ベルサイユ 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

まず、宮殿と言って一番最初に思い浮かべるのが、このヴェルサイユ宮殿という人も多いのではないでしょうか。<br /><br />日本でもユネスコの世界遺産がクローズアップされるようになって、もう大分経ちますが、それ以前はあまり大きくとりあげられる事もなく、ちょっとした世界の旅番組ぐらいでしか、情報を得られない時代もありました。<br /><br />ですが、今はインターネット社会。情報量も多いです。<br />自由にあちこち旅に出られますし、旅の情報も豊富です。<br /><br />そんな中、ヴェルサイユ宮殿は、池田理代子の「ヴェルサイユのばら」でもお馴染みですから、かなりの方々が、以前から周知していたお城とも言えます。<br /><br />それでは、時代を巻き戻して、17世紀に戻ってみましょう。<br /><br /><br /><br /><br /><br />★★★今回の旅程は下記のとおりです。★★★<br /><br />2016年8月19日(金)<br />JAL415便にて成田からパリ・シャルルドゴール空港へ<br />↓<br />8月20日(土)パリの市内観光<br />↓<br />8月21日(日)ヴェルサイユ宮殿<br />モン・サン・ミッシェルへと移動<br />↓<br />8月22日(月)モン・サン・ミッシェル観光<br />↓<br />パリへ<br />↓<br />TGVでジュネーブへ<br />↓<br />8月23日(火)<br />ユングフラウへ<br />↓<br />8月24日(水)<br />↓<br />ファドーツ(リヒテンシュタイン)<br />↓<br />ザンクト・ガレン<br />↓<br />8月25日(木)<br />ノイシュバンシュタインへ<br />↓<br />ヴィース教会<br />↓<br />ローテンブルク<br />↓<br />8月26日(金)<br />ライン川クルーズ<br />↓<br />フランクフルト<br />↓<br />JAL408便にてフランクフルトから成田へ<br />帰国<br />

Chateau de Versailles(華麗なるヴェルサイユ宮殿)

111いいね!

2016/08/21 - 2016/08/21

5位(同エリア657件中)

    82

    まず、宮殿と言って一番最初に思い浮かべるのが、このヴェルサイユ宮殿という人も多いのではないでしょうか。

    日本でもユネスコの世界遺産がクローズアップされるようになって、もう大分経ちますが、それ以前はあまり大きくとりあげられる事もなく、ちょっとした世界の旅番組ぐらいでしか、情報を得られない時代もありました。

    ですが、今はインターネット社会。情報量も多いです。
    自由にあちこち旅に出られますし、旅の情報も豊富です。

    そんな中、ヴェルサイユ宮殿は、池田理代子の「ヴェルサイユのばら」でもお馴染みですから、かなりの方々が、以前から周知していたお城とも言えます。

    それでは、時代を巻き戻して、17世紀に戻ってみましょう。





    ★★★今回の旅程は下記のとおりです。★★★

    2016年8月19日(金)
    JAL415便にて成田からパリ・シャルルドゴール空港へ

    8月20日(土)パリの市内観光

    8月21日(日)ヴェルサイユ宮殿
    モン・サン・ミッシェルへと移動

    8月22日(月)モン・サン・ミッシェル観光

    パリへ

    TGVでジュネーブへ

    8月23日(火)
    ユングフラウへ

    8月24日(水)

    ファドーツ(リヒテンシュタイン)

    ザンクト・ガレン

    8月25日(木)
    ノイシュバンシュタインへ

    ヴィース教会

    ローテンブルク

    8月26日(金)
    ライン川クルーズ

    フランクフルト

    JAL408便にてフランクフルトから成田へ
    帰国

    旅行の満足度
    4.0
    観光
    4.0

    PR

    • ヴェルサイユ宮殿まで、もうすぐです。<br />普通に訪れてもワクワクしますが・・・・<br /><br />自分はヴェルサイユ宮殿での舞踏会に招かれた貴族で、馬車にゆられて向かってる。<br />・・・そんな風に想像しながら訪れてみると、心躍ります。

