エズ 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2017年に夫婦そろって70歳。年末にスイスとイタリア・ドロミテへスキーに出かけたものの、やや滑り足りなかったので、年が明けた2月の天気のいい時期を見計らって、ブレンタ・ドロミテの代表的なスキー場、マドンナ・ディ・カンピリオとその近くのアンダーロ(Andalo)に行くことにしました。ちょうどフランスのマントンやニースのカーニバルの時期と重なっていたので、カーニバルを見学してから帰ろうということで、今回も欲張りな旅行となってしまいました。<br />第五部以降は、スキーを終えた後、フランス・コートダジュール地方を周遊したときの旅行記で、その1はマントンからエズまで往復したときの旅行記です。(表紙写真は、エズの庭園からの眺め)<br /><br />本旅行の全日程は以下の通り。<br /><br />2/5 成田22:00->エミレーツ、ドバイ経由ー>べニス(2/6)<br />2/6 ベニスー(鉄道)->トレント(泊)<br />2/7 トレントー(バス)->マドンナ・ディ・カンピリオ(3泊)<br /> 2/8~2/10 マドンナ・ディ・カンピリオでスキー<br />2/10 マドンナ・ディ・カンピリオー(バス、タクシー)-><br />   サンロレンツォ(泊)<br />2/11 サンロレンツォー(タクシー)->アンダーロ(4泊)<br /> 2/11~2/14 アンダーロでスキー<br />2/15 アンダーロー(バス)->ジェノバー(鉄道)->マントン(3泊)<br /> 2/16~2/18 マントン・エズ・トゥルビ観光<br />2/19 ニースー(エミレーツ、ドバイ経由)->成田(2/20)

団塊夫婦のスキー&絶景の旅・2018初―(5)スキーの後はコートダジュールへ:(その1)エズ

34いいね!

2018/02/15 - 2018/02/16

19位(同エリア106件中)

    72

    0

    2017年に夫婦そろって70歳。年末にスイスとイタリア・ドロミテへスキーに出かけたものの、やや滑り足りなかったので、年が明けた2月の天気のいい時期を見計らって、ブレンタ・ドロミテの代表的なスキー場、マドンナ・ディ・カンピリオとその近くのアンダーロ(Andalo)に行くことにしました。ちょうどフランスのマントンやニースのカーニバルの時期と重なっていたので、カーニバルを見学してから帰ろうということで、今回も欲張りな旅行となってしまいました。
    第五部以降は、スキーを終えた後、フランス・コートダジュール地方を周遊したときの旅行記で、その1はマントンからエズまで往復したときの旅行記です。(表紙写真は、エズの庭園からの眺め)

    本旅行の全日程は以下の通り。

    2/5 成田22:00->エミレーツ、ドバイ経由ー>べニス(2/6)
    2/6 ベニスー(鉄道)->トレント(泊)
    2/7 トレントー(バス)->マドンナ・ディ・カンピリオ(3泊)
     2/8~2/10 マドンナ・ディ・カンピリオでスキー
    2/10 マドンナ・ディ・カンピリオー(バス、タクシー)->
       サンロレンツォ(泊)
    2/11 サンロレンツォー(タクシー)->アンダーロ(4泊)
     2/11~2/14 アンダーロでスキー
    2/15 アンダーロー(バス)->ジェノバー(鉄道)->マントン(3泊)
     2/16~2/18 マントン・エズ・トゥルビ観光
    2/19 ニースー(エミレーツ、ドバイ経由)->成田(2/20)

    同行者
    カップル・夫婦(シニア)
    交通手段
    鉄道 高速・路線バス
    利用旅行会社
    個別手配
    旅行の満足度
    4.0

    PR

    • 今から20年前の1996年に職場の同僚と南フランスを旅行し、その時エズに立ち寄ったが、主人はエズは初めてということで、今回再度訪れることにした。フォートラベルのトラベラーmondoさんのブログに刺激を受けて、エズからTulbieまで歩きたいと思ったが、とてもまねはできないので、歩きは断念。バスでの訪問となった。(写真は1996年撮影、左が若き日の私)<br />

      今から20年前の1996年に職場の同僚と南フランスを旅行し、その時エズに立ち寄ったが、主人はエズは初めてということで、今回再度訪れることにした。フォートラベルのトラベラーmondoさんのブログに刺激を受けて、エズからTulbieまで歩きたいと思ったが、とてもまねはできないので、歩きは断念。バスでの訪問となった。(写真は1996年撮影、左が若き日の私)

