。
    やはり遮るものがないのでいちだんと風が強いです。
    砂紋もどんどん変わります。

  • そしてそこから見える景色は日本海!<br />まだ冬の日本海ではないので寒々しく荒い感じがありません。<br /><br />表面はサラサラと頼りなく儚いようでありながらも、踏みしめると重量感のある砂丘の砂。ずーっと広がる砂の光景を見て、鳥取砂丘は素晴らしいと思いました。

    そしてそこから見える景色は日本海!
    まだ冬の日本海ではないので寒々しく荒い感じがありません。

    表面はサラサラと頼りなく儚いようでありながらも、踏みしめると重量感のある砂丘の砂。ずーっと広がる砂の光景を見て、鳥取砂丘は素晴らしいと思いました。

  •  もう時間は遅くなったので、砂の美術館は明日にして、梨味ソフトで一休みです。<br />梨味か。と言われたら薄いメロン味が近いような、ガリガリ君梨味には負けてました。

    もう時間は遅くなったので、砂の美術館は明日にして、梨味ソフトで一休みです。
    梨味か。と言われたら薄いメロン味が近いような、ガリガリ君梨味には負けてました。

  •  砂丘から今晩泊まる三朝温泉まで1時間、もう真っ暗だし到着が7時近くになってしまいました。<br />ここまでの道はくねくね山道で来たので通行車はほほゼロな結構楽しいドライブでした。

    砂丘から今晩泊まる三朝温泉まで1時間、もう真っ暗だし到着が7時近くになってしまいました。
    ここまでの道はくねくね山道で来たので通行車はほほゼロな結構楽しいドライブでした。

  • 三朝温泉「橋津屋」さん<br />今回の宿選びは小さめな旅館、お風呂は2種類あればなお良し。でこちらをセレクトしました。<br /><br /> 2年前ぐらいにリニューアルされており、木造りで温かみのある玄関ロビー、こじんまりしたアットホームな感が良いです。<br />

    三朝温泉「橋津屋」さん
    今回の宿選びは小さめな旅館、お風呂は2種類あればなお良し。でこちらをセレクトしました。

    2年前ぐらいにリニューアルされており、木造りで温かみのある玄関ロビー、こじんまりしたアットホームな感が良いです。

  • HPからの予約特典、夕食時に甘エビサービスをお願いしました。<br /><br />三朝温泉に宿泊するにあたって調べてると、ふるさと納税振興券があったのでそれを先に申し込んでの予約にしました。申し込みから1週間以内に券が届くスムーズな対応でした。

    HPからの予約特典、夕食時に甘エビサービスをお願いしました。

    三朝温泉に宿泊するにあたって調べてると、ふるさと納税振興券があったのでそれを先に申し込んでの予約にしました。申し込みから1週間以内に券が届くスムーズな対応でした。

  •  女性用の浴衣は好みの柄がチョイスできます。このサービスもだんだん一般化されてるみたいですね。

    女性用の浴衣は好みの柄がチョイスできます。このサービスもだんだん一般化されてるみたいですね。

  • お部屋へと案内され、廊下も畳敷き、格子の扉も風情があります。

    お部屋へと案内され、廊下も畳敷き、格子の扉も風情があります。

  •  通された部屋、15畳もあって広い~<br /><br />到着が7時になっていたので直ぐに夕食の準備をして下さいました。

    通された部屋、15畳もあって広い~

    到着が7時になっていたので直ぐに夕食の準備をして下さいました。

  • 「焼きガニ、鳥取和牛付き会席」と言う内容です。<br /><br />お刺身、(特典甘エビも別皿) しゃぶしゃぶサラダ、カニ酢の物などがざっと並びました。

    「焼きガニ、鳥取和牛付き会席」と言う内容です。

    お刺身、(特典甘エビも別皿) しゃぶしゃぶサラダ、カニ酢の物などがざっと並びました。

  • 鳥取和牛も鉄板付き。さしの入り具合も美味しそうなお肉です。<br />実際も、焼く頃には脂もとろけてとてもジューシーな美味しいお肉でした。<br /><br />他に出てきたコチという魚の天ぷらもふんわり上品で美味しい。

