デュルンシュタイン 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
6月4日 月曜日 第5日目 後半<br />旅のテーマは、「素晴らしい歴史遺産や風景を楽しむ」「いろいろな人と交流する」「おいしい食べ物、ビール、ワインを堪能する」です。<br />すべて個人で計画・手配しましたので、何かの参考になればと思います。<br /><br />ドナウ川クルーズをデュルンシュタインで終え、街歩きを楽しみました。<br />帰りは、ハイリゲンシュタットで降りて、バスでカーレンベルクの丘へ。グリンツィングのホイリゲで夕食を楽しみました。<br /><br />◆旅の概要<br />1日目 伊丹⇒羽田⇒ミュンヘン(空路)、ミュンヘン⇒ザルツブルク(鉄道) ザルツブルク泊<br />2日目 ザルツブルク観光 ザルツブルク泊<br />3日目ハルシュタット、グムンデン観光 ザルツブルク泊 <br />※天候次第で2日目と入れ替える予定でした。<br />4日目 ウィーンへ移動(鉄道) ウィーン観光 ウィーン泊<br />5日目 バッハウ渓谷(ドナウ川クルーズ) <br />※天候次第で6日目と入れ替える予定でした。<br />6日目 ウイーン観光<br />7日目 午前 ウイーン観光 午後 ウイーン⇒ブリュッセル⇒成田への帰国便への予定が、いろいろあってアントワープ泊<br />8日目 アントワープ⇒ブリュッセル空港(鉄道) ブリュッセル⇒フランクフルト⇒羽田への帰国便へ。<br />9日目 朝 羽田着⇒伊丹 やっと自宅へ。<br />

シニアWカップル・のんびりオーストリア旅⑧デュルンシュタイン街歩きとグリンツィングのホイリゲを楽しむ

36いいね!

2018/05/31 - 2018/06/08

6位(同エリア43件中)

6月4日 月曜日 第5日目 後半
旅のテーマは、「素晴らしい歴史遺産や風景を楽しむ」「いろいろな人と交流する」「おいしい食べ物、ビール、ワインを堪能する」です。
すべて個人で計画・手配しましたので、何かの参考になればと思います。

ドナウ川クルーズをデュルンシュタインで終え、街歩きを楽しみました。
帰りは、ハイリゲンシュタットで降りて、バスでカーレンベルクの丘へ。グリンツィングのホイリゲで夕食を楽しみました。

◆旅の概要
1日目 伊丹⇒羽田⇒ミュンヘン(空路)、ミュンヘン⇒ザルツブルク(鉄道) ザルツブルク泊
2日目 ザルツブルク観光 ザルツブルク泊
3日目ハルシュタット、グムンデン観光 ザルツブルク泊 
※天候次第で2日目と入れ替える予定でした。
4日目 ウィーンへ移動(鉄道) ウィーン観光 ウィーン泊
5日目 バッハウ渓谷(ドナウ川クルーズ) 
※天候次第で6日目と入れ替える予定でした。
6日目 ウイーン観光
7日目 午前 ウイーン観光 午後 ウイーン⇒ブリュッセル⇒成田への帰国便への予定が、いろいろあってアントワープ泊
8日目 アントワープ⇒ブリュッセル空港(鉄道) ブリュッセル⇒フランクフルト⇒羽田への帰国便へ。
9日目 朝 羽田着⇒伊丹 やっと自宅へ。

同行者
カップル・夫婦(シニア)
交通手段
鉄道 高速・路線バス タクシー 徒歩 飛行機
航空会社
ANA
利用旅行会社
個別手配
旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ホテル
5.0
グルメ
5.0
交通
5.0

PR

  • メルクから乗船したドナウ川クルーズ船が、下船地デュルンシュタインにそろそろ到着です。<br />1時間20分程のクルーズでしたが、天気もよく、流域の街々を楽しみ、良い時間を過ごしました。<br /><br />デュルンシュタインの修道院教会が見えてきました。

    メルクから乗船したドナウ川クルーズ船が、下船地デュルンシュタインにそろそろ到着です。
    1時間20分程のクルーズでしたが、天気もよく、流域の街々を楽しみ、良い時間を過ごしました。

