スキアトス島 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
カリブ海のセントマーチンには2年前に行った際に次は、エーゲ海のセントマーチンと呼ばれる「スキアトス」(JSI)へ行こう!と計画しました。(ダイジェスト版)<br /><br />4travelではダイジェスト編として掲載していますので、より興味を持たれましたら<br />本編をご覧頂ければ幸いです。<br />http://blog.travair.jp/?p=13242

エーゲ海のセントマーチン? スキアトスへ行く(ダイジェスト版)

5いいね!

2017/07/16 - 2017/07/24

3位(同エリア3件中)

    45

    TRAVAIR

    TRAVAIRさん

    カリブ海のセントマーチンには2年前に行った際に次は、エーゲ海のセントマーチンと呼ばれる「スキアトス」(JSI)へ行こう!と計画しました。(ダイジェスト版)

    4travelではダイジェスト編として掲載していますので、より興味を持たれましたら
    本編をご覧頂ければ幸いです。
    http://blog.travair.jp/?p=13242

    同行者
    一人旅
    一人あたり費用
    10万円 - 15万円
    交通手段
    徒歩
    航空会社
    エーゲ航空 エールフランス スイスインターナショナルエアラインズ ANA オリンピック航空
    利用旅行会社
    個別手配
    旅行の満足度
    4.5
    観光
    4.0
    ホテル
    4.0
    グルメ
    4.0
    交通
    4.0

    PR

    • まずは、成田から香港へ向かいます。<br />と言うのも昨年購入したBUD/ZRH/BKK//HKG/ZRH/BUDのチケットを使う関係で香港往復はANAの特典航空券利用です。<br /><br />第一ランナーはNH809便B767-300ER、JA612Aでした。<br />

      まずは、成田から香港へ向かいます。
      と言うのも昨年購入したBUD/ZRH/BKK//HKG/ZRH/BUDのチケットを使う関係で香港往復はANAの特典航空券利用です。

      第一ランナーはNH809便B767-300ER、JA612Aでした。

    • 機内食のチョイスは、和食と洋食の選択ですが、和食はちらし寿司、洋食はチーズハンバーグとどちらも日本食じゃないと突っ込みを入れたくなります(笑)<br /><br />洋食にはパンが付くので、洋食を選択することにしました。<br /><br />味の方はファミレス並みかな。<br />日系キャリアでは機内食に素麺やソバなどの麺が付くのでありがたいと言えばありがたいのですが、美味しく無いのが残念なんですよね~<br /><br />機内食の後は、映画コンテンツに「君の名は」があったので見入ってしまいました(笑)

      機内食のチョイスは、和食と洋食の選択ですが、和食はちらし寿司、洋食はチーズハンバーグとどちらも日本食じゃないと突っ込みを入れたくなります(笑)

      洋食にはパンが付くので、洋食を選択することにしました。

      味の方はファミレス並みかな。
      日系キャリアでは機内食に素麺やソバなどの麺が付くのでありがたいと言えばありがたいのですが、美味しく無いのが残念なんですよね~

      機内食の後は、映画コンテンツに「君の名は」があったので見入ってしまいました(笑)

    • 建設中の香港とマカオを結ぶ橋を眺めながら14:02にRWY27Lへ着陸します。<br />入国審査後、夕方まで展望デッキで撮影する予定でしたが、離発着が27だと展望デッキでは撮影は厳しく、27側の撮影地は雨だと逃げる場所が無いので、代案として考えていた出発階の車寄せ東端行ってみます。<br /><br />ココからRWY27Rから離陸した機体を狙えるし、雨になっても直ぐにターミナルビルに逃げられるので安全なココで撮影することにします。<br /><br />その時のレポートはこちら<br />http://blog.travair.jp/?p=13249<br />

      建設中の香港とマカオを結ぶ橋を眺めながら14:02にRWY27Lへ着陸します。
      入国審査後、夕方まで展望デッキで撮影する予定でしたが、離発着が27だと展望デッキでは撮影は厳しく、27側の撮影地は雨だと逃げる場所が無いので、代案として考えていた出発階の車寄せ東端行ってみます。

      ココからRWY27Rから離陸した機体を狙えるし、雨になっても直ぐにターミナルビルに逃げられるので安全なココで撮影することにします。

      その時のレポートはこちら
      http://blog.travair.jp/?p=13249

    • 夕方まで撮影した後は、エアポートエクスプレスに乗り込み中環へ向かいます。<br /><br />それにしても香港は先進的な都市です。空港の到着ロビーから段差なくエアポートエクスプレスに乗れるのは凄いです。<br />片道110HKDですが同日の往復なら片道分で済むのはトランジット客には魅力ですね。<br /><br />車内はリクライニングしませんが、無料WiFiがあり車両によってはUSBポート付いており充電も出来てしまうのですから、中環までの24分はあっという間です。<br />

