南紀白浜旅行記(ブログ) 一覧に戻る
<br />日没近く、白良浜(しららはま)<br />90%の珪酸を含む石英砂は、文字通り真っ白でサラサラの砂。<br />世界中のビーチを巡ってきたが、このような真っ白な浜を見たことがない。<br />純度98パーセントのシリカ砂が独特の発光するような純白さのホワイトヘブンビーチまでもがヒヨッコだ。<br />世界中のビーチの砂をペットボトルやその昔はカメラフィルムケースに入れて持ち帰りお宝部屋(我楽多部屋)に放置されているが、それらを見比べてみてまざまざとわかった。<br />春のうららかな水面が輝く渚で戯れるハニー、わんわん、ねずみ、くま、みのりん、彼女らを遠くから眺めていると【愛の結晶】を眺めている気分に浸る。<br />白良浜をあとにすぐ円月島<br />白浜のシンボルとして親しまれている円月島。<br />正式には「高嶋」といい、臨海浦の南海上に浮かぶ南北130m、東西35m、高さ25mの小島だが、島の中央に円月形の海蝕洞がぽっかり空いていることから「円月島」と呼ばれ親しまれている。「日本の夕陽100選」に選ばれ、陽の沈む夕景の美しさは格別。<br />まもなく日が沈もうとしている。<br />ハニーとみのりんはやはり海岸で戯れる。ふたりの【愛の雫】――。<br />南紀白浜空港へ<br />円月島から34号を戻り、わんわんを南紀白浜空港まで送り届け、別れる。<br />羽田往復わずか2便のみの驚くほど立派な空港。<br />機材の調達で30分遅れらしく、円月島で陽が完全に沈むのを見られたのにと、ほぞを噛んだ。<br />長女と別れて5人になり再び白浜温泉方面へ走らせる。<br />宿に曲がる角にVショップという地元スーパーがあり、ケース残りわずかになった紀州の惣菜類を夕餉用に買い、今晩の宿へ向かう。<br />今日一日、家族と楽しい一日を過ごしてきたが、ずっと頭にもたげるものがある。あの、【愛の浜辺で】頭にかすかによぎったはずが、何かを忘れてきた。何かが足りない。何かを求めている。まだ満足していない。<br />私は常に【愛を渇望する聖者】だ―――。<br /><br />******************************<br /><br />TAMBOU DIRCKEMBERS ーアフリカの水を飲んだ者は―<br /><br />writeing  by marukun    since 2003年01月21日 <br />  <br />―――現在わかっている約700万年前、ヒトとサルの祖先は、アフリカ全土を覆う密林に住んでいましたが、あるとき大規模な地殻変動の見舞われました。土地が陥没して地溝帯―いわゆるグレートリフトバレーができました。この断層は紅海から東アフリカ全体を貫いています。全長6000キロメートル、深いところでは4000メートルにも達します。<br />地溝のおかげで気候が激変します。西側は相変わらず多雨湿潤でしたが、東側はルウェンゾリ山地などの大きな壁に遮られて降雨量が少なくなっていきます。西側の祖先たちは樹上生活のままでしたが、東側の祖先はサバンナ、ステップに直面しだすのです。二つの異なった環境で同一の祖先がしだいに世代を重ねるごとに二つの異なった進化の道をたどるのです。遺伝子の99%はチンパンジーと人が同じなのは、ここに起因するのです。ヒトとサルの祖先は同じなのですね。直立姿勢、雑食性、脳の発達、道具の発明などサルと異なる道を歩み始めたのは、すべて自然淘汰のメカニズムの枠組みのなかであったのです。アウストラロピテクス類・・・・いわゆる先行人類の誕生です。アウストラロピテクス類と称したのは、実は1種類ではないのです。