    • 今回の旅行の訪問地の地図。前半はベニスに入って、ブレンタ・ドロミテのマドンナ・ディ・カンピリオとアンダーロでスキーを満喫。後半は、そこから400㎞ほど離れたフランス・コートダジュール地方まで移動。マントンに三日間滞在し、近くのエズやラ・テュルビーを訪れた後、マントンのレモンフェスティバルを見学して、ニースから帰国した。

      今回の旅行の訪問地の地図。前半はベニスに入って、ブレンタ・ドロミテのマドンナ・ディ・カンピリオとアンダーロでスキーを満喫。後半は、そこから400㎞ほど離れたフランス・コートダジュール地方まで移動。マントンに三日間滞在し、近くのエズやラ・テュルビーを訪れた後、マントンのレモンフェスティバルを見学して、ニースから帰国した。

    • 2月15日、アンダーロを朝7時50分に出て、バスと鉄道でトレントまで移動。そこからFlixBusに乗り、ジェノヴァまで約6時間。ジェノヴァのプリンシパレ広場に着いたのは夕方の5時少し前だった。そこからジェノヴァの鉄道駅までは歩いて数分。思いのほか立派な建物だった(写真)。

      2月15日、アンダーロを朝7時50分に出て、バスと鉄道でトレントまで移動。そこからFlixBusに乗り、ジェノヴァまで約6時間。ジェノヴァのプリンシパレ広場に着いたのは夕方の5時少し前だった。そこからジェノヴァの鉄道駅までは歩いて数分。思いのほか立派な建物だった(写真)。

    • ジェノヴァ駅構内。改装したばかりのようで、想像以上に新しく、モダンだった。写真右奥には日本の麺の店もあった。私達はカフェでパンを買って電車に乗りこんだ。列車は混んでいて、やっと席を確保できたが、スキーの置き場に苦労した。

      ジェノヴァ駅構内。改装したばかりのようで、想像以上に新しく、モダンだった。写真右奥には日本の麺の店もあった。私達はカフェでパンを買って電車に乗りこんだ。列車は混んでいて、やっと席を確保できたが、スキーの置き場に苦労した。

    • 国境の街Ventimigliaまで2時間20分位かかり、写真のようなカラフルな電車に乗り換え。ジェノヴァから乗った列車は、座る席を見つけるのが大変なほど込み合っていたのに、ここまで来ると私達の周りはだれもいなくなってしまった。

      国境の街Ventimigliaまで2時間20分位かかり、写真のようなカラフルな電車に乗り換え。ジェノヴァから乗った列車は、座る席を見つけるのが大変なほど込み合っていたのに、ここまで来ると私達の周りはだれもいなくなってしまった。

    • 9時前には無事マントン駅に到着。マントンの手前の駅にもマントンという名前のついた駅があり、間違って降りてしまい、国境警備の人に聞いて、慌てて電車にもどった。警備の人が車内点検する時間停車していたからよかった。ホテルの前はカーニヴァルの展示会場になっており、明後日から始まるので、展示物はできあがっていた。展示物は全てオレンジとレモンでできているからすごい(カーニヴァルについては別旅行記に掲載予定)

      9時前には無事マントン駅に到着。マントンの手前の駅にもマントンという名前のついた駅があり、間違って降りてしまい、国境警備の人に聞いて、慌てて電車にもどった。警備の人が車内点検する時間停車していたからよかった。ホテルの前はカーニヴァルの展示会場になっており、明後日から始まるので、展示物はできあがっていた。展示物は全てオレンジとレモンでできているからすごい(カーニヴァルについては別旅行記に掲載予定)

    • 今日のホテルは駅からすぐのホテル。直前にジェノヴァのホテルからここに変更したのだった。明日から2泊するホテルはこのホテルの斜め向かい側にあったが、この日は値上がりしていたから1泊だけここにした。ここは駅に近く、安かったが、若干老朽化が目立ち、部屋が狭かった。

      今日のホテルは駅からすぐのホテル。直前にジェノヴァのホテルからここに変更したのだった。明日から2泊するホテルはこのホテルの斜め向かい側にあったが、この日は値上がりしていたから1泊だけここにした。ここは駅に近く、安かったが、若干老朽化が目立ち、部屋が狭かった。