      夕方まで撮影した後は、エアポートエクスプレスに乗り込み中環へ向かいます。

      それにしても香港は先進的な都市です。空港の到着ロビーから段差なくエアポートエクスプレスに乗れるのは凄いです。
      片道110HKDですが同日の往復なら片道分で済むのはトランジット客には魅力ですね。

      車内はリクライニングしませんが、無料WiFiがあり車両によってはUSBポート付いており充電も出来てしまうのですから、中環までの24分はあっという間です。

    • 中環駅の真上に美味しい小龍包のお店があると聞いていたので探してみるとありました「翡翠拉麺小籠包」。<br /><br />入口前には待っている人が10人位いたのですが、1人だと言うと直ぐにカウンター席に案内してくれました。<br /><br />渡されたメニューを眺めると日本語も併記されているので助かります。<br /><br />この店自慢の四川担担麺と小龍包、これだけだと足りないかなと蝦の粥を注文します。<br /> 暫くすると先に麺が到着するのが香港らしい。<br /><br />どれどれ本場の担担麺を頂きましょうと、まずはスープから。<br /> 「ん、思ったほどコクが無いぞ」<br /><br />日本の担担麺に慣れているとそれが担担麺なんだと思い込んでしまって、本場との味の差が明確に出てしまいます。正直、日本の坦々麺とは別物だと思った方が良いなと言うのが感想です。<br /><br />こちらは想像通りの味で美味しい。<br />皮の中に溢れる肉汁が脂っこく無くそれでいて旨味があるから、食べるとなんか幸せーって感じになりました。

      中環駅の真上に美味しい小龍包のお店があると聞いていたので探してみるとありました「翡翠拉麺小籠包」。

      入口前には待っている人が10人位いたのですが、1人だと言うと直ぐにカウンター席に案内してくれました。

      渡されたメニューを眺めると日本語も併記されているので助かります。

      この店自慢の四川担担麺と小龍包、これだけだと足りないかなと蝦の粥を注文します。
      暫くすると先に麺が到着するのが香港らしい。

      どれどれ本場の担担麺を頂きましょうと、まずはスープから。
      「ん、思ったほどコクが無いぞ」

      日本の担担麺に慣れているとそれが担担麺なんだと思い込んでしまって、本場との味の差が明確に出てしまいます。正直、日本の坦々麺とは別物だと思った方が良いなと言うのが感想です。

      こちらは想像通りの味で美味しい。
      皮の中に溢れる肉汁が脂っこく無くそれでいて旨味があるから、食べるとなんか幸せーって感じになりました。

    • 食後は散策でもするかとスターフェリー乗り場に乗ってカオルンへ<br /><br />チムサチョイのあたりを適当に歩いてみますが、昔さながらの路地も残っていれば真新しい複合ビルになっていたりと香港のダイナミックな動きを実感した後、今度は地下鉄に乗って中環に戻り、エアポートエクスプレスで早めに空港に戻ります。<br /><br />

      食後は散策でもするかとスターフェリー乗り場に乗ってカオルンへ

      チムサチョイのあたりを適当に歩いてみますが、昔さながらの路地も残っていれば真新しい複合ビルになっていたりと香港のダイナミックな動きを実感した後、今度は地下鉄に乗って中環に戻り、エアポートエクスプレスで早めに空港に戻ります。

    • 香港からはLX139便でチューリッヒに向かいまし。<br />夏のバケーションシーズンという事もあってほぼ満席でした。<br /><br />離陸後機内食のサービスがあるので、深夜ですがちゃんと頂きました(笑)

      香港からはLX139便でチューリッヒに向かいまし。
      夏のバケーションシーズンという事もあってほぼ満席でした。

      離陸後機内食のサービスがあるので、深夜ですがちゃんと頂きました(笑)

    • チューリッヒ空港にはほぼ定刻の6:10に到着します。<br />入国審査を済ませて到着ロビーに出て友人と久しぶりの再会です。<br /><br />握手もソコソコに出発ロビーへ移動します。<br />と言うのもこの後、7:40発のエールフランス(AF)でパリ・シャルル・ド・ゴール空港(CDG)へ向かうのです。<br /><br />チェックインは昨晩、香港でオンラインチェックインを済ましていたのでが、搭乗券を受け取って無いのでAFカウンターで搭乗券をもらうと1枚で往復分になっている搭乗券を受取りゲートに向かうとバスで移動となりました。<br />