      ヴェルサイユ宮殿まで、もうすぐです。
      普通に訪れてもワクワクしますが・・・・

      自分はヴェルサイユ宮殿での舞踏会に招かれた貴族で、馬車にゆられて向かってる。
      ・・・そんな風に想像しながら訪れてみると、心躍ります。

    • この広場の向こうに見えるのは、厩舎です。<br />とても厩舎には見えません。<br /><br />流石はヴェルサイユです。<br /><br />私も馬になって住んでみたいくらいです。

      この広場の向こうに見えるのは、厩舎です。
      とても厩舎には見えません。

      流石はヴェルサイユです。

      私も馬になって住んでみたいくらいです。

    • もう既に行列ができています。<br />朝早く来たのですが。<br />まだ、開館時間にはなっていません。

      もう既に行列ができています。
      朝早く来たのですが。
      まだ、開館時間にはなっていません。

    • 案内が出てます。<br />左には庭園があります。<br /><br />また、グランド・トリアノン、プチ・トリアノンも左方向です。

      案内が出てます。
      左には庭園があります。

      また、グランド・トリアノン、プチ・トリアノンも左方向です。

    • 庭園ですが、まだ時間ではありませんでしたので、そのまま入ることができました。<br /><br />ちなみにオープン時間になると、勝手に入ることができないようにゲートがありました。

      庭園ですが、まだ時間ではありませんでしたので、そのまま入ることができました。

      ちなみにオープン時間になると、勝手に入ることができないようにゲートがありました。

    • 綺麗です。<br />ちょっと曇り空でしたが。<br /><br />8月ですが、朝早かったので、長袖がないと涼しいどころか、ちょっと寒いくらいです。<br />しかもここにいる間、風も結構強く、亜熱帯化した東京から来て間もないので、ギャップがありました。<br />みっともないですが、重ね着していました。

      綺麗です。
      ちょっと曇り空でしたが。

      8月ですが、朝早かったので、長袖がないと涼しいどころか、ちょっと寒いくらいです。
      しかもここにいる間、風も結構強く、亜熱帯化した東京から来て間もないので、ギャップがありました。
      みっともないですが、重ね着していました。

    • ここが宮殿だとは思えないぐらいの広大な敷地です。<br /><br />

      ここが宮殿だとは思えないぐらいの広大な敷地です。

    • ラトナの泉水<br /><br />ラトナはアポロンを生んだ女神です。<br />ちなみにこの前方には、アポロンの泉水があります。<br />昔は1400もの泉水がありました、<br />今も600ほどの噴水があります。<br /><br />この泉水どうやって持ってきたのか・・・。<br />それは、セーヌ川の支流から引くために、専用の水路と大きな2つの水道橋が作られました。

      イチオシ

      ラトナの泉水

      ラトナはアポロンを生んだ女神です。
      ちなみにこの前方には、アポロンの泉水があります。
      昔は1400もの泉水がありました、
      今も600ほどの噴水があります。

      この泉水どうやって持ってきたのか・・・。
      それは、セーヌ川の支流から引くために、専用の水路と大きな2つの水道橋が作られました。

    • ラトナの泉水方向からグラン・カナル(大運河)を望んで。<br />均整のとれた美しさです。

      ラトナの泉水方向からグラン・カナル(大運河)を望んで。
      均整のとれた美しさです。

    • ブロンズ像<br /><br />ヴェルサイユ宮殿は、ル・ヴォーや造園の名師ル・ノートルなど、最高の職人の手によって作られました。<br />

      ブロンズ像

      ヴェルサイユ宮殿は、ル・ヴォーや造園の名師ル・ノートルなど、最高の職人の手によって作られました。

    • 素晴らしいフランス式庭園。<br /><br />幾何学的な花壇です。

      素晴らしいフランス式庭園。

      幾何学的な花壇です。

    • ヴェルサイユ宮殿については、ルイ14世が建てたものだと思ってしまいがちですが、本当はルイ13世がヴェルサイユの小さな丘にの上に狩猟用の小屋を建てたのが基礎となっています。<br /><br />ルイ14世はパリ郊外の、サン・ジェルマン・アン・レーで生まれました。<br />ただ子どもだった頃、フロンドの乱が起きました。<br />そんなわけでパリを好きになれなかったようです。<br /><br />1624年、お父さんであるルイ13世が小高い丘に建てた小さな狩猟小屋、これを1661年、ルイ14世は増改築をしてヴェルサイユの建築をしました。<br /><br />(ちなみにルイ13世も子どもの頃、父であるアンリ4世とヴェルサイユの森で狩りをよくしていたらしいです。)<br /><br />その後も後の王たちによって内装を変えられました。<br />結果的にヴェルサイユはつぎはぎだらけのお城となりました。<br /><br />そしてこのお城に住んだ王はたったの4名だけです。<br />ルイ13世、14世、15世、16世です。