    デュルンシュタインの修道院教会が見えてきました。

  • デュルンシュタインでは、団体さんも含めて結構な人達が降りました。

    デュルンシュタインでは、団体さんも含めて結構な人達が降りました。

  • 乗船場には、ちょっとしたオープン・カフェがありました。<br />修道院教会の崖に開けられた穴を抜けて、街の中心地に行くようです。

    乗船場には、ちょっとしたオープン・カフェがありました。
    修道院教会の崖に開けられた穴を抜けて、街の中心地に行くようです。

  • 穴をくぐると、階段状のトンネルになっています。<br /><br />ゆっくり上っていきます。

    穴をくぐると、階段状のトンネルになっています。

    ゆっくり上っていきます。

  • トンネルを抜けると、まだ階段が続きます。

    トンネルを抜けると、まだ階段が続きます。

  • デュルンシュタインのハウプト通りに出ました。

    デュルンシュタインのハウプト通りに出ました。

  • あまり広くない通りは、多くの観光客で一杯になっています。

    あまり広くない通りは、多くの観光客で一杯になっています。

  • 市庁舎です。

    市庁舎です。

  • ハウプト通りは、いろいろなお店やお土産物屋、レストランやカフェ等が立ち並び、ゆっくり散策するのはとても楽しいです。<br />名物アプリコットのジャムやジュース、石鹸などを売るお店も多いですね。<br /><br />ちょっと路地に入ってみると、お花がきれいに手入れされています。

    ハウプト通りは、いろいろなお店やお土産物屋、レストランやカフェ等が立ち並び、ゆっくり散策するのはとても楽しいです。
    名物アプリコットのジャムやジュース、石鹸などを売るお店も多いですね。

    ちょっと路地に入ってみると、お花がきれいに手入れされています。

  • 地元のパン屋さん「シュミ―ドル」。<br /><br />「ヴァッハウアー・ラーベール」というバァッハウの名物パンとおやつパンとして人気のある「モーン(ケシの実)ツェルテン」が有名だそうです。<br />M君ご夫妻は、「モーンツェルテン」を買いましたが、なかなかいけるそうですよ。

    地元のパン屋さん「シュミ―ドル」。

    「ヴァッハウアー・ラーベール」というバァッハウの名物パンとおやつパンとして人気のある「モーン(ケシの実)ツェルテン」が有名だそうです。
    M君ご夫妻は、「モーンツェルテン」を買いましたが、なかなかいけるそうですよ。

  • 狭い通りは、ミニトレインや車も通ります。

    狭い通りは、ミニトレインや車も通ります。

  • 大きな木とメイポールが立つ広場。ミニトレインの発着場にもなっていました。

    大きな木とメイポールが立つ広場。ミニトレインの発着場にもなっていました。

  • デュルンシュタインのハウプト通り

    デュルンシュタインのハウプト通り

  • デュルンシュタインのハウプト通り

    デュルンシュタインのハウプト通り

  • デュルンシュタインのハウプト通り<br />街の東側にある城門。

    デュルンシュタインのハウプト通り
    街の東側にある城門。

  • デュルンシュタインのハウプト通りの路地<br /><br />通りの観光客の喧騒がうそのような静かなたたずまいです。

    デュルンシュタインのハウプト通りの路地

    通りの観光客の喧騒がうそのような静かなたたずまいです。

  • 天気が良くて、とにかく暑いので、こちらのカフェで一休みです。

    天気が良くて、とにかく暑いので、こちらのカフェで一休みです。

  • 時間がちょっとはずれたのか、お客さんも少なく静かな店内。

    時間がちょっとはずれたのか、お客さんも少なく静かな店内。

  • カフェの店内。

    カフェの店内。

  • 冷たい飲み物と冷えた白ワインで一休み。

    冷たい飲み物と冷えた白ワインで一休み。

  • 甘党のM君は、アイスクリーム。<br />保存容器に盛られています。<br /><br />小さな街で、予定していた観光時間が少し余りそうなので、少しでも早く帰路に着けるかもと考え、クレムスまでのバスの時刻表を見に、私鉄バッハウ鉄道の駅近くのバス停まで、私が行くことにしました。

