ザルツカンマーグート周辺旅行記(ブログ) 一覧に戻る
Edelweiss, edelweiss,<br />every morning you greet me.<br />Small and white, clean and bright,<br />you look happy to meet me.<br />Blossom of snow, may you bloom and grow,<br />bloom and grow forever.<br />Edelweiss, edelweiss,<br />bless my homeland forever.<br /><br />エーデルワイス エーデルワイス<br />きみは毎朝挨拶してくれるね<br />ちっちゃくて、白く清らかで、美しい花<br />きみも私に合えるのが嬉しそうだね<br />降りそそぐ雪が、きみを咲かせ育てる<br />ずっと永遠に咲き続けられるように<br />エーデルワイス エーデルワイス<br />我が故郷にとわの幸を<br /><br />映画「サウンド・オブ・ミュージック」では、ナチスに出頭を命令され、亡命を決意したオーストリア海軍・トラップ大佐が、ドイツに併合され消えゆく祖国オーストリアを想い、オーストリアの象徴としてエーデルワイスをめでて歌った曲です。映画では、会場となったフェルゼンライトシューレに陣取るナチスに荷担するオーストリア人たちも一緒になって合唱する姿が感動的でしたね。<br /><br />今日は、ザルツカンマーグート及びザルツブルクの観光。良い天候に恵まれて最高の一日となりました。ハルシュタットもご覧のとおり。なお、窓中の写真は2008年、礼文島で撮影したレブンウスユキソウですが、ほぼエーデルワイスと同じ花です。<br />

エーデルワイスの歌が聞こえる・2014中欧旅行記5

119いいね!

2014/08/03 - 2014/08/03

2位(同エリア357件中)

6

101

chiaki-k

chiaki-kさん

Edelweiss, edelweiss,
every morning you greet me.
Small and white, clean and bright,
you look happy to meet me.
Blossom of snow, may you bloom and grow,
bloom and grow forever.
Edelweiss, edelweiss,
bless my homeland forever.

エーデルワイス エーデルワイス
きみは毎朝挨拶してくれるね
ちっちゃくて、白く清らかで、美しい花
きみも私に合えるのが嬉しそうだね
降りそそぐ雪が、きみを咲かせ育てる
ずっと永遠に咲き続けられるように
エーデルワイス エーデルワイス
我が故郷にとわの幸を

映画「サウンド・オブ・ミュージック」では、ナチスに出頭を命令され、亡命を決意したオーストリア海軍・トラップ大佐が、ドイツに併合され消えゆく祖国オーストリアを想い、オーストリアの象徴としてエーデルワイスをめでて歌った曲です。映画では、会場となったフェルゼンライトシューレに陣取るナチスに荷担するオーストリア人たちも一緒になって合唱する姿が感動的でしたね。

今日は、ザルツカンマーグート及びザルツブルクの観光。良い天候に恵まれて最高の一日となりました。ハルシュタットもご覧のとおり。なお、窓中の写真は2008年、礼文島で撮影したレブンウスユキソウですが、ほぼエーデルワイスと同じ花です。

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ホテル
3.5
グルメ
4.0
ショッピング
3.5
同行者
カップル・夫婦(シニア)
一人あたり費用
25万円 - 30万円
交通手段
観光バス 徒歩
航空会社
オーストリア航空
旅行の手配内容
ツアー(添乗員同行あり)
利用旅行会社
阪急交通社

PR

  • 8/3<br /><br />05:30 南向きの窓を開けると朝霧が巻いていた。今日は良い天気になりそう。<br />

    8/3

    05:30 南向きの窓を開けると朝霧が巻いていた。今日は良い天気になりそう。

  • 06:30 朝食はこんな感じで可も無く、不可も無し。赤いパプリカって甘いのね。<br />

    06:30 朝食はこんな感じで可も無く、不可も無し。赤いパプリカって甘いのね。

  • 07:00 ホテルの隣になんと、ショッピングセンターがあるのだが、今日は日曜日の為お休み。残念。<br />

    07:00 ホテルの隣になんと、ショッピングセンターがあるのだが、今日は日曜日の為お休み。残念。

  • その代わりに、屋内駐車場でフリーマーケットをやっていたのでチラ見。古着や骨董品、電気製品などが並んでいたが、ゆっくりと吟味する時間など無いためスルーする。<br />

