吉野川・阿波・脇町旅行記(ブログ) 一覧に戻る
【八十八ヵ所2巡目&別格二十霊場で108カ寺を巡る旅・第1弾は阿波の国!】<br />四国八十八ヵ所霊場の2巡目を札所番号順の“順打ち”で参拝しながら、四国別格二十霊場も“順打ち”する、四国108カ寺を巡る旅。閏年の“逆打ち”で得られるかも知れない3倍の功徳には目もくれず、あえて“順打ち”に徹するアマノジャクなプランは、いくつかの基本ルールに沿ってスケジュールを組み実行に移していく。<br />徳島・鳴門で高速バスからレンタカー「2巡目ゴロウさん」(ナンバーが256なので、笑)に乗り換え、初日は八十八ヵ所霊場の第1番から第6番までと別格二十霊場の第1番の合計7カ寺に参拝し、御所温泉に宿泊。旅の2日目は、八十八ヵ所霊場の第7番からテンポ良く4カ寺に参拝。この辺りで一休みすることにしよう。<br />《2巡目のルール》<br />①八十八ヵ所霊場も別格二十霊場も“順打ち”とする。<br />②四国では、ケーブルカー・ロープウェイを除き、バスやタクシーに頼ること無く自らが運転する車で移動する。<br />③宿泊は、可能な限り1巡目とはロケーション・施設・部屋カテゴリーを変える。<br />④スケジュールに支障の無い範囲で、1巡目とは違う「ついで観光」を組み込む。<br /><br />【メンバー】<br />一人旅。<br /><br />【ルート】<br />3/21 枚方市駅-〔高速バス〕-高速鳴門-〔レンタカー〕-第1番・霊山寺<br />   (以上の旅行記⇒http://4travel.jp/travelogue/10968484)<br />   -第2番・極楽寺-第3番・金泉寺-第4番・大日寺-第5番・地蔵寺<br />   (以上の旅行記⇒http://4travel.jp/travelogue/10969334)<br />   -<広域農道他>-別格第1番・大山寺<br />   (以上の旅行記⇒http://4travel.jp/travelogue/10971715)<br />   -<県道12・県道139他>-第6番・安楽寺<br />   (以上の旅行記⇒http://4travel.jp/travelogue/10971953)<br />   -<県道139・R318>-御所温泉<br />   (以上の旅行記⇒http://4travel.jp/travelogue/10974309)<br />3/22 御所温泉-<R318・県道139>-第7番・十楽寺-第8番・熊谷寺<br />   -第9番・法輪寺-第10番・切幡寺<br />   (以上の旅行記⇒http://4travel.jp/travelogue/10976601)<br />   -<県道139・広域農道他>-金清自然公園-<広域農道・県道2><br />   -犬墓大師-<県道2・県道246・県道12>-脇町<br />   (以上の旅行記⇒本編)<br />   -<県道12・R193>-脇町IC-<徳島自動車道>-土成IC-<R318他><br />   -第11番・藤井寺<br />   (以上の旅行記⇒http://4travel.jp/travelogue/11031413)<br />   -<R192・県道20他>-別格第2番・童学寺<br />   (以上の旅行記⇒http://4travel.jp/travelogue/11032098)<br />   -<県道20・R438・県道43他>-第12番・焼山寺<br />   (以上の旅行記⇒http://4travel.jp/travelogue/11038638)<br />   -<県道43・R438他>-徳島市中心部<br />   (以上の旅行記⇒http://4travel.jp/travelogue/11040570)<br />3/23 徳島市中心部-<R438・県道208・県道21>-第13番・大日寺<br />   -第14番・常楽寺-第15番・国分寺-第16番・観音寺-第17番・井戸寺<br />   -(昼食・宅配出荷)-第18番・恩山寺-第19番・立江寺<br />   (以上の旅行記⇒http://4travel.jp/travelogue/11041932)<br />   -<県道28・県道22・県道16>-月ヶ谷温泉<br />   (以上の旅行記⇒http://4travel.jp/travelogue/11043204)<br />3/24 月ヶ谷温泉-<県道16他>-別格第3番・慈眼寺<br />   (以上の旅行記⇒http://4travel.jp/travelogue/11045690)<br />   -<県道16他>-第20番・鶴林寺-第21番・太龍寺-第22番・平等寺<br />   -<県道35・県道24・R55他>-徳島駅前-〔高速バス〕-京都駅<br />   (以上の旅行記⇒http://4travel.jp/travelogue/11052508)<br /><br />【表紙の写真】<br />観光を兼ねて参拝に立ち寄った阿波市の「犬墓大師」。

旅記録国内編2012 徳島〔07-四国八十八ヵ所2巡目&四国別格二十霊場巡拝第1弾:阿波市&美馬市観光編〕

7いいね!