      チューリッヒ空港にはほぼ定刻の6:10に到着します。
      入国審査を済ませて到着ロビーに出て友人と久しぶりの再会です。

      握手もソコソコに出発ロビーへ移動します。
      と言うのもこの後、7:40発のエールフランス(AF)でパリ・シャルル・ド・ゴール空港(CDG)へ向かうのです。

      チェックインは昨晩、香港でオンラインチェックインを済ましていたのでが、搭乗券を受け取って無いのでAFカウンターで搭乗券をもらうと1枚で往復分になっている搭乗券を受取りゲートに向かうとバスで移動となりました。

    • CDGへはスポッティングするのと今回搭乗する機体がA318とA320シリーズの中では生産機数が少なく乗る機会が今まで無かったので、この機会に乗ろうと言うことでCDGへ向かいます。<br /><br />機内では朝食代わりのクロワッサンのサービスがありました。<br />これが結構、美味しかったです。さすがフランス?と言ったところでしょうか?

      CDGへはスポッティングするのと今回搭乗する機体がA318とA320シリーズの中では生産機数が少なく乗る機会が今まで無かったので、この機会に乗ろうと言うことでCDGへ向かいます。

      機内では朝食代わりのクロワッサンのサービスがありました。
      これが結構、美味しかったです。さすがフランス?と言ったところでしょうか?

    • 1時間ほどでCDG空港上空へやって来ました。<br />どうやら今日は予想に反して、西側からのアプローチの様です。

      1時間ほどでCDG空港上空へやって来ました。
      どうやら今日は予想に反して、西側からのアプローチの様です。

    • CDGではテロ防止やセキュリティ上、空港周辺で飛行機撮影をするのは「許可書」が必要になります。<br /><br />事前にそれを調べて知っていたので、パスポートのコピーと顔写真を申請書と送り、許可書を発行してもらいました。<br /><br />撮影中にセキュリティがやって来たので、その許可証を見せると、「Ok Hava nice day」と言って去っていきました。<br /><br />パリでは、テロ防止の為に警備が厳しくなっており、致し方無いですけどもし許可書が無ければ強制退去だったことでしょう<br />

      CDGではテロ防止やセキュリティ上、空港周辺で飛行機撮影をするのは「許可書」が必要になります。

      事前にそれを調べて知っていたので、パスポートのコピーと顔写真を申請書と送り、許可書を発行してもらいました。

      撮影中にセキュリティがやって来たので、その許可証を見せると、「Ok Hava nice day」と言って去っていきました。

      パリでは、テロ防止の為に警備が厳しくなっており、致し方無いですけどもし許可書が無ければ強制退去だったことでしょう

    • CDGに到着した後、「A&amp;eacute;roville」と言うショッピングセンターを近くで撮影します。<br /><br />朝の到着ラッシュが一段落した後で、やって来る飛行機は欧州域内フライトが多いですが、日本では撮影できない機体ばかりです。<br /><br />この日の撮影レポートはこちら。<br />http://blog.travair.jp/?p=13305

      CDGに到着した後、「A&eacute;roville」と言うショッピングセンターを近くで撮影します。

      朝の到着ラッシュが一段落した後で、やって来る飛行機は欧州域内フライトが多いですが、日本では撮影できない機体ばかりです。

      この日の撮影レポートはこちら。
      http://blog.travair.jp/?p=13305

    • 午後まで撮影して「A&amp;eacute;roville」で遅めのランチにして空港に戻ります。<br /><br />AF1816便は16:30発です。<br />それまでF52ゲート近くのラウンジで一服してから朝、チューリッヒから乗って来たのと同じ機体F-GUGAでした。<br /><br />帰りは定刻より早く16:20にドアクローズとなり、16:28にはプッシュンバックが始まりRWY08Lに向かいました。<br /><br />フライトタイムは50分程と短く16:41に離陸し西に向かい、見慣れたチューリッヒのアプローチコースを辿りRWY14に17:25に着陸です。実フライトタイムは44分という短いフライトでした。

      午後まで撮影して「A&eacute;roville」で遅めのランチにして空港に戻ります。

      AF1816便は16:30発です。
      それまでF52ゲート近くのラウンジで一服してから朝、チューリッヒから乗って来たのと同じ機体F-GUGAでした。

      帰りは定刻より早く16:20にドアクローズとなり、16:28にはプッシュンバックが始まりRWY08Lに向かいました。

      フライトタイムは50分程と短く16:41に離陸し西に向かい、見慣れたチューリッヒのアプローチコースを辿りRWY14に17:25に着陸です。実フライトタイムは44分という短いフライトでした。

