鹿島旅行記(ブログ) 一覧に戻る
東国三社とは、鹿島神宮、香取神宮、息栖神社の三つを指します。この三つを参拝すると、伊勢神宮に一度参拝したのと、同じ御利益を頂けるとのこと・・。幕末までは、神宮・・と名乗れたのは、伊勢、鹿島、香取の三つだけ。そんなありがたい東国三社を参拝してきました。私はちょくちょくお参りに行きますので、以前撮影した写真も載せてあり、写真の季節がばらばらだったりもしますが、あまり気になさらずにご覧ください(^^;)なお、写真は加工などしておりません。

東国三社を知っていますか?鹿島神宮、香取神宮、息栖神社を参拝

23いいね!

2014/07/05 - 2014/07/05

45位(同エリア205件中)

0

51

東国三社とは、鹿島神宮、香取神宮、息栖神社の三つを指します。この三つを参拝すると、伊勢神宮に一度参拝したのと、同じ御利益を頂けるとのこと・・。幕末までは、神宮・・と名乗れたのは、伊勢、鹿島、香取の三つだけ。そんなありがたい東国三社を参拝してきました。私はちょくちょくお参りに行きますので、以前撮影した写真も載せてあり、写真の季節がばらばらだったりもしますが、あまり気になさらずにご覧ください(^^;)なお、写真は加工などしておりません。

同行者
一人旅
一人あたり費用
1万円未満
交通手段
自家用車
旅行の満足度
5.0
観光
5.0

PR

  • まずは、香取神宮から参拝。普通、観光バスも止まる大きな香取神宮駐車場から参拝されると思いますが、せっかくきちんと東国三社を廻るなら、利根川沿いに立つ、一の鳥居(津宮浜鳥居)から参拝することをオススメします。少し離れていますが、正式な参拝はこちらから。

    まずは、香取神宮から参拝。普通、観光バスも止まる大きな香取神宮駐車場から参拝されると思いますが、せっかくきちんと東国三社を廻るなら、利根川沿いに立つ、一の鳥居(津宮浜鳥居)から参拝することをオススメします。少し離れていますが、正式な参拝はこちらから。

  • とても大きな木製の鳥居です。これから東国三社を参拝致します・・と一礼し、鳥居をくぐられると、良い感じです☆

    とても大きな木製の鳥居です。これから東国三社を参拝致します・・と一礼し、鳥居をくぐられると、良い感じです☆

  • そして、大きな駐車場より参道へ。厄落とし団子は、とても美味しいので、帰りに買っていかないと♪

    そして、大きな駐車場より参道へ。厄落とし団子は、とても美味しいので、帰りに買っていかないと♪

  • 第二の鳥居。これは秋の写真です。春は桜がとても綺麗です

    第二の鳥居。これは秋の写真です。春は桜がとても綺麗です

  • 参道を上がっていきますと、総門が現れます。

    参道を上がっていきますと、総門が現れます。

  • 総門。ここをくぐると、手水舎がありますので、手と口を清めます。

    総門。ここをくぐると、手水舎がありますので、手と口を清めます。

  • 楼門です。

    楼門です。

  • 楼門をくぐると荘厳な雰囲気の巨木に、圧倒されます。

    楼門をくぐると荘厳な雰囲気の巨木に、圧倒されます。

  • そして、拝殿に到着♪昨年秋に、改修が終わったばかりの拝殿。漆も綺麗で、迫力に圧倒されます。

    そして、拝殿に到着♪昨年秋に、改修が終わったばかりの拝殿。漆も綺麗で、迫力に圧倒されます。

  • 色も鮮やかで、神々しいです。

    色も鮮やかで、神々しいです。

  • 賽銭箱の前にて参拝して直ぐ帰るのでは無く、ぜひ一周して、拝殿、本殿を見てください。すごく綺麗ですよ。

    賽銭箱の前にて参拝して直ぐ帰るのでは無く、ぜひ一周して、拝殿、本殿を見てください。すごく綺麗ですよ。

  • 本殿を横から撮影。

    本殿を横から撮影。

  • こちらも本殿を逆側横から撮影。

    こちらも本殿を逆側横から撮影。

  • こちらは、本殿の裏手です。これから先の写真にも、青い光や、白い玉・・が出て来ることが多いです。神社自体は鳥居から内側・・は結界となっており、悪い物は入ることが出来ません。なので、悪い物では無いと思いますが、気味が悪い・・と感じられる方は、この先、閲覧されない方が良いと思います。

