カンクン 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

皆さまこんにちは!ウォータースポーツカンクンの店長吉田です。ゴールデンウィーク中は沢山のお客様にご利用を頂きまして誠にありがとうございました。これからも引き続き、カンクンにいらしてくださるお客様に目いっぱい素敵な思い出を作っていただくべく、スタッフ一同皆さまのご案内に邁進させていただきますので、今後とも弊社ウォータースポーツカンクンをよろしくお願い申し上げます。<br /><br />さてさて、今回新しく、弊社新ツアーに店長自腹参加してきましたので、そのご報告です。<br /><br />企画の趣旨はとっても刺激的で、コスメル島の大自然を海からではなく、陸からも楽しんでしまおうというツアーなのですが、なんと、バギーやジープでワイルドに島をめぐるというモノ!<br /><br />コスメル島というと、ダイビングや海のイメージが強いかと思います。ですが、この離島は本土とは異なる自然形態を古代より保有する自然にあふれていること、それは海の固有種に限らず陸においても同様であること、、、あまり知られていません。<br /><br />そんな大自然にあふれたコスメル島を、自ら操る4WDで一周ぐるりと廻っちゃおうというわけです。店長も、このダイビングのメッカとして知ったつもりでいたコスメル島、これまでも歴史を文献上の知識である程度は知っていたつもりだったのですが、陸から眺めることで、実は半分も分かっていなかったことに、、、まさに百聞は一見に如かず、、、を体験することになりました。<br /><br />雄大な自然とそこに混在する人類の文明が、その古代より関わりあいながら、ここにあり続けた歴史をみること、、、<br /><br />このコスメル島には、本土側には生息をしていないアメリカン・クロコダイルがこの島だけには生息していることや、絶滅危惧種に指定されているグリーン・イグアナが未だに多数生息していること、、、離島だからこそ、維持される自然体系が、この島にはしっかりと残されています。<br /><br />また、島全体が石灰岩で形成され、一つだけ孤島として離れて存在している為、東側のビーチサイドでは、自然が生み出す様々な地形の多様性を見ることも出来ます。<br /><br />気の遠くなるような、、、人類がこの地上に生まれるはるか以前から、、、6500万年前という途方もない時間をかけて複雑に、しかし少しずつ、荒波がその岩をうがって作られた複雑な歴史の文様。。。<br /><br />そこから噴き出す潮のしぶき。まるで噴水のように2mは垂直に立ち上るその場所を確認すると、そこにはぽっかりと穴が開いています。。。人間が人為的に開けたものではなく、これが自然の力。日々、眺める何も変わりない景色が、かすかに、それでも確実に変化を続けている証左を間近にみる感動。。。<br /><br />人として生きられる時間などごくわずかだけれども、自然はその姿形を変えながら、ずっと生き続けるのだと、、、その瞬間、自らの本能に訴えかける「何か」に言いようのない思いを抱く。。。<br /><br /><br />用意されたバスに乗り込んで、言ってみれば、上記店長が書いたことなどをありきたりに説明を受けるツアーでは、絶対に感じることが出来ないもう一つの何か。。。それは、自らどこまで積極的にこの島に関わりあうか、、、に比例するように思います。<br /><br />そういう意味では、それが準備された車だとはいえ、自らステアリングを握り、シフトを忙しく操り悪路を進める行為は、間違いなく、「ただ乗せられているだけ」のツアーとは違った感動をもたらします。<br /><br />乗っているだけでは、気が付くことのない、些細な振動や、そして時には冷や汗をかくような場面に自らが遭遇すること。