    • チューリッヒに到着したのは18時前ですが、まだ日も高く友人が勤務から終了するまでターミナルの展望台で撮影をしました。<br /><br />入口で入場料として5CHFが必要ですが、当日の搭乗券があれば無料です。でも今日は搭乗してしまったんだけどなぁと思って聞いてみると、「いいよ」と言って入場券を呉れました。<br /><br />まあ1時間位スポッティングして友人宅へ向かうバスに合わせて行けば良いなぁと<br />結局、19時半過ぎのバスに乗って友人宅へ。<br /><br />空港からは5分ほどの距離ですが坂を上がるので歩きだとちょっと辛いのです。バス停からは歩いて数分で到着です。<br />

      チューリッヒに到着したのは18時前ですが、まだ日も高く友人が勤務から終了するまでターミナルの展望台で撮影をしました。

      入口で入場料として5CHFが必要ですが、当日の搭乗券があれば無料です。でも今日は搭乗してしまったんだけどなぁと思って聞いてみると、「いいよ」と言って入場券を呉れました。

      まあ1時間位スポッティングして友人宅へ向かうバスに合わせて行けば良いなぁと
      結局、19時半過ぎのバスに乗って友人宅へ。

      空港からは5分ほどの距離ですが坂を上がるので歩きだとちょっと辛いのです。バス停からは歩いて数分で到着です。

    • 友人宅で一泊した翌日、朝から撮影に出掛けました。<br /><br />夏の間だと丁度朝日が昇る時間にあたるので、着陸してくる飛行機がオレンジ色に染まるシーンが撮影できるというので、歩いて5分程のSBB「Kloten Blasbrug」駅へ向かいます。<br /><br />駅のホーム端から空港へのアプローチを撮影でき、同時に列車の撮影まで出来てしまう一石二鳥な場所(友人談)なのです。<br /><br />朝練を終えて友人宅で朝食にした後、空港へ向かいます。

      友人宅で一泊した翌日、朝から撮影に出掛けました。

      夏の間だと丁度朝日が昇る時間にあたるので、着陸してくる飛行機がオレンジ色に染まるシーンが撮影できるというので、歩いて5分程のSBB「Kloten Blasbrug」駅へ向かいます。

      駅のホーム端から空港へのアプローチを撮影でき、同時に列車の撮影まで出来てしまう一石二鳥な場所(友人談)なのです。

      朝練を終えて友人宅で朝食にした後、空港へ向かいます。

    • 空港で13:05発のアテネ行きLX1838便のチェックインします。<br /><br />ZRHからATHまでは友人が手配してくれたID運賃チケットで移動ですが、チェックイン時に渡された搭乗券には座席番号が無く「STANDBY」と記されています。<br /><br />まあ昔のスカイメイトと同じく空席待ちで搭乗できる航空券だったりします。<br /><br />今まですんなり座席番号が入った搭乗券を貰えたのですが、友人がカウンター係員に聞いたら今日は混雑しているようです。<br /><br />空席待ちリストのプライオリティ的は自分と友人が一番高いのですが、後はこの便の搭乗手続き終了後に搭乗時ゲートで席を貰うしかありません。<br /><br />まあ時間があるので展望デッキでスポッティングです。<br />

      空港で13:05発のアテネ行きLX1838便のチェックインします。

      ZRHからATHまでは友人が手配してくれたID運賃チケットで移動ですが、チェックイン時に渡された搭乗券には座席番号が無く「STANDBY」と記されています。

      まあ昔のスカイメイトと同じく空席待ちで搭乗できる航空券だったりします。

      今まですんなり座席番号が入った搭乗券を貰えたのですが、友人がカウンター係員に聞いたら今日は混雑しているようです。

      空席待ちリストのプライオリティ的は自分と友人が一番高いのですが、後はこの便の搭乗手続き終了後に搭乗時ゲートで席を貰うしかありません。

      まあ時間があるので展望デッキでスポッティングです。

    • 2時間程スポッティングを楽しんだ後、セキュリティチェックを受けてA71ゲートに向かうと既にA321(HB-IOM)がスタンバイしており、多くの利用者が搭乗を待っていました。<br /><br />搭乗手続き締切時刻時点でCYとも空席が無い満席フライトになりました。<br /><br />でも友人ともどもLX1838便に搭乗することが出来ました。<br />その辺の顛末は本家BLOGの方に記載しております(笑)<br /><br />離陸後、自分にサービスされたのはビジネスクラスの機内食で、ZRH-ATH線となるとブロックタイムが2時間が超えるのでホットミールがサービスされます。<br /><br />

