新宿 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
大好きなプッチーニの「トスカ」を<br />観に、初台の新国立劇場へ行ってきました。<br /><br /><br /><br />

オペラ「トスカ」を鑑賞に新国立劇場へ行ってきました イン 初台

5いいね!

2018/07/08 - 2018/07/08

1229位(同エリア2000件中)

大好きなプッチーニの「トスカ」を
観に、初台の新国立劇場へ行ってきました。



同行者
カップル・夫婦
一人あたり費用
1万円未満
交通手段
私鉄
旅行の満足度
5.0

PR

  • オペラの「火サス(?)」(注:あくまでも個人の意見です)<br />とも言えるトスカ。<br /><br />第Ⅰ幕<br /><br />人気歌手のトスカが恋人のカヴァラドッシが仕事をしている教会に<br />現れ、たまたまその教会に熱心に祈りに来ていた女性をモデルにし<br />ていたことを知り、嫉妬する。実はその女性は1年前に現政権のナポリ<br />王国に滅ぼされたローマ共和国の元領事で投獄されていたアンジェロッティの妹だった。<br />彼女の手引きで、アンジェロッティはこの教会に逃げてきた。<br />アンジェロッティはカヴァラドッシの古い友人でもあった。<br />用意された女性用の衣服を持ち、二人はカヴァラドッシの別荘へと行く。<br />そこへアンジェロッティを追ってやってきた警視総監のスカルピア男爵。<br />トスカの嫉妬深さを利用して、逃げた二人が落とした女性物の扇子をトスカに見せ、カヴァラドッシが浮気していたと吹聴する。<br />トスカはその言葉を真に受け、別荘へと急ぐ。<br /><br />第Ⅱ幕<br />ファルネーゼ宮のスカルピアの部屋。<br />夕食を摂っていると、カヴァラドッシが連行されてくる。<br />スカルピアはアンジェロッティの居場所を白状するように迫るが応じないので拷問にかけ、その様子をトスカを呼びつけて見せる。<br />恋人が拷問を受ける様子に耐えかねてアンジェロッティの居場所を言ってしまうトスカ。カヴァラドッシは銃殺刑を宣告される。<br />命乞いをするトスカ。好色のスカルピアは、代償として体を求める。<br />恋人の命と引き換えにスカルピアの申し出を泣く泣く受け入れるトスカ。<br />その代わりにカヴァラドッシは偽銃殺刑に処すると約束し、<br />国外への通行許可証もトスカに与えると約束する。<br />通行許可証を書いている隙に、テーブルのナイフを見つけるトスカ。<br />そのナイフを握りしめ、迫ってくるスカルピアの胸を一刺し、殺害する。<br />通行許可証を奪ってカヴァラドッシがいる牢獄へと<br />偽銃殺刑の話をするために急ぐ。<br /><br />第Ⅲ幕<br />トスカとの愛の日々を思い出して「星は光りぬ」を歌うカヴァラドッシ。<br />そこへトスカがやってくる。スカルピアを殺したこと、明日の銃殺刑は空砲であるため、死んだふりをして、その後国外へ逃げようと話すトスカ。<br />いよいよ銃殺刑執行。倒れるカヴァラドッシに駆け寄り「演技はもういい」と言うトスカ。しかし!スカルピアは嘘をついていた。<br />空砲ではなく本当にカヴァラドッシを銃殺刑に処したのだった!<br />怒り狂うトスカ。そしてスカルピア殺害の容疑でトスカを追ってくる警察。「スカルピアめ!」と叫んで城壁から身を投げるトスカ。<br /><br />どうです?「火サス」と言う意味がお分かりでしょうか?<br />そして要所要所で気分を高めるような音楽が効果的に使われていて<br />本当に楽しめる作品です。<br />     