    • 2月16日。昨日無理してマントンまで来た理由は、市庁舎の結婚の間が平日しか開いていないことを知ったからだ(今日は金曜日)。結婚の間は8時半から12時半、14時から17時までのオープンということなので、8時25分には市庁舎前に到着。ホテルからは歩いて10分程しかかからなかった。まだ5分ほどあったので、周囲を撮影して時間をつぶした。

      2月16日。昨日無理してマントンまで来た理由は、市庁舎の結婚の間が平日しか開いていないことを知ったからだ(今日は金曜日)。結婚の間は8時半から12時半、14時から17時までのオープンということなので、8時25分には市庁舎前に到着。ホテルからは歩いて10分程しかかからなかった。まだ5分ほどあったので、周囲を撮影して時間をつぶした。

    • 市庁舎。中央のドアから入るはずだった。8時半にドアを開けにきた職員に尋ねたら、結婚の間は工事中のため、クローズだという。がっかり。このためにやってきたのに。気を取り直して急いで鉄道駅に向かった。

      市庁舎。中央のドアから入るはずだった。8時半にドアを開けにきた職員に尋ねたら、結婚の間は工事中のため、クローズだという。がっかり。このためにやってきたのに。気を取り直して急いで鉄道駅に向かった。

    • 駅に向かう途中、街路樹がオレンジの実をつけていた。

      駅に向かう途中、街路樹がオレンジの実をつけていた。

    • 拡大して。とって食べたい欲求にかられたが、がまん。

      拡大して。とって食べたい欲求にかられたが、がまん。

    • 9時7分の電車に乗る予定だったが、ひとつ前の電車が遅れて着いたので、それに乗ることが出来た。おかげで予定より早くエズ駅(写真)に着いた。

      9時7分の電車に乗る予定だったが、ひとつ前の電車が遅れて着いたので、それに乗ることが出来た。おかげで予定より早くエズ駅(写真)に着いた。

    • 駅舎向かいにエズ行きのバス停があった。あらかじめ調べていた通り10時発しかなく、40分くらい待つはめに。

      駅舎向かいにエズ行きのバス停があった。あらかじめ調べていた通り10時発しかなく、40分くらい待つはめに。

    • 村へはニーチェの道(Nietzsche trail)という道を登って行けるが、バスのほうが早く着くので、バスで行くことにした。

      村へはニーチェの道(Nietzsche trail)という道を登って行けるが、バスのほうが早く着くので、バスで行くことにした。

    • 83番のバスはエズ駅(Gare SNCF Eze)は途中駅で、目的のエズ村(Eze Village)は10番目のバス停。バスの終点はPlateau de la Justiceというところで、エズ村からさらに山の上に行ったところだった。<br />

      83番のバスはエズ駅(Gare SNCF Eze)は途中駅で、目的のエズ村(Eze Village)は10番目のバス停。バスの終点はPlateau de la Justiceというところで、エズ村からさらに山の上に行ったところだった。

