ヌワラエリヤ 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
子を授かってから長らく封印していた海外旅行を9年ぶりに解禁。その復帰第一弾の旅行先をスリランカに定めました。8歳の娘と5歳の息子が新メンバーです。<br />そのあと、色々と欲張って最終的には<br /> ●タイ・バンコク:17時間のトランジット観光<br /> ●スリランカ各地:4泊5日<br /> ●インド・アグラ:1泊2日<br />という旅程を組みました。・・・が、台風の影響でバンコク行きのフライトは事実上の欠航。<br />振替便は確保できたものの、バンコクの滞在時間は正味2時間ほどになりました。旅行が始まる前から波乱含みですが、何とか予定通りスリランカに入国することができました。<br /><br />旅行3日目は娘が楽しみにしていたお茶摘み体験の日です。<br />***************************<br /><br /><br />お茶摘みアクティビティは10時スタートなのですが、6時に起床。<br />あまりの疲労にそのまま寝てしまったので、朝風呂に入ります・・・・が、バスルームがとにかく寒い!!<br />8月ですが、標高2000mの早朝はやはり寒いです。新しい建物ならまだしも、築年数は否めないホテルなので、室内の気密性は期待できません。<br />幸い、バスタブのある部屋でしたので、とにかく熱い湯を張り、肩まで浸かって、昨日の汚れを落とします。<br /><br />家族も7時頃には起床。昨晩、満足に食べることができなかった夕飯の分を取り戻すべく、気合を入れて朝食に臨みます。

スリランカ子連れ旅行 ~おまけにバンコクとタージ・マハルも~ (5)3日目

60いいね!

2018/08/09 - 2018/08/16

1位(同エリア117件中)

0

38

この旅行記のスケジュール

子を授かってから長らく封印していた海外旅行を9年ぶりに解禁。その復帰第一弾の旅行先をスリランカに定めました。8歳の娘と5歳の息子が新メンバーです。
そのあと、色々と欲張って最終的には
 ●タイ・バンコク:17時間のトランジット観光
 ●スリランカ各地:4泊5日
 ●インド・アグラ:1泊2日
という旅程を組みました。・・・が、台風の影響でバンコク行きのフライトは事実上の欠航。
振替便は確保できたものの、バンコクの滞在時間は正味2時間ほどになりました。旅行が始まる前から波乱含みですが、何とか予定通りスリランカに入国することができました。

旅行3日目は娘が楽しみにしていたお茶摘み体験の日です。
***************************


お茶摘みアクティビティは10時スタートなのですが、6時に起床。
あまりの疲労にそのまま寝てしまったので、朝風呂に入ります・・・・が、バスルームがとにかく寒い!!
8月ですが、標高2000mの早朝はやはり寒いです。新しい建物ならまだしも、築年数は否めないホテルなので、室内の気密性は期待できません。
幸い、バスタブのある部屋でしたので、とにかく熱い湯を張り、肩まで浸かって、昨日の汚れを落とします。

家族も7時頃には起床。昨晩、満足に食べることができなかった夕飯の分を取り戻すべく、気合を入れて朝食に臨みます。

同行者
乳幼児連れ家族旅行
利用旅行会社
個別手配
旅行の満足度
4.0
観光
4.0
ホテル
4.5
グルメ
4.0

PR

  • 今朝も手動エレベータにテンション高めの我が息子w

    今朝も手動エレベータにテンション高めの我が息子w

    ヘリタンス ティー ファクトリー ホテル

    紅茶好きとエレベータ好きには泊まってほしいホテルby kazucchiniさん
  • ちなみにオーチス社製のエレベータでした。<br /><br />朝食は色々なものにトライしました。