約700万年前から100万年前くらいまでの間にアフリカに多くの種が出現したそうです。エチオピアのアファール低地で発見されたルーシーという名の祖先は有名人ですよね。身長1メートルたらずで、私たちすこし前かがみで、頭部は小さく、上肢が下肢より長いようです。しかし、彼女も直径の祖先ではなく、分化した別の系統に属するとされています。先行人類のさまざまな種は同時に並行して進化していったと思われます。アウストラロピテクス・アフリカヌス、アフストラロピテクス・アナメンシスなどです。意思疎通の伝達手段に身振り、動作、抑揚をつけた声を持ち、道具を用いて道具を作ることができました。<br /> そして約300万年前、真の言語を一般化した種が現れます。先行人類より大型で、より直立し、木に登ることもますます減り、より発達して血液も十分行き渡った脳を持つ動物――ヒト科の誕生です。約100万年以上はアウストラロピテクス類とヒトは共存していたとされています。私たちの教科書では、人類をホモ・ハビリス、エレクトゥス、サピアエンスという3段階に分けていたのが一般的でしたが、現在ではルドフェンシスやエルガスターなど他の種も見つかっています。乾燥気候への適応によって気道が変化し、咽喉が下に下がるのです。これに加えて、声帯ヒダが定着したことなどにより、かなり複雑な言語を話すようになりました。<br />【愛も乾燥気候の産物】かもしれません。<br />気候が乾燥していれば、おのずと個体間の距離は縮まります。日陰の少ない影響で、妊娠期間は数段短くなって、母と子も過ごす期間は長くなり、繁殖期間は父親も生活するようになり、情動を生み出していったのではないでしょうか?<br /><br /> 余談ですが、98年ケニア・タンザニアを訪問した際、このグレートリフトバレーを展望する丘に立ちました。このとき、一緒に旅した奈良出身のMちゃんと肩を組んで一緒に撮ったスナップ写真はアタシの宝物部屋(爆)の棚に飾られています。ときどき、見やってはニヤリと微笑みます。<br />ホントウに可愛いんですよぉーーーーMちゃん。フンコロガシの日記にも登場してくださってますが、残念ながら(爆)現在結婚してヨコハマに在住です。「マルブー」と当時は5歳年下ながら(今でもか!/爆)親しく呼んでくださってました。毎日4WDで同乗者4人ながらも【二人だけの愛のサバンナ♪】を育んでいましたっけ・・・・♪また、逢いたいナァーーーーー♪<br />それに、今日描こうとした世界は、アタシが渇望する世界そのものではないですか!<br /><br />【乾燥地帯から愛は育まれる!!!】<br /><br />これをキーワードに!(笑)、マイハニーに自家談判してみようではありませぬかっ!<br />「ママ知ってる?こんな諺・・・・。アフリカの水を飲んだ者は・・・・?」<br />「・・・・・・・・・・赤痢になるっ!」<br />「・・・・・・・・ママ、それって、ケニア行ったとき奈良のMちゃんが言った言葉と同じやん。へんなとこで職業病みたいなつっこみ、やめてくださいまし」<br />「で?で!?パパ?何が言いたいん??」<br />「あのね♪『アフリカの水を飲んだ者は、アフリカに帰る』というマサイ族の諺知りません?」<br />「知りませんっ!知りたくもないですっ!」<br />「・・・・・・・・。アノですね♪『愛も乾燥した地域から生まれた』そうだよ。有名な人類学の先生もおっしゃっとる!」<br />「クマくん、わんわんちゃん、ねずみちゃん、パパはみんなのこと愛してないんだってーーー。ママの『お家に帰ろう』かっ?」<br />・・・・・・ヘボな切り替えしの癖に、怖いこと言わないでくださいます・・・(トホホ。。。