    オペラの「火サス(?)」(注:あくまでも個人の意見です)
    とも言えるトスカ。

    第Ⅰ幕

    人気歌手のトスカが恋人のカヴァラドッシが仕事をしている教会に
    現れ、たまたまその教会に熱心に祈りに来ていた女性をモデルにし
    ていたことを知り、嫉妬する。実はその女性は1年前に現政権のナポリ
    王国に滅ぼされたローマ共和国の元領事で投獄されていたアンジェロッティの妹だった。
    彼女の手引きで、アンジェロッティはこの教会に逃げてきた。
    アンジェロッティはカヴァラドッシの古い友人でもあった。
    用意された女性用の衣服を持ち、二人はカヴァラドッシの別荘へと行く。
    そこへアンジェロッティを追ってやってきた警視総監のスカルピア男爵。
    トスカの嫉妬深さを利用して、逃げた二人が落とした女性物の扇子をトスカに見せ、カヴァラドッシが浮気していたと吹聴する。
    トスカはその言葉を真に受け、別荘へと急ぐ。

    第Ⅱ幕
    ファルネーゼ宮のスカルピアの部屋。
    夕食を摂っていると、カヴァラドッシが連行されてくる。
    スカルピアはアンジェロッティの居場所を白状するように迫るが応じないので拷問にかけ、その様子をトスカを呼びつけて見せる。
    恋人が拷問を受ける様子に耐えかねてアンジェロッティの居場所を言ってしまうトスカ。カヴァラドッシは銃殺刑を宣告される。
    命乞いをするトスカ。好色のスカルピアは、代償として体を求める。
    恋人の命と引き換えにスカルピアの申し出を泣く泣く受け入れるトスカ。
    その代わりにカヴァラドッシは偽銃殺刑に処すると約束し、
    国外への通行許可証もトスカに与えると約束する。
    通行許可証を書いている隙に、テーブルのナイフを見つけるトスカ。
    そのナイフを握りしめ、迫ってくるスカルピアの胸を一刺し、殺害する。
    通行許可証を奪ってカヴァラドッシがいる牢獄へと
    偽銃殺刑の話をするために急ぐ。

    第Ⅲ幕
    トスカとの愛の日々を思い出して「星は光りぬ」を歌うカヴァラドッシ。
    そこへトスカがやってくる。スカルピアを殺したこと、明日の銃殺刑は空砲であるため、死んだふりをして、その後国外へ逃げようと話すトスカ。
    いよいよ銃殺刑執行。倒れるカヴァラドッシに駆け寄り「演技はもういい」と言うトスカ。しかし!スカルピアは嘘をついていた。
    空砲ではなく本当にカヴァラドッシを銃殺刑に処したのだった!
    怒り狂うトスカ。そしてスカルピア殺害の容疑でトスカを追ってくる警察。「スカルピアめ!」と叫んで城壁から身を投げるトスカ。

    どうです?「火サス」と言う意味がお分かりでしょうか?
    そして要所要所で気分を高めるような音楽が効果的に使われていて
    本当に楽しめる作品です。
         

  • 幕が上がる前は心も踊ります。<br /><br />そして派手な音楽で幕が上がります!

    幕が上がる前は心も踊ります。

    そして派手な音楽で幕が上がります!

  • 2回目のインターバルに<br />シュークリームをいただきました。

    2回目のインターバルに
    シュークリームをいただきました。

  • Ⅰ幕目の最後の場面があまりにも<br />印象的だったのでゲネプロの写真も買いました。

    Ⅰ幕目の最後の場面があまりにも
    印象的だったのでゲネプロの写真も買いました。

  • ホワイエは天井が高く、

    ホワイエは天井が高く、

  • 久しぶりに行ったら、イスとテーブルも<br />沢山用意されていました。<br />これはありがたいサービスですね。<br /><br />これで今回の旅行記は終わりです。<br />最後までおつき合いいただきありがとうございました。<br /><br />

    久しぶりに行ったら、イスとテーブルも
    沢山用意されていました。
    これはありがたいサービスですね。

    これで今回の旅行記は終わりです。
    最後までおつき合いいただきありがとうございました。

5いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

新宿(東京) で人気のタグ

PAGE TOP

ピックアップ特集