カンクン旅行記(ブログ) 一覧に戻る
皆様こんにちは。久しぶりのご無沙汰ですが、皆さまいかがお過ごしでしたでしょうか?! 店長の日記の更新がしばらく途切れてしまい、再び店長死亡説が沸きあがってきましたので、急ぎ日記をアップです(苦笑)<br /><br />それにしても、、、ネットでは、ウォータースポーツカンクンの店長さんってどんな人ですか?!の質問に対して、ただの飲んだくれです。。。などと書かれていたり、なかなか話題が尽きなくて人生面白いなぁと感じているところですが、そんな飲んだくれ?店長吉田の今日の話題は、居酒屋!というのは、特に狙ったわけではないのですが、ダブってしまったのはご愛敬(汗)<br /><br />というわけで、店長日記、いってみましょうか!<br /><br />ここの所、リピーターの方のご予約が続いている。早い方だと、来年のゴールデンウィークのご予約をボク、店長吉田指名でいただいたり、うれしい限りなのだけれど、ニュースを見ると来年のGWは10連休ということで、、、皆さま、早めのご予約に動いているようです。<br /><br />ボクもカンクン在住15年。これまでに沢山のお客様のアテンドをし、今も現場に出ているわけだけれども、この15年で一番変わったことって何ですか?!と時々お客様に聞かれる。<br /><br />実感として、一番強く、強烈に感じるのは、「物価上昇」<br /><br />デフレが長く続き、未だにデフレ感満載の日本からは考えられないことなのだけれど、景気が一応どれだけ実態を伴っているか疑問だとして、発表されている数字を信じるとすれば、上昇し続けているメキシコは、インフレという名目で物価が上がりつづけている。<br /><br />といっても、巷に言われるような第三国のスーパーインフレのような経済危機に端を発する類のものではなく実に正常な範囲で年間3%といった程度だ。<br /><br />なのにだ、、、昨年あたりからカンクンの物価は「バカみたいに」値上がりをし始めた。これは観光地という特殊な環境が原因であるわけだが、外貨が集まるカンクンでは、ドルベースの経済活動が中心になっている。つまり、ペソであるはずのメキシコだが、ここカンクンだけはドルが基軸通貨になっているのが原因だと思う。<br /><br />過去5年でペソは30%以上対ドルで下落した。当然、外国から来る観光客、特にアメリカの観光客は大いに喜んだ。相対的にカンクンの物価が安くなるわけだからね。<br /><br />メキシコの物価そのものはでは30%変動したかといえば、ガソリン以外で上昇たしものなどほとんどない。にもかかわらず、便乗値上げのように、昨年度から、特に今年2018年に入ってから、特にレストラン等の値上げが過激に進んだ。。。<br /><br />しばらくぶりにレストランに出掛けて、メニューを開くと、価格が軒並み30%~50%も値上げしてあるのだ。。。もちろん、ドルベースであれば、以前と変わらないのだけれど、ペソで生活をしている我々としては、これは死活問題で、そのまんま価格だけがぼったくりに近いほど値上げされたという印象をもった。<br /><br />ホテルゾーンのように観光客を相手にする場所なら仕方がないと諦めよう。。。しかし、先週、弊社のHPでも紹介している地元の老舗カンティーナである「La Guada」に出掛けてみたら、この地元の憩いの場であるはずのカンティーナまで、価格がほぼ倍に値上げされていた(涙)<br /><br />そんな店長吉田は、最近ではカンクンのレストランではあまり外食をしなくなってしまった。もちろん、お客様におすすめする為の情報として、時々は食べにはいくけれど、行くたびに価格と味のバランスの悪さを強く意識するようになってきた。。。やはり、おススメするからには、味と価格のバランスって大切だと思うわけで、これではおススメ出来るお店がなくなってしまうというのが正直な印象だ。。。<br /><br />良くも悪くもカンクンはメガリゾートになって来た証拠なのかもしれない。。。それが、喜ばしいことなのかは別として。にしても、よくもまあ、こんなに強気に値上げが出来るものだと思う。<br /><br />この傾向はリビエラも、プラヤデルカルメンも、更にトゥルムも同じ状況だ。何もかもが値上がりして、生活コストばかり上がるのはどうにかならないものかと思う。<br /><br />そうやって、メリダなどに出掛けると、突然穏やかなメキシコの世界に舞い戻ることが出来る。価格も安く(安いというより、メキシコ的に常識の範囲)、美味しくリーズナブルに食事を楽しむことが出来る。<br /><br />プライスレスという言葉がある。これだけの物であれば、金額はいくらでも払ってもいい。。。そう感じてもおかしくないほどの美味いものがメリダなどの歴史がある街には溢れていて、しかも、プライスレスを感じさせるのに、価格はかなり低い。