京都駅周辺旅行記(ブログ) 一覧に戻る
 雨の日が多い今月、またまた台風24号が接近中でしばらく天気予報も雨、あめ、雨。しかし、今日だけは晴れマークじゃないですか。<br /> そうれならこの晴れ間をのがさずにお出かけしましょう~<br /> と、言うことで、<br /> 6月に青葉もみじの圓光寺での苔の庭がとっても印象に残っていたので、紅葉の名所、東福寺のハ相の庭へ苔を見に行ってきました。

ハイシーズン前にゆっくり東福寺めぐり。ムクムク苔に癒される~

19いいね!

2018/09/27 - 2018/09/27

676位(同エリア2497件中)

2

49

雨の日が多い今月、またまた台風24号が接近中でしばらく天気予報も雨、あめ、雨。しかし、今日だけは晴れマークじゃないですか。
そうれならこの晴れ間をのがさずにお出かけしましょう~
と、言うことで、
6月に青葉もみじの圓光寺での苔の庭がとっても印象に残っていたので、紅葉の名所、東福寺のハ相の庭へ苔を見に行ってきました。

旅行の満足度
4.0

PR

  • 伏見、宇治方面行きの電車の中は平日にも関わらず観光客の方々で結構満員。 しかし、JR東福寺を下車する人はほぼゼロで多くは伏見稲荷に行かれたのかなぁ~<br />  しかし、後ひと月もすれば紅葉の季節でこの駅周辺は多くの人でごった返すんだろうなあ。などと考えながら東福寺へと向かいます。<br /><br />  栗棘庵の門前には微笑ましい石像が並んでらっしゃる。

    伏見、宇治方面行きの電車の中は平日にも関わらず観光客の方々で結構満員。 しかし、JR東福寺を下車する人はほぼゼロで多くは伏見稲荷に行かれたのかなぁ~
    しかし、後ひと月もすれば紅葉の季節でこの駅周辺は多くの人でごった返すんだろうなあ。などと考えながら東福寺へと向かいます。

    栗棘庵の門前には微笑ましい石像が並んでらっしゃる。

  •  白壁に沿った植え込みの下の苔にも久しぶりの日差しが当たってます。

    白壁に沿った植え込みの下の苔にも久しぶりの日差しが当たってます。

  • まだ青葉が美しい紅葉。でも今日の私は紅葉よりも苔に注目!

    まだ青葉が美しい紅葉。でも今日の私は紅葉よりも苔に注目!

  • ほらほら、ムクムクな苔。<br />触る前から手に感触が伝わってくる~  触ると想像以上に超極上の毛並、いえ苔並み。<br />これは延々と触り続けたい…

    ほらほら、ムクムクな苔。
    触る前から手に感触が伝わってくる~ 触ると想像以上に超極上の毛並、いえ苔並み。
    これは延々と触り続けたい…

  •  連日の雨を十分に吸ったシダの葉もイキイキと輝いてます。

    連日の雨を十分に吸ったシダの葉もイキイキと輝いてます。

  • 見上げると大きな紅葉の木。<br />これから季節が進めば徐々に赤く衣装替えですね。楽しみだわ。

    見上げると大きな紅葉の木。
    これから季節が進めば徐々に赤く衣装替えですね。楽しみだわ。

  • お不動さんにもお参りします。

    お不動さんにもお参りします。

  • 東福寺に到着しました。<br /><br />大きな本堂を横目で見ながら山門に行く時に警備の方に声をかけられました。<br />何か注意でも受けるのかと思えば、今日はお天気の具合がとてもいいので本堂の中がよく見えますよ。と親切に教えて下さいました。

    東福寺に到着しました。

    大きな本堂を横目で見ながら山門に行く時に警備の方に声をかけられました。
    何か注意でも受けるのかと思えば、今日はお天気の具合がとてもいいので本堂の中がよく見えますよ。と親切に教えて下さいました。

  •  格子越しに中を覗くとこんなに立派な龍の天井図がくっきりと見えました。

    格子越しに中を覗くとこんなに立派な龍の天井図がくっきりと見えました。

  • 先ほどのの方が側に来て、格子にてを差し入れると仏様と天井図の両方が写せますよ。とアドバイスを頂きました。<br />お陰様で金色の仏様に勇ましい龍とのツーショットです。