その難局を自ら乗り切るという関わりが、この島の自然に対する理解をより本能レベルで深めてくれるわけです。。。<br /><br />先導する車があるとはいえ、ガイドが一緒に乗り込んで解説する一方的な知識の伝聞とは違い、自らジープを運転しながら考え、感じて得る時間が介在すると、また深みも異なってきます。<br /><br />時々用意されている休息ポイント、そして、見学ポイントで、車から降り、ガイドに、運転している間に気が付いたこと、感じた事、そして聞きたいことを整理する時間にもなり、その答えがより身につく知識となってフィードバックされていきます。<br /><br />自然探訪というのは、そういう積極的な関わりがあってこその探訪であることを、きっと感じてもらえるのだと、店長このツアーに参加して感じる事が出来ました。<br /><br />とはいえ、ツアーは楽しむもの。そんな難しい哲学や人生観や、自然科学に歴史学といった見識の押し売りではありませんから、ツアー中は、それこそ「馬鹿になって」、クロコダイルに出会えば声をあげて感動し、マヤ遺跡にあっては、その深い知識や構造に素直に関心する。<br /><br />コスメル島の醍醐味は海もありますから、当然シュノーケリングも入りますが、この美しいカリブ海の海に泳いで魚に遊び、リーフに心が揺れる。。。そして、ハンモックで潮風にあたりながら、心地よいまどろみを覚える。。。<br /><br />133段の灯台にひーひー言いながら登っても、30mのてっぺんから眺める景色に、その疲れを吹き飛ばされる。大きな灯台のレンズを見ながら、この照らす光がどれだけの船の助けになって来たのかに思いを馳せ、その後は、その灯台にある小さな歴史博物館でこの島の歴史を学べば、より一層このコスメル島という島に親近感を覚えるようになるのです。<br /><br />ただの美しい海があるだけの島ではない、生物が生き、自然が根付き、そこに積極的にかかわってきた人類の軌跡をしれば、人として生きる自らの人生のこれからについてもまたきっと大きな糧となるでしょう。<br /><br />そして、ツアーの間、馬鹿になって遊んだあと、ツアーから戻り、ホテルに戻り、感動冷めやらぬうちには感じることがない、じわっとした深い味わいが、帰国した何か月も後になって更に効いてくる、、、道端に咲く地衣類の花一輪に、、、ふと、そこにある自然という生きる力を感じ取れば、あー、このコスメル島で体験した大自然大冒険ツアーは一度のツアーで二度の感動があるのだなとまた驚かされるのです。<br /><br />自ら積極的にこの島にかかわることが出来るツアーというのは貴重です。何より、自分で運転をするという事が、そんな難しい話よりもなにより、楽しい。楽しいから人はより積極的になれることを、教えてくれるツアーです。<br /><br />さてさて、このツアー、店長自腹で参加したのは、かれこれ3か月も前です(笑) このツアーに子供を連れて参加をし、その時には感じなかった、それこそ、さっきも書きましたけれど、「じわっとしたツアーの味」が、ここに来てふと、いろいろな自らの生き方や考え方に影響していることに気が付きました。<br /><br />ここに至るまでに少し時間がかかってしまったのは、それだけこのコスメル島の自然の懐の深さ、大きさなのかと、今更ながらに感じてしまった店長吉田なのでした。<br /><br />冒険心を満たしてくれるコスメル島ジープ一周ツアー、大冒険と大感動に溢れたこのツアーも、是非旅のプランに加えてみてはいかがでしょう?!<br /><br />そうそう、ジープ以外にもバギーも登場しています。より、ワイルドに自然と関わることが出来るツアーになっていますよ(^^)<br /><br />素敵なカンクンご滞在を!<br /><br />店長吉田でした。<br /><br /><br />

