アヌラダプーラ 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
6月5日(火)晴れ。<br />この日はスリランカで一番楽しみにしていたアヌラーダプラ観光です。<br />BC.377年、パンドゥカーバヤ王がアヌラーダプラを建設、首都と定めて以来、1073年にヴィジャヤバーフ1世がポロンナルワに首都を移すまで、途中変遷はあったものの、なんと1400年以上スリランカの都だった場所。マハーワンサのほぼ全ての舞台、チューラヴァンサでも3分の1がアヌラーダプラ時代となれば期待が高まります。<br />ミヒンタレーは長老マヒンダ(インド・マウリヤ朝アショーカ王の息子)によりスリランカに仏教がもたらされた場所、ぜひこの目で確かめたいと思いました。<br /><br />〈旅程〉<br />6月 3日 成田→ニゴンボ              ニゴンボ泊<br />6月 4日 ニゴンボ→ダンブッラ→ピドゥランガラ   シギリヤ泊<br />6月 5日 アヌラーダプラ→ミヒンタレー       シギリヤ泊<br />6月 6日 ポロンナルワ→シギリヤロック       シギリヤ泊<br />6月 7日 シギリヤ→マータレー→キャンディ     キャンディ泊<br />6月 8日 キャンディ→ゴール            ゴール泊<br />6月 9日 ゴール→コロンボ             コロンボ泊<br />6月10日 コロンボ発                機内泊<br />6月11日 成田着

フラッシュパッカー 一人旅 スリランカ 3日目(アヌラーダプラ 、ミヒンタレー)

93いいね!

2018/06/03 - 2018/06/11

7位(同エリア124件中)

6月5日(火)晴れ。
この日はスリランカで一番楽しみにしていたアヌラーダプラ観光です。
BC.377年、パンドゥカーバヤ王がアヌラーダプラを建設、首都と定めて以来、1073年にヴィジャヤバーフ1世がポロンナルワに首都を移すまで、途中変遷はあったものの、なんと1400年以上スリランカの都だった場所。マハーワンサのほぼ全ての舞台、チューラヴァンサでも3分の1がアヌラーダプラ時代となれば期待が高まります。
ミヒンタレーは長老マヒンダ(インド・マウリヤ朝アショーカ王の息子)によりスリランカに仏教がもたらされた場所、ぜひこの目で確かめたいと思いました。

〈旅程〉
6月 3日 成田→ニゴンボ              ニゴンボ泊
6月 4日 ニゴンボ→ダンブッラ→ピドゥランガラ   シギリヤ泊
6月 5日 アヌラーダプラ→ミヒンタレー       シギリヤ泊
6月 6日 ポロンナルワ→シギリヤロック       シギリヤ泊
6月 7日 シギリヤ→マータレー→キャンディ     キャンディ泊
6月 8日 キャンディ→ゴール            ゴール泊
6月 9日 ゴール→コロンボ             コロンボ泊
6月10日 コロンボ発                機内泊
6月11日 成田着

同行者
一人旅
一人あたり費用
25万円 - 30万円
交通手段
レンタカー
利用旅行会社
個別手配
旅行の満足度
4.5
観光
4.5
ホテル
4.5
グルメ
4.5
交通
4.0

PR

  • ホテルの朝食は朝6時半からですが、少し遅めの7時にレストランに‥。<br />メニューは期待していたほど多くなく、このホテル唯一の欠点です。

    ホテルの朝食は朝6時半からですが、少し遅めの7時にレストランに‥。
    メニューは期待していたほど多くなく、このホテル唯一の欠点です。

    アリヤ リゾート アンド スパ ホテル

    設備が充実したホテル、シギリヤならここで決まりです。by beanbagさん
  • 前日の方針通りカレー以外を選択。とはいえ無料の朝食は最大のエネルギー源、目一杯いただきます。