      2時間程スポッティングを楽しんだ後、セキュリティチェックを受けてA71ゲートに向かうと既にA321(HB-IOM)がスタンバイしており、多くの利用者が搭乗を待っていました。

      搭乗手続き締切時刻時点でCYとも空席が無い満席フライトになりました。

      でも友人ともどもLX1838便に搭乗することが出来ました。
      その辺の顛末は本家BLOGの方に記載しております(笑)

      離陸後、自分にサービスされたのはビジネスクラスの機内食で、ZRH-ATH線となるとブロックタイムが2時間が超えるのでホットミールがサービスされます。

    • アテネ空港には16:40にRWY07に着陸し、ほぼ定刻に到着しました。<br /><br />預けた荷物をピックアップして、オリンピック航空で荷物を預けなおします。<br /><br />アテネ空港は昔、市内近くの旧空港時代に来たことがありますが、新空港は初めてです。新空港と言う割に少し古めかしいのは建設期間が長期に渡ったことが要因なんでしょうかね。<br /><br /><br />スキアトスへのフライトは19:35発のOA76便まで搭乗待合室で待つことにします。

      アテネ空港には16:40にRWY07に着陸し、ほぼ定刻に到着しました。

      預けた荷物をピックアップして、オリンピック航空で荷物を預けなおします。

      アテネ空港は昔、市内近くの旧空港時代に来たことがありますが、新空港は初めてです。新空港と言う割に少し古めかしいのは建設期間が長期に渡ったことが要因なんでしょうかね。


      スキアトスへのフライトは19:35発のOA76便まで搭乗待合室で待つことにします。

    • OA76はダッシュ8の運航の筈ですが、今日はエーゲ航空のA320にシップチェンジです。<br />OAはエーゲ航空の子会社なので、予約状況に応じて機材の融通をしています。<br /><br />どうやらこの便の折り返しが予約過剰状態だったようで、OA76はガラガラでドアクローズとなりました。<br /><br />12Aの座席に座りましたが12B,12C席とも空いたままでお陰?で一人1列使えます(笑)<br /><br />定刻早くドアクローズしプッシュバックが始まり、RWY07Rから離陸しました。<br />

      OA76はダッシュ8の運航の筈ですが、今日はエーゲ航空のA320にシップチェンジです。
      OAはエーゲ航空の子会社なので、予約状況に応じて機材の融通をしています。

      どうやらこの便の折り返しが予約過剰状態だったようで、OA76はガラガラでドアクローズとなりました。

      12Aの座席に座りましたが12B,12C席とも空いたままでお陰?で一人1列使えます(笑)

      定刻早くドアクローズしプッシュバックが始まり、RWY07Rから離陸しました。

    • フライトタイムは20分と短く、直ぐにスナックとドリンクの機内サービスが始まりました。<br /><br />飛行時間は約20分なので機内サービスは無いかなと思っていただけにちょっとびっくりです。<br /><br />機内サービス後、すぐに降下体制に入り地上が良く見えてきたなぁ~と見ているとスキアトス港が見え、ぐんぐんと地上が近づき、19:54にズッドンとRWY02に着陸。ホント20分でした。<br /><br />滑走路が短いのでブレーキも強く掛かる感じでした。その時の様子を動画で撮影しました。<br />https://www.youtube.com/watch?v=eb9EX_hZJZc

      フライトタイムは20分と短く、直ぐにスナックとドリンクの機内サービスが始まりました。

      飛行時間は約20分なので機内サービスは無いかなと思っていただけにちょっとびっくりです。

      機内サービス後、すぐに降下体制に入り地上が良く見えてきたなぁ~と見ているとスキアトス港が見え、ぐんぐんと地上が近づき、19:54にズッドンとRWY02に着陸。ホント20分でした。

      滑走路が短いのでブレーキも強く掛かる感じでした。その時の様子を動画で撮影しました。
      https://www.youtube.com/watch?v=eb9EX_hZJZc

    1件目~20件目を表示(全45件中)

    この旅行記のタグ

      5いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      ピックアップ特集

      ギリシャで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

      フォートラベル GLOBAL WiFiなら
      ギリシャ最安 680円/日~

      • 空港で受取・返却可能
      • お得なポイントがたまる

      ギリシャの料金プランを見る

      フォートラベル公式LINE@

      おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
      QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

      \その他の公式SNSはこちら/

      スキアトス島(ギリシャ) で人気のタグ


      PAGE TOP

      ピックアップ特集