    その代わりに、屋内駐車場でフリーマーケットをやっていたのでチラ見。古着や骨董品、電気製品などが並んでいたが、ゆっくりと吟味する時間など無いためスルーする。

  • 宿泊したホテルはオーストリア・トレンド・ミッテ・ザルツブルクという名のホテルで、どちらかというとビジホに近いホテル。詳細は”口コミ”をご覧あれ。<br />

    宿泊したホテルはオーストリア・トレンド・ミッテ・ザルツブルクという名のホテルで、どちらかというとビジホに近いホテル。詳細は”口コミ”をご覧あれ。

  • ホテルのロビーに置いてあった「ホップオン・ホップオフ」(バス)のパンフレット。最初は「サウンドオブミュージック・ツアー」のひとつかと思ったのだが、そうでは無く市内を巡る乗り降り自由なオープンバスのことだと後でわかった。16Eとお手頃な値段なので個人旅行で来た方には利用価値大かも。<br />

    ホテルのロビーに置いてあった「ホップオン・ホップオフ」(バス)のパンフレット。最初は「サウンドオブミュージック・ツアー」のひとつかと思ったのだが、そうでは無く市内を巡る乗り降り自由なオープンバスのことだと後でわかった。16Eとお手頃な値段なので個人旅行で来た方には利用価値大かも。

  • 08:00 今日は日曜日ということでドライバーさんの提案により、渋滞を避けるため早めの出発。ルートも通常のものに変えてA1をウィーン方面へ少し戻ってからザルツ・カンマーグート地方に入るコースに変更。<br />

    08:00 今日は日曜日ということでドライバーさんの提案により、渋滞を避けるため早めの出発。ルートも通常のものに変えてA1をウィーン方面へ少し戻ってからザルツ・カンマーグート地方に入るコースに変更。

  • ThalgauというICでA1を降りてザルツ・カンマーグートを目指す。<br />

    ThalgauというICでA1を降りてザルツ・カンマーグートを目指す。

  • ザルツ・カンマーグートの入り口にある町、ザンクト・ギルゲンまで12km。<br />

    ザルツ・カンマーグートの入り口にある町、ザンクト・ギルゲンまで12km。

  • 途中の集落。この辺から全ての風景が素晴らしい。<br />

    途中の集落。この辺から全ての風景が素晴らしい。

  • 最初に見えた湖はフシェル湖。走行中のバス、しかも逆光のため、これで精一杯。<br />

    最初に見えた湖はフシェル湖。走行中のバス、しかも逆光のため、これで精一杯。

  • 庭?畑?の手入れが素晴らしい。<br />

    庭?畑?の手入れが素晴らしい。

  • 次に見えてきた湖はヴォルフガング湖。麓の町はザンクト・ギルゲンか。<br />

    次に見えてきた湖はヴォルフガング湖。麓の町はザンクト・ギルゲンか。

  • 低くたなびく雲と山々、そして湖の協演。<br />

    低くたなびく雲と山々、そして湖の協演。

  • 湖の向こうの町はザンクト・ヴォルフガングの町。左の山がシャウフベルク山、ザンクト・ヴォルフガングから映画にも登場したシャウフベルグ鉄道で山頂付近まで行ける。なお、映画とは「サウンド・オブ・ミュージック」のことで、以下同様。<br />

    湖の向こうの町はザンクト・ヴォルフガングの町。左の山がシャウフベルク山、ザンクト・ヴォルフガングから映画にも登場したシャウフベルグ鉄道で山頂付近まで行ける。なお、映画とは「サウンド・オブ・ミュージック」のことで、以下同様。