    前日の方針通りカレー以外を選択。とはいえ無料の朝食は最大のエネルギー源、目一杯いただきます。

  • オープンエアのテラスでの朝食は、爽やかな風が吹き、サティの「ジムノペディ」が流れる心地よい空間です。

    オープンエアのテラスでの朝食は、爽やかな風が吹き、サティの「ジムノペディ」が流れる心地よい空間です。

  • 今日は一日中、仏教遺跡を回るので裸足になりやすいビーサンで出かけます。しかし、この選択が後で大変な事態を招くことに‥。

    今日は一日中、仏教遺跡を回るので裸足になりやすいビーサンで出かけます。しかし、この選択が後で大変な事態を招くことに‥。

  • 午前9時、ホテル出発。

    午前9時、ホテル出発。

  • 道路はよく整備され、交通量も多くありません。<br />赤い花はメイ・フラワーだそうです。

    道路はよく整備され、交通量も多くありません。
    赤い花はメイ・フラワーだそうです。

  • 1時間ほどでアヌラーダプラに到着、チケットオフィスです。

    1時間ほどでアヌラーダプラに到着、チケットオフィスです。

    聖地アヌラーダプラ 史跡・遺跡

  • 入場料は25$。出発前に4トラで調べたらルピーの方が安かったので、それで支払おうとしたら3,950Rs.(2,800円)に値上がり、為替連動のようです。ドルの持ち合わせがないので仕方なくルピーで支払いましたが、明日からはドルで払おうと決心。<br />併設の博物館は観るべきものがありません。撮影禁止は展示の貧弱さを知られないためでしょう。

    入場料は25$。出発前に4トラで調べたらルピーの方が安かったので、それで支払おうとしたら3,950Rs.(2,800円)に値上がり、為替連動のようです。ドルの持ち合わせがないので仕方なくルピーで支払いましたが、明日からはドルで払おうと決心。
    併設の博物館は観るべきものがありません。撮影禁止は展示の貧弱さを知られないためでしょう。

  • チケットオフィスの裏にはジェータワナ・ヴィハーラの遺構が広がっています。

    チケットオフィスの裏にはジェータワナ・ヴィハーラの遺構が広がっています。

  • そしてこれがジェータワナ・ラーマヤ。高さ122mの世界一高い仏塔です。米粒のような観光客と比べてください。<br />暴れ王ジェッタティッサの死後、その弟マハーセーナ王(AD.334~361)により建立されました。結界内に10,000人の僧侶を収容し、一時はスリランカにおける密教の拠点でした。

    そしてこれがジェータワナ・ラーマヤ。高さ122mの世界一高い仏塔です。米粒のような観光客と比べてください。
    暴れ王ジェッタティッサの死後、その弟マハーセーナ王(AD.334~361)により建立されました。結界内に10,000人の僧侶を収容し、一時はスリランカにおける密教の拠点でした。

    ジェータワナ ラーマヤ 史跡・遺跡

    世界一高い仏塔です。by beanbagさん
  • 次に訪れたのはクッタム・ポクナ(ツイン・ポンズ)。アバヤギリ派の僧侶たちの沐浴場です。

    次に訪れたのはクッタム・ポクナ(ツイン・ポンズ)。アバヤギリ派の僧侶たちの沐浴場です。

    クッタム ポクナ (ツイン ポンズ) 史跡・遺跡

  • サマーディ仏像。<br />ブッダが悟りを開いたときのポーズ「禅定印」を結んでおり、心の安定を表しているそうです。

    サマーディ仏像。
    ブッダが悟りを開いたときのポーズ「禅定印」を結んでおり、心の安定を表しているそうです。

    サマーディ仏像 史跡・遺跡

  • そしてこちらがアバヤギリ・ダーガバ。これも巨大。<br />ヴァッタガーマニ王(BC.89~77)はジャイナ教寺院を破壊し、アバヤギリ精舎を建立。そこにバハラマッスティッサ長老率いる一派が上座部から分離して移り住んだのが始まり。スリランカにおける大乗仏教の総本山でした。

    そしてこちらがアバヤギリ・ダーガバ。これも巨大。
    ヴァッタガーマニ王(BC.89~77)はジャイナ教寺院を破壊し、アバヤギリ精舎を建立。そこにバハラマッスティッサ長老率いる一派が上座部から分離して移り住んだのが始まり。スリランカにおける大乗仏教の総本山でした。

