バーデン・ビュルテンベルク州 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

7月になって突然決めたバーデンビュルテンベルクの旅。その目的は、ロックフェスでした。<br />80年代によく聞いたThe Hooters。実はドイツで毎年のようにツアーをしていました。たまたま見つけて行ったコンサートがとてもよかったんです。もう一度どこかで見たい。ツアー日程を見るとWinterbachという小さな町でのロックフェスがちょうどいい。行こう!夫はわたしの提案を即座に却下しましたが、結局一緒に行くことになりました。めったに行くことがないシュツットガルト方面。その周辺の旅行もしようということで、ネットで見所を調べました。まずは、Winterbachへの通り道にあった世界遺産、マウルブロン修道院を見に行きます。<br /><br />

2017年7月ドイツ、バーデン・ビュルテンベルクでの3日間 その1 世界遺産マウルブロン修道院 Maulbronn

58いいね!

2017/07/22 - 2017/07/22

6位(同エリア320件中)

    52

    7月になって突然決めたバーデンビュルテンベルクの旅。その目的は、ロックフェスでした。
    80年代によく聞いたThe Hooters。実はドイツで毎年のようにツアーをしていました。たまたま見つけて行ったコンサートがとてもよかったんです。もう一度どこかで見たい。ツアー日程を見るとWinterbachという小さな町でのロックフェスがちょうどいい。行こう!夫はわたしの提案を即座に却下しましたが、結局一緒に行くことになりました。めったに行くことがないシュツットガルト方面。その周辺の旅行もしようということで、ネットで見所を調べました。まずは、Winterbachへの通り道にあった世界遺産、マウルブロン修道院を見に行きます。

    同行者
    カップル・夫婦(シニア)
    交通手段
    徒歩
    利用旅行会社
    個別手配
    旅行の満足度
    4.0
    観光
    4.0

    PR

    • 9時30分に出発してアウトバーン3号線を南下します。<br />横に見えるのはフランクフルトへ向かうICEの高架。ケルンとフランクフルト空港の区間のICE専用に建設されました。

      9時30分に出発してアウトバーン3号線を南下します。
      横に見えるのはフランクフルトへ向かうICEの高架。ケルンとフランクフルト空港の区間のICE専用に建設されました。

    • 一度渋滞にぶつかり13時30分にマウルブロンに到着しました。<br />マウルブロンの町は人口6463人。町に入るとすぐにモスクが見え、ちょっとびっくりしました。キリスト教の修道院の世界遺産がある町にモスク?<br />修道院の外でサンドイッチの昼食をとります。<br />この塔はFaustturmです。<br /><br />この塔の下にテントをはってキャンプをしている人がいて驚き。いいのかなあ。

      一度渋滞にぶつかり13時30分にマウルブロンに到着しました。
      マウルブロンの町は人口6463人。町に入るとすぐにモスクが見え、ちょっとびっくりしました。キリスト教の修道院の世界遺産がある町にモスク?
      修道院の外でサンドイッチの昼食をとります。
      この塔はFaustturmです。

      この塔の下にテントをはってキャンプをしている人がいて驚き。いいのかなあ。

    • 歩道に羊の顔のタイル。<br /><br />このかんじ、ドイツには珍しい。

      歩道に羊の顔のタイル。

      このかんじ、ドイツには珍しい。

    • 教会が見えます。<br />どうもわたしたちは、敷地の後ろ側、通用門側に来たようです。<br />小さな道を通って修道院の入り口のほうに向かいます。<br /><br />マウルブロン修道院は1993年に世界遺産に登録されました。

