九寨溝 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

北京時間2017年8月8日午後9時19分49秒、四川省九寨溝県(東経103度82分、北緯33度20分)でマグニチュード7.0の地震が発生した。震源の深さは約20キロと推定されている。州政府応急管理弁公室によると、九寨溝県応急管理弁公室の書面報告の内容から、地震中心は、九寨天堂甘海子のあたりで、九寨溝風景区へは20キロで、松藩町へは66キロで、成都へは285キロである。四川省政府報道弁公室は13日、「8日に発生した九寨溝地震によって、これまでに25人が死亡、525人が負傷した。犠牲者のうち21人は、すでに身元が確認されている」と明かした。国家地震災害緊急救援隊は12日、熊猫海(パンダ湖)観光地で4回目となる徒歩による捜索活動を行い、犠牲者1人の遺体を搬送したほか、行方不明者3人を捜索した。<br />九寨溝景勝地入口から約15キロ進んだ所で、強大な岩が落下したため、道路が破壊され、全く前に進めない状態となっていた。また、道路脇では、最も長いところで約1キロにわたって地滑りが起きており、道路は土や大きな岩などがふさいでいた。幅10センチ以上の割れ目ができているところもあった。同景勝地内の名所の一部は、地震で橋が崩壊して水に浸かり、普段の美しさが消えていた。<br /><br />火花海<br />九寨溝の名所の池?火花海は、双龍海と臥龍海の間に位置し、標高2187メートル、深さ9メートル。現地の人によると、同名所は、湖面に太陽が刺すと、さざ波がゆらゆらと煌くように見えるのが特徴で、火花が飛び跳ねるようなので「火花海」と呼ばれるようになったという。今回の地震で、火花海は決壊。元々美しかった湖水の一部が干上がり、石灰化した白い底が露出している。また、観光用に設置された桟道も崩壊し、美しい景色は消えてしまっている。震源地から約5.3キロ離れている火花海の土手も決壊し、水は干上がっている。<br /><br />諾日朗(ノリラン)滝<br />チベット語で、諾日朗は「壮大かつ雄大である」という意味で、この滝の名前にピッタリだ。九寨溝のY字の真ん中に位置し、幅270メートル、高さ24.5メートル。中国国家地理雑誌に、「中国で最も美しい滝6ヶ所」の一つに選ばれたほか、1986年版「西遊記」のロケ地にもなった。しかし、今回の地震で山崩れが起きたため、この壮大で雄大な滝の水が干上がり、逆に水がちょろちょろ流れていた所は激流となっている。今回の九寨溝地震は、大きな被害を受けられたので、諾日朗滝は、地震で、倒壊で、後、この滝、無くなった。<br /><br />パンダ海<br />パンダ海は箭竹海の下り坂の近くに位置し、九寨溝のパンダがここに来て、遊んだり、水を飲んだり、餌を食べたりするため、この名前で呼ばれるようになった。しかし、地震の影響で、美しい色だったパンダ海は濁ってしまった。<br /><br />火花海<br />火花海は標高2187メートル地点にあり、水深は9メートル。九寨溝の双龍海と臥龍海の間に位置する。深い青色を湛える湖面は鏡のように静かで、周囲には色とりどりの草花と樹木が密生している。青々と茂っている森に覆われ、湖の水はヒスイのように透き通ってキラキラと輝く。朝もやが晴れる、あるいは夕暮れ時には眩い太陽の光が湖面に反射すると、さざ波がゆらゆら揺れ、火花が散るような美しい景色を見せることから「火花海」と名付けた。8日に発生した九寨溝地震の影響により、九寨溝景勝地の火花海で、幅約20メートル、長さ約50メートルに及ぶ決壊が確認された。通常時の火花海の排水量は、毎秒約9.3立方メートルだが、震災後は最大毎秒約21.5立方メートルまで増加した。9日の朝の時点で、火花海の水はほとんど流出してしまった。自治州の災害防止関連部門の責任者は、「現在、景勝地内の他の池の状況確認も行っている」と説明した。<br /><br />http://www.pandatabi.com<br />

九寨溝地震について、皆さまのお見舞い、心から感謝します。

13いいね!