南紀白浜温泉 ホテル川久 ロイヤルスイートルーム&カワキュウスイートルーム・コネクティングルーム宿泊記 ロイヤル・スパ&スパ・悠久の森 王様のビュッフェ

202いいね!

2018/03/26 - 2018/03/27

5位(同エリア1362件中)

6

117


日没近く、白良浜(しららはま)
90%の珪酸を含む石英砂は、文字通り真っ白でサラサラの砂。
世界中のビーチを巡ってきたが、このような真っ白な浜を見たことがない。
純度98パーセントのシリカ砂が独特の発光するような純白さのホワイトヘブンビーチまでもがヒヨッコだ。
世界中のビーチの砂をペットボトルやその昔はカメラフィルムケースに入れて持ち帰りお宝部屋(我楽多部屋)に放置されているが、それらを見比べてみてまざまざとわかった。
春のうららかな水面が輝く渚で戯れるハニー、わんわん、ねずみ、くま、みのりん、彼女らを遠くから眺めていると【愛の結晶】を眺めている気分に浸る。
白良浜をあとにすぐ円月島
白浜のシンボルとして親しまれている円月島。
正式には「高嶋」といい、臨海浦の南海上に浮かぶ南北130m、東西35m、高さ25mの小島だが、島の中央に円月形の海蝕洞がぽっかり空いていることから「円月島」と呼ばれ親しまれている。「日本の夕陽100選」に選ばれ、陽の沈む夕景の美しさは格別。
まもなく日が沈もうとしている。
ハニーとみのりんはやはり海岸で戯れる。ふたりの【愛の雫】――。
南紀白浜空港へ
円月島から34号を戻り、わんわんを南紀白浜空港まで送り届け、別れる。
羽田往復わずか2便のみの驚くほど立派な空港。
機材の調達で30分遅れらしく、円月島で陽が完全に沈むのを見られたのにと、ほぞを噛んだ。
長女と別れて5人になり再び白浜温泉方面へ走らせる。
宿に曲がる角にVショップという地元スーパーがあり、ケース残りわずかになった紀州の惣菜類を夕餉用に買い、今晩の宿へ向かう。
今日一日、家族と楽しい一日を過ごしてきたが、ずっと頭にもたげるものがある。あの、【愛の浜辺で】頭にかすかによぎったはずが、何かを忘れてきた。何かが足りない。何かを求めている。まだ満足していない。
私は常に【愛を渇望する聖者】だ―――。

******************************

TAMBOU DIRCKEMBERS ーアフリカの水を飲んだ者は―

writeing by marukun since 2003年01月21日

―――現在わかっている約700万年前、ヒトとサルの祖先は、アフリカ全土を覆う密林に住んでいましたが、あるとき大規模な地殻変動の見舞われました。土地が陥没して地溝帯―いわゆるグレートリフトバレーができました。この断層は紅海から東アフリカ全体を貫いています。全長6000キロメートル、深いところでは4000メートルにも達します。
地溝のおかげで気候が激変します。西側は相変わらず多雨湿潤でしたが、東側はルウェンゾリ山地などの大きな壁に遮られて降雨量が少なくなっていきます。西側の祖先たちは樹上生活のままでしたが、東側の祖先はサバンナ、ステップに直面しだすのです。二つの異なった環境で同一の祖先がしだいに世代を重ねるごとに二つの異なった進化の道をたどるのです。遺伝子の99%はチンパンジーと人が同じなのは、ここに起因するのです。ヒトとサルの祖先は同じなのですね。直立姿勢、雑食性、脳の発達、道具の発明などサルと異なる道を歩み始めたのは、すべて自然淘汰のメカニズムの枠組みのなかであったのです。アウストラロピテクス類・・・・いわゆる先行人類の誕生です。アウストラロピテクス類と称したのは、実は1種類ではないのです。約700万年前から100万年前くらいまでの間にアフリカに多くの種が出現したそうです。エチオピアのアファール低地で発見されたルーシーという名の祖先は有名人ですよね。身長1メートルたらずで、私たちすこし前かがみで、頭部は小さく、上肢が下肢より長いようです。しかし、彼女も直径の祖先ではなく、分化した別の系統に属するとされています。先行人類のさまざまな種は同時に並行して進化していったと思われます。アウストラロピテクス・アフリカヌス、アフストラロピテクス・アナメンシスなどです。意思疎通の伝達手段に身振り、動作、抑揚をつけた声を持ち、道具を用いて道具を作ることができました。
 そして約300万年前、真の言語を一般化した種が現れます。先行人類より大型で、より直立し、木に登ることもますます減り、より発達して血液も十分行き渡った脳を持つ動物――ヒト科の誕生です。約100万年以上はアウストラロピテクス類とヒトは共存していたとされています。私たちの教科書では、人類をホモ・ハビリス、エレクトゥス、サピアエンスという3段階に分けていたのが一般的でしたが、現在ではルドフェンシスやエルガスターなど他の種も見つかっています。乾燥気候への適応によって気道が変化し、咽喉が下に下がるのです。これに加えて、声帯ヒダが定着したことなどにより、かなり複雑な言語を話すようになりました。
【愛も乾燥気候の産物】かもしれません。
気候が乾燥していれば、おのずと個体間の距離は縮まります。日陰の少ない影響で、妊娠期間は数段短くなって、母と子も過ごす期間は長くなり、繁殖期間は父親も生活するようになり、情動を生み出していったのではないでしょうか?