    鳥取和牛も鉄板付き。さしの入り具合も美味しそうなお肉です。
    実際も、焼く頃には脂もとろけてとてもジューシーな美味しいお肉でした。

    他に出てきたコチという魚の天ぷらもふんわり上品で美味しい。

  • 最後は蟹のほうらく蒸し。蓋を開けるといい香です。<br /><br />今年のカニ解禁日はまだですが、それでも一足早く蟹、カニ、かにです。

    最後は蟹のほうらく蒸し。蓋を開けるといい香です。

    今年のカニ解禁日はまだですが、それでも一足早く蟹、カニ、かにです。

  • デザートもパンナコッタにチョコケーキと最後まで美味しく美味しく頂きました。<br /><br />ゆったり部屋食、日本の良き旅館を実感です。

    デザートもパンナコッタにチョコケーキと最後まで美味しく美味しく頂きました。

    ゆったり部屋食、日本の良き旅館を実感です。

  •  お風呂の前に宿周辺を少し散策してみました。<br />ちょっと古風な感じの温泉街、もちろん足湯もあります。

    お風呂の前に宿周辺を少し散策してみました。
    ちょっと古風な感じの温泉街、もちろん足湯もあります。

  • 韓国ドラマの撮影にも使われたらしいですね。<br />ロケ地巡りに来る人もいるんじゃないでしょうか。

    韓国ドラマの撮影にも使われたらしいですね。
    ロケ地巡りに来る人もいるんじゃないでしょうか。

  • 和紙でできた照明具が展示されてました。色合い形が個性的ですが和紙を通しての光が柔らかく落ち着いた雰囲気が素敵でした。

    和紙でできた照明具が展示されてました。色合い形が個性的ですが和紙を通しての光が柔らかく落ち着いた雰囲気が素敵でした。

  • これぞ温泉街の象徴とも言えるレトロな遊技場があったのでのぞいてみました。

    これぞ温泉街の象徴とも言えるレトロな遊技場があったのでのぞいてみました。

  • 昭和チックというべきなのかよくわからないですがかなり賑わっていました。

    昭和チックというべきなのかよくわからないですがかなり賑わっていました。

  • 三朝川のたもとにある映画の記念像。

    三朝川のたもとにある映画の記念像。

  • その川に丸見えの河原風呂がありました。

    その川に丸見えの河原風呂がありました。

  • 大綱引き資料館。<br />毎年5月に行われる大綱引きの綱が展示されてますが、綱といってもよくある藁で編んだ綱でなくて、藤のツルを編んで縄化したダイナミックな綱でした。<br /><br />国宝 三佛寺の投入堂 の1/10模型もありました。<br />断崖絶壁に立つ類をみない建造物なので本物はとてもとても見に行くことが出来ないのでこの模型をありがたく鑑賞させてもらいました。

    大綱引き資料館。
    毎年5月に行われる大綱引きの綱が展示されてますが、綱といってもよくある藁で編んだ綱でなくて、藤のツルを編んで縄化したダイナミックな綱でした。

    国宝 三佛寺の投入堂 の1/10模型もありました。
    断崖絶壁に立つ類をみない建造物なので本物はとてもとても見に行くことが出来ないのでこの模型をありがたく鑑賞させてもらいました。

  • 宿に戻って温泉に入ります。<br />温泉用の別館がありますが男女入れ替え制だったので今晩は主人が行ってきました。<br />私は館内の岩風呂へ行き、幸いにも入浴中にの人もなくて一人でのんびりと出来てとても満足しました。<br /><br /> 湯上りに、砂丘近くで売っていた梨屋さんで味見用にと一つ購入した新興を頂きましたが、滴り落ちる瑞々しさで明日に買うお土産はやはり梨だな!と楽しみに思いながら1日目を終えました。