    甘党のM君は、アイスクリーム。
    保存容器に盛られています。

    小さな街で、予定していた観光時間が少し余りそうなので、少しでも早く帰路に着けるかもと考え、クレムスまでのバスの時刻表を見に、私鉄バッハウ鉄道の駅近くのバス停まで、私が行くことにしました。

  • バス停への道すがら。<br /><br />城門を通り抜けて、歩いていくと道の両側にブドウ畑が広がります。

    バス停への道すがら。

    城門を通り抜けて、歩いていくと道の両側にブドウ畑が広がります。

  • バス停への道すがら。<br /><br />ドナウ川沿いのブドウ畑。<br />

    バス停への道すがら。

    ドナウ川沿いのブドウ畑。

  • バス停への道すがら。<br /><br />ブドウ畑の向こうに見える「ケーリンガー城跡」<br /><br />

    バス停への道すがら。

    ブドウ畑の向こうに見える「ケーリンガー城跡」

  • ケーリンガー城跡

    ケーリンガー城跡

  • バス停で時刻を確認すると、予定より1時間早いバスがあったので、取り急ぎみんなが待つカフェ戻ります。<br /><br />修道院教会の尖塔が見えます。

    バス停で時刻を確認すると、予定より1時間早いバスがあったので、取り急ぎみんなが待つカフェ戻ります。

    修道院教会の尖塔が見えます。

  • カフェを出て、クレムスまでの路線バスのバス停までやってきました。<br /><br />城門を抜けて、国道の地下道をくぐったところにあります。

    カフェを出て、クレムスまでの路線バスのバス停までやってきました。

    城門を抜けて、国道の地下道をくぐったところにあります。

  • バスを待つ間に、私鉄バッハウ鉄道のデュルンシュタイン駅に行ってみました。今日は運休日なので、工事がおこなわれていました。

    バスを待つ間に、私鉄バッハウ鉄道のデュルンシュタイン駅に行ってみました。今日は運休日なので、工事がおこなわれていました。

  • デュルンシュタイン駅の駅舎と線路。

    デュルンシュタイン駅の駅舎と線路。

  • いくら眺めていても、今日は列車はやってきません。

    いくら眺めていても、今日は列車はやってきません。

  • ほぼ定刻(16:26)にバスが来ました。<br />クレムスまで1人2.2ユーロ。乗車時にドライバーに支払います。<br /><br />乗り降りするのはほとんど地元の方たちです。小さな街のバス停に停まりながら、クレムスをめざします。<br />

    ほぼ定刻(16:26)にバスが来ました。
    クレムスまで1人2.2ユーロ。乗車時にドライバーに支払います。

    乗り降りするのはほとんど地元の方たちです。小さな街のバス停に停まりながら、クレムスをめざします。

  • 途中のバス停で行き違う路線バス。

    途中のバス停で行き違う路線バス。

  • 右手の車窓にドナウ川が見えてきて、しばらく走るとクレムス駅前のバス停に到着しました。

    右手の車窓にドナウ川が見えてきて、しばらく走るとクレムス駅前のバス停に到着しました。

  • クレムス駅。<br /><br />予定より1時間早くなっているので、クレムスの街を少し散策してもよかったのですが、ウイーン・フランツ・ヨーゼフ駅行きの列車がすぐに到着するようなので、ウィーンに戻ることにしました。

    クレムス駅。

    予定より1時間早くなっているので、クレムスの街を少し散策してもよかったのですが、ウイーン・フランツ・ヨーゼフ駅行きの列車がすぐに到着するようなので、ウィーンに戻ることにしました。

  • クレムスからの列車は、約1時間でウィーン・ハイリゲンシュタット駅に到着します。<br /><br />左手の車窓には、ブドウ畑と収穫小屋が立ち並ぶ風景が続きます。

    クレムスからの列車は、約1時間でウィーン・ハイリゲンシュタット駅に到着します。

    左手の車窓には、ブドウ畑と収穫小屋が立ち並ぶ風景が続きます。

  • いきなり、ウィーンのカーレンベルクの丘に行く途中のバス停です。<br /><br />クレムスからの列車は、17:54定刻通りハイリゲンシュタット駅に到着し、駅前のバス停を見ると、カーレンベルクの丘に行く(実際はそうではなかったのですが)「38A」の路線バスが発車寸前でした。<br /><br />急いで乗り込んだ路線バスは、住宅街を走り抜け、あとで立ち寄るグリンツィグを過ぎてどんどん坂を上って行きましたが、ここのバス停で終点でした。<br />カーレンベルクの丘には、次の同じ38Aのバスに乗り継ぐことになりました。<br />日本では、同じ系統番号で行き先が違う、というのは経験したことはありませんが、「所変われば」ということですね。

