堺旅行記(ブログ) 一覧に戻る
久々に京セラドームへ遠征します。<br />京セラドームに行く前に堺に寄りました。

5月の遠征・・・・・①堺

5いいね!

2016/05/20 - 2016/05/20

373位(同エリア506件中)

0

103

ぱいーぐる26

ぱいーぐる26さん

久々に京セラドームへ遠征します。
京セラドームに行く前に堺に寄りました。

旅行の満足度
4.0
観光
4.5
交通
3.5
交通手段
JALグループ JRローカル 私鉄 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 5月20日<br />吉祥寺駅から羽田空港行きのリムジンバスで出発です。<br />小田急バスの車両でした。

    5月20日
    吉祥寺駅から羽田空港行きのリムジンバスで出発です。
    小田急バスの車両でした。

  • 吉祥寺駅から約40分で羽田空港第一ターミナルに到着です。

    吉祥寺駅から約40分で羽田空港第一ターミナルに到着です。

  • 羽田空港第一ターミナルです。<br /><br />平日の早朝とあって空いていました。

    羽田空港第一ターミナルです。

    平日の早朝とあって空いていました。

  • 出発案内です。

    出発案内です。

  • 最新号のJALのタイムテーブルを頂きました。

    最新号のJALのタイムテーブルを頂きました。

  • 今回のWebチェックインをしました。

    今回のWebチェックインをしました。

  • ジャスミンティーの引換券が付いていました。

    ジャスミンティーの引換券が付いていました。

  • JAL101便で出発します。<br />JAL101便は14番搭乗口から出発します。

    JAL101便で出発します。
    JAL101便は14番搭乗口から出発します。

  • JAL101便は大型機のB777−200でした。

    JAL101便は大型機のB777−200でした。

  • JALの機内誌「SKYWARD」の最新号です。

    JALの機内誌「SKYWARD」の最新号です。

  • 羽田空港を6時45分頃に離陸しました。<br />行ってきます〜!

    羽田空港を6時45分頃に離陸しました。
    行ってきます〜!