写真追加!!■カンクン発■ コスメル島をジープで駆け巡る大冒険の一日 By WatersportsCancun店長吉田

8いいね!

2016/05/12 - 2016/05/12

592位(同エリア1749件中)

    31

    皆さまこんにちは!ウォータースポーツカンクンの店長吉田です。ゴールデンウィーク中は沢山のお客様にご利用を頂きまして誠にありがとうございました。これからも引き続き、カンクンにいらしてくださるお客様に目いっぱい素敵な思い出を作っていただくべく、スタッフ一同皆さまのご案内に邁進させていただきますので、今後とも弊社ウォータースポーツカンクンをよろしくお願い申し上げます。

    さてさて、今回新しく、弊社新ツアーに店長自腹参加してきましたので、そのご報告です。

    企画の趣旨はとっても刺激的で、コスメル島の大自然を海からではなく、陸からも楽しんでしまおうというツアーなのですが、なんと、バギーやジープでワイルドに島をめぐるというモノ!

    コスメル島というと、ダイビングや海のイメージが強いかと思います。ですが、この離島は本土とは異なる自然形態を古代より保有する自然にあふれていること、それは海の固有種に限らず陸においても同様であること、、、あまり知られていません。

    そんな大自然にあふれたコスメル島を、自ら操る4WDで一周ぐるりと廻っちゃおうというわけです。店長も、このダイビングのメッカとして知ったつもりでいたコスメル島、これまでも歴史を文献上の知識である程度は知っていたつもりだったのですが、陸から眺めることで、実は半分も分かっていなかったことに、、、まさに百聞は一見に如かず、、、を体験することになりました。

    雄大な自然とそこに混在する人類の文明が、その古代より関わりあいながら、ここにあり続けた歴史をみること、、、

    このコスメル島には、本土側には生息をしていないアメリカン・クロコダイルがこの島だけには生息していることや、絶滅危惧種に指定されているグリーン・イグアナが未だに多数生息していること、、、離島だからこそ、維持される自然体系が、この島にはしっかりと残されています。

    また、島全体が石灰岩で形成され、一つだけ孤島として離れて存在している為、東側のビーチサイドでは、自然が生み出す様々な地形の多様性を見ることも出来ます。

    気の遠くなるような、、、人類がこの地上に生まれるはるか以前から、、、6500万年前という途方もない時間をかけて複雑に、しかし少しずつ、荒波がその岩をうがって作られた複雑な歴史の文様。。。

    そこから噴き出す潮のしぶき。まるで噴水のように2mは垂直に立ち上るその場所を確認すると、そこにはぽっかりと穴が開いています。。。人間が人為的に開けたものではなく、これが自然の力。日々、眺める何も変わりない景色が、かすかに、それでも確実に変化を続けている証左を間近にみる感動。。。

    人として生きられる時間などごくわずかだけれども、自然はその姿形を変えながら、ずっと生き続けるのだと、、、その瞬間、自らの本能に訴えかける「何か」に言いようのない思いを抱く。。。


    用意されたバスに乗り込んで、言ってみれば、上記店長が書いたことなどをありきたりに説明を受けるツアーでは、絶対に感じることが出来ないもう一つの何か。。。それは、自らどこまで積極的にこの島に関わりあうか、、、に比例するように思います。

    そういう意味では、それが準備された車だとはいえ、自らステアリングを握り、シフトを忙しく操り悪路を進める行為は、間違いなく、「ただ乗せられているだけ」のツアーとは違った感動をもたらします。

    乗っているだけでは、気が付くことのない、些細な振動や、そして時には冷や汗をかくような場面に自らが遭遇すること。その難局を自ら乗り切るという関わりが、この島の自然に対する理解をより本能レベルで深めてくれるわけです。。。

    先導する車があるとはいえ、ガイドが一緒に乗り込んで解説する一方的な知識の伝聞とは違い、自らジープを運転しながら考え、感じて得る時間が介在すると、また深みも異なってきます。

    時々用意されている休息ポイント、そして、見学ポイントで、車から降り、ガイドに、運転している間に気が付いたこと、感じた事、そして聞きたいことを整理する時間にもなり、その答えがより身につく知識となってフィードバックされていきます。

    自然探訪というのは、そういう積極的な関わりがあってこその探訪であることを、きっと感じてもらえるのだと、店長このツアーに参加して感じる事が出来ました。

    とはいえ、ツアーは楽しむもの。そんな難しい哲学や人生観や、自然科学に歴史学といった見識の押し売りではありませんから、ツアー中は、それこそ「馬鹿になって」、クロコダイルに出会えば声をあげて感動し、マヤ遺跡にあっては、その深い知識や構造に素直に関心する。

    コスメル島の醍醐味は海もありますから、当然シュノーケリングも入りますが、この美しいカリブ海の海に泳いで魚に遊び、リーフに心が揺れる。。。そして、ハンモックで潮風にあたりながら、心地よいまどろみを覚える。。。

    133段の灯台にひーひー言いながら登っても、30mのてっぺんから眺める景色に、その疲れを吹き飛ばされる。大きな灯台のレンズを見ながら、この照らす光がどれだけの船の助けになって来たのかに思いを馳せ、その後は、その灯台にある小さな歴史博物館でこの島の歴史を学べば、より一層このコスメル島という島に親近感を覚えるようになるのです。

