クアラルンプール 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
いよいよ人生初の留学生活がはじまる。語学学校はKLの中心地「ブキッ・ビンタン」にある「ENGLISH LANGUAGE COMPANY(ELS)」(以下参照)である。オーストラリア資本の学校で様々な理由からここに決めた。<br />宿泊先は学校から徒歩15分くらいの5星ホテル「ロイヤル・チュラン」(写真)である。海外の高級ホテルに長期滞在して英語学校に通う!私は昔からこれをやってみたかった。欧米の大都市でこれをやったら一気に資産がなくなる。ここはKL、高級ホテルが安い。<br />ロイヤル・チュランは2連泊すると3泊目が無料のキャンペーン(エクスペディア予約:キャンセル不可)をやっていたので、これを使って6連泊した。宿泊代金は1泊平均8700円(食事なし、2名利用可)。<br />さて、問題の学校であるが、結構レベルの高いクラスに入ったので、とんでもなく苦しいスタートとなった。<br /><br />◎ENGLISH LANGUAGE COMPANY(ELS<br />http://www.englishlanguagecompany.com.my/<br /><br />◎英語は世界をひらく!<br /> 「悪戦苦闘、私の英語学習遍歴」<br />http://www.e-funahashi.jp/english/index.htm<br /><br />◎私のホームページに旅行記多数あり。<br />『第二の人生を豊かに』<br />http://www.e-funahashi.jp/<br />(新刊『夢の豪華客船クルーズの旅<br />ー大衆レジャーとなった世界の船旅ー』案内あり)

マレーシア英語留学日記3(5星ホテル「ロイヤル・チュラン」に泊まって英語学校に通う)

22いいね!

2015/05/31 - 2015/06/06

832位(同エリア3635件中)

    37

    いよいよ人生初の留学生活がはじまる。語学学校はKLの中心地「ブキッ・ビンタン」にある「ENGLISH LANGUAGE COMPANY(ELS)」(以下参照)である。オーストラリア資本の学校で様々な理由からここに決めた。
    宿泊先は学校から徒歩15分くらいの5星ホテル「ロイヤル・チュラン」(写真)である。海外の高級ホテルに長期滞在して英語学校に通う!私は昔からこれをやってみたかった。欧米の大都市でこれをやったら一気に資産がなくなる。ここはKL、高級ホテルが安い。
    ロイヤル・チュランは2連泊すると3泊目が無料のキャンペーン(エクスペディア予約:キャンセル不可)をやっていたので、これを使って6連泊した。宿泊代金は1泊平均8700円(食事なし、2名利用可)。
    さて、問題の学校であるが、結構レベルの高いクラスに入ったので、とんでもなく苦しいスタートとなった。

    ◎ENGLISH LANGUAGE COMPANY(ELS
    http://www.englishlanguagecompany.com.my/

    ◎英語は世界をひらく!
    「悪戦苦闘、私の英語学習遍歴」
    http://www.e-funahashi.jp/english/index.htm

    ◎私のホームページに旅行記多数あり。
    『第二の人生を豊かに』
    http://www.e-funahashi.jp/
    (新刊『夢の豪華客船クルーズの旅
    ー大衆レジャーとなった世界の船旅ー』案内あり)

    PR

    • ホテル「ロイヤル・チュラン」(写真:以下参照)はブキッ・ビンタンの新しいランドマーク「パビリオン」の近くにある。西洋的な近代ビルが多いKLの中で、茶色の外壁と切り妻屋根の外観は異彩を放つ。注:手前の高層ビルはオフィス専用<br /><br />http://www.theroyalechulan.com/