    先ほどのの方が側に来て、格子にてを差し入れると仏様と天井図の両方が写せますよ。とアドバイスを頂きました。
    お陰様で金色の仏様に勇ましい龍とのツーショットです。

  • ハ相の庭のある方丈へ。

    ハ相の庭のある方丈へ。

  • 人も少なく、ひっそりとした緊張感が漂ってます。

    人も少なく、ひっそりとした緊張感が漂ってます。

  • 「南庭」<br />島に見立てた石。広さ210坪の大きな枯山水の庭園には八海を表す砂紋。<br />静と動を見る人によってどちらに心が惹かれるでしょうか。

    「南庭」
    島に見立てた石。広さ210坪の大きな枯山水の庭園には八海を表す砂紋。
    静と動を見る人によってどちらに心が惹かれるでしょうか。

  • 築山の苔の色合いが砂紋に美しいです。美しい以外なにも表現できない。<br />時間が過ぎるのをきにせずにいつまでも眺めていたい。

    築山の苔の色合いが砂紋に美しいです。美しい以外なにも表現できない。
    時間が過ぎるのをきにせずにいつまでも眺めていたい。

  • 大屋根のひさし。 こう言った所も見事な日本木造建築、木材の組み方が美しいです。

    大屋根のひさし。 こう言った所も見事な日本木造建築、木材の組み方が美しいです。

  • 「東庭」<br />円柱の石で北斗七星を構成した庭。<br />丁寧に描かれた砂紋に苔の生き生きとした自然の生命力との調和。<br /><br /><br />

    「東庭」
    円柱の石で北斗七星を構成した庭。
    丁寧に描かれた砂紋に苔の生き生きとした自然の生命力との調和。


  • 建物の側は苔以外の植物も効果的。

    建物の側は苔以外の植物も効果的。

  • 「西庭」<br />見事に正方形に刈り込まれたサツキです。

    「西庭」
    見事に正方形に刈り込まれたサツキです。

  • 砂地とサツキで市松模様、植木とは思えない角と直線美です。

    砂地とサツキで市松模様、植木とは思えない角と直線美です。

  • 今日は天気も良かったので緑の濃淡がまぶしいくらいに綺麗です。<br />これを見たら、サツキが咲く時期にも必ず見に来よう。と思う。

    今日は天気も良かったので緑の濃淡がまぶしいくらいに綺麗です。
    これを見たら、サツキが咲く時期にも必ず見に来よう。と思う。

  • サツキの緑の市松模様に白壁、単色なのが眩しい。瓦が向こうの通天橋へと繋がってみえてます。

    サツキの緑の市松模様に白壁、単色なのが眩しい。瓦が向こうの通天橋へと繋がってみえてます。

  • 「北庭」に回りました。<br />苔の緑と敷石の市松模様を前にひと息、息を呑み長い感動の息が出ました。<br />

    「北庭」に回りました。
    苔の緑と敷石の市松模様を前にひと息、息を呑み長い感動の息が出ました。

  • 日が当たる場所は色が赤くなってます。<br />丸く刈り込まれたサツキの向こうには青葉紅葉がさわさわと。

    日が当たる場所は色が赤くなってます。
    丸く刈り込まれたサツキの向こうには青葉紅葉がさわさわと。

  • 正方形にムクムクした苔が可愛らしく持って帰りたいくらいに味があります。

    正方形にムクムクした苔が可愛らしく持って帰りたいくらいに味があります。

  • 一部、整った枠から抜け出すように苔が盛り上がって繋がってますね。

    一部、整った枠から抜け出すように苔が盛り上がって繋がってますね。

  • 目線を下げて苔の高さを眺めると苔の躍動感が伝わってきます。

    目線を下げて苔の高さを眺めると苔の躍動感が伝わってきます。

  • お、ここにも市松模様の苔庭が。<br /><br />これは2018年初秋「モシュ印*コケ寺リュウム」と言うJR東海キャンペーンで作られた作品のひとつです。<br /><br />三千院、圓光寺、常寂光院、建仁寺、東福寺の5つの寺院で開催されています。

