ラングドックルーション地方 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
4回目のスペイン。今回タラゴナ県には立ち寄らなかったが、仏領カタルーニャを含めたカタルーニャ地方のロマネスクの教会を訪ね歩く。<br />【旅程】--------------------------------------------------<br />11/3(金)~11/11(土) 7泊9日<br /> 1日目  羽田→バルセロナ(カルドナ泊)<br /> 2日目  アルティエス<br /> 3日目  フォア<br /> 4日目  アルジュレス=シュール=ラメール<br /> 5日目  アルジュレス=シュール=ラメール<br /> 6日目  ベサルー<br /> 7日目  ペラタリャーダ<br /> 8日目  ペラタリャーダ→バルセロナ→フランクフルト→羽田<br /> 9日目  帰国

2017カタルーニャ紀行ヴァルス (Vals)フランス編

11いいね!

2017/11/03 - 2017/11/11

67位(同エリア244件中)

4回目のスペイン。今回タラゴナ県には立ち寄らなかったが、仏領カタルーニャを含めたカタルーニャ地方のロマネスクの教会を訪ね歩く。
【旅程】--------------------------------------------------
11/3(金)~11/11(土) 7泊9日
 1日目  羽田→バルセロナ(カルドナ泊)
 2日目  アルティエス
 3日目  フォア
 4日目  アルジュレス=シュール=ラメール
 5日目  アルジュレス=シュール=ラメール
 6日目  ベサルー
 7日目  ペラタリャーダ
 8日目  ペラタリャーダ→バルセロナ→フランクフルト→羽田
 9日目  帰国

同行者
カップル・夫婦(シニア)
交通手段
レンタカー
航空会社
ANA
利用旅行会社
個別手配
旅行の満足度
5.0

PR

  • サン=ジャン=ド=ヴェルジュから南東に22km。丘の麓に小さな集落と砦の櫓のような鐘楼が見えて来る。

    サン=ジャン=ド=ヴェルジュから南東に22km。丘の麓に小さな集落と砦の櫓のような鐘楼が見えて来る。

  • 全くの田舎道で、すれ違いも簡単には出来そうにない簡易舗装の道路が続いている。

    全くの田舎道で、すれ違いも簡単には出来そうにない簡易舗装の道路が続いている。

  • ヴァルスはミルポア(Mirepoix)の支集落で人口は93人(2014年調べ)とある。近くをエ川(Hers-Vif)というアリエージュ川の支流が流れている。

    ヴァルスはミルポア(Mirepoix)の支集落で人口は93人(2014年調べ)とある。近くをエ川(Hers-Vif)というアリエージュ川の支流が流れている。

  • ノートルダム=ド=ヴァルス教会(&#201;glise Notre-Dame de Vals)と呼ばれる教会が見える。<br />さて、ここで何と書こうかと思ったが、この教会は説明が難しい。<br />一応10世紀に創建とあるが、最終形に落ち着いたのは19世紀になる。<br />そして1910年にフランスの歴史的記念碑に認定されている。

    ノートルダム=ド=ヴァルス教会(Église Notre-Dame de Vals)と呼ばれる教会が見える。
    さて、ここで何と書こうかと思ったが、この教会は説明が難しい。
    一応10世紀に創建とあるが、最終形に落ち着いたのは19世紀になる。
    そして1910年にフランスの歴史的記念碑に認定されている。

  • 近づいて行くと中から人が出てきた。もしや開いてるいるかなと期待したが駄目だった。

    近づいて行くと中から人が出てきた。もしや開いてるいるかなと期待したが駄目だった。

  • 教会は大きな岩の上に出来ている。下にアーチがあるが、これは上部の教会への入口ではない。<br />岩の割れ目にある洞窟の先に、1952年に見つかった地下クリプタと12世紀と推察されるフレスコ画が残されている。

    教会は大きな岩の上に出来ている。下にアーチがあるが、これは上部の教会への入口ではない。
    岩の割れ目にある洞窟の先に、1952年に見つかった地下クリプタと12世紀と推察されるフレスコ画が残されている。