    ただの美しい海があるだけの島ではない、生物が生き、自然が根付き、そこに積極的にかかわってきた人類の軌跡をしれば、人として生きる自らの人生のこれからについてもまたきっと大きな糧となるでしょう。

    そして、ツアーの間、馬鹿になって遊んだあと、ツアーから戻り、ホテルに戻り、感動冷めやらぬうちには感じることがない、じわっとした深い味わいが、帰国した何か月も後になって更に効いてくる、、、道端に咲く地衣類の花一輪に、、、ふと、そこにある自然という生きる力を感じ取れば、あー、このコスメル島で体験した大自然大冒険ツアーは一度のツアーで二度の感動があるのだなとまた驚かされるのです。

    自ら積極的にこの島にかかわることが出来るツアーというのは貴重です。何より、自分で運転をするという事が、そんな難しい話よりもなにより、楽しい。楽しいから人はより積極的になれることを、教えてくれるツアーです。

    さてさて、このツアー、店長自腹で参加したのは、かれこれ3か月も前です(笑) このツアーに子供を連れて参加をし、その時には感じなかった、それこそ、さっきも書きましたけれど、「じわっとしたツアーの味」が、ここに来てふと、いろいろな自らの生き方や考え方に影響していることに気が付きました。

    ここに至るまでに少し時間がかかってしまったのは、それだけこのコスメル島の自然の懐の深さ、大きさなのかと、今更ながらに感じてしまった店長吉田なのでした。

    冒険心を満たしてくれるコスメル島ジープ一周ツアー、大冒険と大感動に溢れたこのツアーも、是非旅のプランに加えてみてはいかがでしょう?!

    そうそう、ジープ以外にもバギーも登場しています。より、ワイルドに自然と関わることが出来るツアーになっていますよ(^^)

    素敵なカンクンご滞在を!

    店長吉田でした。


    PR

    • ツアーの集合場所(日本語ツアーでは、日本人ガイドがご案内します)は、目の前が豪華客船の寄港地になっているので、世界最大のエクスプローラーオフザシーなどが目の前にどどーんと停泊して大変な迫力です(^^;<br /><br />ここで、出発まで写真撮ったり出来ます。<br /><br />ただ、これ写真では伝わりませんけど、実際ものすごい迫力ですよ(^^;<br />

      ツアーの集合場所(日本語ツアーでは、日本人ガイドがご案内します)は、目の前が豪華客船の寄港地になっているので、世界最大のエクスプローラーオフザシーなどが目の前にどどーんと停泊して大変な迫力です(^^;

      ここで、出発まで写真撮ったり出来ます。

      ただ、これ写真では伝わりませんけど、実際ものすごい迫力ですよ(^^;

    • わが愛車のJEEP Wrangler! ジープと言えばワングラーです。4WDでどこでも走れます。幌を外せばオープンで楽しめます!!<br /><br />

      わが愛車のJEEP Wrangler! ジープと言えばワングラーです。4WDでどこでも走れます。幌を外せばオープンで楽しめます!!

    • ツアーのスタートは、フェリー乗り場からすぐ近くのホテルから。エンジンを始動して、ステアリングを握れば、今から何が起こるのか、、、ドキドキ感がたまりません。<br />

      ツアーのスタートは、フェリー乗り場からすぐ近くのホテルから。エンジンを始動して、ステアリングを握れば、今から何が起こるのか、、、ドキドキ感がたまりません。

    • 今回店長はジープでしたが、こういうバギーもあります。次回参加する時には、是非こっちのバギーで参加したいなと思った次第です。<br /><br />こっちの方がさらにワイルドですからね!

      今回店長はジープでしたが、こういうバギーもあります。次回参加する時には、是非こっちのバギーで参加したいなと思った次第です。

      こっちの方がさらにワイルドですからね!