    こちらは、本殿の裏手です。これから先の写真にも、青い光や、白い玉・・が出て来ることが多いです。神社自体は鳥居から内側・・は結界となっており、悪い物は入ることが出来ません。なので、悪い物では無いと思いますが、気味が悪い・・と感じられる方は、この先、閲覧されない方が良いと思います。

  • 晴れた日の本殿☆

    晴れた日の本殿☆

  • そして、本殿より少し歩きますが、絶対忘れて欲しくないのが、奥宮・・への参拝です。経津主大神さまの荒御魂・・を祀られて居るところですが、とても神気に満ちた場所で、その場に佇むだけでも、スーッと心が洗われるよう・・。

    そして、本殿より少し歩きますが、絶対忘れて欲しくないのが、奥宮・・への参拝です。経津主大神さまの荒御魂・・を祀られて居るところですが、とても神気に満ちた場所で、その場に佇むだけでも、スーッと心が洗われるよう・・。

  • 香取神宮に限らず、歴史ある神社仏閣は、神気に満ちた、とても良い「気」でいっぱいです。直ぐ帰ってしまうのは、ホントにもったいない!

    香取神宮に限らず、歴史ある神社仏閣は、神気に満ちた、とても良い「気」でいっぱいです。直ぐ帰ってしまうのは、ホントにもったいない!

  • 降り注ぐ光も、神気に満ちていますね♪

    降り注ぐ光も、神気に満ちていますね♪

  • 体の隅々まで、時間をかけて、吸い込んでいきましょう。

    体の隅々まで、時間をかけて、吸い込んでいきましょう。

  • 鹿島神宮でもそうですが、奥宮に来ると、手のひら、足の裏全体がジンジンして、なおかつ、手のひらの中央、土踏まずの真ん中・・あたりがチクチクする・・という感覚が現れます。多分、神気が強いのですね☆

    鹿島神宮でもそうですが、奥宮に来ると、手のひら、足の裏全体がジンジンして、なおかつ、手のひらの中央、土踏まずの真ん中・・あたりがチクチクする・・という感覚が現れます。多分、神気が強いのですね☆

  • 奥宮から、少し歩きまして・・もう一つ、外せないポイント!要石☆要石は、鹿島神宮にもあります。この石が、地震ナマズ・・を押さえているそうなので、必ずお参りしましょう。

    奥宮から、少し歩きまして・・もう一つ、外せないポイント!要石☆要石は、鹿島神宮にもあります。この石が、地震ナマズ・・を押さえているそうなので、必ずお参りしましょう。

  • そして、もと来た参道に戻り、厄落としだんごを買って、香取神宮から、息栖神社へ・・・。

    そして、もと来た参道に戻り、厄落としだんごを買って、香取神宮から、息栖神社へ・・・。

  • 香取神宮より、車で20分ほど、息栖神社です。こちらはあまり知られていないですが、香取、鹿島の神様を、出雲まで案内した神様のようで、交通安全にとても御利益がある神社らしいです。運送関係の方の参拝が多いとのこと。こちらも駐車場より離れた所に、第一の鳥居があります。まずはこちらに・・。

    香取神宮より、車で20分ほど、息栖神社です。こちらはあまり知られていないですが、香取、鹿島の神様を、出雲まで案内した神様のようで、交通安全にとても御利益がある神社らしいです。運送関係の方の参拝が多いとのこと。こちらも駐車場より離れた所に、第一の鳥居があります。まずはこちらに・・。

