トカラ列島旅行記(ブログ) 一覧に戻る
旅の締めくくりは現在も活発な火山を有する諏訪之瀬島です。残念ながら1泊だったのであっという間でした。(1泊じゃ足りないっ!)ってか、長旅だと思ってたのに(2泊増えたはずなのに)早かった・・・トカラで残すは口之島かぁ~いつ行けるかな。

島旅 トカラ列島・諏訪之瀬島編 ~ 活発な火山・御岳 & マルバサツキの島 ~

20いいね!

2016/04/29 - 2016/05/07

24位(同エリア66件中)

0

52

旅の締めくくりは現在も活発な火山を有する諏訪之瀬島です。残念ながら1泊だったのであっという間でした。(1泊じゃ足りないっ!)ってか、長旅だと思ってたのに(2泊増えたはずなのに)早かった・・・トカラで残すは口之島かぁ~いつ行けるかな。

PR

  • 中之島港に入港するフェリーとしま☆<br />いよいよ、1回目のトカラ列島訪問時に諦めた諏訪之瀬島へ向けて出港です。

    中之島港に入港するフェリーとしま☆
    いよいよ、1回目のトカラ列島訪問時に諦めた諏訪之瀬島へ向けて出港です。

  • 諏訪之瀬島の御岳は今日も活発。<br />中之島滞在中に再度見れる事を期待していた期待していた赤々とした火口は2度は見られませんでした。

    諏訪之瀬島の御岳は今日も活発。
    中之島滞在中に再度見れる事を期待していた期待していた赤々とした火口は2度は見られませんでした。

  • 船の横をカツオドリが。<br />今回は渡りの時期であった為、野鳥観察で来られている方々も多く、ほぼ平島で下船されてました。平島の宿の方も野鳥関係の人は毎年帰る時に翌年分を予約していくと言ってたしね。

    船の横をカツオドリが。
    今回は渡りの時期であった為、野鳥観察で来られている方々も多く、ほぼ平島で下船されてました。平島の宿の方も野鳥関係の人は毎年帰る時に翌年分を予約していくと言ってたしね。

  • 中之島から見えてた諏訪之瀬島は三角で、すっかりそんな印象になってましたが、う〜ん長い。角度によって全く違う形です。

    中之島から見えてた諏訪之瀬島は三角で、すっかりそんな印象になってましたが、う〜ん長い。角度によって全く違う形です。

  • もくもく、もくもく、見てて飽きない。<br />隣の島なので1時間程度だし、ずーっと外で噴煙を見ていました。

    もくもく、もくもく、見てて飽きない。
    隣の島なので1時間程度だし、ずーっと外で噴煙を見ていました。

  • 予定通り諏訪之瀬島港に到着。<br />あの時、涙をのんでスルーし鹿児島に戻ってから・・・何年だ?

    予定通り諏訪之瀬島港に到着。
    あの時、涙をのんでスルーし鹿児島に戻ってから・・・何年だ?

  • 諏訪之瀬島は1泊だけなので時間がありません!<br />早速、散策開始☆<br />おっとその前にフェリーとしまの乗船券を買っておかねば。<br />今回は郵便配達に出かける前につかまえる事ができました。

    諏訪之瀬島は1泊だけなので時間がありません!
    早速、散策開始☆
    おっとその前にフェリーとしまの乗船券を買っておかねば。
    今回は郵便配達に出かける前につかまえる事ができました。