  • バート・イシュルで右折、しばらく走るとハルシュタット湖が見えてきた。<br />

    バート・イシュルで右折、しばらく走るとハルシュタット湖が見えてきた。

  • ドライバーさんの予想は良い方向にはずれ、ここまで渋滞無し。写真は輝くハルシュタット湖。<br />

    ドライバーさんの予想は良い方向にはずれ、ここまで渋滞無し。写真は輝くハルシュタット湖。

  • バスを降りたのはハルシュタットの町。湖のほとりにある広場。<br />

    バスを降りたのはハルシュタットの町。湖のほとりにある広場。

  • Lahnという船着き場があった。そこから左側を見ると・・・・<br />

    Lahnという船着き場があった。そこから左側を見ると・・・・

  • お馴染みの風景が眺められた。白鳥さん、演出に協力ありがとうね。<br />

    お馴染みの風景が眺められた。白鳥さん、演出に協力ありがとうね。

  • 縦構図でもう1枚。

    イチオシ

    縦構図でもう1枚。

  • 後ろの方で何かゴソゴソやっていると思ったら・・・<br />

    後ろの方で何かゴソゴソやっていると思ったら・・・

  • アジア系のカップルが結婚写真を撮影していた。おめでたいので修正無し。<br />

    アジア系のカップルが結婚写真を撮影していた。おめでたいので修正無し。

  • 時間に余裕があったので、広場へ戻り周辺を撮影。写真は広場にあったザルツ(岩塩)を運ぶ人の像。塩を掘るのは男性、運搬は女性の仕事だったらしい。後方に見える山の上には・・・<br />

    時間に余裕があったので、広場へ戻り周辺を撮影。写真は広場にあったザルツ(岩塩)を運ぶ人の像。塩を掘るのは男性、運搬は女性の仕事だったらしい。後方に見える山の上には・・・

  • こんなフニクレールが走っている。ハルシュタットには昔から岩塩の採掘場があり、観光地となった今でも現役だという。そもそも「ザルツカンマーグート」とは「塩の御料地」という意味。<br />

    こんなフニクレールが走っている。ハルシュタットには昔から岩塩の採掘場があり、観光地となった今でも現役だという。そもそも「ザルツカンマーグート」とは「塩の御料地」という意味。

  • 広場の左側はこんな感じ。2000m級と思われる山々が迫っている。オーストリアでも止まれはSTOPなのね。<br />

    広場の左側はこんな感じ。2000m級と思われる山々が迫っている。オーストリアでも止まれはSTOPなのね。

  • 湖に沿ったゼー通り。建物の窓辺には、綺麗な花が飾られている。<br />

    湖に沿ったゼー通り。建物の窓辺には、綺麗な花が飾られている。

  • 後ろを振り向くとこんな感じ。<br />

    後ろを振り向くとこんな感じ。

  • この辺の山は、ほとんど登れるらしい。<br />

    この辺の山は、ほとんど登れるらしい。

  • きれい〜

    きれい〜

  • 船小屋も見える。ん、手前に大きい白鳥が・・・<br />

    船小屋も見える。ん、手前に大きい白鳥が・・・

  • ゼー通りにあった岩塩の専門店。<br />

    ゼー通りにあった岩塩の専門店。

  • ひとつお買い上げ〜(3.8E)

    ひとつお買い上げ〜(3.8E)