 余談ですが、98年ケニア・タンザニアを訪問した際、このグレートリフトバレーを展望する丘に立ちました。このとき、一緒に旅した奈良出身のMちゃんと肩を組んで一緒に撮ったスナップ写真はアタシの宝物部屋(爆)の棚に飾られています。ときどき、見やってはニヤリと微笑みます。
ホントウに可愛いんですよぉーーーーMちゃん。フンコロガシの日記にも登場してくださってますが、残念ながら(爆)現在結婚してヨコハマに在住です。「マルブー」と当時は5歳年下ながら(今でもか!/爆)親しく呼んでくださってました。毎日4WDで同乗者4人ながらも【二人だけの愛のサバンナ♪】を育んでいましたっけ・・・・♪また、逢いたいナァーーーーー♪
それに、今日描こうとした世界は、アタシが渇望する世界そのものではないですか!

【乾燥地帯から愛は育まれる!!!】

これをキーワードに!(笑)、マイハニーに自家談判してみようではありませぬかっ!
「ママ知ってる?こんな諺・・・・。アフリカの水を飲んだ者は・・・・?」
「・・・・・・・・・・赤痢になるっ!」
「・・・・・・・・ママ、それって、ケニア行ったとき奈良のMちゃんが言った言葉と同じやん。へんなとこで職業病みたいなつっこみ、やめてくださいまし」
「で?で!?パパ?何が言いたいん??」
「あのね♪『アフリカの水を飲んだ者は、アフリカに帰る』というマサイ族の諺知りません?」
「知りませんっ!知りたくもないですっ!」
「・・・・・・・・。アノですね♪『愛も乾燥した地域から生まれた』そうだよ。有名な人類学の先生もおっしゃっとる!」
「クマくん、わんわんちゃん、ねずみちゃん、パパはみんなのこと愛してないんだってーーー。ママの『お家に帰ろう』かっ?」
・・・・・・ヘボな切り替えしの癖に、怖いこと言わないでくださいます・・・(トホホ。。。

同行者
家族旅行
交通手段
自家用車
利用旅行会社
個別手配
旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ホテル
3.5
グルメ
3.5
交通
4.5

PR

  • 90%の珪酸を含む石英砂は、文字通り真っ白でサラサラの砂。<br />

    90%の珪酸を含む石英砂は、文字通り真っ白でサラサラの砂。

  • 彼女らを遠くから眺めていると【愛の結晶】を眺めている気分に浸る。<br />

    彼女らを遠くから眺めていると【愛の結晶】を眺めている気分に浸る。

  • 春のうららかな水面が輝く渚

    春のうららかな水面が輝く渚

  • <br />白浜のシンボルとして親しまれている円月島。


    白浜のシンボルとして親しまれている円月島。

  • やはり海岸で戯れる。ふたりの【愛の雫】――。

    やはり海岸で戯れる。ふたりの【愛の雫】――。

  • 「日本の夕陽100選」に選ばれ、陽の沈む夕景の美しさは格別。<br />

    「日本の夕陽100選」に選ばれ、陽の沈む夕景の美しさは格別。

  • わんわんを南紀白浜空港まで送り届け、別れる。

    わんわんを南紀白浜空港まで送り届け、別れる。

  • ケース残りわずかになった紀州の惣菜類を夕餉用に買い、今晩の宿へ向かう。<br /><br />ibstoku社  城壁煉瓦

    ケース残りわずかになった紀州の惣菜類を夕餉用に買い、今晩の宿へ向かう。

    ibstoku社 城壁煉瓦

  • <br />ドラキュラ伯爵城かっ


    ドラキュラ伯爵城かっ

  • 因幡の白兎かっ<br /><br />イギリス環境彫刻家バーリー・フラナガン作

    因幡の白兎かっ

    イギリス環境彫刻家バーリー・フラナガン作

  • 北京紫禁城と同じ造りの屋根瓦<br /><br />老中黄の瑠璃瓦 かつては皇帝のみ使用可

    北京紫禁城と同じ造りの屋根瓦

    老中黄の瑠璃瓦 かつては皇帝のみ使用可

  • エントランスロビー <br /><br /><br />オスマントルコかっ

    エントランスロビー 


    オスマントルコかっ

  • この蒼の大理石柱1本一億円なりが、20本!<br /><br />バーレーン国王邸かっ

    この蒼の大理石柱1本一億円なりが、20本!