2012/03/22 - 2012/03/22

96位(同エリア174件中)

0

39

Poppy

Poppyさん

【八十八ヵ所2巡目&別格二十霊場で108カ寺を巡る旅・第1弾は阿波の国!】
四国八十八ヵ所霊場の2巡目を札所番号順の“順打ち”で参拝しながら、四国別格二十霊場も“順打ち”する、四国108カ寺を巡る旅。閏年の“逆打ち”で得られるかも知れない3倍の功徳には目もくれず、あえて“順打ち”に徹するアマノジャクなプランは、いくつかの基本ルールに沿ってスケジュールを組み実行に移していく。
徳島・鳴門で高速バスからレンタカー「2巡目ゴロウさん」(ナンバーが256なので、笑)に乗り換え、初日は八十八ヵ所霊場の第1番から第6番までと別格二十霊場の第1番の合計7カ寺に参拝し、御所温泉に宿泊。旅の2日目は、八十八ヵ所霊場の第7番からテンポ良く4カ寺に参拝。この辺りで一休みすることにしよう。
《2巡目のルール》
①八十八ヵ所霊場も別格二十霊場も“順打ち”とする。
②四国では、ケーブルカー・ロープウェイを除き、バスやタクシーに頼ること無く自らが運転する車で移動する。
③宿泊は、可能な限り1巡目とはロケーション・施設・部屋カテゴリーを変える。
④スケジュールに支障の無い範囲で、1巡目とは違う「ついで観光」を組み込む。

【メンバー】
一人旅。

【ルート】
3/21 枚方市駅-〔高速バス〕-高速鳴門-〔レンタカー〕-第1番・霊山寺
   (以上の旅行記⇒http://4travel.jp/travelogue/10968484
   -第2番・極楽寺-第3番・金泉寺-第4番・大日寺-第5番・地蔵寺
   (以上の旅行記⇒http://4travel.jp/travelogue/10969334
   -<広域農道他>-別格第1番・大山寺
   (以上の旅行記⇒http://4travel.jp/travelogue/10971715
   -<県道12・県道139他>-第6番・安楽寺
   (以上の旅行記⇒http://4travel.jp/travelogue/10971953
   -<県道139・R318>-御所温泉
   (以上の旅行記⇒http://4travel.jp/travelogue/10974309
3/22 御所温泉-<R318・県道139>-第7番・十楽寺-第8番・熊谷寺
   -第9番・法輪寺-第10番・切幡寺
   (以上の旅行記⇒http://4travel.jp/travelogue/10976601
   -<県道139・広域農道他>-金清自然公園-<広域農道・県道2>
   -犬墓大師-<県道2・県道246・県道12>-脇町
   (以上の旅行記⇒本編)
   -<県道12・R193>-脇町IC-<徳島自動車道>-土成IC-<R318他>
   -第11番・藤井寺
   (以上の旅行記⇒http://4travel.jp/travelogue/11031413
   -<R192・県道20他>-別格第2番・童学寺
   (以上の旅行記⇒http://4travel.jp/travelogue/11032098
   -<県道20・R438・県道43他>-第12番・焼山寺
   (以上の旅行記⇒http://4travel.jp/travelogue/11038638
   -<県道43・R438他>-徳島市中心部
   (以上の旅行記⇒http://4travel.jp/travelogue/11040570
3/23 徳島市中心部-<R438・県道208・県道21>-第13番・大日寺
   -第14番・常楽寺-第15番・国分寺-第16番・観音寺-第17番・井戸寺
   -(昼食・宅配出荷)-第18番・恩山寺-第19番・立江寺
   (以上の旅行記⇒http://4travel.jp/travelogue/11041932
   -<県道28・県道22・県道16>-月ヶ谷温泉
   (以上の旅行記⇒http://4travel.jp/travelogue/11043204
3/24 月ヶ谷温泉-<県道16他>-別格第3番・慈眼寺
   (以上の旅行記⇒http://4travel.jp/travelogue/11045690
   -<県道16他>-第20番・鶴林寺-第21番・太龍寺-第22番・平等寺
   -<県道35・県道24・R55他>-徳島駅前-〔高速バス〕-京都駅
   (以上の旅行記⇒http://4travel.jp/travelogue/11052508