    宿に戻って温泉に入ります。
    温泉用の別館がありますが男女入れ替え制だったので今晩は主人が行ってきました。
    私は館内の岩風呂へ行き、幸いにも入浴中にの人もなくて一人でのんびりと出来てとても満足しました。

    湯上りに、砂丘近くで売っていた梨屋さんで味見用にと一つ購入した新興を頂きましたが、滴り落ちる瑞々しさで明日に買うお土産はやはり梨だな!と楽しみに思いながら1日目を終えました。

  •  翌日です。<br />6:30朝食前に別棟のお風呂にいってきました。朝からわざわざ行く人がいないと見えて一人で朝風呂を堪能したので大変気持ち良い気分です。<br /><br /> 戻ってから8時に朝食が準備されました。<br />二人とも朝風呂行ったのでお腹もペコペコで待ち遠しいぐらいです。朝でも部屋食なのでこの宿は良かったな~<br />笹カレイの焼き物がふっくらと特に美味しかったです。

    翌日です。
    6:30朝食前に別棟のお風呂にいってきました。朝からわざわざ行く人がいないと見えて一人で朝風呂を堪能したので大変気持ち良い気分です。

    戻ってから8時に朝食が準備されました。
    二人とも朝風呂行ったのでお腹もペコペコで待ち遠しいぐらいです。朝でも部屋食なのでこの宿は良かったな~
    笹カレイの焼き物がふっくらと特に美味しかったです。

  •  朝ごはんもゆっくりたっぷりと頂いたので9時半にチェックアウトしました。

    朝ごはんもゆっくりたっぷりと頂いたので9時半にチェックアウトしました。

  • 2日目はまず砂の美術館を目指します。<br />9号線山陰道を再び走ります。

    2日目はまず砂の美術館を目指します。
    9号線山陰道を再び走ります。

  • 1時間ほどで到着。前の駐車場が満車だったので近くの土産物店の駐車場に案内されました。

    1時間ほどで到着。前の駐車場が満車だったので近くの土産物店の駐車場に案内されました。

  • 入口では製作中なのが見学できました。

    入口では製作中なのが見学できました。

  • 砂と水だけで砂像が出来ていることを説明されてます。<br />

    砂と水だけで砂像が出来ていることを説明されてます。

  •  会場に入るとドーンと砂の城です。<br /><br />今年のテーマは北欧です。<br />5月末にフィンランドに行ったばかりなのでちょっと身近なテーマで嬉しいです。

    会場に入るとドーンと砂の城です。

    今年のテーマは北欧です。
    5月末にフィンランドに行ったばかりなのでちょっと身近なテーマで嬉しいです。

  •  アンデルセンのマッチ売りの少女。<br />マッチが映し出した幸せな家庭に反して少女の遠い目をしたうら寂しい表情が上手に表現されてました。

    アンデルセンのマッチ売りの少女。
    マッチが映し出した幸せな家庭に反して少女の遠い目をしたうら寂しい表情が上手に表現されてました。

  • こちらもアンデルセン、人魚姫。

    こちらもアンデルセン、人魚姫。

  • 砂とは思えない見事な彫刻。

    砂とは思えない見事な彫刻。

  • サンタさんもいます。

    サンタさんもいます。

  • ヴァイキング時代から伝わる北欧神話像、力強くてカッコいいです。<br />

    ヴァイキング時代から伝わる北欧神話像、力強くてカッコいいです。

  •  上から全体に見てみると、これ全部が砂だけで出来てる事に再びびっくりします。<br />一つ一つ、細部まで繊細に制作されており本当に見事です。

    上から全体に見てみると、これ全部が砂だけで出来てる事に再びびっくりします。
    一つ一つ、細部まで繊細に制作されており本当に見事です。

  • 今年で11期目だそうですが、この砂の美術館をされた事は素晴らしい企画だと思います。

    今年で11期目だそうですが、この砂の美術館をされた事は素晴らしい企画だと思います。

  • 2階からだとこんな角度も見えて楽しいです。

    2階からだとこんな角度も見えて楽しいです。

  • 北欧テーマなので、お土産ショップにはムーミンやらマリメッコやら人気のメーカーがずらりと並んでました。<br /><br />あ~5月にフィンランドに行ったのが懐かしい…<br />もう一度行こう、北欧国へ!