      教会が見えます。
      どうもわたしたちは、敷地の後ろ側、通用門側に来たようです。
      小さな道を通って修道院の入り口のほうに向かいます。

      マウルブロン修道院は1993年に世界遺産に登録されました。

    • マウルブロン修道院は城壁に囲まれていて、その中には修道院のほかにも古い木組みの建物がたくさんあります。

      マウルブロン修道院は城壁に囲まれていて、その中には修道院のほかにも古い木組みの建物がたくさんあります。

    • 木組みの家。<br /><br />この敷地内の建物はすべて修道院に所属しています。

      木組みの家。

      この敷地内の建物はすべて修道院に所属しています。

    • ここは城壁の出口になっていて、Tierfer See ティーファー湖に続く小道に続いています。

      ここは城壁の出口になっていて、Tierfer See ティーファー湖に続く小道に続いています。

    • 公衆トイレ。<br />木組みです。<br /><br />ドイツには珍しく無料です。そしてきれいでした。

      公衆トイレ。
      木組みです。

      ドイツには珍しく無料です。そしてきれいでした。

    • トイレの中。だれもいなかったので写真を撮りました。<br /><br />木組みの家の中の壁ってこんな風になってるんですね。ここだけかな。

      トイレの中。だれもいなかったので写真を撮りました。

      木組みの家の中の壁ってこんな風になってるんですね。ここだけかな。

    • 建物の間からHexenturm が見えます。

      建物の間からHexenturm が見えます。

    • 花嫁さんがお友達と話をしていました。<br />ここの教会で結婚式を挙げるようです。

      花嫁さんがお友達と話をしていました。
      ここの教会で結婚式を挙げるようです。

    • 木組みの建物が何軒か建っています。

      木組みの建物が何軒か建っています。

    • 右側の建物はRathaus 市庁舎です。

      右側の建物はRathaus 市庁舎です。

    • さてそろそろ修道院に入ります。<br />入場券は、城壁の入り口近くのインフォで買います。大人一人7.5ユーロ。

      さてそろそろ修道院に入ります。
      入場券は、城壁の入り口近くのインフォで買います。大人一人7.5ユーロ。

    • 無料で入れる修道院付属の教会は、14時からの結婚式のため入れませんでした。<br />あー、さっきの花嫁さんの結婚式。さきに教会にくればよかった。<br /><br />ここはDas Paradiesと呼ばれるホールで、だいたい1220年に北フランスからここに移された早期ゴシック建築です。名前はアダムとイブの楽園追放から来ているそうです。

      無料で入れる修道院付属の教会は、14時からの結婚式のため入れませんでした。
      あー、さっきの花嫁さんの結婚式。さきに教会にくればよかった。

      ここはDas Paradiesと呼ばれるホールで、だいたい1220年に北フランスからここに移された早期ゴシック建築です。名前はアダムとイブの楽園追放から来ているそうです。

    • パラディースから外を見たところ。

      パラディースから外を見たところ。

    • ここはシトー会修道院です。中世からの修道院の施設が完全に残っていて、そのためユネスコの世界遺産に登録されました。<br /><br />静かに見てくださいのような注意書きがあります。<br /><br />今年はいろいろな修道院や回廊をずいぶん訪ねました。修道院の年と言ってもいいくらいです。ドミニコ、ベネディクト、シトー。シトーは初めて。シトーはベネディクトから派生とウィキペディアにありました。<br />

      ここはシトー会修道院です。中世からの修道院の施設が完全に残っていて、そのためユネスコの世界遺産に登録されました。

      静かに見てくださいのような注意書きがあります。

      今年はいろいろな修道院や回廊をずいぶん訪ねました。修道院の年と言ってもいいくらいです。ドミニコ、ベネディクト、シトー。シトーは初めて。シトーはベネディクトから派生とウィキペディアにありました。

    • ここが修道院の入り口です。<br /><br />水族館にある出口のような雰囲気の入り口を(鉄柵を体で押すタイプ)通って中に入ります。出口だと思ったので、最初よく見ないで中に入らず、入り口を探しました。

      ここが修道院の入り口です。

      水族館にある出口のような雰囲気の入り口を(鉄柵を体で押すタイプ)通って中に入ります。出口だと思ったので、最初よく見ないで中に入らず、入り口を探しました。

    • ここはLaienrefektorium。平信徒、つまり建物を建てたり農作業をした人などが食事をしたところです。<br /><br />今はコンサートが開かれたりするそうです。

      ここはLaienrefektorium。平信徒、つまり建物を建てたり農作業をした人などが食事をしたところです。

      今はコンサートが開かれたりするそうです。

    • 回廊を回ってみます。<br />13世紀から15世紀に建てられました。

      回廊を回ってみます。
      13世紀から15世紀に建てられました。

    1件目~20件目を表示(全52件中)

    この旅行記のタグ

      58いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      この旅行記へのコメント (3)

      開く

      閉じる

      • by Pewter Spoon さん 2017/09/07 20:17:51
        懐かしい。
        初めまして。

        私も以前、マウルブロン修道院へ行ったことがあります。
        電車やバスではとても行きづらいところにあり、
        辿り着くのに一苦労でしたが、中世にタイムスリップしたような
        素敵な場所だったな、と懐かしく思いました。

        車で旅行できると行動範囲が広がっていいですね。

        nekochan

        by nekochan さん 2017/09/08 19:42:29
        RE: 懐かしい。
        こんにちは。Pewter Spoonさん。

        初めまして。
        メッセージありがとうございます。
        確かに電車、バスでは行きにくいところですね。
        観光地化してはいないですね。
        だからこそあの状態が保たれているのでしょうね。

        これからもよい旅をお続けください。
        今、わたしは夫と旅の途中です。

        nekochan
      • by ヴェラnonna さん 2017/09/05 10:14:43
        世界遺産なんですね〜〜 マウルブロン修道院
        またまた 再読です。

        こんな 素敵な 場所 と言うか 修道院、あるんですね〜〜

        ドイツは ゴシックや バロックが 多いので こんな 鄙びた風情の 修道院、とても
        素晴らしいですね!

        ドイツは 広くて 観光も 二度や三度では  無理なので 次回は
        この あたりに 目星をつけて 行ってみたいと 思いました。

        ヴェラnonna

      ピックアップ特集

      ドイツ で人気のタグ


      PAGE TOP

      ピックアップ特集