【表紙の写真】
観光を兼ねて参拝に立ち寄った阿波市の「犬墓大師」。

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
同行者
一人旅
一人あたり費用
10万円 - 15万円
交通手段
レンタカー
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • ■11:13 金清自然公園に到着<br />第10番・切幡寺が終わると、参拝エリアは吉野川の北側から南側へと移る。<br />国道318号線の阿波中央橋で吉野川を渡るとすれば、切幡寺を出発すると南東に向かうことになり、少しの時間も惜しんでなるべく多くの札所に参拝するような遍路旅なら、切幡寺より西の方角へ足を伸ばすことは滅多に無いだろう。<br />「2巡目ゴロウさん」という足があるのを良いことに、休憩と“ついでのちょこっと観光”を兼ねて、今回はほんの少しだけ西を向いてみることにした。<br />最初に向かったのは、切幡寺の北西に位置し、直線距離なら1Kmも離れていない「金清自然公園」である。

    ■11:13 金清自然公園に到着
    第10番・切幡寺が終わると、参拝エリアは吉野川の北側から南側へと移る。
    国道318号線の阿波中央橋で吉野川を渡るとすれば、切幡寺を出発すると南東に向かうことになり、少しの時間も惜しんでなるべく多くの札所に参拝するような遍路旅なら、切幡寺より西の方角へ足を伸ばすことは滅多に無いだろう。
    「2巡目ゴロウさん」という足があるのを良いことに、休憩と“ついでのちょこっと観光”を兼ねて、今回はほんの少しだけ西を向いてみることにした。
    最初に向かったのは、切幡寺の北西に位置し、直線距離なら1Kmも離れていない「金清自然公園」である。

  • ■白鳥荘<br />公園内に建つ白鳥荘は、温泉や食事の施設もあるらしい。<br />朝食はしっかりと頂いたから(⇒http://4travel.jp/photo?trvlgphoto=37121740)、席に落ち着いて昼食を摂りたいと思うほど空腹感も無いし、きっとそうだろうと思って十分な時間も取っていなかったし(笑)。

    ■白鳥荘
    公園内に建つ白鳥荘は、温泉や食事の施設もあるらしい。
    朝食はしっかりと頂いたから(⇒http://4travel.jp/photo?trvlgphoto=37121740)、席に落ち着いて昼食を摂りたいと思うほど空腹感も無いし、きっとそうだろうと思って十分な時間も取っていなかったし(笑)。

  • ■昼食<br />当初の予定だと、第9番・法輪寺門前の「くさもち」(⇒http://4travel.jp/photo?trvlgphoto=37208204)がここでの昼食。<br />残念ながらゲットならずだったが、こんな事もあろうかと、小腹満たしに役立つモノを自宅から準備して来ていたのは正解♪

    ■昼食
    当初の予定だと、第9番・法輪寺門前の「くさもち」(⇒http://4travel.jp/photo?trvlgphoto=37208204)がここでの昼食。
    残念ながらゲットならずだったが、こんな事もあろうかと、小腹満たしに役立つモノを自宅から準備して来ていたのは正解♪

  • ■白鳥池<br />白鳥荘のすぐ傍にある池には、時季になると白鳥が飛来するのだとか。<br />今年は既に北へ向けて飛び立った後なのだろう、静かな水面をぼんやりと眺めながら、手早く昼食休憩を済ませた。

    ■白鳥池
    白鳥荘のすぐ傍にある池には、時季になると白鳥が飛来するのだとか。
    今年は既に北へ向けて飛び立った後なのだろう、静かな水面をぼんやりと眺めながら、手早く昼食休憩を済ませた。

  • ■11:35 金清自然公園を出発<br />エネルギーが補充出来たところで、もう少し西へ向かってみよう。<br />徳島県道2号線を北へ向かい、金清自然公園の北西エリアを目指す。