  • ハルシュタットの町(なのか?)に入ってきた。<br /><br />Wikiで調べるとハルシュタットはゲマインデと呼ばれる基礎自治体らしい。<br />

    ハルシュタットの町(なのか?)に入ってきた。

    Wikiで調べるとハルシュタットはゲマインデと呼ばれる基礎自治体らしい。

  • 水道の水は飲用OK。<br />

    水道の水は飲用OK。

  • 右側にWCとある。普段は有料(0.5E)だが、機械が壊れていてフリー。正面の建物の上に滝を発見。<br />

    右側にWCとある。普段は有料(0.5E)だが、機械が壊れていてフリー。正面の建物の上に滝を発見。

  • 土地が狭いので、通りも狭い。<br />

    土地が狭いので、通りも狭い。

  • 狭くても広場はある。(マルクト広場)<br />

    狭くても広場はある。(マルクト広場)

  • Markt 1 という船着き場で船を待つことに。<br />

    Markt 1 という船着き場で船を待つことに。

  • 後ろにはプロテスタント系の教会と、<br />

    後ろにはプロテスタント系の教会と、

  • カトリック系の教会がある。バインハウスと呼ばれるドクロのお墓はこちら。<br />

    カトリック系の教会がある。バインハウスと呼ばれるドクロのお墓はこちら。

  • 湖の反対側には鉄道も通っている。駅からはここまで渡し船に乗ってくることになる。<br />

    湖の反対側には鉄道も通っている。駅からはここまで渡し船に乗ってくることになる。

  • 船上から撮影したハルシュタットの町。<br />

    船上から撮影したハルシュタットの町。

  • 船上はこんな感じ

    船上はこんな感じ

  • 大きな白鳥さんもお仕事中。<br />

    大きな白鳥さんもお仕事中。

  • 2つの教会とハルシュタットの町。<br />

    2つの教会とハルシュタットの町。

  • ハルシュタットの町が小さくなると、後ろの山々が大きくなり水面に映ってきた。<br />

    ハルシュタットの町が小さくなると、後ろの山々が大きくなり水面に映ってきた。

  • 白い山肌がきれい。まさか岩塩じゃないよね。<br />

    白い山肌がきれい。まさか岩塩じゃないよね。

  • こういうのを水鏡っていうんだね。<br />

    こういうのを水鏡っていうんだね。

  • Obertraunという船着き場に到着。<br />

    Obertraunという船着き場に到着。

  • やっと船が撮れた。

    やっと船が撮れた。

  • Obertraunでバスに乗り、ザンクト・ヴォルフガングを目指す。途中にはこんなカー・キャンピング・サイトがあり、バカンスを楽しむ客で賑わっていた。<br />

    Obertraunでバスに乗り、ザンクト・ヴォルフガングを目指す。途中にはこんなカー・キャンピング・サイトがあり、バカンスを楽しむ客で賑わっていた。

  • 30分ほどでザンクト・ヴォルフガングに到着、写真はザンクト・ヴォルフガング湖。<br />

    30分ほどでザンクト・ヴォルフガングに到着、写真はザンクト・ヴォルフガング湖。

  • 縦構図で一枚。

    縦構図で一枚。

  • ザンクト・ヴォルフガングはハルシュタットよりはるかに大きな町で、土産物屋、レストラン、スーパーまであった。<br />

    ザンクト・ヴォルフガングはハルシュタットよりはるかに大きな町で、土産物屋、レストラン、スーパーまであった。

  • 昼食は「白馬亭」という名の有名レストラン。ツアーとしては上等な店だった。<br />

    昼食は「白馬亭」という名の有名レストラン。ツアーとしては上等な店だった。

  • 予定より到着が早かったので、20分ほどフリータイム。塩の専門店でバラマキ用の岩塩を大量に買い込む。レンズフードが何故か曲がり一部がケラれてしまった。<br />

    予定より到着が早かったので、20分ほどフリータイム。塩の専門店でバラマキ用の岩塩を大量に買い込む。レンズフードが何故か曲がり一部がケラれてしまった。

  • レストラン白馬亭は明るく清潔で好印象。(食後撮影)<br />

    レストラン白馬亭は明るく清潔で好印象。(食後撮影)

  • サラダ / ビール&ワイン<br /><br />ビーフ料理&amp;パスタ / デザート<br /><br />どれもおいしかった。さすがはオーストリア。<br />