    いきなり、ウィーンのカーレンベルクの丘に行く途中のバス停です。

    クレムスからの列車は、17:54定刻通りハイリゲンシュタット駅に到着し、駅前のバス停を見ると、カーレンベルクの丘に行く(実際はそうではなかったのですが)「38A」の路線バスが発車寸前でした。

    急いで乗り込んだ路線バスは、住宅街を走り抜け、あとで立ち寄るグリンツィグを過ぎてどんどん坂を上って行きましたが、ここのバス停で終点でした。
    カーレンベルクの丘には、次の同じ38Aのバスに乗り継ぐことになりました。
    日本では、同じ系統番号で行き先が違う、というのは経験したことはありませんが、「所変われば」ということですね。

  • カーレンベルクの丘の展望台からウィーンの街を望みます。<br /><br />乗り継いだバスは、またどんどん坂を上って、途中カーレンベルクの丘と同じように、ウィーンの街が見える広場にあるバス停に停まりました。てっきり着いたものと思ってバスを降りると、乗車口を開けたまま、ドライバーさんが何やら手招きしていました。<br />「カーレンベルクの丘に行くんだろ?ここじゃないのでもう一度バスに乗りなよ」と言ってくれて、再び乗車。ようやく到着した次第です。

    カーレンベルクの丘の展望台からウィーンの街を望みます。

    乗り継いだバスは、またどんどん坂を上って、途中カーレンベルクの丘と同じように、ウィーンの街が見える広場にあるバス停に停まりました。てっきり着いたものと思ってバスを降りると、乗車口を開けたまま、ドライバーさんが何やら手招きしていました。
    「カーレンベルクの丘に行くんだろ?ここじゃないのでもう一度バスに乗りなよ」と言ってくれて、再び乗車。ようやく到着した次第です。

  • カーレンベルクの丘の展望台からウィーンの街を望みます。<br /><br />ウイーンの街が一望できます。<br />改めて街を見てみると、日本の都会のように背の高い建物がほとんどありません。そんな規制をしながら、伝統と文化を守っているのでしょうね。<br />

    カーレンベルクの丘の展望台からウィーンの街を望みます。

    ウイーンの街が一望できます。
    改めて街を見てみると、日本の都会のように背の高い建物がほとんどありません。そんな規制をしながら、伝統と文化を守っているのでしょうね。

  • 展望台には、大きな駐車場やお土産物屋、教会などがあります。<br /><br />さあ、バスでグリンツィングに戻ります。

    展望台には、大きな駐車場やお土産物屋、教会などがあります。

    さあ、バスでグリンツィングに戻ります。

  • グリンツィングの街に戻ってきました。<br /><br />ホイリゲ(ワインの新酒)を飲ませるワイン酒場、いつしか呼び名がその「ホイリゲ」になったそうですが、そのうちの1軒「バッハ・ヘングル」で夕食にします。