  • 離陸直後に旋回して高度を上げていきます。

    離陸直後に旋回して高度を上げていきます。

  • 船も見えました。

    船も見えました。

  • 徐々に高度を上げていきます。

    徐々に高度を上げていきます。

  • 先ほど、離陸した羽田空港が見えました。

    先ほど、離陸した羽田空港が見えました。

  • 横浜湾を見ながら高度を上げていきます。

    横浜湾を見ながら高度を上げていきます。

  • 八景島も見えました。

    八景島も見えました。

  • 眼下には鎌倉の街も見えました。

    眼下には鎌倉の街も見えました。

  • いつの間にか、雲が広がりました。

    いつの間にか、雲が広がりました。

  • 雲の中を飛行し続けます。

    雲の中を飛行し続けます。

  • JAL101便の機内です。<br />6割位の搭乗率でした。

    JAL101便の機内です。
    6割位の搭乗率でした。

  • アイスコーヒーを頂きました。

    アイスコーヒーを頂きました。

  • 徐々に高度を下げていき、大和盆地が見えてきました。

    徐々に高度を下げていき、大和盆地が見えてきました。

  • 信貴山脈を見ながら大阪平野に入ります。

    信貴山脈を見ながら大阪平野に入ります。

  • 淀川を渡り、最終の着陸態勢に入ります。

    淀川を渡り、最終の着陸態勢に入ります。

  • 住宅街の中の着陸コースです。

    住宅街の中の着陸コースです。

  • 建物スレスレに着陸をします。

    建物スレスレに着陸をします。

  • 羽田空港から約40分弱で大阪伊丹空港に到着です。

    羽田空港から約40分弱で大阪伊丹空港に到着です。

  • 大阪伊丹空港の到着案内です。<br />定刻よりも早く到着をしました。

    大阪伊丹空港の到着案内です。
    定刻よりも早く到着をしました。

  • 外に出ると大阪モノレールの伊丹空港駅が見えました。

    外に出ると大阪モノレールの伊丹空港駅が見えました。

  • 2ヵ月前にも来た為か、見慣れてしまった感じでした。

    2ヵ月前にも来た為か、見慣れてしまった感じでした。

  • 何回も来ているので、風景が目に焼きついている感じでした。

    何回も来ているので、風景が目に焼きついている感じでした。

  • 大阪モノレールに乗って蛍池駅に向かいます。

    大阪モノレールに乗って蛍池駅に向かいます。

  • 蛍池駅からは阪急宝塚線に乗ります。

    蛍池駅からは阪急宝塚線に乗ります。

  • 準急梅田行きに乗ります。<br />7000系でした。<br />阪急電車も見慣れてしまった感じでした。

    準急梅田行きに乗ります。
    7000系でした。
    阪急電車も見慣れてしまった感じでした。

  • 淀川を渡り、大阪市内の中心部に入ります。

    淀川を渡り、大阪市内の中心部に入ります。

  • 阪急神戸線の電車と並走して終点梅田に到着をします。

    阪急神戸線の電車と並走して終点梅田に到着をします。

  • まもなく終点梅田駅です。

    まもなく終点梅田駅です。

  • 阪急グランドビルの横を通ります。<br />数ヶ月前にも通りましたが、今回は平日だったのでたくさんの人が行き来していました。

    阪急グランドビルの横を通ります。
    数ヶ月前にも通りましたが、今回は平日だったのでたくさんの人が行き来していました。

  • 阪急グランドビルの前の横断歩道を渡ってJR大阪駅に向かいます。

    阪急グランドビルの前の横断歩道を渡ってJR大阪駅に向かいます。

  • 大阪環状線ホームに向かうと、金沢からの特急サンダーバード2号が到着をしていました。

    大阪環状線ホームに向かうと、金沢からの特急サンダーバード2号が到着をしていました。

  • 大阪環状線では旧型の通勤車両の103系が現役で使用しています。<br />首都圏でもオレンジ色の103系は10年位前まで武蔵野線や青梅線等で充当していたので懐かしかったです。

    大阪環状線では旧型の通勤車両の103系が現役で使用しています。
    首都圏でもオレンジ色の103系は10年位前まで武蔵野線や青梅線等で充当していたので懐かしかったです。

  • 103系の他にも201系を充当しています。<br />201系も首都圏では10年位前まで充当していたので懐かしかったです!<br />特にこのオレンジ色の201系は中央線快速の主力車両だったので非常に馴染みがありました。

    103系の他にも201系を充当しています。
    201系も首都圏では10年位前まで充当していたので懐かしかったです!
    特にこのオレンジ色の201系は中央線快速の主力車両だったので非常に馴染みがありました。

  • 阪和線からの直通快速です。<br />223系でした。

    阪和線からの直通快速です。
    223系でした。

  • 大和路線からの直通車両の221系です。<br />

    大和路線からの直通車両の221系です。

  • しばらくすると阪和線への直通の関空・紀州路快速が到着をして三国ヶ丘まで向かいます。<br />223系でした。

    しばらくすると阪和線への直通の関空・紀州路快速が到着をして三国ヶ丘まで向かいます。
    223系でした。

  • 天王寺を出発すると「あべのハルカス」が見えました。

    天王寺を出発すると「あべのハルカス」が見えました。

  • 大阪から約40分で三国ヶ丘に到着です。<br />後寄りの車両は新型車両の225系でした。

    大阪から約40分で三国ヶ丘に到着です。
    後寄りの車両は新型車両の225系でした。

  • 天王寺方面の上りホームには特急くろしお8号が通過していきました。<br />新型車両の287系でした。

    天王寺方面の上りホームには特急くろしお8号が通過していきました。
    新型車両の287系でした。

  • その後、普通天王寺行きが到着をしました。<br />水色の103系でしたが、水色の103系は首都圏でも京葉線で10数年前まで使用していた車両なので懐かしかったです!

    その後、普通天王寺行きが到着をしました。
    水色の103系でしたが、水色の103系は首都圏でも京葉線で10数年前まで使用していた車両なので懐かしかったです!