      ヴェルサイユ宮殿については、ルイ14世が建てたものだと思ってしまいがちですが、本当はルイ13世がヴェルサイユの小さな丘にの上に狩猟用の小屋を建てたのが基礎となっています。

      ルイ14世はパリ郊外の、サン・ジェルマン・アン・レーで生まれました。
      ただ子どもだった頃、フロンドの乱が起きました。
      そんなわけでパリを好きになれなかったようです。

      1624年、お父さんであるルイ13世が小高い丘に建てた小さな狩猟小屋、これを1661年、ルイ14世は増改築をしてヴェルサイユの建築をしました。

      (ちなみにルイ13世も子どもの頃、父であるアンリ4世とヴェルサイユの森で狩りをよくしていたらしいです。)

      その後も後の王たちによって内装を変えられました。
      結果的にヴェルサイユはつぎはぎだらけのお城となりました。

      そしてこのお城に住んだ王はたったの4名だけです。
      ルイ13世、14世、15世、16世です。

    • ヴェルサイユ宮殿の正門<br />煌びやかです。<br /><br />ゲートの上にはブルボン家の大きな金の紋章が。 <br />王冠です。<br /><br />本当に絢爛豪華な輝きです。<br />おそらく最近修復されたのでしょう。

      ヴェルサイユ宮殿の正門
      煌びやかです。

      ゲートの上にはブルボン家の大きな金の紋章が。
      王冠です。

      本当に絢爛豪華な輝きです。
      おそらく最近修復されたのでしょう。

    • ようやく中へ。<br /><br />こちらは勿論セキュリティ・チェックがあります。<br /><br />それとスリにもご注意を。

      ようやく中へ。

      こちらは勿論セキュリティ・チェックがあります。

      それとスリにもご注意を。

    • Royal Chapel<br />王室礼拝堂です。<br /><br />この天井画は新・旧約聖書の対比をテーマにしているそうです。

      Royal Chapel
      王室礼拝堂です。

      この天井画は新・旧約聖書の対比をテーマにしているそうです。

    • こちらでは、マリー・アントワネットとルイ16世(当時、王太子ルイ)の結婚式が挙げられました。<br /><br />1770年5月16日のことです。<br /><br />ちなみにルイ14世も側室のマントノン夫人と、秘かに結婚式をここで挙げています。

      こちらでは、マリー・アントワネットとルイ16世(当時、王太子ルイ)の結婚式が挙げられました。

      1770年5月16日のことです。

      ちなみにルイ14世も側室のマントノン夫人と、秘かに結婚式をここで挙げています。

    • ヘラクレスの間の天井画<br /><br />なんとも見事なフレスコ画です。

      ヘラクレスの間の天井画

      なんとも見事なフレスコ画です。

    • バオロ・ヴェロネーゼの「シモンの家の宴」<br /><br />ここはヘラクレスの間です。

      バオロ・ヴェロネーゼの「シモンの家の宴」

      ここはヘラクレスの間です。

    • ヴィーナスの間<br /><br />天井画ですが、3美神が描かれています。<br /><br />その下に描かれているのは、マルス、ヴュルカン、バッカス、ネプチューン、ジュピターでしょうか。

      ヴィーナスの間

      天井画ですが、3美神が描かれています。

      その下に描かれているのは、マルス、ヴュルカン、バッカス、ネプチューン、ジュピターでしょうか。

    • ヴィーナスの間<br /><br />ルイ14世です。<br />まるでローマ皇帝のようです。<br />

      ヴィーナスの間

      ルイ14世です。
      まるでローマ皇帝のようです。

    1件目~20件目を表示(全82件中)

    この旅行記のタグ

      111いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      この旅行記へのコメント

      ピックアップ特集

      ベルサイユ(フランス) で人気のタグ

      この旅行記の地図

      拡大する


      PAGE TOP

      ピックアップ特集