北マーレ環礁旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2014年5月1日木曜日〜5月6日火曜日<br />旅行会社 エス・ティー・ワールド<br />飛行機  シンガポール航空<br />ホテル  アンサナ・イフル<br /><br />往路 5月1日 SQ637 成田11:10発〜 シンガポールチャンギ17:20着〜 トランジットSQ452チャンギ20:45発〜 モルディブマレ22:10着<br /><br />復路 5月5日 SQ451 マレ23:25発〜 シンガポールチャンギ7:10着〜 トランジットSQ012チャンギ9:25発〜 成田17:30着<br /><br />◆旅行会社<br />STワールドさん、今までで一番よかったです。もうこれからずっとこの会社にしようと思うくらいに。キャン待ちでもマメに電話をいただけてとても良心的に思いました。送付資料も簡潔かつポイントは抑えてある賢い内容で気に入りました。さらに素晴らしかったのはシンガポール航空のカウンターに直接Eチケットを出せたことです。成田でのチェックインの手間が1つ省けて大変時間節約になりました。<br />ひとつだけ困ったのはキャン待ちから正式決定するのが約ひと月前と非常に慌しかった点。とくに今回は2月上旬の時点でキャン待ちさえストップしていたためほぼあきらめてたんですよ。だから余計に慌ててしまうことになってちょっと嫌でした。<br /><br />◆飛行機 <br />去年の経験を活かしたため今回は快適に過ごせました。防寒具持参は必須ですね。相変わらず寒かったです。そして機内食が前回よりもなぜか美味しかった。メニューは去年とほとんど変わってなかったのになんでだろう?? 今回は肉が硬くてパサパサじゃなかったですよ^^ とくにパスタが美味しくて病み付きになりそうでした♪♪ アイスも昨年と全く同じもの。ただでさえ寒いのに困るんですが、私は美味しい食べ方を見つけました。パンと一緒に食べると冷たさが緩和されるばかりかまるでケーキのようにいただけるのでお勧めです!<br /><br />ところで、書き忘れたことがあったので追記します。 マレ〜チャンギ間の中国人の多さとマナーの悪さには辟易しました。 座席を100%倒した状態で平気で映画を見ていたり、食後に口や鼻の中を指で直接掃除しなんとその指を座席トレーの淵に何度もなすりつけていたり(それを見てから思わず座席トレーをおしぼりで拭いてしまいました!!)、搭乗口通路で罵声を浴びせ合いながら大喧嘩していたり・・・。 去年に比べても年々あきらかに増えています。いや、もはや大半がそうといっても過言ではありません。 正直、次回のことを考えると気が重くなりそうです・・・。<br /><br />◆アンサナ・イフル<br />モルディブに3回行きましたが、もう最高です!!!!!スタッフ教育が行き届いており笑顔や挨拶が徹底されています。英語が片言でも滞在中不快な思いをすることはほとんどありませんでした。また、1泊ごとにアンサナグッズをいただけて感激しました!! それと、アンサナのダイブセンターにも日本人女性スタッフがいらっしゃって何かと教えていただき非常に有難かったです。彼女はバンヤンとアンサナ両方を行き来なさっていらっしゃいますようでバンヤンでもお目にかかることが出来、安心感が高まりました。<br /><br />海も評判どおりもう本当に素晴らしいです!!!!!ドロップオフが非常に近くパッセージも5箇所あるのでスノーケル派にはうってつけの環境です。島全体を珊瑚が取り囲んでいるのでもう楽しくて1周なんてあっという間です!!こんなにドロップオフが近いのに大型の魚がいっぱい!!ここで見れない魚たちはいないんじゃないかと思えるほどモルディブオールスターがうじゃうじゃ現れ大興奮です!!今まで小型の状態でしか見れていなかった魚たちが巨大になって悠々と泳ぐ姿を初めて見れました!!亀もエイもサメも魚群もいっぱい見れました!!<br /><br />バンヤンツリーのほうでもシュノーケルしましたが、こちらはアンサナと違ってラグーンが非常に広くドロップオフに出るまでが長くて泳ぐだけでも大変でした。しかしサメのサイズがアンサナよりも大きかったです。ところで、エイとカメの餌付けは17時からはじまりますが、それぞれ別々に行うので注意が必要です。エイは浜辺であげますが、カメはその後ドロップオフまで泳いで柵の上部から餌を投入します。それにしてもエイがこんなに人になつく賢い動物だとは知りませんでした!!超かわいかったです!!バンヤンの島自体は、私個人的にはイマイチに感じました。アンサナのほうがこじんまりとして温かなイメージがあります。<br /><br />食事は朝食だけのプランでした。朝おなかいっぱい食べると昼は要らないし、夜はもう寝るだけなのでバーで軽く食べるだけで充分でした。モルディブといえば食事がまずいイメージしかなかったのですが、アンサナでは違いました。ちゃんとした料理がちゃんと美味しく出てきます!!朝はワッフルや卵料理が美味しくフルーツもたっぷり食べれるし味噌汁もあるしで大満足。夜はバーのアラカルトで何を頼んでも美味しかったです!!ちなみにバーでの食費ですがおおよそドリンクが10ドル前後、料理が20ドル前後となります。ちなみに日曜日の夜、モルディビアンナイトと知らずに(バーに)行ってビックリしました!!いきなり踊らされましたがとても楽しい一夜を過ごせました!!機会があればぜひご参加を!