  • 向かい側には、藤井富伝物語の看板などがありました。藤井富伝は奄美大島で生まれ育ち大噴火で無人化していた諏訪之瀬島を開拓した人なんですって。

    向かい側には、藤井富伝物語の看板などがありました。藤井富伝は奄美大島で生まれ育ち大噴火で無人化していた諏訪之瀬島を開拓した人なんですって。

  • 諏訪之瀬島小中学校には、山海留学制度を利用して本土から生活拠点を島に移し学校に通う子供達もいます。

    諏訪之瀬島小中学校には、山海留学制度を利用して本土から生活拠点を島に移し学校に通う子供達もいます。

  • 地蔵様が立ち並ぶ。

    地蔵様が立ち並ぶ。

  • 諏訪之瀬島には港が2つあります。こちらは元浦港。

    諏訪之瀬島には港が2つあります。こちらは元浦港。

  • 元浦港を通過し振り返る。

    元浦港を通過し振り返る。

  • 散策中、すれ違った夫婦後姿がいい感じ。

    散策中、すれ違った夫婦後姿がいい感じ。

  • ヤマハのリゾート開発の跡である諏訪之瀬島空港(場外離着陸場)にやってきました。

    ヤマハのリゾート開発の跡である諏訪之瀬島空港(場外離着陸場)にやってきました。

  • これはツバメチドリですね。<br />

    これはツバメチドリですね。

  • 一応、真ん中辺りがヘリポートみたい。

    一応、真ん中辺りがヘリポートみたい。

  • これらは・・・セイタカシギとタカブシギ(かな?)となんかシギ!

    これらは・・・セイタカシギとタカブシギ(かな?)となんかシギ!

  • そろりそろりと徐々に近づくもやっぱり飛んでった〜

    そろりそろりと徐々に近づくもやっぱり飛んでった〜

  • ココからは、根上岳(手前)・御岳(奥)・集落が眺められます。

    ココからは、根上岳(手前)・御岳(奥)・集落が眺められます。

  • 洋上にヨットがみえたよ。

    洋上にヨットがみえたよ。

  • そろそろ移動。<br />そばに諏訪之瀬島発電所がありました。

    そろそろ移動。
    そばに諏訪之瀬島発電所がありました。

  • ヤギがヤギ小屋に(^_^;)

    ヤギがヤギ小屋に(^_^;)

  • バナナ農園ですね。<br />

    バナナ農園ですね。

  • 今でも活発な御岳を有する諏訪之瀬島には所々に避難壕があります。

    今でも活発な御岳を有する諏訪之瀬島には所々に避難壕があります。

  • 諏訪之瀬島でもビニールハウスでサスベリアを育ててました。

    諏訪之瀬島でもビニールハウスでサスベリアを育ててました。

  • あじさいだ〜♪

    あじさいだ〜♪

  • 切石祭祀遺跡<br />一時、御岳の噴火により全島避難していた諏訪之瀬島。これはそれ以前の生活を知る数少ない遺跡らしいです。

    切石祭祀遺跡
    一時、御岳の噴火により全島避難していた諏訪之瀬島。これはそれ以前の生活を知る数少ない遺跡らしいです。

  • かつてこの辺りから切石?<br />これが切石港の由来か?

    かつてこの辺りから切石?
    これが切石港の由来か?

  • 海岸沿いにマルバサツキも咲いました。

    海岸沿いにマルバサツキも咲いました。

  • 乙姫の洞窟は、トカラ列島の乙姫伝説にまつわるものらしい。<br />洞窟の中からしばし切石港方面を眺める。

    乙姫の洞窟は、トカラ列島の乙姫伝説にまつわるものらしい。
    洞窟の中からしばし切石港方面を眺める。

  • 切石港付近の海岸も散策したいとこですが、お昼の時間。慌てて宿へと向かいます。

    切石港付近の海岸も散策したいとこですが、お昼の時間。慌てて宿へと向かいます。

  • お昼は旬のタケノコたっぷりのカレー。

    お昼は旬のタケノコたっぷりのカレー。

  • 午後は御岳登山。<br />宿のご主人に登山道入口まで送って頂けました。ここまでは上り坂の上、距離もあったので時間のない私は大変助かりました。

    午後は御岳登山。
    宿のご主人に登山道入口まで送って頂けました。ここまでは上り坂の上、距離もあったので時間のない私は大変助かりました。

  • 木々を抜けると開けた場所に出た。<br />

    木々を抜けると開けた場所に出た。

  • 島の子供たちが描いてったのかな。

    島の子供たちが描いてったのかな。

  • ってか、道がなくなったー<br />道っぽいところを突き進む。

    ってか、道がなくなったー
    道っぽいところを突き進む。

  • さすがに突き進めなくなって・・・戻る事にした。

    さすがに突き進めなくなって・・・戻る事にした。

  • 明らかに登山道である場所まで戻り目印は無いかと見渡す。

    明らかに登山道である場所まで戻り目印は無いかと見渡す。

  • ん?山の上に何やら人工物が。もしやあそこが御岳山頂?そう思ってそちら方面を見るとピンクのテープを発見☆時間をロスしたけどとりあえず行ってみる事にした。<br />