    ちなみにオーチス社製のエレベータでした。

    朝食は色々なものにトライしました。

  • 右側の白いスープは見たことも聞いたこともなかった料理「ディヤバス(Diyabath)」。スリランカの伝統的な朝ご飯だそうです。<br />ココナッツミルクがベースの冷たいスープの中にはご飯が入っており、そこに玉ねぎ・にんにく・スイートチリをトッピングします。<br />ココナッツミルクだから甘いのかな、と思って飲んだところ、思わず口走った感想は「コールスロー飲んでるみたい」。<br />トッピングに加えて、コショウも振ったせいか、はたまたホテル独特の味付けなのか。<br />また一つ見聞を広めたな、と思いつつも、頭の中からコールスローという例えから抜け出すことにもがいていました。

    右側の白いスープは見たことも聞いたこともなかった料理「ディヤバス(Diyabath)」。スリランカの伝統的な朝ご飯だそうです。
    ココナッツミルクがベースの冷たいスープの中にはご飯が入っており、そこに玉ねぎ・にんにく・スイートチリをトッピングします。
    ココナッツミルクだから甘いのかな、と思って飲んだところ、思わず口走った感想は「コールスロー飲んでるみたい」。
    トッピングに加えて、コショウも振ったせいか、はたまたホテル独特の味付けなのか。
    また一つ見聞を広めたな、と思いつつも、頭の中からコールスローという例えから抜け出すことにもがいていました。

  • 子どもたちはシリアルを色々試していました。

    子どもたちはシリアルを色々試していました。

  • 10時まで時間があるので、それまで子どもたちは遊具で遊ぶことに。<br />昨日のホテルとうって変わって、手入れされた芝生と花壇にシンプルかつ質実剛健な遊具。他の国の子供たちも楽しそうに遊んでおり、ベンチに座ってその姿を見守ります。

    10時まで時間があるので、それまで子どもたちは遊具で遊ぶことに。
    昨日のホテルとうって変わって、手入れされた芝生と花壇にシンプルかつ質実剛健な遊具。他の国の子供たちも楽しそうに遊んでおり、ベンチに座ってその姿を見守ります。

    ヘリタンス ティー ファクトリー ホテル

    紅茶好きとエレベータ好きには泊まってほしいホテルby kazucchiniさん
  • 不格好ないちごですが、温かみを感じます。

    不格好ないちごですが、温かみを感じます。

  • 私はベンチで茶畑の丘陵を眺めながら、しばし日向ぼっこ。ただ、とても強い風が吹き付けます。<br />8月のスリランカは強風が毎日のように吹くとのことで、滞在中ほぼ毎日、この強い風にさらされていました。特にヌワラエリヤではパーカーやフリースは必携です。

    私はベンチで茶畑の丘陵を眺めながら、しばし日向ぼっこ。ただ、とても強い風が吹き付けます。
    8月のスリランカは強風が毎日のように吹くとのことで、滞在中ほぼ毎日、この強い風にさらされていました。特にヌワラエリヤではパーカーやフリースは必携です。

  • 遊具のあるこの広場には、列車で紅茶を運んでいたころを偲ばす客車もあります。<br /><br />事前に予約をしておけば、この客車内でディナーをいただけるコースもあったのですが、年齢制限があったためやむなく断念。(+お値段もそれなり)<br />窓の外から客車内をのぞき込むだけにしました。

    遊具のあるこの広場には、列車で紅茶を運んでいたころを偲ばす客車もあります。

    事前に予約をしておけば、この客車内でディナーをいただけるコースもあったのですが、年齢制限があったためやむなく断念。(+お値段もそれなり)
    窓の外から客車内をのぞき込むだけにしました。