<br /><br />部屋ですが、狭いながらもオシャレなインテリアが落ち着きます。2012年7月のリニューアル後はダブルベッドもクイーンサイズになったようで2人で寝てもまったく狭さを感じませんでした。<br />ちなみに水は毎日ノーチャージで補給してくれて、さらにそれを使っていろいろな飲み物が楽しめるようになっています。<br /><br />しかし使い勝手に関しては非常に悪かったです。ベッドルームやバスルームに座る場所がまったくありません。ドレッサーもないので風呂上りもずっと立ったままです。パソコンやるのも立ちっぱなし。しかも暗いし。<br />ハンガーを干す場所も、狭いクローゼット以外には一切なく、雨天時に水着など濡れたものを干すのに非常に困りました。<br /><br />ジャグジー付にしたのも失敗でした。というのも滞在中半分が雨だったため野外にあるジャグジーはほとんど使い物にならなかったんです!! アップグレード料金もけっこう高かったし、正直いらなかった・・・もったいなかったなぁと思います。 ジャグジー自体も良くありませんでした。お湯が出ないときがあったり、お湯もなかなかたまらなかったり、底に栓のない自動排水のため何度も入ることができません。風呂のフタもとても重くてちょっと動かすだけでひと苦労。構造上、中にどうしてもゴミがたまってしまうのも難点です。<br /><br />実はひどかったのはジャグジーばかりでなく、バスルーム自体も非常に使い辛かったです。 到着直後深夜ヘトヘトに疲れてるとき、普通のビジネスホテルのバスルームがどんなに恋しかったかわかりません!!<br />オシャレさやムードを優先するあまり使い勝手に支障をきたすのは好みではありません。とくに正面上部にある「竹筒シャワー」は必要なかったかも。普通のシャワーヘッドも真横についているのですがそれを正面につけてもらったほうがどれだけ使い易かったかわかりません。なおシャワー圧は日本よりは弱いですが許容範囲内でした。<br /><br />トイレもいただけませんでした。今まで3回モルディブに行きましたが手動ビデが付いてなかったのはここが初めてです。ウォシュレットに慣れてしまっているためやはり洗わないと気持ち悪いので自分はわざわざシャワーまで行ってびちゃびちゃになりながら洗っていました。<br /><br />実はこのバスルーム、もうひとつ個人的に使い辛かった点があるのですが、それはトイレと洗面台とシャワーの配置です。洗面台とトイレが非常に近くて、で、トイレとシャワーが遠いの。洗顔や歯磨きをしてる真後ろにトイレがあるってのは匂いの面などにおいても気持ち悪かったし、トイレとシャワーも離れてるので行き来するのが大変で・・・。バスルームは裸足仕様だから余計に汚く感じてしまいました。<br /><br />とにかくアンサナでちょっと不満を感じたのがこういった全体的な部屋の使い勝手の悪さでした。庭はすごく良かっただけに残念です。<br /><br />そう、庭は超良いです!!今まで水上コテージ派だった我々もすっかりビーチコテージの魅力にはまってしまいました。濃い緑の熱帯植物の間から眩しいほどの白砂が輝きその先に真っ青な海が広がるコントラストは水上コテージでは味わえない美しさです。木陰の下の大きな丸い庭用ソファーでうとうとすれば、おもむろに鳥やトカゲがすたすたと横切っていきます。そんなふうにとにかく癒されるお庭となっています。モルディブ型ブランコのウンドゥーリも楽しくてはまりますよ♪♪ <br />ところで、今回のモルディブはあまり天気に恵まれませんでした。晴れたのは最初の2日間だけであとの2日間は雨ばかりでした。とくに最終日はものすごい嵐の連続で外に出るのも難しかったくらい。海の中も波が非常に高く砂が舞い踊って白く濁りとんでもない有様になっていました。それでも多くの魚がうようよしてはいましたけど。<br /><br />最終日スコールの連続だったことから、チェックアウト後、デイユースルームを新たに借りることにしました。夜の18時までが2人で1万5千円、21時までが2万円でしたが、1万5千円で21時まで利用していいといわれラッキーでした。おかげで最終日、大雨でも部屋でゆったり休めて助かりました。<br /><br />このホテルのゲストについてですが、やはり中国人が非常に多かったです。あとはほぼ白人。今回めずらしく日本人は我々だけでした(たぶん)。しかしながら最近の中国人はいろいろと学んでいるのかとくにうるさいことも迷惑をかけられることもなく問題はありませんでした。<br /><br />総合的に、ここ「アンサナイフル」は近いうちにまたぜひ訪れたいと思います。スタッフは皆親切で温かく、食事は美味しいし、ゲストはマナーよく、リゾートとしてもほどほどの料金だし、何より海が・・・これ以上はないと思えるほどシュノーケル派にはピッタリの環境なんです!!シュノーケルでカメやエイや大きなサメまで見れるなんてここが初めてでした!!<br /><br />最後にひと言。<br />アンサナイフルは小さなまあるい島ですが、年々少しづつ侵食が進んでいるようでした。部屋の前の砂浜がほとんどない場所さえあります。そういう箇所に、スタッフが毎日一生懸命「土のう」を設置している状況でした。このようにアンサナ&バンヤンツリーでは将来モルディブが海に沈んでしまわないよう積極的な活動を行っています。珊瑚やカメの育成、海岸線の保護など献身的な活動を目の当たりにし、これからもこのリゾートを応援していかなければという気持ちにさせられました。<br />

