大津旅行記(ブログ) 一覧に戻る
滋賀県大津市堅田を通る県道558号(旧国道161号線)にある真野川大橋の、琵琶湖に注ぐ真野川の堤防一帯では、秋になると真っ赤な彼岸花に彩られます。<br /><br />彼岸花の見所としてそれほど知られていない真野川ですが、法面を赤く染めるその姿は、緩やかな流れや青空と相まって、まるで燃えるようで、訪れる人も少ないこともあり、じっくり鑑賞することができます。<br /><br />この日は堅田の町歩きを兼ねて訪れましたが、今年は開花時期が早いこともあって、少しタイミングが遅かったようで、残念ながら燃え盛ると形容できる程ではありませんでしたが、彼岸花の穴場を見つけた気持ちになりました。

2015 真野川で彼岸花を愛でる

20いいね!

2015/09/21 - 2015/09/21

267位(同エリア1098件中)

0

43

滋賀県大津市堅田を通る県道558号(旧国道161号線)にある真野川大橋の、琵琶湖に注ぐ真野川の堤防一帯では、秋になると真っ赤な彼岸花に彩られます。

彼岸花の見所としてそれほど知られていない真野川ですが、法面を赤く染めるその姿は、緩やかな流れや青空と相まって、まるで燃えるようで、訪れる人も少ないこともあり、じっくり鑑賞することができます。

この日は堅田の町歩きを兼ねて訪れましたが、今年は開花時期が早いこともあって、少しタイミングが遅かったようで、残念ながら燃え盛ると形容できる程ではありませんでしたが、彼岸花の穴場を見つけた気持ちになりました。

同行者
一人旅
交通手段
自家用車 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 堅田を流れて琵琶湖に注ぐ真野川へやってきました。<br /><br />この日は堅田の町歩きを兼ねて訪れました。<br /><br />ん〜、こっちがメインかも!

    堅田を流れて琵琶湖に注ぐ真野川へやってきました。

    この日は堅田の町歩きを兼ねて訪れました。

    ん〜、こっちがメインかも!

  • 県道558号(旧国道161号線)の真野川大橋一帯は、真っ赤な彼岸花に彩られています。

    県道558号(旧国道161号線)の真野川大橋一帯は、真っ赤な彼岸花に彩られています。

  • 真野川大橋です。<br /><br />この県道558号を右手に進むと、琵琶湖大橋のたもとに通じています。

    真野川大橋です。

    この県道558号を右手に進むと、琵琶湖大橋のたもとに通じています。

  • 橋の下流側にも彼岸花が広がっています。

    橋の下流側にも彼岸花が広がっています。

  • 彼岸花の見所としてそれほど知られていない真野川なので・・・

    彼岸花の見所としてそれほど知られていない真野川なので・・・

  • 訪れる人も少なく、じっくり鑑賞することができます。

    訪れる人も少なく、じっくり鑑賞することができます。

  • 例年に比べ、今年は開花時期が早いようで・・・

    例年に比べ、今年は開花時期が早いようで・・・

  • 花が終わった株は刈り取られています。

    花が終わった株は刈り取られています。

  • 川の堤防ということで規模はそれほど大きくないんですが、最盛期にはさぞ綺麗だったろうと思われます。

    川の堤防ということで規模はそれほど大きくないんですが、最盛期にはさぞ綺麗だったろうと思われます。

  • 少しタイミングを逸したようで、燃え盛る彼岸花が見れなくて残念でした。

    少しタイミングを逸したようで、燃え盛る彼岸花が見れなくて残念でした。

  • でも、穴場であることに間違いはなく、良い所を見つけてよかったと思います。

    でも、穴場であることに間違いはなく、良い所を見つけてよかったと思います。

  • 下流側を振り返った光景です。

    下流側を振り返った光景です。

  • 刈り取られた株跡を見ると、水際まで花が続いていたことが判ります。<br /><br />堤防沿いにソメイヨシノが植えられているので、春の桜もきれいでしょうね・・・。