    ■11:35 金清自然公園を出発
    エネルギーが補充出来たところで、もう少し西へ向かってみよう。
    徳島県道2号線を北へ向かい、金清自然公園の北西エリアを目指す。

  • ■道標<br />この県道2号線は、県境の山を越えると香川県の東かがわ市やさぬき市へと続き、香川県に入ってすぐに国道377号線を左・西方向へ進めば、第88番・大窪寺に行くことが出来る。<br />その県境より徳島県側のエリアで、立ち寄ってみたいスポットがあった。<br />これまでに得ている情報では正確な位置が分からないのだが、近くまで行けば何か手掛かりがあるだろうと、“この辺りが怪しい”(笑)という探索ポイントをカーナビに設定して走る。<br />案の定、何も見つけられないまま通り過ぎてしまった(汗)ので、Uターンしてもう一度探してみることにした。<br />県道から脇へ入って行く道を見つけては、ここかな?違うかな?と様子を窺いつつゆっくり南下し、カーナビに設定した探索ポイント付近で、ようやく目的地への道標を見つけた。<br />先程は向こう側から走って来たので、反対車線側にあるこの道標に気付かなかったのだ。<br />(⇒クチコミ「犬墓大師−犬を連れたお大師様」<br />http://4travel.jp/domestic/area/shikoku/tokushima/awaikeda/yoshinogawa/tips/11810553/)

    ■道標
    この県道2号線は、県境の山を越えると香川県の東かがわ市やさぬき市へと続き、香川県に入ってすぐに国道377号線を左・西方向へ進めば、第88番・大窪寺に行くことが出来る。
    その県境より徳島県側のエリアで、立ち寄ってみたいスポットがあった。
    これまでに得ている情報では正確な位置が分からないのだが、近くまで行けば何か手掛かりがあるだろうと、“この辺りが怪しい”(笑)という探索ポイントをカーナビに設定して走る。
    案の定、何も見つけられないまま通り過ぎてしまった(汗)ので、Uターンしてもう一度探してみることにした。
    県道から脇へ入って行く道を見つけては、ここかな?違うかな?と様子を窺いつつゆっくり南下し、カーナビに設定した探索ポイント付近で、ようやく目的地への道標を見つけた。
    先程は向こう側から走って来たので、反対車線側にあるこの道標に気付かなかったのだ。
    (⇒クチコミ「犬墓大師−犬を連れたお大師様」
    http://4travel.jp/domestic/area/shikoku/tokushima/awaikeda/yoshinogawa/tips/11810553/

  • ■集落へ<br />県道から道標に従って東へ入ると、畑地に囲まれた静かな集落。<br />目的地への曲がり角にも道標があり、導かれるままにしずしずと進むと・・・。

    ■集落へ
    県道から道標に従って東へ入ると、畑地に囲まれた静かな集落。
    目的地への曲がり角にも道標があり、導かれるままにしずしずと進むと・・・。

  • ■12:00 犬墓大師に到着<br />集落の端で道が左に曲がる手前角に、探していた「犬墓大師」を見つけた。<br />特に駐車スペースの表示は見当たらないが、しばらく様子を窺っても往来が無さそうなので、建物の正面に停めてみた。

    ■12:00 犬墓大師に到着
    集落の端で道が左に曲がる手前角に、探していた「犬墓大師」を見つけた。
    特に駐車スペースの表示は見当たらないが、しばらく様子を窺っても往来が無さそうなので、建物の正面に停めてみた。

  • ■犬墓大師<br />イノシシの襲撃からお大師様を守った愛犬が命を落としたのを憐れんで、この地に葬り阿弥陀如来を祀ったのが「犬墓大師」の由来だそう。<br />現在の地名も「阿波市市場町犬墓」で、このエピソードが土地に根付いていることが窺える。<br />四国八十八ヵ所や別格二十霊場以外にも、四国にはお大師様のエピソードが残る場所が数多いと聞く。<br />その全てに足を運ぶのは難しいけれど、我が家もイヌと共に暮らした時間が長いので「お大師様もイヌ連れで旅ですか〜」と興味をそそられた上に、立ち寄る人がそれ程多くはないとなれば、アマノジャク的には「行かねば!」だったわけですねぇ(笑)。