    ん?山の上に何やら人工物が。もしやあそこが御岳山頂?そう思ってそちら方面を見るとピンクのテープを発見☆時間をロスしたけどとりあえず行ってみる事にした。

  • 諏訪之瀬島のマルバサツキも満開にはまだ早い。

    諏訪之瀬島のマルバサツキも満開にはまだ早い。

  • 時々あるテープを確認しながら、今度は確信を持って登山道を歩く。

    時々あるテープを確認しながら、今度は確信を持って登山道を歩く。

  • そう言えば〜集落方面が一望できるって書いてあったような(^-^;)<br />さっきは全く見当違いの方向に歩いてたよ。

    そう言えば〜集落方面が一望できるって書いてあったような(^-^;)
    さっきは全く見当違いの方向に歩いてたよ。

  • 標高450m地点のトコまできて、再び道を見失う。<br />あの人工物のトコでいいのかなーと行こうか迷いましたが、どこから立ち入り禁止とか何の表示もないと聞いていたし、風も強いのでここまでで下山する事にしました。しかし、しばらく戻ると今度は出てきた茂みへの入口が分からない・・・

    標高450m地点のトコまできて、再び道を見失う。
    あの人工物のトコでいいのかなーと行こうか迷いましたが、どこから立ち入り禁止とか何の表示もないと聞いていたし、風も強いのでここまでで下山する事にしました。しかし、しばらく戻ると今度は出てきた茂みへの入口が分からない・・・

  • 視線を感じて目をやると、トカラヤギがこっちを見てる。私もじーっと見返し・・・あっテープを探さなきゃ。

    視線を感じて目をやると、トカラヤギがこっちを見てる。私もじーっと見返し・・・あっテープを探さなきゃ。

  • 近くのテープに戻り、次のテープを探す。<br />どこも道に見えてくる中、ようやく発見し下山!下山!<br />吹きだまりには、火山灰がいっぱい溜まってました。

    近くのテープに戻り、次のテープを探す。
    どこも道に見えてくる中、ようやく発見し下山!下山!
    吹きだまりには、火山灰がいっぱい溜まってました。

  • 帰りはぶらぶら見ながら歩いて。<br />これはカクチョウランかな。

    帰りはぶらぶら見ながら歩いて。
    これはカクチョウランかな。

  • 車で送ってもらった集落方面の道ではなく、川上牧場を経由して戻る事にしました。<br />牧場の後ろの山は根上岳です。

    車で送ってもらった集落方面の道ではなく、川上牧場を経由して戻る事にしました。
    牧場の後ろの山は根上岳です。

  • 八幡神社の鳥居は自然木で作られており、素朴かつ味わい深い☆

    八幡神社の鳥居は自然木で作られており、素朴かつ味わい深い☆

  • こちらは飼われてるトカラヤギ。<br />諏訪之瀬島のトカラヤギは悪石島のものより純粋なトカラヤギぽく見える。

    こちらは飼われてるトカラヤギ。
    諏訪之瀬島のトカラヤギは悪石島のものより純粋なトカラヤギぽく見える。

  • 藤井富傅翁の墓に立ち寄り。

    藤井富傅翁の墓に立ち寄り。

  • 集落へ戻ってきました。<br />ここでは犬より猫より・・・ペットはヤギ?!

    集落へ戻ってきました。
    ここでは犬より猫より・・・ペットはヤギ?!

  •  GWで帰省している方も多い中、宿泊客が私だけだった事もあり、夕食はご家族・親戚・学校の先生家族・子供達に混ざってバーベキューでした。<br />翌日は雨で駆け込みながらフェリーに乗船。中之島でご一緒したご夫婦と再会したりしながら帰路につきました。<br />

    GWで帰省している方も多い中、宿泊客が私だけだった事もあり、夕食はご家族・親戚・学校の先生家族・子供達に混ざってバーベキューでした。
    翌日は雨で駆け込みながらフェリーに乗船。中之島でご一緒したご夫婦と再会したりしながら帰路につきました。

この旅行記のタグ

20いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

トカラ列島の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集