    • 町の中を進みます。いつもは、お客様と一緒にタクシーで通り過ぎる街並みも、こうして自分の運転するジープの車窓から眺めるとまるつきり違って見えます。<br /><br />右手に見える馬車なんかに、なぜかおーーとか声をあげている自分がいます(笑)<br />

      町の中を進みます。いつもは、お客様と一緒にタクシーで通り過ぎる街並みも、こうして自分の運転するジープの車窓から眺めるとまるつきり違って見えます。

      右手に見える馬車なんかに、なぜかおーーとか声をあげている自分がいます(笑)

    • 町を抜ければ、あとはジャングル。<br /><br />コスメル島は全体の80%がジャングルに覆われた自然の楽園。だから、人が生活しているサンミゲルの街を出てしまうとこういう景色がずっと続きます。<br /><br />とりあえず、舗装されているので、快適なクルージングが続きます。ここで、運転に少し慣れることが重要ですね(^^)<br /><br />

      町を抜ければ、あとはジャングル。

      コスメル島は全体の80%がジャングルに覆われた自然の楽園。だから、人が生活しているサンミゲルの街を出てしまうとこういう景色がずっと続きます。

      とりあえず、舗装されているので、快適なクルージングが続きます。ここで、運転に少し慣れることが重要ですね(^^)

    • さて、そうして30分ほど走ると南の自然公園プンタスルに到着です。<br /><br />ここからいよいよ、大自然の大冒険が始まります。舗装はされていないので砂埃が舞う!穴ぼこを避ける!!<br /><br />今までとは違ったワイルドなドライブにかわります。

      さて、そうして30分ほど走ると南の自然公園プンタスルに到着です。

      ここからいよいよ、大自然の大冒険が始まります。舗装はされていないので砂埃が舞う!穴ぼこを避ける!!

      今までとは違ったワイルドなドライブにかわります。

    • 舗装されていない道、、、店長運転しながら写真を撮っているので、とりあえず安定した場所でシャッター押しています。<br /><br />なので、結構走りやすそうに見えますが、実際はもう少しワイルドです(汗)<br />

      舗装されていない道、、、店長運転しながら写真を撮っているので、とりあえず安定した場所でシャッター押しています。

      なので、結構走りやすそうに見えますが、実際はもう少しワイルドです(汗)

    • 展望タワーに到着!!<br /><br />ここからアメリカン・クロコダイルの生息する環境保護区を一望できます。<br /><br />展望の写真もあるのですが、それは是非ご自身にて確認して頂きたいと思います(^^)

      展望タワーに到着!!

      ここからアメリカン・クロコダイルの生息する環境保護区を一望できます。

      展望の写真もあるのですが、それは是非ご自身にて確認して頂きたいと思います(^^)

    • 本土側には生息をしていないアメリカンクロコダイル。<br /><br />メキシカンクロコダイルとの違いは、その凶暴性と大きさ。大きいものになると体調5mを超える肉食の凶暴なワニ、、、それが、アメリカンクロコダイルです。<br /><br />コスメル島でも時々この凶暴なワニに襲われる事故があるという事です。<br /><br />こわーーー(震)

      本土側には生息をしていないアメリカンクロコダイル。

      メキシカンクロコダイルとの違いは、その凶暴性と大きさ。大きいものになると体調5mを超える肉食の凶暴なワニ、、、それが、アメリカンクロコダイルです。

      コスメル島でも時々この凶暴なワニに襲われる事故があるという事です。

      こわーーー(震)

    • 途中の美しいビーチで一枚。なんというか、まるっきり手付かずの美しいい視線に出会うと心が落ち着きます。<br /><br />カンクンのビーチもきれいですが、毎日掃除された作られ整備されたものとはやはりまったく違います。

      途中の美しいビーチで一枚。なんというか、まるっきり手付かずの美しいい視線に出会うと心が落ち着きます。

      カンクンのビーチもきれいですが、毎日掃除された作られ整備されたものとはやはりまったく違います。

    • 途中の休憩ポイントのビーチです。コスメル島の南は本当にきれい。<br />手付かずの自然と青い海。。。<br /><br />ここでは、シュノーケルが入ります。<br /><br />