    サラダ / ビール&ワイン

    ビーフ料理&パスタ / デザート

    どれもおいしかった。さすがはオーストリア。

  • レストランの窓からの風景。ちなみに白馬亭は宿泊も可で、専用プールまで付いている。<br />

    レストランの窓からの風景。ちなみに白馬亭は宿泊も可で、専用プールまで付いている。

  • 以上、ザンクト・ヴォルフガングでした。<br />

    以上、ザンクト・ヴォルフガングでした。

  • ザンクト・ヴォルフガングを出てからバスの席が山側だったこともあり不覚にも寝込んでしまう。目を覚ましたらザルツブルクの街に入っていた。<br />

    ザンクト・ヴォルフガングを出てからバスの席が山側だったこともあり不覚にも寝込んでしまう。目を覚ましたらザルツブルクの街に入っていた。

  • トロリーバスが走っている。後ろはミラベル庭園バス駐車場。<br />

    トロリーバスが走っている。後ろはミラベル庭園バス駐車場。

  • ミラベル庭園に入る(無料)。映画にも出てきた像がお出迎え。<br />

    ミラベル庭園に入る(無料)。映画にも出てきた像がお出迎え。

  • おなじみミラベル庭園と宮殿。ミラベルとは「美しい眺め」の意味で、1606年に時の大司教が愛人????? の為に造ったもの。今は市の所有。<br />

    おなじみミラベル庭園と宮殿。ミラベルとは「美しい眺め」の意味で、1606年に時の大司教が愛人????? の為に造ったもの。今は市の所有。

  • 後ろを振り返るとホーエンザルツブルク城が見える。<br />

    後ろを振り返るとホーエンザルツブルク城が見える。

  • 宮殿の左側を行くと・・・<br />

    宮殿の左側を行くと・・・

  • ペガサスの像(垂れ目)や・・・

    ペガサスの像(垂れ目)や・・・

  • ユニコーンがお出迎え。<br />

    ユニコーンがお出迎え。

  • そして、映画に出てきた「ドレミの階段」は大人気。<br />

    そして、映画に出てきた「ドレミの階段」は大人気。

  • 公園を出た広場にあった建物はモーツァルトの住んだ家。<br />

    公園を出た広場にあった建物はモーツァルトの住んだ家。

  • 20世紀を代表する名指揮者カラヤンの住んだ家も残っている。家の庭には・・<br />

    20世紀を代表する名指揮者カラヤンの住んだ家も残っている。家の庭には・・

  • カラヤンの像

    カラヤンの像

  • 歩行者専用のマカルト橋を渡る。下を流れているのはザルツァッハ川。<br />

    歩行者専用のマカルト橋を渡る。下を流れているのはザルツァッハ川。

  • 橋からザルツブルクを眺める。橋のフェンスにはお馴染みのものが。<br />

    橋からザルツブルクを眺める。橋のフェンスにはお馴染みのものが。

  • MariaさんとBenさん、君たちの愛はもう錆び始めているぞぉ。<br />

    MariaさんとBenさん、君たちの愛はもう錆び始めているぞぉ。

  • 橋を渡って崖に向かって歩くと、見えてきたのがメンヒスベルクのエレベーター(往復3.4E)。<br />

    橋を渡って崖に向かって歩くと、見えてきたのがメンヒスベルクのエレベーター(往復3.4E)。

  • エレベーターを降りた所は、ザルツブルク旧市街が一望の展望台。<br />

    エレベーターを降りた所は、ザルツブルク旧市街が一望の展望台。

  • では、いつものパノラマを。<br />

    では、いつものパノラマを。

  • EVを降りて町歩きを開始。<br />

    EVを降りて町歩きを開始。

  • ゲトライデガッセと呼ばれるメインストリートは観光客で大賑わい。<br />

    ゲトライデガッセと呼ばれるメインストリートは観光客で大賑わい。

  • 建物の軒先にはお馴染みの鉄看板が。<br />

    建物の軒先にはお馴染みの鉄看板が。

  • 靴やさん

    靴やさん

  • カフェ・モーツァルト(最近のものは文字入りが多い)