    北欧テーマなので、お土産ショップにはムーミンやらマリメッコやら人気のメーカーがずらりと並んでました。

    あ~5月にフィンランドに行ったのが懐かしい…
    もう一度行こう、北欧国へ!

  • 外の展示会場にも一部作品があります。これはプロデューサーの作品。<br />はじめの頃は全作品が屋外展示だったのだし、風雨に耐えて作品を管理するのはさぞかし大変だったでしょうね。<br /><br />砂の芸術、必見の観光スポットでした。

    外の展示会場にも一部作品があります。これはプロデューサーの作品。
    はじめの頃は全作品が屋外展示だったのだし、風雨に耐えて作品を管理するのはさぞかし大変だったでしょうね。

    砂の芸術、必見の観光スポットでした。

  •  美術館からすぐのふくべ梨狩り街道でお土産用に梨を買いました。<br />何件も梨販売のお店がならんでます。

    美術館からすぐのふくべ梨狩り街道でお土産用に梨を買いました。
    何件も梨販売のお店がならんでます。

  • ここでは一人千円で梨狩りができるようです。<br />入口から覗くと、梨がたわわに実って美味しそう~

    ここでは一人千円で梨狩りができるようです。
    入口から覗くと、梨がたわわに実って美味しそう~

  • 私たちは購入だけなのでお店で試食を頂きながら物色。<br />試食したもの全部瑞々しく甘くて美味しです。

    私たちは購入だけなのでお店で試食を頂きながら物色。
    試食したもの全部瑞々しく甘くて美味しです。

  • けっきょく、全種類購入してどっさり持って帰りました。<br />近所で購入するのとは果汁の量が全然違います。梨はやっぱり鳥取!

    けっきょく、全種類購入してどっさり持って帰りました。
    近所で購入するのとは果汁の量が全然違います。梨はやっぱり鳥取!

  • 帰り道は大山、蒜山高原方向から帰るつもりなのでしばらくは海岸通りを行きます。<br /><br />因幡の白兎伝説、白兎神社。

    帰り道は大山、蒜山高原方向から帰るつもりなのでしばらくは海岸通りを行きます。

    因幡の白兎伝説、白兎神社。

  • 良縁ポストはメルヘンチックな色で乙女心をくすぐる作戦でしょうか。

    良縁ポストはメルヘンチックな色で乙女心をくすぐる作戦でしょうか。

  • 神社に向かう階段の脇には可愛いウサギの像が並びます。<br />「縁」と書かれた小さな白い石がまわりに置かれており、皆さんいいご縁をウサギに運んでもらいたいみたいですね。

    神社に向かう階段の脇には可愛いウサギの像が並びます。
    「縁」と書かれた小さな白い石がまわりに置かれており、皆さんいいご縁をウサギに運んでもらいたいみたいですね。

  • ウサギによっては「縁」の重みに顔が引きつってるように見えます。

    ウサギによっては「縁」の重みに顔が引きつってるように見えます。

  • この季節ガマは生えてませんでした。

    この季節ガマは生えてませんでした。

  • 御身洗池

    御身洗池

  • 社殿は小ぶりながらも風格のあるたたずまいです。

    社殿は小ぶりながらも風格のあるたたずまいです。

  • 脇のイチョウの木ご程よく紅葉しており快晴の青空によく映えて綺麗でした。

    脇のイチョウの木ご程よく紅葉しており快晴の青空によく映えて綺麗でした。

  • 白兎海岸

    白兎海岸

  • 海岸沿いを行ってるので昼食は魚を求めて赤崎にあるお魚料理店「ふじ」にて昼食。

    海岸沿いを行ってるので昼食は魚を求めて赤崎にあるお魚料理店「ふじ」にて昼食。

  • この辺りでは「モサエビ」なるものが幻の海老として有名だとか、どんなものか注文しました。<br /><br /> ボタン海老みたいなねっとり感のある味で確かにこの大きさでこの味は一般的な海老とは違ってました。<br />どうやら、鮮度が落ちるのが早いらしいので地元でないと食べれない海老のようです。珍しい上に美味しい海老が食べれてよかったよー。