    お、ここにも市松模様の苔庭が。

    これは2018年初秋「モシュ印*コケ寺リュウム」と言うJR東海キャンペーンで作られた作品のひとつです。

    三千院、圓光寺、常寂光院、建仁寺、東福寺の5つの寺院で開催されています。

  • 苔を丁寧に植え付けて表した御朱印=モシュ印。植物の持つエネルギーが伝わってきてとても立派です。<br />苔の質感と色合いが朱色の印にとてもよく合ってます。

    苔を丁寧に植え付けて表した御朱印=モシュ印。植物の持つエネルギーが伝わってきてとても立派です。
    苔の質感と色合いが朱色の印にとてもよく合ってます。

  • ガラス容器に寺院の特徴を表現した苔テラリュウムがステキ。<br />東福寺では市松の苔庭と、通天橋。

    ガラス容器に寺院の特徴を表現した苔テラリュウムがステキ。
    東福寺では市松の苔庭と、通天橋。

  • 苔を使い分け谷の木々が生き生きと表現されてます。<br />眺めてるとこの緑が時間がたつと紅葉しそうにも感じました。<br /><br />このキャンペーンは11月末までなので他の寺院にも行ってみようかな。

    苔を使い分け谷の木々が生き生きと表現されてます。
    眺めてるとこの緑が時間がたつと紅葉しそうにも感じました。

    このキャンペーンは11月末までなので他の寺院にも行ってみようかな。

  • 4つのお庭、まさに名園でした。

    4つのお庭、まさに名園でした。

  • 通天橋を渡ります。<br />誰もいない、ある意味貴重な光景です。

    通天橋を渡ります。
    誰もいない、ある意味貴重な光景です。

  • 広い園内には紅葉シーズン前のもみじが日差しを受けて光ってました。

    広い園内には紅葉シーズン前のもみじが日差しを受けて光ってました。

  • もみじの足元の苔の絨毯もうっとりする光景です。

    もみじの足元の苔の絨毯もうっとりする光景です。

  • 差し色のキノコがひょっこり顔出し。

    差し色のキノコがひょっこり顔出し。

  • 沢山の青葉もみじを見ながら通天橋の先にある常楽庵に来ました。<br />参道を挟み右手が池泉式庭園、左手が枯山水と一度に良い景色が見れます。

    沢山の青葉もみじを見ながら通天橋の先にある常楽庵に来ました。
    参道を挟み右手が池泉式庭園、左手が枯山水と一度に良い景色が見れます。

  • こちらの苔も表情豊か~<br />しゃがみこんでしげしげと眺めて癒されました。

    こちらの苔も表情豊か~
    しゃがみこんでしげしげと眺めて癒されました。

  • 市松模様に描かれた枯山水。背筋がシャンとなる眺めだわ。

    市松模様に描かれた枯山水。背筋がシャンとなる眺めだわ。

  • 二階建ての楼閣

    二階建ての楼閣

  • 誰もが自然と腰掛けて庭を眺めます。<br /><br />あ~今日はいい一日にだな~と。

    誰もが自然と腰掛けて庭を眺めます。

    あ~今日はいい一日にだな~と。

  • さらに散策。<br />周りが緑の中で愛染堂の朱赤が色づく前のもみじに映えて一層きれいです。

    さらに散策。
    周りが緑の中で愛染堂の朱赤が色づく前のもみじに映えて一層きれいです。

  • 緑の中の通天橋は清々しい景色。

    緑の中の通天橋は清々しい景色。

  • 洗玉澗の水も清らかです。

    洗玉澗の水も清らかです。

  • 紅葉シーズンには人で押せ押せの通天橋も季節変わればこの景色も心ゆくまで楽しめます。<br /><br />

    紅葉シーズンには人で押せ押せの通天橋も季節変わればこの景色も心ゆくまで楽しめます。

  • 充分に脳に潤いを得たので、お腹を満たしにお昼ご飯です。<br />駅の近くにある「いづ松」さん<br /><br />昔ながらのお寿司屋さんの佇まいが落ち着きます。