  • そして、入り口です。入り口にきちんと東国三社の文字がありますね。

    そして、入り口です。入り口にきちんと東国三社の文字がありますね。

  • 参道は、大木が多く、歴史を感じさせます。

    参道は、大木が多く、歴史を感じさせます。

  • 手水舎で清めた後、こちらの門をくぐり拝殿へ

    手水舎で清めた後、こちらの門をくぐり拝殿へ

  • 大きな木が沢山で、やはり歴史を感じますね。

    大きな木が沢山で、やはり歴史を感じますね。

  • 息栖・・イキスと読みます。運輸関係の方の供え物が多かったです。

    息栖・・イキスと読みます。運輸関係の方の供え物が多かったです。

  • 香取、鹿島の神様は、龍神様に乗って、それぞれの神様が移動されるそうです。龍神様は、水の神様でもありますし、東国三社は水辺にありますので、至る所に、龍の姿を見る事が出来ます。利根川自体も、川自体が龍脈・・とか聞いたことがあります。鹿島神宮に向かいます。

    香取、鹿島の神様は、龍神様に乗って、それぞれの神様が移動されるそうです。龍神様は、水の神様でもありますし、東国三社は水辺にありますので、至る所に、龍の姿を見る事が出来ます。利根川自体も、川自体が龍脈・・とか聞いたことがあります。鹿島神宮に向かいます。

  • 車で15分ほど・・で鹿島神宮に到着します。鹿島神宮に向かう途中の橋から、水上に、赤い大きな鳥居が見えてきます。これが一の鳥居です。見えたら心の中で、これから参拝に参ります・・と言うと良いかも知れません☆写真は門前のお土産屋さんや食事処・・が並ぶ参道。

    車で15分ほど・・で鹿島神宮に到着します。鹿島神宮に向かう途中の橋から、水上に、赤い大きな鳥居が見えてきます。これが一の鳥居です。見えたら心の中で、これから参拝に参ります・・と言うと良いかも知れません☆写真は門前のお土産屋さんや食事処・・が並ぶ参道。

  • 第二の鳥居、東日本大震災で石造りの鳥居が倒壊してしまった為、去年秋までは、鳥居が無い状態でした。

    第二の鳥居、東日本大震災で石造りの鳥居が倒壊してしまった為、去年秋までは、鳥居が無い状態でした。

  • そして、今年の6月に木製の新しい鳥居が完成しました!!一礼して境内へと進みます。

    そして、今年の6月に木製の新しい鳥居が完成しました!!一礼して境内へと進みます。

  • 手水舎でお清めをして、楼門をくぐりましょう。楼門をくぐるときも、一礼・・を忘れずに。

    手水舎でお清めをして、楼門をくぐりましょう。楼門をくぐるときも、一礼・・を忘れずに。

  • 秋の写真です。楼門をくぐって、右側に拝殿があります。いきなり拝殿でお参り・・ではなく、正面に写っている、高房神社・・という小さな社・・をお参りしてから、拝殿で鹿島の神様に参拝するのが、古例・・だそうです。

    秋の写真です。楼門をくぐって、右側に拝殿があります。いきなり拝殿でお参り・・ではなく、正面に写っている、高房神社・・という小さな社・・をお参りしてから、拝殿で鹿島の神様に参拝するのが、古例・・だそうです。