  • 10時。茶摘みアクティビティ開始です。めいめい茶摘みの伝統衣装を身にまといます。

    10時。茶摘みアクティビティ開始です。めいめい茶摘みの伝統衣装を身にまといます。

  • いざ茶畑へ。

    いざ茶畑へ。

  • この日はイタリア人カップルとともに参加です。

    この日はイタリア人カップルとともに参加です。

  • 細い径を抜けると

    細い径を抜けると

  • 茶畑が広がります。

    茶畑が広がります。

  • ♪夏は盛りの百八十八夜~・・・とのどかに歌いたいところですが、

    ♪夏は盛りの百八十八夜~・・・とのどかに歌いたいところですが、

  • とにかくすごい風です。

    とにかくすごい風です。

  • そんな中、摘み取っていきたい新芽やオレンジペコーについてレクチャーを受けます。

    そんな中、摘み取っていきたい新芽やオレンジペコーについてレクチャーを受けます。

  • 最初は「なんのこっちゃ」で、見分けがつかなかったのですが、だんだん分かってくるようになり、

    最初は「なんのこっちゃ」で、見分けがつかなかったのですが、だんだん分かってくるようになり、

  • 花まで見つけるようになりました。

    花まで見つけるようになりました。

  • 娘は、ガイドのアニルさんに棒を使った摘み方のレクチャーを受けていました。<br />茶木の上に棒を乗せ、棒より上に見える若葉を摘みとっていくのだそうです。

    娘は、ガイドのアニルさんに棒を使った摘み方のレクチャーを受けていました。
    茶木の上に棒を乗せ、棒より上に見える若葉を摘みとっていくのだそうです。

  • かたや、とりあえずよく分からないまま、黄緑の葉っぱを摘んでみる我が息子w<br /><br />もちろん、ノルマがあるわけではないですので適当な時間で切り上げて、今度は製茶の工程の説明を受けます。

    かたや、とりあえずよく分からないまま、黄緑の葉っぱを摘んでみる我が息子w

    もちろん、ノルマがあるわけではないですので適当な時間で切り上げて、今度は製茶の工程の説明を受けます。

  • 昔使っていた機械や今も使われている機械

    昔使っていた機械や今も使われている機械

  • 茶葉ごとに仕分けられた箱<br /><br /><br />一通りの工程説明が終わった後、ホテルに戻って「きき茶」の時間です。

    茶葉ごとに仕分けられた箱


    一通りの工程説明が終わった後、ホテルに戻って「きき茶」の時間です。

  • ロビーの一角にはテイスティングができるようカップが並べられており、右からBOPF・BOP・PAKOEと濃さが段々薄くなるように並べられていました。<br />説明してくれる茶師(?)の女性のレクチャーを聞きながら、テイスティングが始まります。<br />空気を含むよう、すするようにして一口含み、紅茶の香りを確かめます。口の中の紅茶はバケツに捨て、水で口の中をすすいで次の紅茶へ。これを繰り返します。<br />これはそのまま飲んだほうがおいしいかもね、これは砂糖とミルクを加えたほうがおいしいかもね、というのが何となくわかってきます。<br /><br />左から2番目に淹れられた薄い紅茶は「グリーンティー」。(紅茶なのにグリーンティー?)<br />紅茶よりも緑茶のほうにこだわりがある私にとっては、むしろこれがどんな味なのか気になります。<br /><br />期待通り(?)、グリーンティーと言えども日本の緑茶とはまるで異なるお茶でした。例えるなら、香りが控えめな台湾の花茶みたいな感じでしょうか。この人たちに濃厚な宇治や八女のお茶を飲ませたら、どんな表現をするんだろう。そんなことを思いました。<br /><br />先ほどのイタリア人カップルも参加。彼はコーヒーのほうを普段よく飲むということで、彼から見えた視点や感想も興味深かったです。<br /><br />茶師の女性曰く「ヌワラエリヤのお茶はストレートに適していて、レモンティーとかには合わない」とのこと。

    ロビーの一角にはテイスティングができるようカップが並べられており、右からBOPF・BOP・PAKOEと濃さが段々薄くなるように並べられていました。
    説明してくれる茶師(?)の女性のレクチャーを聞きながら、テイスティングが始まります。
    空気を含むよう、すするようにして一口含み、紅茶の香りを確かめます。口の中の紅茶はバケツに捨て、水で口の中をすすいで次の紅茶へ。これを繰り返します。
    これはそのまま飲んだほうがおいしいかもね、これは砂糖とミルクを加えたほうがおいしいかもね、というのが何となくわかってきます。

    左から2番目に淹れられた薄い紅茶は「グリーンティー」。(紅茶なのにグリーンティー?)
    紅茶よりも緑茶のほうにこだわりがある私にとっては、むしろこれがどんな味なのか気になります。