    アバヤギリ大塔 寺院・教会

    スリランカにおける大乗仏教の総本山でした。by beanbagさん
  • クイーンズ・パビリオンのムーンストーン。<br />ドライバーのサミーラは手際よく見所を回ってくれます。

    クイーンズ・パビリオンのムーンストーン。
    ドライバーのサミーラは手際よく見所を回ってくれます。

    クイーンズ パビリオン (ムーンストーン サイト) 史跡・遺跡

  • ラトゥナ・プラサーダのガードストーン。<br />ラトゥナ・プラサーダはカニッタティッサカ王(AD.164~192)によって建立された5階建(一説では7階建)の経堂で、アバヤギリ派の比丘たちは月に2回ここに集まり、懺悔し、サンガ(僧団)の戒律により自らの過ちを修正した場所です。

    ラトゥナ・プラサーダのガードストーン。
    ラトゥナ・プラサーダはカニッタティッサカ王(AD.164~192)によって建立された5階建(一説では7階建)の経堂で、アバヤギリ派の比丘たちは月に2回ここに集まり、懺悔し、サンガ(僧団)の戒律により自らの過ちを修正した場所です。

  • トゥーパーラーマ・ダーガバ。<br />スリランカ最初のダーガバで、デヴァーナンピヤティッサ王(BC.307~267、諸説あり)の治世に創建されました。ブッダの右鎖骨が奉安されていると言われています。<br />ロンリー・プラネットの表紙は多分このダーガバです。

    トゥーパーラーマ・ダーガバ。
    スリランカ最初のダーガバで、デヴァーナンピヤティッサ王(BC.307~267、諸説あり)の治世に創建されました。ブッダの右鎖骨が奉安されていると言われています。
    ロンリー・プラネットの表紙は多分このダーガバです。

    トゥーパーラーマ ダーガバ 寺院・教会

    スリランカ最初の仏塔。釈尊の右鎖骨が奉安されています。by beanbagさん
  • 貯水池で遊ぶ子供たち。

    貯水池で遊ぶ子供たち。

  • そしていよいよルワンウェリセーヤです。多くの仏教徒たちが参拝します。<br />これまでの他のダーガバ(仏塔)と同様、ビーサンを預けて裸足で見学。返却時にドネーション(寄付)を要求されます。<br />足の裏が熱くて歩くのに一苦労。

    そしていよいよルワンウェリセーヤです。多くの仏教徒たちが参拝します。
    これまでの他のダーガバ(仏塔)と同様、ビーサンを預けて裸足で見学。返却時にドネーション(寄付)を要求されます。
    足の裏が熱くて歩くのに一苦労。

  • ドゥッタガマーニ王(BC.161~137))が創建、高さ103m、周囲290mあり、世界で最も高い仏塔の一つです。

    ドゥッタガマーニ王(BC.161~137))が創建、高さ103m、周囲290mあり、世界で最も高い仏塔の一つです。

    ルワンウェリ サーヤ大塔 寺院・教会

    スリランカの歴史そのものです。by beanbagさん
  • 仏教伝来初期から信仰の中心的存在。パラッカマバーフ1世(1153~1186)による三宗派(マハーヴィハーラ派、アバヤギリ派、ジェータワナ派)統一後は押しも押されもせぬ総本山として全島の信仰を一身に集める存在です。

    仏教伝来初期から信仰の中心的存在。パラッカマバーフ1世(1153~1186)による三宗派(マハーヴィハーラ派、アバヤギリ派、ジェータワナ派)統一後は押しも押されもせぬ総本山として全島の信仰を一身に集める存在です。

  • 見上げるばかりの巨大さ。信徒たちに混じって一周しましたが、足の裏がヒリヒリします。

    見上げるばかりの巨大さ。信徒たちに混じって一周しましたが、足の裏がヒリヒリします。

  • スリー・マハー菩提樹。<br />釈尊が悟りを開いた大菩提樹の南枝をマウリヤ朝アショーカ王が神通力によって得、その娘の長老尼サンガミッタ(長老マヒンダの妹)が船でランカー島に運んだ物語は、マハーワンサでもとりわけ輝かしい部分です。