    この辺りでは「モサエビ」なるものが幻の海老として有名だとか、どんなものか注文しました。

    ボタン海老みたいなねっとり感のある味で確かにこの大きさでこの味は一般的な海老とは違ってました。
    どうやら、鮮度が落ちるのが早いらしいので地元でないと食べれない海老のようです。珍しい上に美味しい海老が食べれてよかったよー。

  • 海から山へと走り、大山エリアに来ました。

    海から山へと走り、大山エリアに来ました。

  • 雄大な大山~

    雄大な大山~

  • 開放的な景色のみるくの里は家族づれなどでたいそうな賑わいでした。

    開放的な景色のみるくの里は家族づれなどでたいそうな賑わいでした。

  • 名物のみるくソフトクリームも購入するのに15分程並んで、牧場の濃厚ミルクを味わいました。

    名物のみるくソフトクリームも購入するのに15分程並んで、牧場の濃厚ミルクを味わいました。

  • ナナカマドの赤い実、セットの親子牛(もちろん本物も沢山います)と大山。<br />のんびりいい気分に浸れます。

    ナナカマドの赤い実、セットの親子牛(もちろん本物も沢山います)と大山。
    のんびりいい気分に浸れます。

  • 大山~蒜山高原ルートを快適にドライブ中。

    大山~蒜山高原ルートを快適にドライブ中。

  • 鍵掛峠からの絶景!<br /><br />日差しがちょうど良い具合にあたり、それぞれのコントラストが最高に綺麗でした。

    鍵掛峠からの絶景!

    日差しがちょうど良い具合にあたり、それぞれのコントラストが最高に綺麗でした。

  • ここから大山見ると岩肌なんですね。(この時点で大山だと思ってる)

    ここから大山見ると岩肌なんですね。(この時点で大山だと思ってる)

  • オレンジ色に紅葉仕掛けた木と濃い緑の針葉樹、とてもいい眺めの峠でした。

    オレンジ色に紅葉仕掛けた木と濃い緑の針葉樹、とてもいい眺めの峠でした。

  • 蒜山高原エリア 鬼女台です。

    蒜山高原エリア 鬼女台です。

  • ここではススキ原。<br />さわさわと風に揺れるススキ、蒜山高原の代表的な風物詩です。

    ここではススキ原。
    さわさわと風に揺れるススキ、蒜山高原の代表的な風物詩です。

  • 傾斜から見るとぜんたいに柔らかなベージュの波です。

    傾斜から見るとぜんたいに柔らかなベージュの波です。

  • 地味なススキですが普段これほど密集した状態を見ることがありませんので、なかなかの景色です。

    地味なススキですが普段これほど密集した状態を見ることがありませんので、なかなかの景色です。

  • 赤く色づく葉も初秋らしく美しい。

    赤く色づく葉も初秋らしく美しい。

  • どこまでも続くススキ原

    どこまでも続くススキ原

  • 駐車場からの大山国立公園を眺めた図、それぞれの山の名称が書いてあります。

    駐車場からの大山国立公園を眺めた図、それぞれの山の名称が書いてあります。

  • 鍵掛峠で岩肌を見ていた高い山、大山かと思ってましたが、烏ヶ山でした。<br />大山はその向こう、雲の間から姿をだしてます。<br /><br />細かい名前はともかくとして、景色は大変素晴らしいでした。

    鍵掛峠で岩肌を見ていた高い山、大山かと思ってましたが、烏ヶ山でした。
    大山はその向こう、雲の間から姿をだしてます。

    細かい名前はともかくとして、景色は大変素晴らしいでした。

  • 蒜山高原から自宅までは高速路でブーンと帰宅、宝塚辺りの渋滞を懸念しましたがあっさり通過できて思ってた時間よりも早くに到着しました。<br /> 走行距離、750キロ程で海岸線に山道とバリエーションもあった為主人のドライブ欲も充分に満たされたようで楽しい週末旅行でした。<br /><br /> お土産の大山で買った時に入れてもらった保冷パックが可愛い形で棄て難く時間がかかっちぃました(笑)<br /><br />