    カフェ・モーツァルト(最近のものは文字入りが多い)

  • MAC

    MAC

  • ZARA

    ZARA

  • そして、ただの看板だがRedBullまである。ちなみにザルツブルクにはRedBullの本社と工場がある。<br />

    そして、ただの看板だがRedBullまである。ちなみにザルツブルクにはRedBullの本社と工場がある。

  • ゲトライデガッセの中央あたりにモーツァルトの生家あり。時間が無かったので入場せず。<br />

    ゲトライデガッセの中央あたりにモーツァルトの生家あり。時間が無かったので入場せず。

  • レジデンス広場にある大聖堂に入場する。<br />

    レジデンス広場にある大聖堂に入場する。

  • 内部はこんな感じ。すでにいくつもの聖堂に入場してきたので、だんだん聖堂不感症?になってきた。<br />

    内部はこんな感じ。すでにいくつもの聖堂に入場してきたので、だんだん聖堂不感症?になってきた。

  • モーツァルトが弾いたというパイプオルガン。<br />

    モーツァルトが弾いたというパイプオルガン。

  • レジデンス広場の真ん中にある馬が水を吹いている噴水。これも映画に出てきましたね。<br />

    レジデンス広場の真ん中にある馬が水を吹いている噴水。これも映画に出てきましたね。

  • 隣はモーツァルト広場。真ん中にはモーツァルトのブロンズ像。<br />

    隣はモーツァルト広場。真ん中にはモーツァルトのブロンズ像。

  • これも映画でお馴染みのモーツァルト橋。<br />

    これも映画でお馴染みのモーツァルト橋。

  • 中央部からはホーエンザルツブルク城が見える。<br />

    中央部からはホーエンザルツブルク城が見える。

  • 1890年にモーツァルト・クーゲルを最初に作ったお店フュルストへ寄る。<br />

    1890年にモーツァルト・クーゲルを最初に作ったお店フュルストへ寄る。

  • 暑さで溶けてしまう恐れがあったため、ここで食すことに。<br /><br />1.これがモーツァルト・クーゲル。1個1.1E。<br /><br />2.銀紙を剥くと<br /><br />3.半分かじってみた。 甘かった。<br />

    暑さで溶けてしまう恐れがあったため、ここで食すことに。

    1.これがモーツァルト・クーゲル。1個1.1E。

    2.銀紙を剥くと

    3.半分かじってみた。 甘かった。

  • 18:00 少し郊外にある今日の夕食会場は家族経営のような小さなレストラン。<br />

    18:00 少し郊外にある今日の夕食会場は家族経営のような小さなレストラン。

  • 会場は狭く、冷房も無く、風通しも悪かったので、とにかく暑すぎて、これは前菜なのか、メインなのか、デザートなのか、何を飲んだのか忘れてしまった。<br /><br />20:00 ホテルに戻りシャワー(しか無い)を浴びて、ぬるいワインを飲み、就寝する。<br /><br />これで「エーデルワイスの歌が聞こえる・2014中欧旅行記5」は終了です。写真枚数が100枚越えたというのに、最後が無感動の終わり方になり、すみません。次は「ヴァッハウ渓谷に濁流のドナウを見る・2014中欧旅行記6」です。<br /><br />http://4travel.jp/travelogue/10922155