    期待通り(?)、グリーンティーと言えども日本の緑茶とはまるで異なるお茶でした。例えるなら、香りが控えめな台湾の花茶みたいな感じでしょうか。この人たちに濃厚な宇治や八女のお茶を飲ませたら、どんな表現をするんだろう。そんなことを思いました。

    先ほどのイタリア人カップルも参加。彼はコーヒーのほうを普段よく飲むということで、彼から見えた視点や感想も興味深かったです。

    茶師の女性曰く「ヌワラエリヤのお茶はストレートに適していて、レモンティーとかには合わない」とのこと。

  • このパッケージを見せてあげると女性は大変驚いていました。<br />淹れ方が同じであれば、やはり、淹れるお湯の硬さによって適する飲み方は変わってくるようです。

    このパッケージを見せてあげると女性は大変驚いていました。
    淹れ方が同じであれば、やはり、淹れるお湯の硬さによって適する飲み方は変わってくるようです。

  • お隣に住む紅茶好きの奥さまには、茶葉と一緒にスリランカのミネラルウォーターをお土産としてお渡ししました。<br /><br />もし、「スリランカに行ってくるならとびっきりの茶葉買ってきて!!」とハードルを上げられた方には、ご当地の水も一緒にプレゼントすると一層喜ばれるのではないかと思います。

    お隣に住む紅茶好きの奥さまには、茶葉と一緒にスリランカのミネラルウォーターをお土産としてお渡ししました。

    もし、「スリランカに行ってくるならとびっきりの茶葉買ってきて!!」とハードルを上げられた方には、ご当地の水も一緒にプレゼントすると一層喜ばれるのではないかと思います。

  • 娘もちゃっかりテイスティングw<br />違いはわかったのかな。。。

    娘もちゃっかりテイスティングw
    違いはわかったのかな。。。

  • もう正午を回っていました。ホテルの前で写真を撮って出発です。

    もう正午を回っていました。ホテルの前で写真を撮って出発です。

  • あんな山の上にあったんだなぁ

    あんな山の上にあったんだなぁ

  • のどかな道を下っていきます。

    のどかな道を下っていきます。

  • 相変わらず風が強いです。

    相変わらず風が強いです。

  • 下に降りると、いつもの暑さが戻ってきました。

    下に降りると、いつもの暑さが戻ってきました。

  • 午後1時。グレゴリー湖畔でランチ。<br /><br />アニルさんの「インド料理屋さんなら、まだお子さんが食べられる選択肢があると思いまして・・・」と、今振り返るとなぜそんな思考になったのか、私たちもなぜそれに同意したのか不思議なんですが、インディアンレストランに入ることに。<br />評判のお店だそうで大変混んでいました。レストランは外観とともに店内もとても清潔です。トイレも清掃がよく行き届いていました。アニルさん、グッドチョイス!<br /><br />昨日に続き、問題はメニューです。食べたいものよりも、無難なメニューはどれか。子どもが産まれる前の妻との旅行は、「謎な料理」を中心に選択し、地雷もあれば場外ホームランもあり、どちらの料理も笑って食べ合ったものでしたが、楽しく旅行を遂行する今回の最重要課題は子どもたちの腹を満たすことです。<br />この旅で、子供たちがオーダーするジュースは、娘がスイカジュース、息子はコーラの一択になっていきました。

    午後1時。グレゴリー湖畔でランチ。

    アニルさんの「インド料理屋さんなら、まだお子さんが食べられる選択肢があると思いまして・・・」と、今振り返るとなぜそんな思考になったのか、私たちもなぜそれに同意したのか不思議なんですが、インディアンレストランに入ることに。
    評判のお店だそうで大変混んでいました。レストランは外観とともに店内もとても清潔です。トイレも清掃がよく行き届いていました。アニルさん、グッドチョイス!