  • 拝殿でお参りします。

    拝殿でお参りします。

  • 拝殿。鹿島神宮にはいつ来ても、自然と背筋がまっすぐ伸びる様な、緊張感が漂っています。

    拝殿。鹿島神宮にはいつ来ても、自然と背筋がまっすぐ伸びる様な、緊張感が漂っています。

  • こちらも昨年の暮れに改修工事が終わり、とても綺麗な色鮮やかな本殿です。築約400年の重厚な品格がありますね。

    こちらも昨年の暮れに改修工事が終わり、とても綺麗な色鮮やかな本殿です。築約400年の重厚な品格がありますね。

  • 巨樹に囲まれた参道を進みます。途中に鹿が沢山居る鹿園・・もあります。奥宮を目指します。

    巨樹に囲まれた参道を進みます。途中に鹿が沢山居る鹿園・・もあります。奥宮を目指します。

  • 鹿島神宮も、奥宮は絶対外せません。とても強い神気に満ちております。徳川家康が寄進したこの社。現在の本殿の前は、この社が本殿だったそう・・。

    鹿島神宮も、奥宮は絶対外せません。とても強い神気に満ちております。徳川家康が寄進したこの社。現在の本殿の前は、この社が本殿だったそう・・。

  • 蛇様?龍神様?でしょうか・・

    蛇様?龍神様?でしょうか・・

  • なんか、青い物飛んでます。

    なんか、青い物飛んでます。

  • こちらも龍神様のように見える気がします・・

    こちらも龍神様のように見える気がします・・

  • 奥宮から、要石へと向かいます。これほど長い距離なのに、いつ来ても、きれいに掃かれた参道に、神職の方に頭が下がります。

    奥宮から、要石へと向かいます。これほど長い距離なのに、いつ来ても、きれいに掃かれた参道に、神職の方に頭が下がります。

  • 途中、西日にカメラを向けました。神気に包まれた場所です。<br />

    途中、西日にカメラを向けました。神気に包まれた場所です。

  • 鹿島神宮の御祭神「武甕槌大神(たけみかづちのおおかみ)」さまです。ナマズの頭を押さえつけて、地震を軽減してくださってます。

    鹿島神宮の御祭神「武甕槌大神(たけみかづちのおおかみ)」さまです。ナマズの頭を押さえつけて、地震を軽減してくださってます。

  • そして、要石!なんとこちらの要石、どこまで地下深くある石なのか・・と、あの、水戸光圀さまが、7日7晩掘らせたが、失敗に終わったそう・・。黄門さま、無茶します(汗 

    そして、要石!なんとこちらの要石、どこまで地下深くある石なのか・・と、あの、水戸光圀さまが、7日7晩掘らせたが、失敗に終わったそう・・。黄門さま、無茶します(汗 

  • こちらが光圀様をもうならせた、鹿島の要石・・です。石が顔を出している部分は小さいですが、深く深くナマズの頭を押さえているそうです。

    こちらが光圀様をもうならせた、鹿島の要石・・です。石が顔を出している部分は小さいですが、深く深くナマズの頭を押さえているそうです。

  • 一旦、奥宮に戻り、急坂を下り、御手洗の池を目指します。帰り道の上りは、結構大変なので、途中に休憩ベンチがあっても良さそうな・・坂です(涙

    一旦、奥宮に戻り、急坂を下り、御手洗の池を目指します。帰り道の上りは、結構大変なので、途中に休憩ベンチがあっても良さそうな・・坂です(涙

  • 御手洗の池。ここの湧き水は、神代(2670年前!)より枯れることがないそう。

    御手洗の池。ここの湧き水は、神代(2670年前!)より枯れることがないそう。

  • こちらの横に、食事も出来るお茶やさんがあります。こちらのおそばで直会(なおらい)をしても良いかもです。参拝は、神社の土地の物を口に入れる・・という直会までが参拝らしいです。天ざる・・は美味しかったです♪

    こちらの横に、食事も出来るお茶やさんがあります。こちらのおそばで直会(なおらい)をしても良いかもです。参拝は、神社の土地の物を口に入れる・・という直会までが参拝らしいです。天ざる・・は美味しかったです♪

  • 楼門を出たところに、摂社、末社群(小さい神社)があります。鹿島神宮、香取神宮クラスの歴史ある神社だと、摂社末社にも、きちんと神様がいらっしゃるので、できれば参拝した方が良いそうです☆また、東国三社は、できれば一日で全部廻った方が良い・・とネットで読みました。それぞれはあまり離れていないので、ぜひ出かけてみてください♪

    楼門を出たところに、摂社、末社群(小さい神社)があります。鹿島神宮、香取神宮クラスの歴史ある神社だと、摂社末社にも、きちんと神様がいらっしゃるので、できれば参拝した方が良いそうです☆また、東国三社は、できれば一日で全部廻った方が良い・・とネットで読みました。それぞれはあまり離れていないので、ぜひ出かけてみてください♪

この旅行記のタグ

23いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集