    ■犬墓大師
    イノシシの襲撃からお大師様を守った愛犬が命を落としたのを憐れんで、この地に葬り阿弥陀如来を祀ったのが「犬墓大師」の由来だそう。
    現在の地名も「阿波市市場町犬墓」で、このエピソードが土地に根付いていることが窺える。
    四国八十八ヵ所や別格二十霊場以外にも、四国にはお大師様のエピソードが残る場所が数多いと聞く。
    その全てに足を運ぶのは難しいけれど、我が家もイヌと共に暮らした時間が長いので「お大師様もイヌ連れで旅ですか〜」と興味をそそられた上に、立ち寄る人がそれ程多くはないとなれば、アマノジャク的には「行かねば!」だったわけですねぇ(笑)。

  • ■大師像①<br />札所寺院の境内で見掛けるのと同じく、右手に錫杖を持つ修行姿のお大師様は・・・。

    ■大師像①
    札所寺院の境内で見掛けるのと同じく、右手に錫杖を持つ修行姿のお大師様は・・・。

  • ■大師像②<br />いつもなら数珠を持つはずの左手にリード(笑)。

    ■大師像②
    いつもなら数珠を持つはずの左手にリード(笑)。

  • ■愛犬<br />リードの先、お大師様に寄り添うのは、ポメラニアンのような洋犬であるはずもなく(汗)、やはり日本犬。

    ■愛犬
    リードの先、お大師様に寄り添うのは、ポメラニアンのような洋犬であるはずもなく(汗)、やはり日本犬。

  • ■大師堂①<br />お大師様と愛犬の後方、「2巡目ゴロウさん」が面と向かっている建物が・・・。

    ■大師堂①
    お大師様と愛犬の後方、「2巡目ゴロウさん」が面と向かっている建物が・・・。

  • ■大師堂②<br />大師堂となっている。

    ■大師堂②
    大師堂となっている。

  • ■大師堂③<br />扉を開けて中で参拝して良いそうなので・・・。

    ■大師堂③
    扉を開けて中で参拝して良いそうなので・・・。

  • ■大師堂④<br />お邪魔しま~す♪

    ■大師堂④
    お邪魔しま~す♪

  • ■犬の墓<br />その大師堂の斜め向かいに犬の墓があった。<br />現代のペット霊園の風景を思い出して比べてみても、かなり立派なものだと思う。

    ■犬の墓
    その大師堂の斜め向かいに犬の墓があった。
    現代のペット霊園の風景を思い出して比べてみても、かなり立派なものだと思う。

  • ■12:10 犬墓大師を出発<br />犬連れのお大師様に無事にお目にかかった後は・・・。

    ■12:10 犬墓大師を出発
    犬連れのお大師様に無事にお目にかかった後は・・・。

  • ■元来た道へ<br />県道に戻って南へ向かい、行く先に見える徳島自動車道の高架をくぐったら、更に西へ進むべく進路を変えて・・・。

    ■元来た道へ
    県道に戻って南へ向かい、行く先に見える徳島自動車道の高架をくぐったら、更に西へ進むべく進路を変えて・・・。

  • ■12:39 道の駅藍ランドうだつに到着<br />阿波市から美馬市へと越境し、脇町にある「道の駅藍ランドうだつ」に入った。

    ■12:39 道の駅藍ランドうだつに到着
    阿波市から美馬市へと越境し、脇町にある「道の駅藍ランドうだつ」に入った。

  • ■美馬市<br />こうして見ると、美馬市ってかなり広い。<br />現在立ち寄っている道の駅は吉野川の北岸に位置していて、今回はこの道の駅周辺をほんの少しだけ見る予定だが、北岸にも南岸にも見所は多く、これは3巡目以降にまた改めて立ち寄りの時間を設けなくちゃ・・・って、まだ2巡目の第1弾の2日目なんですけれど、それが何か?(笑)

    ■美馬市
    こうして見ると、美馬市ってかなり広い。
    現在立ち寄っている道の駅は吉野川の北岸に位置していて、今回はこの道の駅周辺をほんの少しだけ見る予定だが、北岸にも南岸にも見所は多く、これは3巡目以降にまた改めて立ち寄りの時間を設けなくちゃ・・・って、まだ2巡目の第1弾の2日目なんですけれど、それが何か?(笑)