      途中の休憩ポイントのビーチです。コスメル島の南は本当にきれい。
      手付かずの自然と青い海。。。

      ここでは、シュノーケルが入ります。

    • シュノーケルは、ちょっと上級向け。大きなリーフサンゴのポイントまでは、結構な距離を泳がねばならないので、コンディションによっては、ちょっと難しいこともあります。<br /><br />特にこの日は風が強かったので、手前のポイントを回ってくるコースに変更になりました。きれいな海を泳いでいる!という感じで楽しめましたよ。<br /><br />

      シュノーケルは、ちょっと上級向け。大きなリーフサンゴのポイントまでは、結構な距離を泳がねばならないので、コンディションによっては、ちょっと難しいこともあります。

      特にこの日は風が強かったので、手前のポイントを回ってくるコースに変更になりました。きれいな海を泳いでいる!という感じで楽しめましたよ。

    • シュノーケルの後は、ハンモックエリアでのんびりくつろぐことが出来ます。これがまた気持ちがいい。<br /><br />おなかが空いてきますが、食事はまだです(^^;<br /><br />

      シュノーケルの後は、ハンモックエリアでのんびりくつろぐことが出来ます。これがまた気持ちがいい。

      おなかが空いてきますが、食事はまだです(^^;

    • そして、灯台。33m、131段。<br /><br />正直、かなり疲れます。運動不足の方は要注意(笑)<br /><br />この灯台のふもとには、小さな博物館があります。マヤのカヌーや、当時の灯台守の生活などを見学することが出来ます。<br /><br />ここが店長実は面白かったりしました(^^)<br />

      そして、灯台。33m、131段。

      正直、かなり疲れます。運動不足の方は要注意(笑)

      この灯台のふもとには、小さな博物館があります。マヤのカヌーや、当時の灯台守の生活などを見学することが出来ます。

      ここが店長実は面白かったりしました(^^)

    • 灯台から眺める雄大な景色。ちょっとこの時には天気が悪くなり始めたので、写真写りはよくないですが、かなり高いです。。。<br /><br />高所恐怖症の店長は足が震えました。。。だって、柵も何もないんですよ!怖すぎです(汗)<br /><br />

      灯台から眺める雄大な景色。ちょっとこの時には天気が悪くなり始めたので、写真写りはよくないですが、かなり高いです。。。

      高所恐怖症の店長は足が震えました。。。だって、柵も何もないんですよ!怖すぎです(汗)

    • そして、コスメル島の歴史を学ぶマヤ遺跡。<br /><br />このマヤの時代の灯台は、様々な仕掛けが施された文明の英知が詰まった建造物です。<br /><br />店長、マヤ遺跡については数多く見分して来ていますが、このポスト・クラシックの時代のマヤ建造物は、初めてみる機構などが秘められていました。<br /><br />なんといっても、気圧の変化でハリケーン等を予測するなんて、、、すごくないですか?!<br /><br />これは必見です。

      そして、コスメル島の歴史を学ぶマヤ遺跡。

      このマヤの時代の灯台は、様々な仕掛けが施された文明の英知が詰まった建造物です。

      店長、マヤ遺跡については数多く見分して来ていますが、このポスト・クラシックの時代のマヤ建造物は、初めてみる機構などが秘められていました。

      なんといっても、気圧の変化でハリケーン等を予測するなんて、、、すごくないですか?!

      これは必見です。

    • 灯台の小さな博物館にはこうしたマヤの時代のカヤックが展示してあります。実際、こんなカヤックで1000km以上交易をしていたと思うと、感極まります。。。

      灯台の小さな博物館にはこうしたマヤの時代のカヤックが展示してあります。実際、こんなカヤックで1000km以上交易をしていたと思うと、感極まります。。。

    • 店長、これでブラヤデルカルメンまで行けと言われたら、確実に遭難する自信あります(汗) マヤの人たちはこれで1000km以上交易をしたわけです。。。<br /><br />まー、流石にこんな小さな筏ではないですけどね。。。これは、ラグーンでの漁などに使用したカヤックです。<br /><br />