    会場は狭く、冷房も無く、風通しも悪かったので、とにかく暑すぎて、これは前菜なのか、メインなのか、デザートなのか、何を飲んだのか忘れてしまった。

    20:00 ホテルに戻りシャワー(しか無い)を浴びて、ぬるいワインを飲み、就寝する。

    これで「エーデルワイスの歌が聞こえる・2014中欧旅行記5」は終了です。写真枚数が100枚越えたというのに、最後が無感動の終わり方になり、すみません。次は「ヴァッハウ渓谷に濁流のドナウを見る・2014中欧旅行記6」です。

    http://4travel.jp/travelogue/10922155

  • OMAKE 1<br /><br />ザンクト・ヴォルフガング、スワロフスキーの店の前にいた女性。思わず激写(^^;;<br />

    OMAKE 1

    ザンクト・ヴォルフガング、スワロフスキーの店の前にいた女性。思わず激写(^^;;

  • OMAKE 2<br /><br />対照的に地味目のツアーの皆さん。ちなみに28名です。<br />

    OMAKE 2

    対照的に地味目のツアーの皆さん。ちなみに28名です。

この旅行記のタグ

119いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (6)

開く

閉じる

  • キャッツアイさん 2015/03/09 16:17:56
    エーデルワイスの歌が聞こえる・2014中欧旅行記5
    chiaki-kさん、こんにちは!

    ザルツブルグのザルツって岩塩という意味だったんですね!
    1つ、賢くなった気がして(*˘︶˘*).。.嬉しい

    ドイツ語ではフニクレールというんですか
    イタリア語ではフニクラーレ(フニコラーレ)・・
    またまた、語彙の分解をしてみたくなりますね♪

    掘るのは男性で運ぶのは女性の仕事・・
    運ぶのもかなり重たいだろうに・・大変だ・・

    窓辺の花々、街角に溢れる花々
    それだけで気持ちが華やいだり癒されたり・・
    花が溢れる街や家々・・お洒落で素敵ですね!

    あ・・鍵がここでもいっぱいぶらさがっていますね。
    「愛がさび始めてる・・」ヾ(-。 -;)ォィォィ
    そんなショックなことおっしゃいますか〜・・マンマミーア・・
    でも、ありうるわね〜〜〜〜Ψ(`∀´)Ψケケケ

    最後のほうで素敵な女性のショット。
    目の保養ができました。
    美しい女性は、やっぱり(同じ女性でも)目を奪われます。

    軽妙なボケ突っ込みを聞きながら
    楽しい旅行の疑似体験のひと時
    いただきました。
    ありがとうござました!

    ではまた、
    ちゃおちゃお〜
    キャッツアイ╰(*´︶`*)╯


    chiaki-k

    chiaki-kさん からの返信 2015/03/09 21:21:49
    日本女子・ここにあり

    キャッツアイさん、こんばんは。中欧旅行記に”イイネ”ありがとうございます。

    ザルツカンマーグートは、この旅のハイライト。カミさんの強い希望もあって
    実現しましたが、好天に恵まれ、本当にラッキーでした。

    > ザルツブルグのザルツって岩塩という意味だったんですね!