    昨日に続き、問題はメニューです。食べたいものよりも、無難なメニューはどれか。子どもが産まれる前の妻との旅行は、「謎な料理」を中心に選択し、地雷もあれば場外ホームランもあり、どちらの料理も笑って食べ合ったものでしたが、楽しく旅行を遂行する今回の最重要課題は子どもたちの腹を満たすことです。
    この旅で、子供たちがオーダーするジュースは、娘がスイカジュース、息子はコーラの一択になっていきました。

    グレゴリー湖 滝・河川・湖

  • オーダーしたメニューは「無難に」フライドヌードル、フライドライス、フライドポテトのフライド三連荘(笑) そして私はなんとなく食べたかったモモ。<br />結果は凶。「無難に」美味しかった一方で、コショウも効いており、なかなかスプーンが進みません。ある程度は頑張らせたものの、結局フライドポテトを平らげたところで終了。<br />モモもフェンネルがアクセントになっていて美味しかったですが、子どもたちにはまだ早い味だったかなぁ。。。<br /><br />いろんな食べ物を挑戦させてみたいけど、トラウマになってしまうリスクもあり、この先の旅のテンションがた落ち、という状況にもなりかねないことを考えると、ホント難しいです。

    オーダーしたメニューは「無難に」フライドヌードル、フライドライス、フライドポテトのフライド三連荘(笑) そして私はなんとなく食べたかったモモ。
    結果は凶。「無難に」美味しかった一方で、コショウも効いており、なかなかスプーンが進みません。ある程度は頑張らせたものの、結局フライドポテトを平らげたところで終了。
    モモもフェンネルがアクセントになっていて美味しかったですが、子どもたちにはまだ早い味だったかなぁ。。。

    いろんな食べ物を挑戦させてみたいけど、トラウマになってしまうリスクもあり、この先の旅のテンションがた落ち、という状況にもなりかねないことを考えると、ホント難しいです。

  • 午後2時。キャンディ方面に向かって北上します。

    午後2時。キャンディ方面に向かって北上します。

  • ところが渋滞。。。<br />ここでアニルさん、「ノリタケには間に合わないかもしれません。」との一言。<br />googleマップとにらめっこし、行く道の色が赤だったり、オレンジだったりしている状況に困り顔です。<br />私ももう一回、頭の中で優先度付けを整理します。<br />ノリタケアウトレットは、ちょうど行程の途中に位置する場所にあったので、寄れるものなら寄ってみたい。幸運にも掘り出し物の食器があったならばゲットしたい、ということで旅程を組む当初より伝えていました。<br />ただ、「寄れるものなら寄ってみたい」以上の意向がなかったことも事実でした。このことをその場で妻と確認し、結果として安全運転、子供のトイレ休憩、を優先してもらうよう伝えました。<br /><br />結局、ノリタケの前を閉店後の1時間後に通過(泣)

    ところが渋滞。。。
    ここでアニルさん、「ノリタケには間に合わないかもしれません。」との一言。
    googleマップとにらめっこし、行く道の色が赤だったり、オレンジだったりしている状況に困り顔です。
    私ももう一回、頭の中で優先度付けを整理します。
    ノリタケアウトレットは、ちょうど行程の途中に位置する場所にあったので、寄れるものなら寄ってみたい。幸運にも掘り出し物の食器があったならばゲットしたい、ということで旅程を組む当初より伝えていました。
    ただ、「寄れるものなら寄ってみたい」以上の意向がなかったことも事実でした。このことをその場で妻と確認し、結果として安全運転、子供のトイレ休憩、を優先してもらうよう伝えました。

    結局、ノリタケの前を閉店後の1時間後に通過(泣)