  • 普通天王寺行きが発車した後には関空・紀州路快速の223系が到着をしました。

    普通天王寺行きが発車した後には関空・紀州路快速の223系が到着をしました。

  • 後ろ寄りの車両は225系でした。<br />223系と225系は共通仕様となっているとの事です。

    後ろ寄りの車両は225系でした。
    223系と225系は共通仕様となっているとの事です。

  • 関空・紀州路快速の後は普通天王寺行きが到着をしました。<br />水色の103系でしたが、貴重な低運転台の103系でした。<br />非常に懐かしい感じになりました。

    関空・紀州路快速の後は普通天王寺行きが到着をしました。
    水色の103系でしたが、貴重な低運転台の103系でした。
    非常に懐かしい感じになりました。

  • その後、普通日根野行きが到着をして百舌鳥まで乗ります。<br />こちらも低運転台の103系でしたが、リニュアール工事が施行されていました。

    その後、普通日根野行きが到着をして百舌鳥まで乗ります。
    こちらも低運転台の103系でしたが、リニュアール工事が施行されていました。

  • 車内も大幅にリニュアールされていました。

    車内も大幅にリニュアールされていました。

  • 三国ヶ丘から数分で百舌鳥に到着です。

    三国ヶ丘から数分で百舌鳥に到着です。

  • 百舌鳥と書いて「もず」と読みます。

    百舌鳥と書いて「もず」と読みます。

  • 平日ですが、意外と人がいました。

    平日ですが、意外と人がいました。

  • 百舌鳥駅から歩いて「仁徳天皇陵古墳」に向かいます。<br />尚、仁徳天皇陵古墳は日本最大の前方後円墳との事です。

    百舌鳥駅から歩いて「仁徳天皇陵古墳」に向かいます。
    尚、仁徳天皇陵古墳は日本最大の前方後円墳との事です。

  • 仁徳天皇陵古墳の前には「カフェいろは」がありました。

    仁徳天皇陵古墳の前には「カフェいろは」がありました。

  • 道路を渡った先んは大仙公園がありました。

    道路を渡った先んは大仙公園がありました。

  • 大仙公園の中には塔の様に高い建物の「平和塔」があります。

    大仙公園の中には塔の様に高い建物の「平和塔」があります。

  • 仁徳天皇陵古墳の周りを歩いてみます。

    仁徳天皇陵古墳の周りを歩いてみます。

  • 仁徳天皇陵古墳は周りが池で囲まれています。

    仁徳天皇陵古墳は周りが池で囲まれています。

  • しばらく歩くと大仙公園案内所がありました。

    しばらく歩くと大仙公園案内所がありました。

  • 仁徳天皇陵古墳の正面です。<br />中に入ってみたいのですが、無理でした。

    仁徳天皇陵古墳の正面です。
    中に入ってみたいのですが、無理でした。

  • 鳥居の中には何があるのか、相当気になります。

    鳥居の中には何があるのか、相当気になります。

  • 仁徳天皇陵古墳は宮内庁が管轄している為、中に入るのは相当厳しそうな感じがしました。

    仁徳天皇陵古墳は宮内庁が管轄している為、中に入るのは相当厳しそうな感じがしました。

  • お城の堀の様な感じの池で囲まれていました。<br />

    お城の堀の様な感じの池で囲まれていました。

  • 仁徳天皇陵古墳の周りを歩いてみます。

    仁徳天皇陵古墳の周りを歩いてみます。

  • しばらく歩くと万葉歌碑がありました。

    しばらく歩くと万葉歌碑がありました。

  • 日本最大の前方後円墳とあって周りは広いです。<br />

    日本最大の前方後円墳とあって周りは広いです。

  • 周りをあるくだけでもいいウォーキング等になると思いました。

    周りをあるくだけでもいいウォーキング等になると思いました。

  • しばらく歩くと永山古墳が見えました。

    しばらく歩くと永山古墳が見えました。

  • 永山古墳の周りも池で囲まれていました。

    永山古墳の周りも池で囲まれていました。

  • 住宅街の中を歩きます。

    住宅街の中を歩きます。

  • 大通りの一条通に出ました。

    大通りの一条通に出ました。

  • 一条通には南海バスが走っています。

    一条通には南海バスが走っています。

  • ショッピングセンターのビルの「ジョルノ」がありました。<br />大きな建物のビルですが、現在は数件しか店舗が入っていないとの事です。

    ショッピングセンターのビルの「ジョルノ」がありました。
    大きな建物のビルですが、現在は数件しか店舗が入っていないとの事です。

  • ジョルノの向かい側には堺市堺区役所がありました。

    ジョルノの向かい側には堺市堺区役所がありました。