<br /><br />歴史のある町には美味いものが溢れているというが本当だと思う。だから、メキシコの美味いものを食べたいと思うなら、メキシコシティやメリダやプエブラなどの歴史ある街に出掛けることをおススメしたい。<br /><br />カンクンに戻ると、こんなものがこんな値段もするのか?!という、まさに観光地値段になる。大して旨くもないのに、価格だけ一流。。。そういう店がカンクンは本当に増えた。。。あげく、下町の店まで便乗値上げをするのだから、たまったものではない。。。<br /><br />と、今日はなんだか、ずいぶんと不満が爆発して愚痴が多くなっているボクだけれど、さて、本題。。。こんななんでもカンでも高くなっているカンクンで、では、安く食べられる場所ってのはないものなのか?!<br /><br />あるんですね(笑) というわけで、本題(笑)<br /><br />店の名前をチャプルテペックという。カンクンのセントロにあるウォルマートのすぐ前にあるブリュワリーという位置づけの居酒屋だ。ここは、全墨にチェーン展開をしているお店で、モンテレイやメキシコシティなどの大都市でも展開をして安く飲める店として庶民の人気を博している。そんなお店がカンクンにもやってきた。<br /><br />しかも、他の都市でやっているのと同じ価格。。。全品19.90ペソだ(笑)<br /><br />日本円だと全品120円ということになる。<br /><br />物価の安いカンクン以外の都市でも安いということで評判の店なので、カンクンでは何をいわんやだ。インパクトの大きさに週末などは1時間待ちになるほどの人気店になっている。<br /><br />安かろう悪かろうでは意味がないのだけれど、ここの食事はタコスのような一品料理がメインだけれど、どれも美味い。なんと言っても、飲み物も全部19.90ペソだから、どれだけ飲んで食べても全然懐の負担にならない(笑)<br /><br />そんなわけで、今月の弊社のミーティング会場として、ここを選んでみた。<br /><br />子供も入れて総勢9名での来店だ。数が多いので、待ち時間も比例して長くなり、、、結局1時間半も待つことになったが、価格が安いので、皆よく耐えた(笑)<br /><br />マグロのオリエンタル風味やセビッチェのトスターダ、ピリ辛エビのアグアチレなど、メキシコ特有の居酒屋メニューが目白押しだ。ビールはコロナやビクトリア、パシフィコに、この店独自銘柄のチャプルテペックというビールから、モヒートにミチラーダ、ジンにラムにウォッカに、テキーラ、もちろんソフトドリンクまで何でも揃っている。<br /><br />こうして好きなだけ好きなものを注文して飲んで大いに語り楽しむこと2時間。明日も仕事があるので、お開きにしようか!ということで、会計をする。<br /><br />9名で飲んで食べて、、、皆がお腹いっぱいになって、挙句、弊社藤本などはラムをロックで6杯、飲んだくれ店長はジャックダニエルを4杯、他のスタッフも各々モヒートやらカクテルやらビールやらを好きなだけ飲んで、食べて、、、1270ペソだった。。。<br /><br />一人当たり140ペソだ。つまり一人840円!<br /><br />おいおい。。。本当か?!<br /><br />流石に、物価があまりに高いと愚痴りまくったボクもチェックを何度も見返してしまった。。。これは逆に言うと、あまりに安いから。。<br /><br />人気になるのも分かる。。。我々が店を後にする頃、まだ外には10名以上の待ちが出ている状態だった。。。<br /><br />もちろん、せっかく、カンクンまで来て、わざわざ安いからという理由で選ぶ必要はない。だけれども、ここはメキシコの居酒屋、危険な場所でもないし、安全に安くて美味しいし、しかも、メキシコ人しかほぼ来ないローカルの世界なので、メキシコ人に混ざって安くこの国を体験するには、実におススメだと思う。<br /><br />因みに、平日の日中はそれほど混雑はしていないので、長時間待つことはない。待っても、10分程度で入ることが出来る。基本的には3品注文して、ビール一本か飲み物でお腹がいっぱいになるので、80ペソで済む。日本円だと480円だ。。。1コインで3品にビール。。。ここだけはデフレの日本でも体験出来ないリーズナブルに本物のメキシコが体験できると思うので、おススメしたい。<br /><br />というわけで、久しぶりにタコス屋ランキングをチェンジする予定なので、乞うご期待。<br /><br />あー、、、本当は、今日は本物のテキーラの話をしようと思っていたのに、、、これはまた次回ということで(^^)<br /><br />それでは、皆さま素敵な一日を。カンクンにいらしたら、是非ウォータースポーツカンクンの店長吉田まで、ご連絡くださいね。<br /><br />それでは!<br /><br />敬具<br /><br />店長吉田拝<br />