モルディブ アンサナイフル 2014GW

50いいね!

2014/05/01 - 2014/05/06

62位(同エリア748件中)

7

52

2014年5月1日木曜日〜5月6日火曜日
旅行会社 エス・ティー・ワールド
飛行機  シンガポール航空
ホテル  アンサナ・イフル

往路 5月1日 SQ637 成田11:10発〜 シンガポールチャンギ17:20着〜 トランジットSQ452チャンギ20:45発〜 モルディブマレ22:10着

復路 5月5日 SQ451 マレ23:25発〜 シンガポールチャンギ7:10着〜 トランジットSQ012チャンギ9:25発〜 成田17:30着

◆旅行会社
STワールドさん、今までで一番よかったです。もうこれからずっとこの会社にしようと思うくらいに。キャン待ちでもマメに電話をいただけてとても良心的に思いました。送付資料も簡潔かつポイントは抑えてある賢い内容で気に入りました。さらに素晴らしかったのはシンガポール航空のカウンターに直接Eチケットを出せたことです。成田でのチェックインの手間が1つ省けて大変時間節約になりました。
ひとつだけ困ったのはキャン待ちから正式決定するのが約ひと月前と非常に慌しかった点。とくに今回は2月上旬の時点でキャン待ちさえストップしていたためほぼあきらめてたんですよ。だから余計に慌ててしまうことになってちょっと嫌でした。

◆飛行機 
去年の経験を活かしたため今回は快適に過ごせました。防寒具持参は必須ですね。相変わらず寒かったです。そして機内食が前回よりもなぜか美味しかった。メニューは去年とほとんど変わってなかったのになんでだろう?? 今回は肉が硬くてパサパサじゃなかったですよ^^ とくにパスタが美味しくて病み付きになりそうでした♪♪ アイスも昨年と全く同じもの。ただでさえ寒いのに困るんですが、私は美味しい食べ方を見つけました。パンと一緒に食べると冷たさが緩和されるばかりかまるでケーキのようにいただけるのでお勧めです!