  • 堺区役所のビルは高層ビルの様に高いです。<br />21階が展望ロビーとなっており、誰でも無料で行く事が出来ます。

    堺区役所のビルは高層ビルの様に高いです。
    21階が展望ロビーとなっており、誰でも無料で行く事が出来ます。

  • 21階に行くと展望ロビーがあり、「喫茶ミエール」もありました。

    21階に行くと展望ロビーがあり、「喫茶ミエール」もありました。

  • 武士の格好をしたゆるキャラの絵がありました。

    武士の格好をしたゆるキャラの絵がありました。

  • 展望台から様々な方向を眺めてみます。<br />まずは眼下に見える堺東駅を眺めてみました。

    展望台から様々な方向を眺めてみます。
    まずは眼下に見える堺東駅を眺めてみました。

  • 北の方向を眺めてみるとあべのハルカスが見えました。

    北の方向を眺めてみるとあべのハルカスが見えました。

  • 北西の方向を眺めてみると大阪市内中心部のビル群が見えました。

    北西の方向を眺めてみると大阪市内中心部のビル群が見えました。

  • もう少し北西の方向を眺めると大阪湾の工業地帯が見えました。<br />

    もう少し北西の方向を眺めると大阪湾の工業地帯が見えました。

  • 南側の方向を眺めると先ほど行ったきた仁徳天皇陵古墳が大きく見えました。

    南側の方向を眺めると先ほど行ったきた仁徳天皇陵古墳が大きく見えました。

  • 東側の方向を眺めると大和山脈が見えました。

    東側の方向を眺めると大和山脈が見えました。

  • 堺区役所の展望ロビーを後にして、堺東駅の方に向かうと堺東商店街の堺銀座通りがありました。

    堺区役所の展望ロビーを後にして、堺東駅の方に向かうと堺東商店街の堺銀座通りがありました。

  • 堺東駅です。<br />堺高島屋が併設している為、大きな駅舎でした。

    堺東駅です。
    堺高島屋が併設している為、大きな駅舎でした。

  • 久々に南海高野線に乗ります。<br />南海高野線の停車駅案内です。

    久々に南海高野線に乗ります。
    南海高野線の停車駅案内です。

  • ホームに行くと泉北高速鉄道の7000系と南海6000系が並んでいました。<br />どちらも区間急行でした。

    ホームに行くと泉北高速鉄道の7000系と南海6000系が並んでいました。
    どちらも区間急行でした。

  • 南海6000系は昭和37年製で今年で55年目の車両ですが、製造して1両も廃車が発生する事なく、現在も急行等に充当しています。

    南海6000系は昭和37年製で今年で55年目の車両ですが、製造して1両も廃車が発生する事なく、現在も急行等に充当しています。

  • 各停なんば行きは6000系と同じ正目の型をした6300系でした。

    各停なんば行きは6000系と同じ正目の型をした6300系でした。

  • しばらくすると準急和泉中央行きが到着しました。<br />6200系でした。

    しばらくすると準急和泉中央行きが到着しました。
    6200系でした。

  • その後、各停なんば行きが到着して岸里玉出まで乗ります。<br />こちらも6200系でした。

    その後、各停なんば行きが到着して岸里玉出まで乗ります。
    こちらも6200系でした。

  • 普通なんば行きの車内です。<br />空いていました。

    普通なんば行きの車内です。
    空いていました。

  • 急行なんば行きが先に出発します。<br />急行なんば行きは6000系でした。

    急行なんば行きが先に出発します。
    急行なんば行きは6000系でした。

  • 住吉東で準急なんば行きの通過待ちをします。<br />準急なんば行きは泉北高速の5000系でした。

    住吉東で準急なんば行きの通過待ちをします。
    準急なんば行きは泉北高速の5000系でした。

  • 堺東から約15分で岸里玉出に到着しました。

    堺東から約15分で岸里玉出に到着しました。

  • 岸里玉出のホームからは阪堺電車が見えました。

    岸里玉出のホームからは阪堺電車が見えました。

  • 連絡通路を通って汐見橋線のホームに向かいます<br /><br />この先の旅行記は「5月遠征・・・・・②大阪市内のローカル線」に続きます。

    連絡通路を通って汐見橋線のホームに向かいます

    この先の旅行記は「5月遠征・・・・・②大阪市内のローカル線」に続きます。

この旅行記のタグ

関連タグ

5いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

堺の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集