    • ようやくバスに乗車。バスには私達のほかは誰も乗っていなかった。途中、自転車や徒歩で村に向かう人に出会った。

      ようやくバスに乗車。バスには私達のほかは誰も乗っていなかった。途中、自転車や徒歩で村に向かう人に出会った。

    • エズ村に着く手前から、鷹巣村らしい景色が目に入ってきた(バスの中から撮影)。

      エズ村に着く手前から、鷹巣村らしい景色が目に入ってきた(バスの中から撮影)。

    • エズ村のバス停に到着。

      エズ村のバス停に到着。

    • 教会を横目に坂を登る。

      教会を横目に坂を登る。

    • 村の入り口付近には全体図が。

      村の入り口付近には全体図が。

    • 途中ニーチェの道を通って、エズ駅に下る道しるべがあった。下りの標準時間は45分とあった。天気が良ければ歩いて下るのも、いいかもしれない。

      途中ニーチェの道を通って、エズ駅に下る道しるべがあった。下りの標準時間は45分とあった。天気が良ければ歩いて下るのも、いいかもしれない。

    • 村の入り口にはアーチの門。左横にはなにかの目的で開けられた穴。

      村の入り口にはアーチの門。左横にはなにかの目的で開けられた穴。

    • 門をぬけた先にはカフェ。

      門をぬけた先にはカフェ。

    • 趣ある坂道。何人か日本人ツアー客に出会った。今回の旅行で初めて日本人に出会った。

      趣ある坂道。何人か日本人ツアー客に出会った。今回の旅行で初めて日本人に出会った。

    • きれいな絵が施された食器。持って帰れないのが残念だ。なにしろバックの半分がスキー靴で占められているのだ。

      きれいな絵が施された食器。持って帰れないのが残念だ。なにしろバックの半分がスキー靴で占められているのだ。

    • 人の形をした水場。

      人の形をした水場。

    • 日当たりがいいせいか、もう春の花が咲いていた。

      日当たりがいいせいか、もう春の花が咲いていた。

    • 古い石造りの建物の間を行く。

      古い石造りの建物の間を行く。

    • ベランダからの景色のいいことで知られるシャトーホテル。今回は快晴ではないのでパスすることに。

      ベランダからの景色のいいことで知られるシャトーホテル。今回は快晴ではないのでパスすることに。

    • ここにもオレンジの木。

      ここにもオレンジの木。

    • 画廊の外に飾られていた絵。おそらくシャトーホテルからの眺めを描いたのだろう。色がきれいだったので、思わず撮影。

      画廊の外に飾られていた絵。おそらくシャトーホテルからの眺めを描いたのだろう。色がきれいだったので、思わず撮影。

    • かなり上まで上ってきた先にガーデン公園があった。入場料は4ユーロ(6ユーロと聞いていたが、シーズンオフで安くしたのかも)。

      かなり上まで上ってきた先にガーデン公園があった。入場料は4ユーロ(6ユーロと聞いていたが、シーズンオフで安くしたのかも)。

    • 庭園に入り階段を上っていくと、眼下に海岸沿いの町が見えてきた。この眺めがエズの代表的な眺めだ。薄日がさしているが、青空でないので残念だ。

      庭園に入り階段を上っていくと、眼下に海岸沿いの町が見えてきた。この眺めがエズの代表的な眺めだ。薄日がさしているが、青空でないので残念だ。

    • 庭園の中にたつスレンダーな女神像。ジーン・フィリップ・リチャードという彫刻家の手による地球(大地?)の女神像の一つ。エズ村には全部で15もの像があるそうだ。

      庭園の中にたつスレンダーな女神像。ジーン・フィリップ・リチャードという彫刻家の手による地球(大地?)の女神像の一つ。エズ村には全部で15もの像があるそうだ。

    • 庭園内には熱帯の植物。

      庭園内には熱帯の植物。

    • はるか下にコートダジュールの街並みとその先には地中海。晴れていれば最高の景色だったのだが。

      はるか下にコートダジュールの街並みとその先には地中海。晴れていれば最高の景色だったのだが。

    • やや拡大して。

      やや拡大して。

    • 海岸線の拡大。

      海岸線の拡大。

    • もうすぐ庭園の頂上だ。

      もうすぐ庭園の頂上だ。

    • 頂上に着いた。遺跡があった。ここで昼食タイム。

      頂上に着いた。遺跡があった。ここで昼食タイム。

    • 海と反対側のバス停の方向。

      海と反対側のバス停の方向。

    • 頂上からの海側の眺め。

      頂上からの海側の眺め。

    • 頂上からパノラマで。

      頂上からパノラマで。

    • シャトーホテルを拡大。

      シャトーホテルを拡大。

    • 少し明るくはなってきたが、一向に青空が現れないので、そろそろ引き返すことに。

      少し明るくはなってきたが、一向に青空が現れないので、そろそろ引き返すことに。

    • 頂上から戻る途中で見かけた花(その1)。

      頂上から戻る途中で見かけた花(その1)。

    • その2。

      その2。

    • 階段を下りながら、手前にサボテンを入れて。

      階段を下りながら、手前にサボテンを入れて。

    • アーチストが住んでいるのか、いくつかあった素敵な画廊の一つ。

      アーチストが住んでいるのか、いくつかあった素敵な画廊の一つ。

    • 画廊の先には桜か梅のような花。

      画廊の先には桜か梅のような花。

    • 桜のような花の先には教会の鐘楼。

      桜のような花の先には教会の鐘楼。

    • 来た道を振り返って。

      来た道を振り返って。

    • アーチの先にも女神の石像。

      アーチの先にも女神の石像。

    • スレンダーな女神像。

      スレンダーな女神像。

    • またまたきれいな花。

      またまたきれいな花。

    • 教会。あいにく扉が閉まっていて、入れなかった。

      教会。あいにく扉が閉まっていて、入れなかった。

    • 再び村の入り口にもどってきた。門の横にはこんなしかけがあり、子供が顔をのぞかせていた。これは何なのだろう?