ところで、書き忘れたことがあったので追記します。 マレ〜チャンギ間の中国人の多さとマナーの悪さには辟易しました。 座席を100%倒した状態で平気で映画を見ていたり、食後に口や鼻の中を指で直接掃除しなんとその指を座席トレーの淵に何度もなすりつけていたり(それを見てから思わず座席トレーをおしぼりで拭いてしまいました!!)、搭乗口通路で罵声を浴びせ合いながら大喧嘩していたり・・・。 去年に比べても年々あきらかに増えています。いや、もはや大半がそうといっても過言ではありません。 正直、次回のことを考えると気が重くなりそうです・・・。

◆アンサナ・イフル
モルディブに3回行きましたが、もう最高です!!!!!スタッフ教育が行き届いており笑顔や挨拶が徹底されています。英語が片言でも滞在中不快な思いをすることはほとんどありませんでした。また、1泊ごとにアンサナグッズをいただけて感激しました!! それと、アンサナのダイブセンターにも日本人女性スタッフがいらっしゃって何かと教えていただき非常に有難かったです。彼女はバンヤンとアンサナ両方を行き来なさっていらっしゃいますようでバンヤンでもお目にかかることが出来、安心感が高まりました。

海も評判どおりもう本当に素晴らしいです!!!!!ドロップオフが非常に近くパッセージも5箇所あるのでスノーケル派にはうってつけの環境です。島全体を珊瑚が取り囲んでいるのでもう楽しくて1周なんてあっという間です!!こんなにドロップオフが近いのに大型の魚がいっぱい!!ここで見れない魚たちはいないんじゃないかと思えるほどモルディブオールスターがうじゃうじゃ現れ大興奮です!!今まで小型の状態でしか見れていなかった魚たちが巨大になって悠々と泳ぐ姿を初めて見れました!!亀もエイもサメも魚群もいっぱい見れました!!

バンヤンツリーのほうでもシュノーケルしましたが、こちらはアンサナと違ってラグーンが非常に広くドロップオフに出るまでが長くて泳ぐだけでも大変でした。しかしサメのサイズがアンサナよりも大きかったです。ところで、エイとカメの餌付けは17時からはじまりますが、それぞれ別々に行うので注意が必要です。エイは浜辺であげますが、カメはその後ドロップオフまで泳いで柵の上部から餌を投入します。それにしてもエイがこんなに人になつく賢い動物だとは知りませんでした!!超かわいかったです!!バンヤンの島自体は、私個人的にはイマイチに感じました。アンサナのほうがこじんまりとして温かなイメージがあります。

食事は朝食だけのプランでした。朝おなかいっぱい食べると昼は要らないし、夜はもう寝るだけなのでバーで軽く食べるだけで充分でした。モルディブといえば食事がまずいイメージしかなかったのですが、アンサナでは違いました。ちゃんとした料理がちゃんと美味しく出てきます!!朝はワッフルや卵料理が美味しくフルーツもたっぷり食べれるし味噌汁もあるしで大満足。夜はバーのアラカルトで何を頼んでも美味しかったです!!ちなみにバーでの食費ですがおおよそドリンクが10ドル前後、料理が20ドル前後となります。ちなみに日曜日の夜、モルディビアンナイトと知らずに(バーに)行ってビックリしました!!いきなり踊らされましたがとても楽しい一夜を過ごせました!!機会があればぜひご参加を!