  • 午後6時。<br />写真がぼやけてますが、まだかかりそうだ、ということで果物の屋台で小腹を満たすことにしました。<br /><br />果物の王様、初挑戦です!<br /><br />ただ、車を止めて私たちがいきなり車外に出て行っても、高い値段をふっかけられるだけ、というので、アニルさんとドライバーさんが屋台の店主と話を付けてくれます。<br />しばらくして手招きがあり、そこで車外へ。店主がすでにドリアンの実を割ってくれていました。指ですくって食べるんですよ、と教えられるがままに白くねっとりしたクリーム状のところに指をズブッ!<br />確かにクセになる味です。何かで読んだ通り、3回食べたら好きになっちゃうかもしれません。他方、パクチー同様に好き嫌いが極端に分かれる味にも思えました。<br />ところがこれ以降、車中で出るゲップがとてもドリアン臭いのが閉口でした。食べすぎ要注意です。<br /><br /><br />ホテルにはまだまだかかりそう。<br />家族全員でしりとりをしながら、日も暮れ暗くなった車内を過ごします。<br /><br />「象に乗りたいですか?」<br />ノリタケに行けなかったことを申し訳なく思ったのかどうかはわかりませんが、不意にアニルさんが提案してくれました。<br />今夜の宿、ヘリタンスカンダラマの近郊に象のアクティビティを手配してくれる知り合いがいる、とのこと。<br />やさぐれモードの子供たちのテンションが一気に回復します。<br /><br />今日と明日滞在するヘリタンスカンダラマは、私のリクエスト。<br />このホテルに連泊して、明日は一日ホテル自体を堪能したい、と決め込んでいたのですが、そこは折れることにしました。<br />早速アニルさんがその知り合いに電話して、段取りをつけてくれました。<br />明日の午後、象乗りと象サファリのイベントが組み込まれます。<br /><br />出発前、満を持して組んだスケジュールがどんどん塗り変わっていきます。でも、これが個人手配の醍醐味だとも思います。

    午後6時。
    写真がぼやけてますが、まだかかりそうだ、ということで果物の屋台で小腹を満たすことにしました。

    果物の王様、初挑戦です!

    ただ、車を止めて私たちがいきなり車外に出て行っても、高い値段をふっかけられるだけ、というので、アニルさんとドライバーさんが屋台の店主と話を付けてくれます。
    しばらくして手招きがあり、そこで車外へ。店主がすでにドリアンの実を割ってくれていました。指ですくって食べるんですよ、と教えられるがままに白くねっとりしたクリーム状のところに指をズブッ!
    確かにクセになる味です。何かで読んだ通り、3回食べたら好きになっちゃうかもしれません。他方、パクチー同様に好き嫌いが極端に分かれる味にも思えました。
    ところがこれ以降、車中で出るゲップがとてもドリアン臭いのが閉口でした。食べすぎ要注意です。


    ホテルにはまだまだかかりそう。
    家族全員でしりとりをしながら、日も暮れ暗くなった車内を過ごします。

    「象に乗りたいですか?」
    ノリタケに行けなかったことを申し訳なく思ったのかどうかはわかりませんが、不意にアニルさんが提案してくれました。
    今夜の宿、ヘリタンスカンダラマの近郊に象のアクティビティを手配してくれる知り合いがいる、とのこと。
    やさぐれモードの子供たちのテンションが一気に回復します。

    今日と明日滞在するヘリタンスカンダラマは、私のリクエスト。
    このホテルに連泊して、明日は一日ホテル自体を堪能したい、と決め込んでいたのですが、そこは折れることにしました。
    早速アニルさんがその知り合いに電話して、段取りをつけてくれました。
    明日の午後、象乗りと象サファリのイベントが組み込まれます。

    出発前、満を持して組んだスケジュールがどんどん塗り変わっていきます。でも、これが個人手配の醍醐味だとも思います。

  • 午後8時半、ようやくホテル「ヘリタンスカンダラマ」に到着。目覚めたら、そこはホテルのエントランスでした。<br />同じく熟睡していた娘も起こして、テラスっぽいところでチェックイン。そこが元祖インフィニティプールが臨めるテラスであることは知る由もありません。息子もぐずっています。ウエルカムドリンクもそこそこに客室へ。

    午後8時半、ようやくホテル「ヘリタンスカンダラマ」に到着。目覚めたら、そこはホテルのエントランスでした。
    同じく熟睡していた娘も起こして、テラスっぽいところでチェックイン。そこが元祖インフィニティプールが臨めるテラスであることは知る由もありません。息子もぐずっています。ウエルカムドリンクもそこそこに客室へ。