    バーレーン国王邸かっ

  • 螺旋階段<br /><br />タイタニック号かっ

    螺旋階段

    タイタニック号かっ

  • 18世紀イタリー製 ドン・キホーテ ブロンズ像

    18世紀イタリー製 ドン・キホーテ ブロンズ像

  • スタインウィン&サンズ!!

    スタインウィン&サンズ!!

  • 1500㎡!!ローマンモザイク<br /><br />共和国広場かっ

    1500㎡!!ローマンモザイク

    共和国広場かっ

  • 2世紀 ビザンチンモザイク<br /><br />ニューヨーク・メトロポリタンかっ

    2世紀 ビザンチンモザイク

    ニューヨーク・メトロポリタンかっ

  • エレベーターホール

    エレベーターホール

  • ロイヤルスイートルーム潤<br /><br />といっても、このホテルだと下から3番目のランク

    ロイヤルスイートルーム潤

    といっても、このホテルだと下から3番目のランク

  • 78室の部屋それぞれ趣・調度品がことなる

    78室の部屋それぞれ趣・調度品がことなる

  • 610潤はウッド調 シンプル

    610潤はウッド調 シンプル

  • 豪華派手過ぎるとセンスないというくせに<br />質素すぎると貧相に感じる 身勝手さ<br /><br />我が家かっ

    豪華派手過ぎるとセンスないというくせに
    質素すぎると貧相に感じる 身勝手さ

    我が家かっ

  • アルバニーコロンボ社 アンティーク

    アルバニーコロンボ社 アンティーク

  • 小部屋もあった<br />アタシここで十分

    小部屋もあった
    アタシここで十分

  • 使わないままのドレッシングルーム

    使わないままのドレッシングルーム

  • 隣の661範

    隣の661範

  • 実は潤と範はコネクティングルームに(ナイショwww<br /><br />これが今回の宿泊最大の狙い

    実は潤と範はコネクティングルームに(ナイショwww

    これが今回の宿泊最大の狙い

  • 範 <br />ホテル名冠したカワキュウ。スイートルーム

    範 
    ホテル名冠したカワキュウ。スイートルーム

  • デルファルボの家具

    デルファルボの家具

  • スパ 悠久の森へ

    スパ 悠久の森へ

  • 午後8時 貸し切り

    午後8時 貸し切り

  • 陶淵明「山海峡を詠んで」不老長寿の漢詩<br />青山禮三の仙人画

    陶淵明「山海峡を詠んで」不老長寿の漢詩
    青山禮三の仙人画

  • 温泉あがりのスペンサー教授

    温泉あがりのスペンサー教授

  • スパ悠久の森より1時間遅れでロイヤル・スパから帰ってきた女子チーム

    スパ悠久の森より1時間遅れでロイヤル・スパから帰ってきた女子チーム

  • Vスーパーにて買い出し<br />刺身に醤油ついてなくって、部屋備え付けの「梅昆布茶」の<br />粉末かけたら目から鱗!!めちゃうま

    Vスーパーにて買い出し
    刺身に醤油ついてなくって、部屋備え付けの「梅昆布茶」の
    粉末かけたら目から鱗!!めちゃうま

  • 文字どおりポテカウ

    文字どおりポテカウ

  • 朝5時 2階渡廊下<br />波ガラス 仏ベルナール・ピクテ作

    朝5時 2階渡廊下
    波ガラス 仏ベルナール・ピクテ作

  • 22.5度金<br />ロベール・ゴアール作ドーム天井<br /><br />クウェート王族別邸かっ

    22.5度金
    ロベール・ゴアール作ドーム天井

    クウェート王族別邸かっ

  • サッカーできそうなくらいのモザイクホールを抜け

    サッカーできそうなくらいのモザイクホールを抜け

  • バチカン教会かっ

    バチカン教会かっ

  • 透かし彫り天井 永田祐三作<br />ロビーラウンジ 石壁 ジル・ドラボー監修<br /><br />迎賓館かっ

    透かし彫り天井 永田祐三作
    ロビーラウンジ 石壁 ジル・ドラボー監修

    迎賓館かっ

  • ロイヤルスパへ

    ロイヤルスパへ

  • 赤坂の料亭かっ

    赤坂の料亭かっ

  • アマンプロかっ

    アマンプロかっ

  • コペンハーゲンかっ

    コペンハーゲンかっ

  • 今朝も貸し切り<br />

    今朝も貸し切り

  • 国会議事堂と同じ御影石<br /><br />モリカケ温泉かっ(うまいっw

    国会議事堂と同じ御影石

    モリカケ温泉かっ(うまいっw

  • アイス棒