  • ■うだつの町並み①<br />さて、あまり時間の余裕は無いので、早速行動することにしよう。<br />道の駅の駐車場から続く歩道の先に・・・。

    ■うだつの町並み①
    さて、あまり時間の余裕は無いので、早速行動することにしよう。
    道の駅の駐車場から続く歩道の先に・・・。

  • ■うだつの町並み②<br />「うだつの町並み」があって・・・。

    ■うだつの町並み②
    「うだつの町並み」があって・・・。

  • ■うだつの町並み③<br />ここを少しばかり散策してみようという“ちょこっと観光”でして。

    ■うだつの町並み③
    ここを少しばかり散策してみようという“ちょこっと観光”でして。

  • ■うだつの町並み④<br />通りには、所々に説明が掲げられ・・・。

    ■うだつの町並み④
    通りには、所々に説明が掲げられ・・・。

  • ■うだつの町並み⑤<br />「うだつ」がある家は裕福なわけで、そんな家の前には・・・。

    ■うだつの町並み⑤
    「うだつ」がある家は裕福なわけで、そんな家の前には・・・。

  • ■うだつの町並み⑥<br />どんな商売をしていたのかなどの情報が書かれている。

    ■うだつの町並み⑥
    どんな商売をしていたのかなどの情報が書かれている。

  • ■うだつの町並み⑦<br />外から眺めるだけでなく、内部を公開している家もあるようだ。

    ■うだつの町並み⑦
    外から眺めるだけでなく、内部を公開している家もあるようだ。

  • ■うだつの町並み⑧<br />なんだか「うだつ」の背比べみたい(笑)。

    ■うだつの町並み⑧
    なんだか「うだつ」の背比べみたい(笑)。

  • ■うだつの町並み⑨<br />今も人が生活しているのに、とても静かな町並みだ。

    ■うだつの町並み⑨
    今も人が生活しているのに、とても静かな町並みだ。

  • ■観光文化資料館①<br />ブラブラと歩くうち、レトロ感のある建物を発見。<br />覗いてみると・・・。

    ■観光文化資料館①
    ブラブラと歩くうち、レトロ感のある建物を発見。
    覗いてみると・・・。

  • ■観光文化資料館②<br />「うだつ」の説明はもちろんのこと・・・。

    ■観光文化資料館②
    「うだつ」の説明はもちろんのこと・・・。

  • ■観光文化資料館③<br />脇町や美馬市全体の観光パンフレットも並んでいた。

    ■観光文化資料館③
    脇町や美馬市全体の観光パンフレットも並んでいた。

  • ■藍染め<br />観光文化資料館でUターン、道の駅へと引き返しながら、藍染めの小物を物色したり・・・。

    ■藍染め
    観光文化資料館でUターン、道の駅へと引き返しながら、藍染めの小物を物色したり・・・。

  • ■それぞれに①<br />通りに面した家々の入り口脇に青竹があって・・・。

    ■それぞれに①
    通りに面した家々の入り口脇に青竹があって・・・。

  • ■それぞれに②<br />目の高さぐらいの位置に、それぞれ思い思いの生け花が飾られているのを発見したり。

    ■それぞれに②
    目の高さぐらいの位置に、それぞれ思い思いの生け花が飾られているのを発見したり。

  • ■タイムアップ<br />「ぜんざい」の幟の誘いをグッと堪えて(涙)、そろそろ駐車場に戻らねば。

    ■タイムアップ
    「ぜんざい」の幟の誘いをグッと堪えて(涙)、そろそろ駐車場に戻らねば。

  • ■道の駅<br />道の駅の建物の「1階売店」や「2階喫茶」の誘いもグッと堪えて(涙)。

    ■道の駅
    道の駅の建物の「1階売店」や「2階喫茶」の誘いもグッと堪えて(涙)。

  • ■13:22 道の駅藍ランドうだつを出発<br />休憩を兼ねた“ついでのちょこっと観光”はこれでおしまい。<br />吉野川の南岸に連なるあの山の向こうまで、今日のノルマはまだまだ続く。

    ■13:22 道の駅藍ランドうだつを出発
    休憩を兼ねた“ついでのちょこっと観光”はこれでおしまい。
    吉野川の南岸に連なるあの山の向こうまで、今日のノルマはまだまだ続く。

この旅行記のタグ

関連タグ

7いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったスポット

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

吉野川・阿波・脇町の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集