【カンクン発】2018年カンクンのメキシカン居酒屋でリーズナブルに乾杯?! Byウォータースポーツカンクン店長吉田

9いいね!

2018/10/13 - 2018/10/13

610位(同エリア1934件中)

0

3

皆様こんにちは。久しぶりのご無沙汰ですが、皆さまいかがお過ごしでしたでしょうか?! 店長の日記の更新がしばらく途切れてしまい、再び店長死亡説が沸きあがってきましたので、急ぎ日記をアップです(苦笑)

それにしても、、、ネットでは、ウォータースポーツカンクンの店長さんってどんな人ですか?!の質問に対して、ただの飲んだくれです。。。などと書かれていたり、なかなか話題が尽きなくて人生面白いなぁと感じているところですが、そんな飲んだくれ?店長吉田の今日の話題は、居酒屋!というのは、特に狙ったわけではないのですが、ダブってしまったのはご愛敬(汗)

というわけで、店長日記、いってみましょうか!

ここの所、リピーターの方のご予約が続いている。早い方だと、来年のゴールデンウィークのご予約をボク、店長吉田指名でいただいたり、うれしい限りなのだけれど、ニュースを見ると来年のGWは10連休ということで、、、皆さま、早めのご予約に動いているようです。

ボクもカンクン在住15年。これまでに沢山のお客様のアテンドをし、今も現場に出ているわけだけれども、この15年で一番変わったことって何ですか?!と時々お客様に聞かれる。

実感として、一番強く、強烈に感じるのは、「物価上昇」

デフレが長く続き、未だにデフレ感満載の日本からは考えられないことなのだけれど、景気が一応どれだけ実態を伴っているか疑問だとして、発表されている数字を信じるとすれば、上昇し続けているメキシコは、インフレという名目で物価が上がりつづけている。

といっても、巷に言われるような第三国のスーパーインフレのような経済危機に端を発する類のものではなく実に正常な範囲で年間3%といった程度だ。

なのにだ、、、昨年あたりからカンクンの物価は「バカみたいに」値上がりをし始めた。これは観光地という特殊な環境が原因であるわけだが、外貨が集まるカンクンでは、ドルベースの経済活動が中心になっている。つまり、ペソであるはずのメキシコだが、ここカンクンだけはドルが基軸通貨になっているのが原因だと思う。

過去5年でペソは30%以上対ドルで下落した。当然、外国から来る観光客、特にアメリカの観光客は大いに喜んだ。相対的にカンクンの物価が安くなるわけだからね。

メキシコの物価そのものはでは30%変動したかといえば、ガソリン以外で上昇たしものなどほとんどない。にもかかわらず、便乗値上げのように、昨年度から、特に今年2018年に入ってから、特にレストラン等の値上げが過激に進んだ。。。