    アイス棒

  • バリ島かっ

    バリ島かっ

  • 広々とソファもありすぎて落ち着かん(笑w

    広々とソファもありすぎて落ち着かん(笑w

  • 飾ってるのか放置してるのかようわからんw<br /><br />七宝獅子大 清朝の七宝焼

    飾ってるのか放置してるのかようわからんw

    七宝獅子大 清朝の七宝焼

  • メインダイニングへ<br /><br />アーノルド・ドゾ工房のムラノグラス・シャンデリア

    メインダイニングへ

    アーノルド・ドゾ工房のムラノグラス・シャンデリア

  • ワイン蔵<br /><br />世界一の超高級ヴィンテージワインエリア!!

    ワイン蔵

    世界一の超高級ヴィンテージワインエリア!!

  • 「王様のビュッフェ」

    「王様のビュッフェ」

  • パンは焼きたてどんどん補充

    パンは焼きたてどんどん補充

  • 文字通り、専用スタッフが10人10種、以上待機

    文字通り、専用スタッフが10人10種、以上待機

  • すき焼きも作ってくれる

    すき焼きも作ってくれる

  • フレンチトーストも専任シェフ

    フレンチトーストも専任シェフ

  • 炭火焼担当も<br />海鮮丼も<br />夕食かっ

    炭火焼担当も
    海鮮丼も
    夕食かっ

  • アイアングリル<br />イギリス製造

    アイアングリル
    イギリス製造

  • プールへ向かいます

    プールへ向かいます

  • 午前9時、これまた貸し切りの至福

    午前9時、これまた貸し切りの至福

  • 馬車馬のごとく泳ぐ人あり

    馬車馬のごとく泳ぐ人あり

  • ミス・レナウンかっ

    ミス・レナウンかっ

  • スター☆ウォーズかっ

    スター☆ウォーズかっ

  • 総工費300億円なりのハリボテや

    総工費300億円なりのハリボテや

  • ↓ 土佐漆喰の壁 高知城と同じ<br /><br />↑ オランダIbbs社 空中煉瓦構造

    ↓ 土佐漆喰の壁 高知城と同じ

    ↑ オランダIbbs社 空中煉瓦構造

  • ようこそホグワーグ城へ(笑w

    ようこそホグワーグ城へ(笑w

  • エントランス出窓 画家ジョルジョ・チェルベルティ<br /><br />さ、和歌山へ向かうぞ<br />サラバ山久

    エントランス出窓 画家ジョルジョ・チェルベルティ

    さ、和歌山へ向かうぞ
    サラバ山久

202いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (6)

開く

閉じる

  • Traveljyubeiさん 2018/08/28 14:16:18
    古い旅館を知る
    川久が3階建ての建物だった時、よく見ていました。半島全体にこのホテルが広く建っていました。当時は、天皇陛下がお泊りになった部屋もありました。
    バブル時代近代ホテルに建て替えられてからあまり見る機会もなく、まるくんさん旅行記で内部を拝見できました。
    このホテルも、歴史が色々あるようですね。
    有難うございました。

    まるくん

    まるくんさん からの返信 2018/08/29 14:15:58
    RE: 古い旅館を知る

    こんにちわ
    川久ホテルをご覧いただきありがとうございます。
    また、感想まで頂戴し感謝です。

    川久旅館という歴史のうえに建ったホテルだったのですね
    はじめて伺いました。
    バブルの歴史遺産のような現在のホテルも時が経って
    随分古めかしいモニュメントのように見受けられました
    もうあまり宿泊するチャンスはないでしょうがよい思い出の
    家族旅行がきました。

    ではまた!
  • yamayuri2001さん 2018/04/10 09:46:33
    まるくん、こんにちは。
    春のうららかな水面が輝く渚で戯れるハニー、わんわん、ねずみ、くま、みのりん、彼女らを遠くから眺めていると【愛の結晶】を眺めている気分に浸る。
    このフレーズに、ズキューンと胸を打ち抜かれました!
    昨日、ケヴィン・コスナーの「message in a bottle」を観て、海と愛について考えていました。あの暗い結末に納得が行かず、考え続けていました。
    でも、今朝この旅行記を拝見して、スコーンと抜けました!
    気持ちがすっきり!!
    まるくんが無防備にお風呂上りに、座っていらっしゃる写真、
    気に入ってます(微笑)
    王様のブッフェもいいですね。