部屋ですが、狭いながらもオシャレなインテリアが落ち着きます。2012年7月のリニューアル後はダブルベッドもクイーンサイズになったようで2人で寝てもまったく狭さを感じませんでした。
ちなみに水は毎日ノーチャージで補給してくれて、さらにそれを使っていろいろな飲み物が楽しめるようになっています。

しかし使い勝手に関しては非常に悪かったです。ベッドルームやバスルームに座る場所がまったくありません。ドレッサーもないので風呂上りもずっと立ったままです。パソコンやるのも立ちっぱなし。しかも暗いし。
ハンガーを干す場所も、狭いクローゼット以外には一切なく、雨天時に水着など濡れたものを干すのに非常に困りました。

ジャグジー付にしたのも失敗でした。というのも滞在中半分が雨だったため野外にあるジャグジーはほとんど使い物にならなかったんです!! アップグレード料金もけっこう高かったし、正直いらなかった・・・もったいなかったなぁと思います。 ジャグジー自体も良くありませんでした。お湯が出ないときがあったり、お湯もなかなかたまらなかったり、底に栓のない自動排水のため何度も入ることができません。風呂のフタもとても重くてちょっと動かすだけでひと苦労。構造上、中にどうしてもゴミがたまってしまうのも難点です。

実はひどかったのはジャグジーばかりでなく、バスルーム自体も非常に使い辛かったです。 到着直後深夜ヘトヘトに疲れてるとき、普通のビジネスホテルのバスルームがどんなに恋しかったかわかりません!!
オシャレさやムードを優先するあまり使い勝手に支障をきたすのは好みではありません。とくに正面上部にある「竹筒シャワー」は必要なかったかも。普通のシャワーヘッドも真横についているのですがそれを正面につけてもらったほうがどれだけ使い易かったかわかりません。なおシャワー圧は日本よりは弱いですが許容範囲内でした。

トイレもいただけませんでした。今まで3回モルディブに行きましたが手動ビデが付いてなかったのはここが初めてです。ウォシュレットに慣れてしまっているためやはり洗わないと気持ち悪いので自分はわざわざシャワーまで行ってびちゃびちゃになりながら洗っていました。

実はこのバスルーム、もうひとつ個人的に使い辛かった点があるのですが、それはトイレと洗面台とシャワーの配置です。洗面台とトイレが非常に近くて、で、トイレとシャワーが遠いの。洗顔や歯磨きをしてる真後ろにトイレがあるってのは匂いの面などにおいても気持ち悪かったし、トイレとシャワーも離れてるので行き来するのが大変で・・・。バスルームは裸足仕様だから余計に汚く感じてしまいました。

とにかくアンサナでちょっと不満を感じたのがこういった全体的な部屋の使い勝手の悪さでした。庭はすごく良かっただけに残念です。

そう、庭は超良いです!!今まで水上コテージ派だった我々もすっかりビーチコテージの魅力にはまってしまいました。濃い緑の熱帯植物の間から眩しいほどの白砂が輝きその先に真っ青な海が広がるコントラストは水上コテージでは味わえない美しさです。木陰の下の大きな丸い庭用ソファーでうとうとすれば、おもむろに鳥やトカゲがすたすたと横切っていきます。そんなふうにとにかく癒されるお庭となっています。モルディブ型ブランコのウンドゥーリも楽しくてはまりますよ♪♪ 
ところで、今回のモルディブはあまり天気に恵まれませんでした。晴れたのは最初の2日間だけであとの2日間は雨ばかりでした。とくに最終日はものすごい嵐の連続で外に出るのも難しかったくらい。海の中も波が非常に高く砂が舞い踊って白く濁りとんでもない有様になっていました。それでも多くの魚がうようよしてはいましたけど。

最終日スコールの連続だったことから、チェックアウト後、デイユースルームを新たに借りることにしました。夜の18時までが2人で1万5千円、21時までが2万円でしたが、1万5千円で21時まで利用していいといわれラッキーでした。おかげで最終日、大雨でも部屋でゆったり休めて助かりました。

このホテルのゲストについてですが、やはり中国人が非常に多かったです。あとはほぼ白人。今回めずらしく日本人は我々だけでした(たぶん)。しかしながら最近の中国人はいろいろと学んでいるのかとくにうるさいことも迷惑をかけられることもなく問題はありませんでした。

総合的に、ここ「アンサナイフル」は近いうちにまたぜひ訪れたいと思います。スタッフは皆親切で温かく、食事は美味しいし、ゲストはマナーよく、リゾートとしてもほどほどの料金だし、何より海が・・・これ以上はないと思えるほどシュノーケル派にはピッタリの環境なんです!!シュノーケルでカメやエイや大きなサメまで見れるなんてここが初めてでした!!