    蒜山高原から自宅までは高速路でブーンと帰宅、宝塚辺りの渋滞を懸念しましたがあっさり通過できて思ってた時間よりも早くに到着しました。
    走行距離、750キロ程で海岸線に山道とバリエーションもあった為主人のドライブ欲も充分に満たされたようで楽しい週末旅行でした。

    お土産の大山で買った時に入れてもらった保冷パックが可愛い形で棄て難く時間がかかっちぃました(笑)

23いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (4)

開く

閉じる

  • salsaladyさん 2018/11/30 09:39:18
    但馬牛!がブランド牛の元祖?
    ☆初めてお邪魔しますが、一週間くらいドライヴした気分になれますね。

    ☆風雲竹田城~雲海を見られなくて残念ですが、そこから鳥取砂丘まで一走り?(これぞドライヴ旅の醍醐味でしょうか?関東に居るとそんな距離を?と驚くばかり)~

    ☆次々と行きたい所を制覇されたので思い残すことはない?私は20代に劇団所属で日本中をどさ回りしてたのですが、三朝温泉の鄙びた湯と河原にむき出しの♨が残ってることに郷愁を感じました。山陰は良いところ沢山ですから是非もう一度行きたい!~謝謝~

    ひやしたぬき

    ひやしたぬきさん からの返信 2018/12/01 07:39:20
    RE: 但馬牛!がブランド牛の元祖?
    salsalady様、はじめまして。
    旅行記への訪問に加えてのコメント、たいへん嬉しいです。

    日頃、遠出のドライブを余りしないものなので、これぐらいの走行距離では笑われそうですが目いっぱい走って観光しました。
    鳥取での温泉地もいくつもある中で三朝温泉を選んだのですが、川と山に挟まれた日本の温泉地らしいちょっと鄙びた感に癒されました。
    鳥取の砂丘と日本海海岸の美しい景色がたいへん良かったので、また行ってみたいと感じられた旅でした。

    salsalady様も良い旅を〜 ありがとうございました。
  • ももちょびさん 2018/11/12 14:26:04
    盛りだくさんな旅!
    ひやしたぬきさん

    こんにちは!鳥取砂丘への旅、楽しく拝見させていただきました。
    砂丘、温泉、海鮮、紅葉、牧場と盛りだくさん。
    砂の博物館、めちゃめちゃ緻密なんですね。サンタさんの髭の感じとか・・・。
    それもテーマが北欧なんてひやしたぬきさんを待ってたかのような企画でラッキーでしたね^ ^
    1泊2日でこんなに色々遊べるんだー、梨好きなんでこりゃ鳥取行かなきゃーと思いました!

    ももちょび

    ひやしたぬき

    ひやしたぬきさん からの返信 2018/11/12 18:54:56
    RE: 盛りだくさんな旅!
    ももちょび様 ご訪問ありがとうございます。

    優雅な時間の旅を!と毎度思うのですが性分のせいかいつも慌ただしく動いてしまいますので、今回も駆けずり回っていたようです。
    とは言え、私は助手席で時々睡魔との戦いながらものんびり座っていただけなので、ドライブ旅行は随分と楽しながらいろんな場所に行けていいと感じています。
    砂の美術館、おっしゃる通りとてもダイナミックなのに繊細で正直なところこれほど素晴らしいとは思っていませんでした。テーマが毎年変わるところも何度も行ってみたくなるので良いと思います。
    大山では山登りの格好の人も多く見ましたので、将来トレッキングに挑戦できれば旅の楽しみ方にも幅ができるだろうにと思いました。

    ももちょび様の旅行記も楽しみにさせていただきます。ありがとうございました。

ひやしたぬきさんのトラベラーページ

この旅行で行ったホテル

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

鳥取市の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集