    ここで、ひとつまるくんにご報告があります。
    やさしいこころの愛媛に匹敵する、優しい人々に
    出会いました!
    石垣島の人々です。
    どこかで、この気持ちは味わったぞ・・・と
    記憶を辿ると、そうです、愛媛の人と同じ。
    出会う人出会う人が優しかった。
    心の余裕と、その土地の人々が育んできた土壌・・・
    そこが、旅人の琴線に触れるのでしょうね・・・
    このことも、お伝えしたいことのひとつでした。
    では、幸せな気持ちに引き戻してくださった
    まるくんに感謝して!

    yamayuri2001

    まるくん

    まるくんさん からの返信 2018/04/11 16:27:11
    春ですね

    ヤマユリさん、こんにちわ

    またまた素敵な出会いがあったのですね。
    以前にもお伝えしましたが、その引力のようなものが
    ヤマユリさんにおありなのでしょうね。
    親切なひとには親切なひとがよりそうものです^^
    石垣島かぁ〜〜遠いなぁーーーーー(
    なかなか行こうと思っても四国だと大変です
    まず那覇まではなんとかいけるのですが、そこから乗り継ぎが
    翌日になるかも>、<;
    帰って早朝羽田に行き、そこから直行便のほうがよさそうで・・・・
    タイムイズマネーではあるけど、それだと先立つものが(爆

    ケビンコスナーの映画は存じ上げませんが
    ラストが腑に落ちないなんてどんなんだろう?
    暗い感じなのか、でも映画はそんなほうが心に突き刺す場合もありますし。。。

    おそらく家族全員では最後の旅行
    存分に楽しんできましたが春霞でも食って生きながらえております(笑

    いつも適確でナイスなコメント
    ありがとうございます。

    またお邪魔しますね

    よいひびをお過ごし下さいませ

  • 働きマンさん 2018/04/07 15:17:27
    あら!川久ホテル!これまた豪華!
    まるくんさん!

    こんにちわー!
    早速和歌山の旅行記アップしてくださったんですねー!
    それにしても、今回の旅行!豪華ですねー!
    川久ホテルですか?
    高かったでしょう?(笑)
    我が家も2年前だったっけなぁ?南紀白浜アドベンチャーワールドに行った時にホテル選択に悩みましたが、さすがにこのホテルは候補に挙がりませんでした。高すぎて(笑)
    内装も豪華ですねぇ~!

    >オスマントルコかっ

    うまい!座布団3枚!(笑)

    豪華&楽しい旅行記ですねー!
    それにしても、今回の国内旅行・・・海外旅行にいける位費用かかってません?(笑)

    働きマン

    まるくん

    まるくんさん からの返信 2018/04/07 20:59:40
    とーちゃん、がんばりますたっwww

    働きマンさん!!こんばんわっ

    寒のもどり、めっきり寒くなりましたね

    こちらのお宿、全然しらなくて、最初は
    ロッジ風お宿にするか、馬鹿人気のパオ風お宿にするか悩みつつ
    白良浜真ん前のマリオットが第一候補で予約してたんだけど、
    (ハルカスのマリオットがすごく感じよかったんで)
    やっぱりせっかくの家族旅行(おそらく全員は最後)なので
    舵とりいっぱーい奮発大出費鼻血ぶーーーーしてみますたw

    豪華かどうかはさておき、家族受け的には大成功でしたね。
    一部屋は、usjのパークビューの部屋の方が数段お高いでしたけどね><;

    何より夜朝のスパ(という名の温泉大浴場)も、室内プールも
    男女とも貸切という大贅沢!!これは一生の思い出でふw

    お金の話はヤボですが・・・・・・・

    たしかにご指摘の通りたった2泊の関西旅行で
    ツアーだという条件で家族アメリカ西海岸3泊5日くらいに旅行に匹敵するかも(爆

    でも、翌日は和歌山で昼食ラーメン、フェリーは3等雑魚寝と
    レベルダウンで帳尻合わせですがね(爆

まるくんさんのトラベラーページ

この旅行で行ったホテル

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集