最後にひと言。
アンサナイフルは小さなまあるい島ですが、年々少しづつ侵食が進んでいるようでした。部屋の前の砂浜がほとんどない場所さえあります。そういう箇所に、スタッフが毎日一生懸命「土のう」を設置している状況でした。このようにアンサナ&バンヤンツリーでは将来モルディブが海に沈んでしまわないよう積極的な活動を行っています。珊瑚やカメの育成、海岸線の保護など献身的な活動を目の当たりにし、これからもこのリゾートを応援していかなければという気持ちにさせられました。

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ホテル
5.0
グルメ
5.0
交通
5.0
同行者
カップル・夫婦
一人あたり費用
30万円 - 50万円
交通手段
航空会社
シンガポール航空
旅行の手配内容
ツアー(添乗員同行なし)
利用旅行会社
エス・ティー・ワールド

PR

  • シンガポール航空。機内食。チャンギ→マレ。ビーフ(フェットチーネ)。これは私が食べました。今まで食べた機内食の中で一番美味しかった!!内容は昨年とまったく同じ。

    シンガポール航空。機内食。チャンギ→マレ。ビーフ(フェットチーネ)。これは私が食べました。今まで食べた機内食の中で一番美味しかった!!内容は昨年とまったく同じ。

  • シンガポール航空。機内食。チャンギ→マレ。こちらはチキン(ココナツカレー)。今回これは旦那が食べた。 実は昨年、私も食べた。美味しくなかった・・・。

    シンガポール航空。機内食。チャンギ→マレ。こちらはチキン(ココナツカレー)。今回これは旦那が食べた。 実は昨年、私も食べた。美味しくなかった・・・。

  • メインジェッティ

    メインジェッティ

  • 橋を渡った正面。

    橋を渡った正面。

  • 島側からメインジェッティを臨む。

    島側からメインジェッティを臨む。

  • 部屋内部。TV。CDプレーヤー。冷蔵庫(中味は有料飲料)。フィリップスの湯沸し(これは優秀、あっという間に沸く)。エアコン。セーフティーボックス。 もちろんパソコンも繋がります。<br /><br />ベッドは申し分ない大きさです。普段は必ずツインをリクエストする私でも大丈夫でした!<br /><br />ハンガーは5個くらいあったけど、クローゼット以外にかかる場所は一切なくて、雨の日に水着などを干す場所がなくてとても困りました。<br /><br />なお、掲載写真はデイユースルームですが、インテリアや調度品などはほとんど変わりません。変わるのはベッドくらい。写真のベッドはおそらくセミダブルでしょうが、通常はクイーンサイズですのでご安心を。

    部屋内部。TV。CDプレーヤー。冷蔵庫(中味は有料飲料)。フィリップスの湯沸し(これは優秀、あっという間に沸く)。エアコン。セーフティーボックス。 もちろんパソコンも繋がります。

    ベッドは申し分ない大きさです。普段は必ずツインをリクエストする私でも大丈夫でした!

    ハンガーは5個くらいあったけど、クローゼット以外にかかる場所は一切なくて、雨の日に水着などを干す場所がなくてとても困りました。

    なお、掲載写真はデイユースルームですが、インテリアや調度品などはほとんど変わりません。変わるのはベッドくらい。写真のベッドはおそらくセミダブルでしょうが、通常はクイーンサイズですのでご安心を。

  • Dilmahのティーセットが充実。無くなれば常時補給してくれるノーチャージウォーターを使っていくらでも飲むことが出来ます。内容はコーヒー、紅茶(アールグレイ他)やハーブティー(カモマイル・ペパーミント・ローズヒップ)、緑茶やジャスミン茶とかなりバラエティ豊富。

    Dilmahのティーセットが充実。無くなれば常時補給してくれるノーチャージウォーターを使っていくらでも飲むことが出来ます。内容はコーヒー、紅茶(アールグレイ他)やハーブティー(カモマイル・ペパーミント・ローズヒップ)、緑茶やジャスミン茶とかなりバラエティ豊富。