    ザルツは「塩」、ブルクは「砦」の意味ですね。冷蔵庫の無い時代、肉は
    塩漬けにするか、胡椒をまぶして保存しましたので、貴重品だったようです。

    海水から採った塩と違い、わずかに甘みがあり、野菜サラダにスペイン産の
    オリーブ油と一緒にかけると、おいしいですよ。

    > 「愛がさび始めてる・・」

    まあ、さびるくらいなら良い方ですが、どこかの街では重量オーバーにより
    てすりごと川に落ちたらしいですよ。

    > 最後のほうで素敵な女性のショット。

    キャッツアイさんだったら、お友達になってしまったかも・・・

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

    さて、イタリア旅行記・アルタムーラ編、拝見しました。

    *アルタムーラ・・・アルタ村? 面白い名前ですね。

    Googleで見ると、マテーラの北側にある結構大きな街ですね。
    確かに駅から旧市街までは距離がありそうです。

    *ユダの木・・・ユダが首をつったことは知っていましたが、木の名前までは
     知りませんでした。

    *お金に汚いオーナー・・・いるんですね、こういう人

    *下心見え見えのイタ男・・・うわさには聞いたことがありますが
     本当にいるんですね。まあ、ツアーでは絶対ありえませんが。

    それにしてもキャッツアイさんの毅然とした態度は立派です。
    日本女子・ここにありです。パチパチ〜

    さて、次はトスカーナですね。また、ゆっくりと拝見させていただきます。

    では、また。

    chiaki-k
  • 歩さん 2014/08/28 22:01:26
    違った視点から…
    chiaki-kさん、はじめまして(^.^)
    旅行記への投票ありがとうございました。
    そして、chiaki-kさんのハルシュタット編も拝見しました。
    懐かしい!(^^)!
    バスで行かれたようで、私が利用した列車駅が対岸にあり、使う交通機関によって、見える景色も変わってくるのだなと思いました。
    水面に映るハルシュタットの町も素敵ですね。
    その他の中央旅行記も是非、読ませていただきます。
    これからもよろしくお願いします。
                            歩

    chiaki-k

    chiaki-kさん からの返信 2014/08/29 14:24:41
    RE: はじめまして。
    歩さん、はじめまして。コメントありがとうございます。

    ハルシュタット、こんな山の中なのに電車が走っていること自体ビックリです。
    いつか機会があれば電車で訪れ、ロープウェイで山の上に登ってみたいです。

    *ゼー通りの塩屋さん・・・私も同じ塩のビン買いましたよ、赤いのを。

    *バインハウス・・・時間が無いので行きませんでしたが、
               見たいような、見たくないような・・・

    > その他の中央旅行記も是非、読ませていただきます。

    中欧旅行記は今日、最終編をUPしたところです。また、ご覧ください。

    > これからもよろしくお願いします。

    こちらこそ、よろしくお願いします。

    chiaki-k
  • karasukkoさん 2014/08/27 15:15:21
    思わず・・・♪
    chiaki-kさん

    思わず、歌っちゃいました。♪エーデルワ~イス、~エーデルワ~イス~..

    それから、写真、やはり綺麗ですね、水面の波紋も綺麗に写っているし、山もスケール感が違います。
    またパノラマ写真も(凝って痛い)首をかしげて見ました。あれ、上のタイトル写真にできないのかなぁ、なんて思いながら・・・。

    チェコは時間がなくて足を延ばせませんでしたが、もし今後行くことができたら、勿論ビール三昧となることでしょう。
    旅行中は、なぜか昼間から堂々とビールを飲めちゃうのがいいですよね (~:~)/

    最後の若い女性の後ろ姿、ルール違反ですよ〜!
    撮るんなら、ちゃんと正面から、な〜んて。

    karasukko

    chiaki-k

    chiaki-kさん からの返信 2014/08/29 14:11:55
    RE: コメントありがとうございます
    karasukkoさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

    > 思わず、歌っちゃいました。♪

    狙い通りです。はまっていただき、お礼申し上げます。(^^v

    > それから、写真、やはり綺麗ですね、

    ありがとうございます。天も我に見方してくれました。

    > またパノラマ写真も(凝って痛い)首をかしげて見ました。

    通常の横画像でパノラマ写真をUPすると、虫眼鏡で見るようになります。
    縦でUPするとOKなんですが、首を凝らしてしまい申し訳ありません。
    タイトルについてですが、今のトレドが気に入っていますので、このままで。

    > 旅行中は、なぜか昼間から堂々とビールを飲めちゃうのがいいですよね (~:~)/

    同感です。(^^vv

    > 撮るんなら、ちゃんと正面から・・・

    実は、顔の写っている画像もあるんですが、「私はこんな顔じゃない!」
    って言われそうなのでBACKのみということにしました。(^^;;;

    では、また。

    chiaki-k

chiaki-kさんのトラベラーページ

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

オーストリアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
オーストリア最安 450円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

オーストリアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集