    充分に脳に潤いを得たので、お腹を満たしにお昼ご飯です。
    駅の近くにある「いづ松」さん

    昔ながらのお寿司屋さんの佇まいが落ち着きます。

  • 京都の伝統的な押し寿しは鯖寿司の名店の「いづう」さんからのれん分された確証の味わい。<br />押し過ぎないすし飯が絶品で調和のとれた京寿司は本当に美味しかったです。

    京都の伝統的な押し寿しは鯖寿司の名店の「いづう」さんからのれん分された確証の味わい。
    押し過ぎないすし飯が絶品で調和のとれた京寿司は本当に美味しかったです。

  •  この辺りに来たならば絶対に外せない場所へと移動します。<br />途中にある新熊野神社、立派な巨木の楠。熊野古道がここでお参り出来るのですが、今月の台風の被害でお参り出来ませんでした。<br /><br />更に目的地はここでなくもう少しさきに。

    この辺りに来たならば絶対に外せない場所へと移動します。
    途中にある新熊野神社、立派な巨木の楠。熊野古道がここでお参り出来るのですが、今月の台風の被害でお参り出来ませんでした。

    更に目的地はここでなくもう少しさきに。

  •  はい、到着です。<br />甘味処の「梅香堂」さん。<br />ホットケーキと氷が有名なお店です。<br />店内は満席の為、しばし外で待機。待ってる間に蚊に刺され今日のお出かけで20箇所以上刺されたのは想定外の事でした。

    はい、到着です。
    甘味処の「梅香堂」さん。
    ホットケーキと氷が有名なお店です。
    店内は満席の為、しばし外で待機。待ってる間に蚊に刺され今日のお出かけで20箇所以上刺されたのは想定外の事でした。

  •  この夏の暑かった日々にサヨナラ~と氷を注文。<br />明るく愛想のいいお店の方の接客はこれから甘いスイーツタイムを迎えるのにふさわしい気持ちにさせてくれます。<br /> それでもって、香ばしいきな粉がたっぷり絡む黒蜜氷はしっかり甘く、濃茶を頂いてるほどに濃厚な宇治氷と美味しい、おいしい時間でした。<br /><br /> 数々の名所ある京都、四季折々訪れた時だけに感じられる気配が貴重な体験、今日の幸せな時間に感謝したいです。

    この夏の暑かった日々にサヨナラ~と氷を注文。
    明るく愛想のいいお店の方の接客はこれから甘いスイーツタイムを迎えるのにふさわしい気持ちにさせてくれます。
    それでもって、香ばしいきな粉がたっぷり絡む黒蜜氷はしっかり甘く、濃茶を頂いてるほどに濃厚な宇治氷と美味しい、おいしい時間でした。

    数々の名所ある京都、四季折々訪れた時だけに感じられる気配が貴重な体験、今日の幸せな時間に感謝したいです。

この旅行記のタグ

19いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (2)

開く

閉じる

  • たらよろさん 2018/12/29 15:06:51
    シーズンではない東福寺の勧め♪
    こんにちは、ひやしたぬきさん

    気がつけばあっという間に今年も終わり。
    寒い年の瀬になるようですが、
    お体ご自愛くださいね。

    私も東福寺のむくむく苔、大好きですー
    あの重圧な苔を育てるのに、どれだけの心血が注がれているのかと、、、
    さすが有名なお庭ですよね。
    私も久し振りに見に行きたいなぁ。
    今年はお世話になりました。
    また来年も仲良くして下さいね。

    良いお年をお迎えください。

    たらよろ

    ひやしたぬき

    ひやしたぬきさん からの返信 2018/12/31 20:43:21
    よいお年をお過ごしください。

    こんにちは、たらよら様。

    平成最後の○○〜のフレーズ連発になる時間になり、一年がそろそろ終わろうかとしています。
    今年も多くの旅行記を拝見させていただきました。ありがとうございます。
    いつも、素敵なホテルステイに休日の過ごし方に憧れております。
    京都、大阪と身近なエリアの内容もたらよら様が行かれるとひと味もふた味も違います。

    2019年も楽しみにしておりますので、よろしくお願いします。

    ひやしたぬき。

ひやしたぬきさんのトラベラーページ

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

京都駅周辺の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集