しばらくぶりにレストランに出掛けて、メニューを開くと、価格が軒並み30%~50%も値上げしてあるのだ。。。もちろん、ドルベースであれば、以前と変わらないのだけれど、ペソで生活をしている我々としては、これは死活問題で、そのまんま価格だけがぼったくりに近いほど値上げされたという印象をもった。

ホテルゾーンのように観光客を相手にする場所なら仕方がないと諦めよう。。。しかし、先週、弊社のHPでも紹介している地元の老舗カンティーナである「La Guada」に出掛けてみたら、この地元の憩いの場であるはずのカンティーナまで、価格がほぼ倍に値上げされていた(涙)

そんな店長吉田は、最近ではカンクンのレストランではあまり外食をしなくなってしまった。もちろん、お客様におすすめする為の情報として、時々は食べにはいくけれど、行くたびに価格と味のバランスの悪さを強く意識するようになってきた。。。やはり、おススメするからには、味と価格のバランスって大切だと思うわけで、これではおススメ出来るお店がなくなってしまうというのが正直な印象だ。。。

良くも悪くもカンクンはメガリゾートになって来た証拠なのかもしれない。。。それが、喜ばしいことなのかは別として。にしても、よくもまあ、こんなに強気に値上げが出来るものだと思う。

この傾向はリビエラも、プラヤデルカルメンも、更にトゥルムも同じ状況だ。何もかもが値上がりして、生活コストばかり上がるのはどうにかならないものかと思う。

そうやって、メリダなどに出掛けると、突然穏やかなメキシコの世界に舞い戻ることが出来る。価格も安く(安いというより、メキシコ的に常識の範囲)、美味しくリーズナブルに食事を楽しむことが出来る。

プライスレスという言葉がある。これだけの物であれば、金額はいくらでも払ってもいい。。。そう感じてもおかしくないほどの美味いものがメリダなどの歴史がある街には溢れていて、しかも、プライスレスを感じさせるのに、価格はかなり低い。

歴史のある町には美味いものが溢れているというが本当だと思う。だから、メキシコの美味いものを食べたいと思うなら、メキシコシティやメリダやプエブラなどの歴史ある街に出掛けることをおススメしたい。

カンクンに戻ると、こんなものがこんな値段もするのか?!という、まさに観光地値段になる。大して旨くもないのに、価格だけ一流。。。そういう店がカンクンは本当に増えた。。。あげく、下町の店まで便乗値上げをするのだから、たまったものではない。。。

と、今日はなんだか、ずいぶんと不満が爆発して愚痴が多くなっているボクだけれど、さて、本題。。。こんななんでもカンでも高くなっているカンクンで、では、安く食べられる場所ってのはないものなのか?!

あるんですね(笑) というわけで、本題(笑)

店の名前をチャプルテペックという。カンクンのセントロにあるウォルマートのすぐ前にあるブリュワリーという位置づけの居酒屋だ。ここは、全墨にチェーン展開をしているお店で、モンテレイやメキシコシティなどの大都市でも展開をして安く飲める店として庶民の人気を博している。そんなお店がカンクンにもやってきた。

しかも、他の都市でやっているのと同じ価格。。。全品19.90ペソだ(笑)

日本円だと全品120円ということになる。

物価の安いカンクン以外の都市でも安いということで評判の店なので、カンクンでは何をいわんやだ。インパクトの大きさに週末などは1時間待ちになるほどの人気店になっている。

安かろう悪かろうでは意味がないのだけれど、ここの食事はタコスのような一品料理がメインだけれど、どれも美味い。なんと言っても、飲み物も全部19.90ペソだから、どれだけ飲んで食べても全然懐の負担にならない(笑)

そんなわけで、今月の弊社のミーティング会場として、ここを選んでみた。

子供も入れて総勢9名での来店だ。数が多いので、待ち時間も比例して長くなり、、、結局1時間半も待つことになったが、価格が安いので、皆よく耐えた(笑)