    グリンツィングの街に戻ってきました。

    ホイリゲ(ワインの新酒)を飲ませるワイン酒場、いつしか呼び名がその「ホイリゲ」になったそうですが、そのうちの1軒「バッハ・ヘングル」で夕食にします。

  • ホイリゲ「バッハ・ヘングル」の前から、歩いてきた方向を撮りました。

    ホイリゲ「バッハ・ヘングル」の前から、歩いてきた方向を撮りました。

  • 多くの有名人も訪れているお店です。

    多くの有名人も訪れているお店です。

  • バッハ・ヘングルのファサード

    バッハ・ヘングルのファサード

  • バッハ・ヘングルのファサード<br /><br />店内入口前にもテラス席があります。

    バッハ・ヘングルのファサード

    店内入口前にもテラス席があります。

  • ワインオープナーのコレクション

    ワインオープナーのコレクション

  • テラス席<br /><br />いい雰囲気です。

    テラス席

    いい雰囲気です。

  • バイオリンとアコーディオンの生演奏です。<br />

    バイオリンとアコーディオンの生演奏です。

  • 平日のせいか、あまり混んでいません。席は店内にして、早速ビールと白ワインをオーダー。<br /><br />ワインは小ぶりなジョッキに入っています。

    平日のせいか、あまり混んでいません。席は店内にして、早速ビールと白ワインをオーダー。

    ワインは小ぶりなジョッキに入っています。

  • 料理は、まず豚肉のロースト。<br /><br />ザウアークラウトとタコさんウィーンナー添えです。

    料理は、まず豚肉のロースト。

    ザウアークラウトとタコさんウィーンナー添えです。

  • 次に、魚のフライと野菜のボイル・サラダ。<br />いつものように、4人2組でシェアします。

    次に、魚のフライと野菜のボイル・サラダ。
    いつものように、4人2組でシェアします。

  • バイオリンとアコーディオンの2人組は、テラス席での演奏を終え、店内でも音楽を聞かせてくれます。

    バイオリンとアコーディオンの2人組は、テラス席での演奏を終え、店内でも音楽を聞かせてくれます。

  • 席の近くまで来て演奏してくれます。<br />日本人なのが分かったのか、日本の歌も織り交ぜて聞かせてくれました。<br />「四季の歌」「荒城の月」、ちょっと古いかな。<br /><br />リクエストにも応えてくれて、ちょっと多めのチップをお渡ししました。

    席の近くまで来て演奏してくれます。
    日本人なのが分かったのか、日本の歌も織り交ぜて聞かせてくれました。
    「四季の歌」「荒城の月」、ちょっと古いかな。

    リクエストにも応えてくれて、ちょっと多めのチップをお渡ししました。

  • バッハ・ヘングル 店内の様子。<br /><br />この奥を出た所にも、テラス席がたくさんあるそうです。

    バッハ・ヘングル 店内の様子。

    この奥を出た所にも、テラス席がたくさんあるそうです。

  • バッハ・ヘングル 店内の様子

    バッハ・ヘングル 店内の様子

  • 食事を終えて入口前で記念撮影。<br /><br />料理もおいしく、お店の雰囲気も大変良かったです。<br /><br />代金は、チップ含めて48ユーロ。<br /><br />さあ、ホテルに帰ります。

    食事を終えて入口前で記念撮影。

    料理もおいしく、お店の雰囲気も大変良かったです。

    代金は、チップ含めて48ユーロ。

    さあ、ホテルに帰ります。

  • お店から徒歩で、トラム38番の停留所まで戻ります。

    お店から徒歩で、トラム38番の停留所まで戻ります。

  • トラムの架線が通るこの建物の奥に停留所があります。

    トラムの架線が通るこの建物の奥に停留所があります。

  • トラム38番で、リンクの「ショッテントーア」まで戻り、そこからまたトラムに乗り換えて、夕暮れのリンクをDr-Karl-Renner-Ringまで行き、そこから徒歩でホテルに戻りました。<br /><br />盛りだくさんの1日でしたが、ほぼ予定通り行動できてよかったです。<br />天気も良く、暑い1日でしたので、ゆっくり湯につかって眠ることにしました。<br />天気予報は、明日も快晴のようです。<br /><br />続きは、⑨ウィーン街歩きへ。

    トラム38番で、リンクの「ショッテントーア」まで戻り、そこからまたトラムに乗り換えて、夕暮れのリンクをDr-Karl-Renner-Ringまで行き、そこから徒歩でホテルに戻りました。

    盛りだくさんの1日でしたが、ほぼ予定通り行動できてよかったです。
    天気も良く、暑い1日でしたので、ゆっくり湯につかって眠ることにしました。
    天気予報は、明日も快晴のようです。

    続きは、⑨ウィーン街歩きへ。

36いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

ピックアップ特集

Rail Starさんの関連旅行記

Rail Starさんの旅行記一覧

オーストリアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
オーストリア最安 250円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

オーストリアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

デュルンシュタイン(オーストリア) で人気のタグ


PAGE TOP

ピックアップ特集