    ヘリタンス カンダラマ ホテル

    絶対連泊したい!by kazucchiniさん
  • スーツケースを客室に運び込んだのは午後9時。このまま寝かしつけてもよかったのですが、夕食込みで予約した以上もったいないのでレストランへ。<br />・・・やはり食事にはなりませんでした。子どもたちはジュースだけ飲んで、妻とともに客室に戻りました。食事にありつけない時のために携帯していたマグカップ用チキンラーメンを客室で平らげたそうです。<br />私も炭水化物を入れるほどの食欲はなく、一通りのサラダとオープンエアで焼かれた肉だけを流し込んだだけ。<br />このリベンジは明日の夕食で果たすことを誓い、客室に戻りました。<br /><br />客室に戻ったら、チキンラーメンを食べて平静を取り戻した子供たちが変なテンションではしゃいでいました。<br />風呂に入れて寝かしつけ、今夜最後の大仕事、洗濯に取り掛かります。<br /><br />旅程を立てる際、3泊目か4泊目は連泊するようにしています。もし、体調を崩していたならば養生するため、あと洗濯するため、です。<br />バックパッカー時代から染み込んだ海外旅行のバイオリズムになっていて、今回もそのように設定しました。<br /><br />おまけに木々に囲まれたベランダがあるので、洗濯物を目立たないように干すには願ったりかなったりだったのですが、おさるのいたずらが過ぎる、との情報もあり外に干すのは断念。バスルームにロープを張り、バスタブで洗った衣類を干していきます。<br />ただ、家族旅行となるとこのイベントは見直さなければならないかもしれません。洗濯量が多いわ、乾きが遅いわで大変でした。<br />次回は洗濯機が備えてあるアパートメントで連泊するように、旅行スタイルもシフトすべきなのかな、とも思います。<br /><br /><br />明日は、インフィニティプールと象三昧です。

    スーツケースを客室に運び込んだのは午後9時。このまま寝かしつけてもよかったのですが、夕食込みで予約した以上もったいないのでレストランへ。
    ・・・やはり食事にはなりませんでした。子どもたちはジュースだけ飲んで、妻とともに客室に戻りました。食事にありつけない時のために携帯していたマグカップ用チキンラーメンを客室で平らげたそうです。
    私も炭水化物を入れるほどの食欲はなく、一通りのサラダとオープンエアで焼かれた肉だけを流し込んだだけ。
    このリベンジは明日の夕食で果たすことを誓い、客室に戻りました。

    客室に戻ったら、チキンラーメンを食べて平静を取り戻した子供たちが変なテンションではしゃいでいました。
    風呂に入れて寝かしつけ、今夜最後の大仕事、洗濯に取り掛かります。

    旅程を立てる際、3泊目か4泊目は連泊するようにしています。もし、体調を崩していたならば養生するため、あと洗濯するため、です。
    バックパッカー時代から染み込んだ海外旅行のバイオリズムになっていて、今回もそのように設定しました。

    おまけに木々に囲まれたベランダがあるので、洗濯物を目立たないように干すには願ったりかなったりだったのですが、おさるのいたずらが過ぎる、との情報もあり外に干すのは断念。バスルームにロープを張り、バスタブで洗った衣類を干していきます。
    ただ、家族旅行となるとこのイベントは見直さなければならないかもしれません。洗濯量が多いわ、乾きが遅いわで大変でした。
    次回は洗濯機が備えてあるアパートメントで連泊するように、旅行スタイルもシフトすべきなのかな、とも思います。


    明日は、インフィニティプールと象三昧です。

    ヘリタンス カンダラマ ホテル

    絶対連泊したい!by kazucchiniさん
60いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

kazucchiniさんの関連旅行記

kazucchiniさんの旅行記一覧

スリランカで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
業界最安クラスの定額料金

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

スリランカの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

ヌワラエリヤ(スリランカ) で人気のタグ

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集