マグロのオリエンタル風味やセビッチェのトスターダ、ピリ辛エビのアグアチレなど、メキシコ特有の居酒屋メニューが目白押しだ。ビールはコロナやビクトリア、パシフィコに、この店独自銘柄のチャプルテペックというビールから、モヒートにミチラーダ、ジンにラムにウォッカに、テキーラ、もちろんソフトドリンクまで何でも揃っている。

こうして好きなだけ好きなものを注文して飲んで大いに語り楽しむこと2時間。明日も仕事があるので、お開きにしようか!ということで、会計をする。

9名で飲んで食べて、、、皆がお腹いっぱいになって、挙句、弊社藤本などはラムをロックで6杯、飲んだくれ店長はジャックダニエルを4杯、他のスタッフも各々モヒートやらカクテルやらビールやらを好きなだけ飲んで、食べて、、、1270ペソだった。。。

一人当たり140ペソだ。つまり一人840円!

おいおい。。。本当か?!

流石に、物価があまりに高いと愚痴りまくったボクもチェックを何度も見返してしまった。。。これは逆に言うと、あまりに安いから。。

人気になるのも分かる。。。我々が店を後にする頃、まだ外には10名以上の待ちが出ている状態だった。。。

もちろん、せっかく、カンクンまで来て、わざわざ安いからという理由で選ぶ必要はない。だけれども、ここはメキシコの居酒屋、危険な場所でもないし、安全に安くて美味しいし、しかも、メキシコ人しかほぼ来ないローカルの世界なので、メキシコ人に混ざって安くこの国を体験するには、実におススメだと思う。

因みに、平日の日中はそれほど混雑はしていないので、長時間待つことはない。待っても、10分程度で入ることが出来る。基本的には3品注文して、ビール一本か飲み物でお腹がいっぱいになるので、80ペソで済む。日本円だと480円だ。。。1コインで3品にビール。。。ここだけはデフレの日本でも体験出来ないリーズナブルに本物のメキシコが体験できると思うので、おススメしたい。

というわけで、久しぶりにタコス屋ランキングをチェンジする予定なので、乞うご期待。

あー、、、本当は、今日は本物のテキーラの話をしようと思っていたのに、、、これはまた次回ということで(^^)

それでは、皆さま素敵な一日を。カンクンにいらしたら、是非ウォータースポーツカンクンの店長吉田まで、ご連絡くださいね。

それでは!

敬具

店長吉田拝

PR

  • これが外観。22:30ごろの様子。まだ外にこれだけ人が並んでいます。<br />何と言っても、一品、ドリンク入れて120円だから、ちょっとくらい待ってもそれだけの価値があると考えるのは皆同じ?!(笑)<br /><br />

    これが外観。22:30ごろの様子。まだ外にこれだけ人が並んでいます。
    何と言っても、一品、ドリンク入れて120円だから、ちょっとくらい待ってもそれだけの価値があると考えるのは皆同じ?!(笑)

  • 所狭しと並ぶ一品の数々。これ全部120円。9名でたらふく食べて一人当たりの支払いは840円という。。。<br /><br />物価がバカみたいに高くなっているカンクンで救世主のような存在になっています(笑)<br /><br />

    所狭しと並ぶ一品の数々。これ全部120円。9名でたらふく食べて一人当たりの支払いは840円という。。。

    物価がバカみたいに高くなっているカンクンで救世主のような存在になっています(笑)

  • 表題と同じ写真ですが、タコスやトスターダ、アグアチレやセビッチェなどのシーフードが多いのもグッド。肉のタコスは安いですが、シーフード系はどこも高額なところが多いですからね。<br /><br />味付けは品も含めて全てメキシコテイストなので、安く気軽にメキシコを味わうにはうってつけのお店です。<br /><br />是非行ってみてください!<br />

    表題と同じ写真ですが、タコスやトスターダ、アグアチレやセビッチェなどのシーフードが多いのもグッド。肉のタコスは安いですが、シーフード系はどこも高額なところが多いですからね。

    味付けは品も含めて全てメキシコテイストなので、安く気軽にメキシコを味わうにはうってつけのお店です。

    是非行ってみてください!

9いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

メキシコで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
メキシコ最安 270円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

メキシコの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集