  • 事前調査では、この時期の開放状況が全くわからなかった。<br />

    事前調査では、この時期の開放状況が全くわからなかった。

  • 扉の横にあった貼紙。これを見る限り11月は土日しか開いていない。この日は月曜日。まあどうしようもない訳だ。<br /><br />中の情報はyoutubeでも見れるので、興味がある方は↓で。<br />https://www.youtube.com/watch?v=9uFzcpy5HME

    扉の横にあった貼紙。これを見る限り11月は土日しか開いていない。この日は月曜日。まあどうしようもない訳だ。

    中の情報はyoutubeでも見れるので、興味がある方は↓で。
    https://www.youtube.com/watch?v=9uFzcpy5HME

  • この教会は地下教会を含め三層の教会になっている。<br />ドンジョン(堡塁)を思わせる鐘楼は12世紀から14世紀にかけての物。聖堂部分は19世紀改修で、ステンドグラス等の装飾を施した新しい物だ。横に入口があるけれどこれも閉まっていた。<br /><br />最後に今回見れなかったフレスコ画について。<br />カタルーニャ地方との関連性が強い作品で、隠さなければならなかった経緯からカタリ派の物ではないかともいわれている。ちょっと見てみたい気がするよね。<br />

    この教会は地下教会を含め三層の教会になっている。
    ドンジョン(堡塁)を思わせる鐘楼は12世紀から14世紀にかけての物。聖堂部分は19世紀改修で、ステンドグラス等の装飾を施した新しい物だ。横に入口があるけれどこれも閉まっていた。

    最後に今回見れなかったフレスコ画について。
    カタルーニャ地方との関連性が強い作品で、隠さなければならなかった経緯からカタリ派の物ではないかともいわれている。ちょっと見てみたい気がするよね。

  • 残念な訪問だったけれど、集落内で古そうな木組みの家を見たので最後の一枚はこれでご容赦を。<br />

    残念な訪問だったけれど、集落内で古そうな木組みの家を見たので最後の一枚はこれでご容赦を。

11いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (4)

開く

閉じる

  • shinkaiさん 2017/12/14 01:27:34
    ノートルダム=ド=ヴァルス教会
    村の入り口から教会が見える写真が素敵ですねぇ。 この形、積み上げたような要塞風のイメージが良いですが、丘の上からの写真だと、鐘楼以外はとても平凡で素朴なのですね。 

    洞窟の中の壁画とクリプタのヴィデオも拝見しましたが、入って行く感じとかとても興味深くて、それが一つの価値になっているのかもですね。
    説明も、ああいうフランス語だと・・!

    クリス

    クリスさんからの返信 2017/12/14 18:45:01
    RE: ノートルダム=ド=ヴァルス教会
    ひょっとして説明わかりました?
    私は何言ってるかわかりませんでしたがオック語だったかな?

    上部の教会は鐘楼以外は後時代の物です。極めてシンプルに造られてますけれど。ほあぐらさんの話では、ここのフレスコ画は大した事ないとの評価でしたが。フノラール一押しだったので。でも村の周囲の風景は良かったので、見た価値はありましたね。
  • ミータさん 2017/12/06 21:13:51
    フレスコ画
    岩の隙間に隠れたような教会。
    確かに、カタリ派の人たちがこっそり集まったと想像したくなります。
    素朴なフレスコ画がとても良いですね。

    クリス

    クリスさんからの返信 2017/12/07 20:21:00
    RE: フレスコ画
    最初にこの教会を調べた時には、入口が何処なのかわかりませんでした。上の教会とは別で、岩の割れ目から入るんだと教えてもらいました。
    前の日だったら見れた可能性あったんですね。 それだと他が犠牲になってしまいますが。
    ここより良いフレスコ画を見てますので、そんなにがっかりしてませんよ。

クリスさんのトラベラーページ

ピックアップ特集

クリスさんの関連旅行記

クリスさんの旅行記一覧

フランスで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
フランス最安 190円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

フランスの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

フランス で人気のタグ

この旅行記の地図

拡大する


PAGE TOP

ピックアップ特集