      ホテル「ロイヤル・チュラン」(写真:以下参照)はブキッ・ビンタンの新しいランドマーク「パビリオン」の近くにある。西洋的な近代ビルが多いKLの中で、茶色の外壁と切り妻屋根の外観は異彩を放つ。注:手前の高層ビルはオフィス専用

      http://www.theroyalechulan.com/

    • ホテルのエントランス(写真)はマレーの宮殿を思わせるくらい堂々としている。ここに6連泊だ。気分が盛り上がる。

      ホテルのエントランス(写真)はマレーの宮殿を思わせるくらい堂々としている。ここに6連泊だ。気分が盛り上がる。

    • ドアマンに迎えられ一歩ロビー(写真)に入った瞬間「good!」と心の中でつぶやく。茶色の外壁とは対照的に内装は白に統一され、どこもピカピカに磨かれている。

      ドアマンに迎えられ一歩ロビー(写真)に入った瞬間「good!」と心の中でつぶやく。茶色の外壁とは対照的に内装は白に統一され、どこもピカピカに磨かれている。

    • 1泊8700円、日本のビジネスホテルの値段なのであまり期待しなかっただけ、サプライズが大きい。今回も事前にeメールを出し、「高層階のプールに面した眺めの良い部屋」をリクエストしておいた。

      1泊8700円、日本のビジネスホテルの値段なのであまり期待しなかっただけ、サプライズが大きい。今回も事前にeメールを出し、「高層階のプールに面した眺めの良い部屋」をリクエストしておいた。

    • 6階の客室(写真)に入る。これが8700円?と驚くほどいい部屋である。巨大なベッドに1人で心豊かに眠れそうである。妻は日本でお仕事、ご苦労様!

      6階の客室(写真)に入る。これが8700円?と驚くほどいい部屋である。巨大なベッドに1人で心豊かに眠れそうである。妻は日本でお仕事、ご苦労様!

    • 早速、机の上にパソコンを開き勉強できる体制を作る。今回は、小型の外部スピーカー(ヤマダ電機で2000円弱で購入)を持参してきたので、Uチューブにネット接続すれば好きな音楽が高音質のステレオ放送で聞ける。

      早速、机の上にパソコンを開き勉強できる体制を作る。今回は、小型の外部スピーカー(ヤマダ電機で2000円弱で購入)を持参してきたので、Uチューブにネット接続すれば好きな音楽が高音質のステレオ放送で聞ける。

    • バスルーム(写真)の広さ、綺麗さ、独立した大きなシャワーブース、そしてバスローブやスリッパの用意等、ここは確かに5星ホテルとして恥じない基準を満たしている。

      バスルーム(写真)の広さ、綺麗さ、独立した大きなシャワーブース、そしてバスローブやスリッパの用意等、ここは確かに5星ホテルとして恥じない基準を満たしている。

    • そして、バルコニー(写真)に出てみると、ここも結構広い。バルコニーのテーブルとイスを使えば十分屋外ダイニングになる。ただし、一度も外で食事はしなかった。暑いからである。残念ながら私の体感温度からすると外はいつも暑い。

      そして、バルコニー(写真)に出てみると、ここも結構広い。バルコニーのテーブルとイスを使えば十分屋外ダイニングになる。ただし、一度も外で食事はしなかった。暑いからである。残念ながら私の体感温度からすると外はいつも暑い。

    • バルコニーからの眺め。遠くにツインタワーが見える。驚いたことにバルコニー付きの客室は6階が最上階だった。

      バルコニーからの眺め。遠くにツインタワーが見える。驚いたことにバルコニー付きの客室は6階が最上階だった。

    • そして私の部屋はまさにガーデンプール(写真)に面していた。事前に送ったeメールの希望どうりの部屋を提供してくれたわけである。

      そして私の部屋はまさにガーデンプール(写真)に面していた。事前に送ったeメールの希望どうりの部屋を提供してくれたわけである。

    • ある日の朝のバルコニーからの眺め(写真)。いよいよ英語学校への通学がはじまる。それを思うだけで心臓がドキドキしてくる。

      ある日の朝のバルコニーからの眺め(写真)。いよいよ英語学校への通学がはじまる。それを思うだけで心臓がドキドキしてくる。

    • ホテルの前から左手に歩くと「プリンスホテル&レジデンス」があり、その先が「パビリオン」だ。

      ホテルの前から左手に歩くと「プリンスホテル&レジデンス」があり、その先が「パビリオン」だ。

    • パビリオンからブキッ・ビンタン通り(写真)を南西方向に800mほど歩けば目指す学校に着く。ホテルから徒歩15分。適度な距離であるが朝から暑く、一汗かいてしまう。