      再び村の入り口にもどってきた。門の横にはこんなしかけがあり、子供が顔をのぞかせていた。これは何なのだろう?

    • 帰りはモナコ行きのバスにあまり待たずに乗車。右側の席に座り、エズ村を再度撮影。エズ村のバス停から少し下ったところからの眺めがいい。

      帰りはモナコ行きのバスにあまり待たずに乗車。右側の席に座り、エズ村を再度撮影。エズ村のバス停から少し下ったところからの眺めがいい。

    • すぐにバスはモナコの宮殿とは反対方向のこのバス停(Monte-Carlo)に到着。

      すぐにバスはモナコの宮殿とは反対方向のこのバス停(Monte-Carlo)に到着。

    • 宮殿側へは2度訪れているが、こちらは初めて歩いた。

      宮殿側へは2度訪れているが、こちらは初めて歩いた。

    • 林立するリゾートマンション群。モナコは税金がかからないので、それを好んで住む人がいるそうだと、バス停で話したドイツ人の老婦人から聞いた。

      林立するリゾートマンション群。モナコは税金がかからないので、それを好んで住む人がいるそうだと、バス停で話したドイツ人の老婦人から聞いた。

    • 展望テラスからの王宮方向の眺め。

      展望テラスからの王宮方向の眺め。

    • テラスでおやつタイム。きれいなカモメがおこぼれをもらおうと近づいてきた。

      テラスでおやつタイム。きれいなカモメがおこぼれをもらおうと近づいてきた。

    • テラスからカジノの方角に歩いて行く。

      テラスからカジノの方角に歩いて行く。

    • カジノの側面から見る。。

      カジノの側面から見る。。

    • 同上。宮殿のようなりっぱな建物だ。

      同上。宮殿のようなりっぱな建物だ。

    • カジノの正面に回り込む。スキーウェアの私達はとうてい入れそうもない雰囲気。

      カジノの正面に回り込む。スキーウェアの私達はとうてい入れそうもない雰囲気。

    • 噴水ごしに撮影したカジノ。

      噴水ごしに撮影したカジノ。

    • 上記エズから来たバスが止まったところから、マントン行きのバスも出ていて、来たバスに乗ってマントンへ。預けたバックとスキーを引き取って、今日のホテル(Hotel Chambod)に移動(写真右奥の建物)。

      上記エズから来たバスが止まったところから、マントン行きのバスも出ていて、来たバスに乗ってマントンへ。預けたバックとスキーを引き取って、今日のホテル(Hotel Chambod)に移動(写真右奥の建物)。

    • カーニヴァルの展示会場の入り口付近。

      カーニヴァルの展示会場の入り口付近。

    • 塀越しに展示物を撮影。

      塀越しに展示物を撮影。

    • 今日から二泊するHotel Chambod。まさに展示会場を部屋から見ることができる好立地にあったが、私達の部屋は格安だったので、逆の向きだった。夜は静かでよかったかも。ホテルの部屋も広々していて、快適だった。明日の天気が芳しくなさそうなので、この後急遽モナコまでもどり、夜景を山の上から見にTulbieに出かけたのだった。(その6  http://4travel.jp/travelogue/11336279   に続く)

      今日から二泊するHotel Chambod。まさに展示会場を部屋から見ることができる好立地にあったが、私達の部屋は格安だったので、逆の向きだった。夜は静かでよかったかも。ホテルの部屋も広々していて、快適だった。明日の天気が芳しくなさそうなので、この後急遽モナコまでもどり、夜景を山の上から見にTulbieに出かけたのだった。(その6 http://4travel.jp/travelogue/11336279 に続く)

    この旅行記のタグ

      34いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      ピックアップ特集

      フランスで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

      フォートラベル GLOBAL WiFiなら
      フランス最安 320円/日~

      • 空港で受取・返却可能
      • お得なポイントがたまる

      フランスの料金プランを見る

      フォートラベル公式LINE@

      おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
      QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

      \その他の公式SNSはこちら/

      エズ(フランス) で人気のタグ

      この旅行記の地図

      拡大する


      PAGE TOP

      ピックアップ特集