高岡 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

春の青春18きっぷを使って富山を訪れました。<br /><br />旅の行程<br />4月2日 越中八尾<br />4月3日 越中岩瀬、射水市二口、越中福岡<br />4月4日 高岡市吉久、南砺市福光<br /><br />富山県高岡市吉久は、高岡市と射水市を結ぶ路面電車、万葉線吉久駅の東側に広がる町で、小矢部川と庄川に挟まれた細長い中洲にある近代的な工場群を縫うように、今も江戸時代の湾曲した道筋がそのまま残る放生津街道沿いには、まるで周囲の喧騒や時間の流れから取り残されたかのように、幕末から昭和初期に建てられた重厚な町家が連なる、風情ある町並みが広がっています。<br /><br />江戸時代初期、小矢部川の水運により集められる領内の年貢米を保管するため、加賀藩の御蔵が造られたのをきっかけに発展した吉久は、米の流通に関する豊富な経験や知識の蓄積から、御蔵が廃止された後も、豊かな経済力を背景に米商人の町として栄えました。<br /><br />この地域の町家の伝統的な様式である、切妻屋根の平入り、出桁造りの中2階建てに、頑丈な袖壁や千本格子をしつらえ、1階の下屋より2階の大屋根の方が長く張り出した町家が連なる町並みは、同じ高岡市内の山町筋や金屋町にも見劣りしない、見事な町並みを展開しています。<br /><br />しかし、山町筋や金屋町の賑わいのある町並みに対して、観光地化されていない吉久はひっそりとした生活の場といった感が強く、建物や町並みそのものは山町筋や金屋町に見劣りしないとは言うものの、町の雰囲気は随分異なっています。

2017 富山の旅 6/7 高岡市吉久 (3日目)

20いいね!

2017/04/02 - 2017/04/04

70位(同エリア334件中)

    65

    春の青春18きっぷを使って富山を訪れました。

    旅の行程
    4月2日 越中八尾
    4月3日 越中岩瀬、射水市二口、越中福岡
    4月4日 高岡市吉久、南砺市福光

    富山県高岡市吉久は、高岡市と射水市を結ぶ路面電車、万葉線吉久駅の東側に広がる町で、小矢部川と庄川に挟まれた細長い中洲にある近代的な工場群を縫うように、今も江戸時代の湾曲した道筋がそのまま残る放生津街道沿いには、まるで周囲の喧騒や時間の流れから取り残されたかのように、幕末から昭和初期に建てられた重厚な町家が連なる、風情ある町並みが広がっています。

    江戸時代初期、小矢部川の水運により集められる領内の年貢米を保管するため、加賀藩の御蔵が造られたのをきっかけに発展した吉久は、米の流通に関する豊富な経験や知識の蓄積から、御蔵が廃止された後も、豊かな経済力を背景に米商人の町として栄えました。

    この地域の町家の伝統的な様式である、切妻屋根の平入り、出桁造りの中2階建てに、頑丈な袖壁や千本格子をしつらえ、1階の下屋より2階の大屋根の方が長く張り出した町家が連なる町並みは、同じ高岡市内の山町筋や金屋町にも見劣りしない、見事な町並みを展開しています。

    しかし、山町筋や金屋町の賑わいのある町並みに対して、観光地化されていない吉久はひっそりとした生活の場といった感が強く、建物や町並みそのものは山町筋や金屋町に見劣りしないとは言うものの、町の雰囲気は随分異なっています。

    同行者
    一人旅
    交通手段
    JRローカル 私鉄 徒歩
    利用旅行会社
    個別手配

    PR

    • この日は、先ずホテル最寄りの末広町駅から、高岡市と射水市を結ぶ路面電車の万葉線に乗って吉久駅へ向かいます。

      この日は、先ずホテル最寄りの末広町駅から、高岡市と射水市を結ぶ路面電車の万葉線に乗って吉久駅へ向かいます。

    • 吉久駅方面へ行く電車がやって来ました。

      吉久駅方面へ行く電車がやって来ました。

    • 乗り合わせた万葉線の運転手さんが実に気風(きっぷ)の良い女性の方で、お年寄りが乗り降りする際の介助や、割安切符の案内など、テキパキと仕事をこなしておられます。<br /><br />ちなみに、新幹線を使って新高岡駅へ来た人には万葉線が割引になるサービスがあるようで、私も新幹線を使った遠来の観光客と思われたらしく、「新幹線でおこしですか?」と問われたので、「青春18きっぷで来ました」と答えると、「残念~っ!」。<br /><br />と言ったかと思うと、「じゃあ、1日フリーきっぷはどうですか?」と立て続けに勧めてくれます。<br /><br />「今回は高岡と吉久を往復するだけなので・・・。」と答えると、「じゃあ、又の機会によろしくお願いしま~す。」とおっしゃってくださいました。<br /><br />朝一番から、とても清々しい気持ちにしていただきました。