    刈り取られた株跡を見ると、水際まで花が続いていたことが判ります。

    堤防沿いにソメイヨシノが植えられているので、春の桜もきれいでしょうね・・・。

  • 対岸の様子です。

    対岸の様子です。

  • 川の水を暴露して酸素を補給するため、人工的に落差が設けられています。

    川の水を暴露して酸素を補給するため、人工的に落差が設けられています。

  • こんな人工物でも、添景として良いアクセントになっています。

    こんな人工物でも、添景として良いアクセントになっています。

  • 最盛期は過ぎてしまったようですが・・・

    最盛期は過ぎてしまったようですが・・・

  • 蕾がたくさん残っているので・・・

    蕾がたくさん残っているので・・・

  • この分だとまだまだ楽しめそうです。

    この分だとまだまだ楽しめそうです。

  • 最盛期にはこのくらい密生して咲くんでしょうね・・・。

    最盛期にはこのくらい密生して咲くんでしょうね・・・。

  • それにしても、彼岸花の構造は複雑です。

    それにしても、彼岸花の構造は複雑です。

  • 複数の小さな花がまとまって、一つの彼岸花を構成しています。

    複数の小さな花がまとまって、一つの彼岸花を構成しています。

  • 一つ一つの小さな蕾が開いて・・・

    一つ一つの小さな蕾が開いて・・・

  • 一輪の彼岸花になるんですね。

    一輪の彼岸花になるんですね。

  • それぞれの小さな花ごとに、雌しべが1本と雄しべを6本持っています。

    それぞれの小さな花ごとに、雌しべが1本と雄しべを6本持っています。

  • 黄色い花粉をつけているのが雄しべだそうです。

    黄色い花粉をつけているのが雄しべだそうです。

  • と云うことは、これは雌しべ?

    と云うことは、これは雌しべ?

  • でも、日本の彼岸花は、繁殖力の強い球根によく似た鱗茎(りんけい)で子孫を増やすので・・・

    でも、日本の彼岸花は、繁殖力の強い球根によく似た鱗茎(りんけい)で子孫を増やすので・・・

  • 実を結ぶ必要が無いのに、ちゃんと雌しべと雄しべを備えているんですね。

    実を結ぶ必要が無いのに、ちゃんと雌しべと雄しべを備えているんですね。

  • 彼岸花も、受精する、しないに関わらず、花の基本的な構造は変わらないようです。

    彼岸花も、受精する、しないに関わらず、花の基本的な構造は変わらないようです。

  • 受精のために虫の手助けが要らないから、雌しべと雄しべがこんなに離れていても支障はないんですね。

    受精のために虫の手助けが要らないから、雌しべと雄しべがこんなに離れていても支障はないんですね。

  • 蟻さんが蜜を吸いに来ています。

    蟻さんが蜜を吸いに来ています。

  • こちらにはバッタさんも遊びに来ています。

    こちらにはバッタさんも遊びに来ています。

  • 複数の小さな花で構成される彼岸花なので・・・

    複数の小さな花で構成される彼岸花なので・・・

  • 完全に開ききっていないものは、蕾と花弁の両方が存在しています。

    完全に開ききっていないものは、蕾と花弁の両方が存在しています。

  • 陽の光を浴びて・・・

    陽の光を浴びて・・・

  • 一層赤い色を輝かせる彼岸花。

    一層赤い色を輝かせる彼岸花。

  • JR湖西線の電車が真野川を渡って行きます。

    JR湖西線の電車が真野川を渡って行きます。

  • 彼岸花の鱗茎には有毒な物質が含まれていると云われていますが・・・

    彼岸花の鱗茎には有毒な物質が含まれていると云われていますが・・・

  • この花を見ていると、そんなことは想像できません。<br /><br />一部の地域では食用にしているとも聞きますし・・・。

    この花を見ていると、そんなことは想像できません。

    一部の地域では食用にしているとも聞きますし・・・。

  • 真野川大橋の下流側も覗いてみます。

    真野川大橋の下流側も覗いてみます。

  • こちら側も花が終わった株が刈り取られているので、寂しさは否めません。

    こちら側も花が終わった株が刈り取られているので、寂しさは否めません。

  • この日は良いお天気だったにもかかわらず、訪れる人が少なく、じっくり鑑賞することができました。<br /><br />では、堅田の町並みへ向かいます。

    この日は良いお天気だったにもかかわらず、訪れる人が少なく、じっくり鑑賞することができました。

    では、堅田の町並みへ向かいます。

この旅行記のタグ

20いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

naoさんの関連旅行記

naoさんの旅行記一覧

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集