      店長、これでブラヤデルカルメンまで行けと言われたら、確実に遭難する自信あります(汗) マヤの人たちはこれで1000km以上交易をしたわけです。。。

      まー、流石にこんな小さな筏ではないですけどね。。。これは、ラグーンでの漁などに使用したカヤックです。

    • 灯台守のお部屋も再現してあります。今では灯台守はおらずに完全自動化されています。現在、AI(人工知能)による雇用喪失が叫ばれておりますが、産業革命以降、こうして少しずつ人が職場から消えて行っているんだよなと、、、ここでもまた考えさせられたり。。。<br /><br />でも、いくらコスメル島が小さいからといって、セントロから離れたこんな南の灯台で、日々暮らしていた灯台守の生活は、決して楽ではなかったはずですから、完全自動化されたことが良かったのかもしれないな、、、なんて思ったり。。。<br /><br /><br />

      灯台守のお部屋も再現してあります。今では灯台守はおらずに完全自動化されています。現在、AI(人工知能)による雇用喪失が叫ばれておりますが、産業革命以降、こうして少しずつ人が職場から消えて行っているんだよなと、、、ここでもまた考えさせられたり。。。

      でも、いくらコスメル島が小さいからといって、セントロから離れたこんな南の灯台で、日々暮らしていた灯台守の生活は、決して楽ではなかったはずですから、完全自動化されたことが良かったのかもしれないな、、、なんて思ったり。。。


    1件目~20件目を表示(全31件中)

    この旅行記のタグ

      8いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      この旅行記へのコメント (2)

      開く

      閉じる

      • by らくとび さん 2016/06/02 22:49:05
        ご無沙汰しています、鈴木です
        我が家夫婦はこのGWは13年ぶり2度目のコスメルで、今回は10泊と長期でした。
        ダラスから直にコスメルに入ったので今回は大陸側は無しでした。
        天気がいまひとつでしたが、最後の2日は前日の夕方の嵐のようなスコールを境に風の向きも空模様も一変し、最終日はPunta Surに行きました。
        風向きがいつもと変わったせいか、海がとても穏やかで閉園までいてしまいました。
        同じところでも店長が紹介される深い話と、私が紹介する景色だけ(まだ最終日だけ旅行記が未完成です)の両方を、行ったことのない方は見ていただくといいと思いました^^
        またいつかジンベイの時期にお世話になりたいと思います!

        watersportscancun

        by watersportscancun さん 2016/07/08 09:07:42
        RE: ご無沙汰しています、鈴木です
        鈴木様

        店長の吉田です。すみません、、、こちらに投稿をいただいている事、気が付きませんでした!! せっかく、書いていただきましたのに、何のレスもなく、きっと、鈴木様、、、ご立腹されていらっしゃったのではないかと思います。

        本当に申し訳ごさいませんでした。

        さてさて、13年ぶりという事で、しかも、長期でのご滞在。コスメルという離島での長期滞在は、いつもとは更に違った世界に身を置くことで、普段気が付かないたくさんの事や、まとまらない自分の頭の中を整理するにはとても良い時間的なゆとりを与えてくれます。

        が、なかなか10泊も行ける方は少ないので、短い時間でも目いっぱい凝縮した充実する時間をもとめて、弊社のツアーご利用いただく方がほとんどかと思います。理想は、鈴木さんのように、ゆっくりと地元の空気に身をゆだねて、心からリラックスすることですが、そういう事が難しい方には、是非また弊社にご相談もいただきたいなと思います。

        鈴木様の滞在記を読んで、そのなかでも特に、Punta Surに行ってみたい!となれば、例えば、弊社では今年からコスメル島のジープツアーを開始しましたが、プンタスルでののんびりとした大自然を楽しんでいただく事も出来ますからね。

        そういえば、鈴木さんの写真、、、とっても綺麗ですから、きっと行きたくなるに違いない?! 

        弊社のHPに利用させていただいている写真にも鈴木さんに許可をいただいたものありますよね。考えたら、ずいぶん長いお付き合いになりますね。コスメル島については、鈴木さんの写真を見て、これだ!!と感じましたから。

        その後弊社のツアーご利用いただいたり、実際にお会いも出来て、この仕事を通じて、こんなご縁が出来ることのうれしさを感じたものです(^^)

        いや、鈴木様、また今度カンクンの方にいらっしゃる際には是非ご連絡くださいね。

      ピックアップ特集

      カンクン(メキシコ) で人気のタグ


      PAGE TOP

      ピックアップ特集