    スリー・マハー菩提樹。
    釈尊が悟りを開いた大菩提樹の南枝をマウリヤ朝アショーカ王が神通力によって得、その娘の長老尼サンガミッタ(長老マヒンダの妹)が船でランカー島に運んだ物語は、マハーワンサでもとりわけ輝かしい部分です。

    スリー マハー菩提樹 自然・景勝地

    スリランカの歴史を彩る大菩提樹の物語by beanbagさん
  • アヌラーダプラの最後はイスルムニヤ精舎です。<br />デヴァーナンピヤティッサ王(BC.307~267)が、大長老マヒンダの許に出家した500人の王族階級(クシャトリヤ)のために創建したものです。

    アヌラーダプラの最後はイスルムニヤ精舎です。
    デヴァーナンピヤティッサ王(BC.307~267)が、大長老マヒンダの許に出家した500人の王族階級(クシャトリヤ)のために創建したものです。

    イスルムニヤ精舎 寺院・教会

  • 象の池の彫刻。これ以外に「イスルムニヤの恋人」「ロイヤルファミリー彫刻」が有名ですが、ガイドがいない悲しさ、見落としました。

    象の池の彫刻。これ以外に「イスルムニヤの恋人」「ロイヤルファミリー彫刻」が有名ですが、ガイドがいない悲しさ、見落としました。

  • 僧院の上には小さな仏塔がある岩山が聳え、そこに登ると周囲の景観を見下ろすことができます。

    僧院の上には小さな仏塔がある岩山が聳え、そこに登ると周囲の景観を見下ろすことができます。

  • 昼食はマンゴ・マンゴ・インディアンレストラン。自分で指定しました。<br />スリランカで人気のチェーン店、パン屋も兼ねるお洒落な店です。地元客で賑わっています。<br />ライス&カレー300Rs.、スイカジュース180Rs.、ミネラルウォーター70Rs.シメて605Rs.(430円)。安い!これが本来の値段でしょう。<br />スリランカでここが一番気に入りました。<br /><br />写真を撮っていると背後の席の日本人ビジネスマンが声をかけてくれ、ジンジャービールを振る舞ってくれました。同席の3人はスリランカ人、うち1人は僧侶でした。2週間ほど仕事で滞在するそうです。<br />ジンジャービールはほんのり甘く、爽やか。ごちそうさまでした。

    昼食はマンゴ・マンゴ・インディアンレストラン。自分で指定しました。
    スリランカで人気のチェーン店、パン屋も兼ねるお洒落な店です。地元客で賑わっています。
    ライス&カレー300Rs.、スイカジュース180Rs.、ミネラルウォーター70Rs.シメて605Rs.(430円)。安い!これが本来の値段でしょう。
    スリランカでここが一番気に入りました。

    写真を撮っていると背後の席の日本人ビジネスマンが声をかけてくれ、ジンジャービールを振る舞ってくれました。同席の3人はスリランカ人、うち1人は僧侶でした。2週間ほど仕事で滞在するそうです。
    ジンジャービールはほんのり甘く、爽やか。ごちそうさまでした。

  • アヌラーダプラから車で30分、ミヒンタレーに到着。

    アヌラーダプラから車で30分、ミヒンタレーに到着。

    ミヒンタレー 旧市街・古い町並み

    長老マヒンダとデヴァーナンピヤティッサ王が出会った場所by beanbagさん
  • 駐車場からプルメリアの階段を登ります。<br />登りきったところが聖域の入り口、そこから先は靴を脱ぐ必要があります。

    駐車場からプルメリアの階段を登ります。
    登りきったところが聖域の入り口、そこから先は靴を脱ぐ必要があります。

  • アムバスタレー大塔。<br />アショーカ王の息子で大賢者マヒンダが空を飛びランカー島に降り立ったのは32歳(BC.250年)。<br />時のデヴァーナンピヤティッサ王は、狩を楽しもうと4万の人々を伴い眉沙迦山(ミヒンタレー)に出かけ、大鹿に化けた帝釈天を追いかけるうちにマヒンダに遭遇したのがこの場所です。<br />この辺りの経緯もマハーワンサに活き活きと述べられています。<br />

