島原 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

バス停が原城前と云えども、原城前バス停より徒歩15分かかりました。あの悲惨な事件を引き金は、島原の松倉重政氏とその息子勝家氏、そして天草の寺沢堅高の悪政にあった。松倉は森岳城の築城工事に加えて、江戸城築城に自分の可能性以上の仕事を引き受けた。その莫大な費用を捻出するために、小さな領地の大名が、領民に重税を課して縛っていた。その上、大部分の領民が信者であったため、迫害、拷問、殉教が重なり、宣教師や信徒の代表者が殺された。苦しみ、残ったのは弱者でした。そして最後ついに古い原城に籠城するはめになりました。そしてむごい一揆の結末は、農民のほとんどがキリシタンであったため、許されるという希望は叶いませんでした。学生時代に勉強した内容がフラシュバックしてきました。今ではみんな手を取り合って生きていることに感謝しました。今、籠城している者たちは、来世まで友になる by天草四郎時貞<br />

原城跡

2いいね!

2015/04/13 - 2015/04/13

138位(同エリア168件中)

    2

    gordon

    gordonさん

    バス停が原城前と云えども、原城前バス停より徒歩15分かかりました。あの悲惨な事件を引き金は、島原の松倉重政氏とその息子勝家氏、そして天草の寺沢堅高の悪政にあった。松倉は森岳城の築城工事に加えて、江戸城築城に自分の可能性以上の仕事を引き受けた。その莫大な費用を捻出するために、小さな領地の大名が、領民に重税を課して縛っていた。その上、大部分の領民が信者であったため、迫害、拷問、殉教が重なり、宣教師や信徒の代表者が殺された。苦しみ、残ったのは弱者でした。そして最後ついに古い原城に籠城するはめになりました。そしてむごい一揆の結末は、農民のほとんどがキリシタンであったため、許されるという希望は叶いませんでした。学生時代に勉強した内容がフラシュバックしてきました。今ではみんな手を取り合って生きていることに感謝しました。今、籠城している者たちは、来世まで友になる by天草四郎時貞

    同行者
    一人旅
    一人あたり費用
    1万円未満
    交通手段
    高速・路線バス ANAグループ 徒歩
    利用旅行会社
    個別手配
    旅行の満足度
    5.0
    観光
    5.0

    PR

    • 本丸

      本丸

    • 原城址 佐分利九之丞の碑2

      原城址 佐分利九之丞の碑2

    1件目~2件目を表示(全2件中)

    この旅行記のタグ

      2いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      この旅行記へのコメント

      ピックアップ特集

      島原(長崎) で人気のタグ

      この旅行記の地図

      拡大する


      PAGE TOP

      ピックアップ特集