2017/08/09 - 2017/08/18

133位(同エリア668件中)

    0

    あなたのパンダの旅

    あなたのパンダの旅さん

    北京時間2017年8月8日午後9時19分49秒、四川省九寨溝県(東経103度82分、北緯33度20分)でマグニチュード7.0の地震が発生した。震源の深さは約20キロと推定されている。州政府応急管理弁公室によると、九寨溝県応急管理弁公室の書面報告の内容から、地震中心は、九寨天堂甘海子のあたりで、九寨溝風景区へは20キロで、松藩町へは66キロで、成都へは285キロである。四川省政府報道弁公室は13日、「8日に発生した九寨溝地震によって、これまでに25人が死亡、525人が負傷した。犠牲者のうち21人は、すでに身元が確認されている」と明かした。国家地震災害緊急救援隊は12日、熊猫海(パンダ湖)観光地で4回目となる徒歩による捜索活動を行い、犠牲者1人の遺体を搬送したほか、行方不明者3人を捜索した。
    九寨溝景勝地入口から約15キロ進んだ所で、強大な岩が落下したため、道路が破壊され、全く前に進めない状態となっていた。また、道路脇では、最も長いところで約1キロにわたって地滑りが起きており、道路は土や大きな岩などがふさいでいた。幅10センチ以上の割れ目ができているところもあった。同景勝地内の名所の一部は、地震で橋が崩壊して水に浸かり、普段の美しさが消えていた。

    火花海
    九寨溝の名所の池?火花海は、双龍海と臥龍海の間に位置し、標高2187メートル、深さ9メートル。現地の人によると、同名所は、湖面に太陽が刺すと、さざ波がゆらゆらと煌くように見えるのが特徴で、火花が飛び跳ねるようなので「火花海」と呼ばれるようになったという。今回の地震で、火花海は決壊。元々美しかった湖水の一部が干上がり、石灰化した白い底が露出している。また、観光用に設置された桟道も崩壊し、美しい景色は消えてしまっている。震源地から約5.3キロ離れている火花海の土手も決壊し、水は干上がっている。

    諾日朗(ノリラン)滝
    チベット語で、諾日朗は「壮大かつ雄大である」という意味で、この滝の名前にピッタリだ。九寨溝のY字の真ん中に位置し、幅270メートル、高さ24.5メートル。中国国家地理雑誌に、「中国で最も美しい滝6ヶ所」の一つに選ばれたほか、1986年版「西遊記」のロケ地にもなった。しかし、今回の地震で山崩れが起きたため、この壮大で雄大な滝の水が干上がり、逆に水がちょろちょろ流れていた所は激流となっている。今回の九寨溝地震は、大きな被害を受けられたので、諾日朗滝は、地震で、倒壊で、後、この滝、無くなった。

    パンダ海
    パンダ海は箭竹海の下り坂の近くに位置し、九寨溝のパンダがここに来て、遊んだり、水を飲んだり、餌を食べたりするため、この名前で呼ばれるようになった。しかし、地震の影響で、美しい色だったパンダ海は濁ってしまった。

    火花海
    火花海は標高2187メートル地点にあり、水深は9メートル。九寨溝の双龍海と臥龍海の間に位置する。深い青色を湛える湖面は鏡のように静かで、周囲には色とりどりの草花と樹木が密生している。青々と茂っている森に覆われ、湖の水はヒスイのように透き通ってキラキラと輝く。朝もやが晴れる、あるいは夕暮れ時には眩い太陽の光が湖面に反射すると、さざ波がゆらゆら揺れ、火花が散るような美しい景色を見せることから「火花海」と名付けた。8日に発生した九寨溝地震の影響により、九寨溝景勝地の火花海で、幅約20メートル、長さ約50メートルに及ぶ決壊が確認された。通常時の火花海の排水量は、毎秒約9.3立方メートルだが、震災後は最大毎秒約21.5立方メートルまで増加した。9日の朝の時点で、火花海の水はほとんど流出してしまった。自治州の災害防止関連部門の責任者は、「現在、景勝地内の他の池の状況確認も行っている」と説明した。

    http://www.pandatabi.com

    PR

    この旅行記のタグ

      13いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      この旅行記へのコメント

      ピックアップ特集

      九寨溝(中国) で人気のタグ


      PAGE TOP

      ピックアップ特集