    アムバスタレー大塔。
    アショーカ王の息子で大賢者マヒンダが空を飛びランカー島に降り立ったのは32歳(BC.250年)。
    時のデヴァーナンピヤティッサ王は、狩を楽しもうと4万の人々を伴い眉沙迦山(ミヒンタレー)に出かけ、大鹿に化けた帝釈天を追いかけるうちにマヒンダに遭遇したのがこの場所です。
    この辺りの経緯もマハーワンサに活き活きと述べられています。

  • 背後にそびえるインビテーション・ロックにも登りました。風が強く、足元は滑りやすい。

    背後にそびえるインビテーション・ロックにも登りました。風が強く、足元は滑りやすい。

  • その後、マハー・サーヤ大塔にも‥。大きすぎて収まりきれません。

    その後、マハー・サーヤ大塔にも‥。大きすぎて収まりきれません。

  • ホワイトブッダは眺めるだけ。足の裏が悲鳴をあげているからです。<br />いくら仏教伝来の地とはいえ、頂上付近全域を聖域にするのは、訪問者に優しくありません。

    ホワイトブッダは眺めるだけ。足の裏が悲鳴をあげているからです。
    いくら仏教伝来の地とはいえ、頂上付近全域を聖域にするのは、訪問者に優しくありません。

  • 1時間ほど見学してホテルに戻ります。<br />踏切で珍しく列車の通過待ち。

    1時間ほど見学してホテルに戻ります。
    踏切で珍しく列車の通過待ち。

  • ホテル帰着は午後4時半。<br />夕食までプールで過ごします。足の裏を冷やす目的もあります。<br />よく見ると右足の裏が火傷で水膨れしています。1cm×2cmくらい。まだシギリヤロックにも登っていないのに、この先が心配です。靴下を履くべきでした。

    ホテル帰着は午後4時半。
    夕食までプールで過ごします。足の裏を冷やす目的もあります。
    よく見ると右足の裏が火傷で水膨れしています。1cm×2cmくらい。まだシギリヤロックにも登っていないのに、この先が心配です。靴下を履くべきでした。

  • 夕食は同じシギリヤのリトゥ・レストラン(Rithu Restaurant)。ここもトリップアドバイザー上位店。<br />1階は誰もいませんが、掘っ建て小屋の2階には欧米女子2名が食事中。

    夕食は同じシギリヤのリトゥ・レストラン(Rithu Restaurant)。ここもトリップアドバイザー上位店。
    1階は誰もいませんが、掘っ建て小屋の2階には欧米女子2名が食事中。

  • 魚と野菜の炒め物とビールで1,353Rs.(970円)。メニューにはタンク・フィッシュとあったので、貯水池の淡水魚でしょう。<br />あっさりとした味付けでたいそう美味、満足です。

    魚と野菜の炒め物とビールで1,353Rs.(970円)。メニューにはタンク・フィッシュとあったので、貯水池の淡水魚でしょう。
    あっさりとした味付けでたいそう美味、満足です。

  • ホテルに戻り、部屋で買い置きの缶ビール1本。就寝です。<br />ダメ元で足の裏にムヒを塗って寝たら、翌朝、水膨れの水は引いていました。

    ホテルに戻り、部屋で買い置きの缶ビール1本。就寝です。
    ダメ元で足の裏にムヒを塗って寝たら、翌朝、水膨れの水は引いていました。

  • この日の歩数は20,716歩、12.4km。楽勝です。

    この日の歩数は20,716歩、12.4km。楽勝です。

93いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

ピックアップ特集

beanbagさんの関連旅行記

beanbagさんの旅行記一覧

スリランカで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
スリランカ最安 370円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

スリランカの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

アヌラダプーラ(スリランカ) で人気のタグ

この旅行記の地図

拡大する


PAGE TOP

ピックアップ特集