      乗り合わせた万葉線の運転手さんが実に気風(きっぷ)の良い女性の方で、お年寄りが乗り降りする際の介助や、割安切符の案内など、テキパキと仕事をこなしておられます。

      ちなみに、新幹線を使って新高岡駅へ来た人には万葉線が割引になるサービスがあるようで、私も新幹線を使った遠来の観光客と思われたらしく、「新幹線でおこしですか?」と問われたので、「青春18きっぷで来ました」と答えると、「残念~っ!」。

      と言ったかと思うと、「じゃあ、1日フリーきっぷはどうですか?」と立て続けに勧めてくれます。

      「今回は高岡と吉久を往復するだけなので・・・。」と答えると、「じゃあ、又の機会によろしくお願いしま~す。」とおっしゃってくださいました。

      朝一番から、とても清々しい気持ちにしていただきました。

    • 吉久駅に着きました。<br /><br />何と、上り下りともプラットホームは県道350号線の路面にペイントしてあるだけです。

      吉久駅に着きました。

      何と、上り下りともプラットホームは県道350号線の路面にペイントしてあるだけです。

    • 吉久の町並みです。

      吉久の町並みです。

    • 先ずは外壁に銅板を張った町家が出迎えてくれました。

      先ずは外壁に銅板を張った町家が出迎えてくれました。

    • 大幅に改修されている町家ですが、外壁の銅板張りは残しておられます。

      大幅に改修されている町家ですが、外壁の銅板張りは残しておられます。

    • 銅板を貼った出窓が、新しく張ったスパンドレールの雨だれによる変色を防いでいます。

      銅板を貼った出窓が、新しく張ったスパンドレールの雨だれによる変色を防いでいます。

    • この町家を過ぎて歩いて行くと・・・

      この町家を過ぎて歩いて行くと・・・

    • 吉久の風情ある町並みに突き当たりました。<br /><br />この角を右に曲がって、町並みの南端へ向かいます。

      吉久の風情ある町並みに突き当たりました。

      この角を右に曲がって、町並みの南端へ向かいます。

    • 風情ある町並みの南端へ着きました。<br /><br />ここから、北に向かって町歩きを楽しみます。

      風情ある町並みの南端へ着きました。

      ここから、北に向かって町歩きを楽しみます。

    • 町並みの手前に、日蓮宗の聲明「南無妙法蓮華経」が刻まれた石碑が立っています。

      町並みの手前に、日蓮宗の聲明「南無妙法蓮華経」が刻まれた石碑が立っています。

    • 腰壁に下見板張りを使った町家。

      腰壁に下見板張りを使った町家。

    • 色とりどりの紙細工で飾り立てているのはデイサービス施設です。

      色とりどりの紙細工で飾り立てているのはデイサービス施設です。

    • カラフルな飾りが、お年寄りの気持ちを和らげているんでしょうね。

      カラフルな飾りが、お年寄りの気持ちを和らげているんでしょうね。

    • この道は「放生津街道」と言うそうですが、初めて聞く名前です。

      この道は「放生津街道」と言うそうですが、初めて聞く名前です。

    • 新しく建てられた町家も、伝統様式に則っておられます。

      新しく建てられた町家も、伝統様式に則っておられます。

    • この町家は、1階下屋の荷重を鉄パイプで支えています。

      この町家は、1階下屋の荷重を鉄パイプで支えています。

    • 2階窓の桟のデザインが独創的で良いですね。

      2階窓の桟のデザインが独創的で良いですね。

    • こちらの町家は、出窓の下のデザインが独創的です。<br /><br />全面が換気口ですね。

      こちらの町家は、出窓の下のデザインが独創的です。

      全面が換気口ですね。

    1件目~20件目を表示(全65件中)

    この旅行記のタグ

      20いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      この旅行記へのコメント

      ピックアップ特集

      高岡(富山) で人気のタグ

      この旅行記の地図

      拡大する


      PAGE TOP

      ピックアップ特集