      パビリオンからブキッ・ビンタン通り(写真)を南西方向に800mほど歩けば目指す学校に着く。ホテルから徒歩15分。適度な距離であるが朝から暑く、一汗かいてしまう。

    • 学校(写真)は集合ビルの3階にあるので、非常に見つけにくい。小さな看板が目印である。

      学校(写真)は集合ビルの3階にあるので、非常に見つけにくい。小さな看板が目印である。

    • この看板(写真)が唯一の証拠となる。エレベータで3階に上がる。

      この看板(写真)が唯一の証拠となる。エレベータで3階に上がる。

    • そして、学校の受付(写真)に至る。入校初日にはクラス分けのための1時間の筆記テストがある。それ程難しくはないが、読解、文法、英作文(A4用紙1枚に週末の出来事を書く)等ボリュームがあり速攻でやらないと時間がない。途中、5分程度の面接試験がある。

      そして、学校の受付(写真)に至る。入校初日にはクラス分けのための1時間の筆記テストがある。それ程難しくはないが、読解、文法、英作文(A4用紙1枚に週末の出来事を書く)等ボリュームがあり速攻でやらないと時間がない。途中、5分程度の面接試験がある。

    • クラスレベルは全部で5段階に分かれており、上から「Advanced」「Upper Intermediate」「Intermediate」「Pre-intermediate」「Elementary」となっている。掲示板(写真)に全生徒の名前とクラスレベル、クラス名が掲示されている。生徒の出身は中東、アフリカ、カザフスタン等が多い。その他、日本、韓国。

      クラスレベルは全部で5段階に分かれており、上から「Advanced」「Upper Intermediate」「Intermediate」「Pre-intermediate」「Elementary」となっている。掲示板(写真)に全生徒の名前とクラスレベル、クラス名が掲示されている。生徒の出身は中東、アフリカ、カザフスタン等が多い。その他、日本、韓国。

    • さて、そのクラス分けテストの結果であるが…<br />私は上から2段階目の「Upper Intermediate」だった。結構善戦したな、と心の中でニヤリとした。「日本人シニアをなめんじゃないよ」<br />しかし、その後、とんでもなく苦しい授業がはじまった。<br />写真:クラスルーム

      さて、そのクラス分けテストの結果であるが…
      私は上から2段階目の「Upper Intermediate」だった。結構善戦したな、と心の中でニヤリとした。「日本人シニアをなめんじゃないよ」
      しかし、その後、とんでもなく苦しい授業がはじまった。
      写真:クラスルーム

    • 私のクラスには生徒が10名前後おり、出身国は日本(4名)韓国(2名)リビア(2名)、その他1名ずつ、サウジアラビア、カザフスタン、ラオス。全員、英語は普通に喋っている。<br />写真:学校内にあるカフェテリア

      私のクラスには生徒が10名前後おり、出身国は日本(4名)韓国(2名)リビア(2名)、その他1名ずつ、サウジアラビア、カザフスタン、ラオス。全員、英語は普通に喋っている。
      写真:学校内にあるカフェテリア

    • 先生は若いイギリス人男性で非常にクリアな英語を喋り、しかもゆっくり説明してくれるので非常にありがたい。しかし、いきなり英文プリントを渡され、そこに書かれてある文章を短時間で読解し、その後、各種のペアワークを取り入れた質疑応答に入っていく。<br />写真:日本料理店のランチ「海藻とトーフのサラダ+ミニサーモン丼」

      先生は若いイギリス人男性で非常にクリアな英語を喋り、しかもゆっくり説明してくれるので非常にありがたい。しかし、いきなり英文プリントを渡され、そこに書かれてある文章を短時間で読解し、その後、各種のペアワークを取り入れた質疑応答に入っていく。
      写真:日本料理店のランチ「海藻とトーフのサラダ+ミニサーモン丼」

    1件目~20件目を表示(全37件中)

    この旅行記のタグ

      22いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      ピックアップ特集

      マレーシアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

      フォートラベル GLOBAL WiFiなら
      マレーシア最安 222円/日~

      • 空港で受取・返却可能
      • お得なポイントがたまる

      マレーシアの料金プランを見る

      フォートラベル公式LINE@

      おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
      QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

      \その他の公式SNSはこちら/

      クアラルンプール(マレーシア) で人気のタグ


      PAGE TOP

      ピックアップ特集