  • 左からお水・CD・ティーボックス・湯沸かし器。手前にあるお香もノーチャージです。<br /><br />なお、アンサナ・バンヤンツリーグループではホテルレーベルでCDを揃えています。そのうちの1枚がこのCDプレーヤーの中に入っており聴くことが出来ます。実は私はそのCDが大変気に入り売店に捜しに行ったところ売ってました。が、1枚5千円くらいしたのであきらめました。<br /><br />ちなみに、帰国後ネットで捜してみたらアマゾンかなんかで2千円台で売ってました。(ただしこれはアンサナブランド品ではないimport)<br /><br />そして、アンサナギャラリーのネットショップでも売ってました。<br />http://www.banyantreegallery.com/angsana_gallery/angsana-home-and-office/music-media<br />ここではアンサナブランドオリジナルが買えますよー♪<br />CDに限らず買い忘れた方はぜひ!

    左からお水・CD・ティーボックス・湯沸かし器。手前にあるお香もノーチャージです。

    なお、アンサナ・バンヤンツリーグループではホテルレーベルでCDを揃えています。そのうちの1枚がこのCDプレーヤーの中に入っており聴くことが出来ます。実は私はそのCDが大変気に入り売店に捜しに行ったところ売ってました。が、1枚5千円くらいしたのであきらめました。

    ちなみに、帰国後ネットで捜してみたらアマゾンかなんかで2千円台で売ってました。(ただしこれはアンサナブランド品ではないimport)

    そして、アンサナギャラリーのネットショップでも売ってました。
    http://www.banyantreegallery.com/angsana_gallery/angsana-home-and-office/music-media
    ここではアンサナブランドオリジナルが買えますよー♪
    CDに限らず買い忘れた方はぜひ!

  • 雨がふったら入れない半屋外のジャグジー。右側に立てかけてある半円形の巨大な物質はなんと風呂のフタです。フタなのに重いわデカいわ移動させるだけでもひと苦労のシロモノでした。でもフタをしないと雨もゴミも入り放題なのです・・・。<br /><br />バスルームは撮り忘れました。旅行記にも書いたとおりとにかく使い勝手の悪いバスルームでした。

    雨がふったら入れない半屋外のジャグジー。右側に立てかけてある半円形の巨大な物質はなんと風呂のフタです。フタなのに重いわデカいわ移動させるだけでもひと苦労のシロモノでした。でもフタをしないと雨もゴミも入り放題なのです・・・。

    バスルームは撮り忘れました。旅行記にも書いたとおりとにかく使い勝手の悪いバスルームでした。

  • 庭全景。ミニチュアモードで撮ってみました!<br /><br />ちなみに、ブランコのちょうど後ろに見えてる木枠が屋外用物干しです。<br />通常、庭から見て部屋の左側(足洗い場がないほう)に立てかけてあります。

    庭全景。ミニチュアモードで撮ってみました!

    ちなみに、ブランコのちょうど後ろに見えてる木枠が屋外用物干しです。
    通常、庭から見て部屋の左側(足洗い場がないほう)に立てかけてあります。

  • モルディブ式ブランコ「ウンドゥーリ」。お気に入りの場所。<br /><br />下に敷かれた白いマットも、野外用物干し同様、左側に立てかけてありますのでどうぞご自由にお使いください。

    モルディブ式ブランコ「ウンドゥーリ」。お気に入りの場所。

    下に敷かれた白いマットも、野外用物干し同様、左側に立てかけてありますのでどうぞご自由にお使いください。

  • ここで寝転ぶのもけっこう快適♪

    ここで寝転ぶのもけっこう快適♪

  • ここにはほとんど寝転ばなかったんだけど、旦那を撮影用に連れてきてムリヤリ寝転ばせました(笑)

    ここにはほとんど寝転ばなかったんだけど、旦那を撮影用に連れてきてムリヤリ寝転ばせました(笑)

  • 大空のスカイブルー、太陽の赤、植物の緑、海のマリンブルー・・・<br /><br />そして純白のパウダーシュガー。<br /><br />地球上の全ての美しさを集結したような色のコントラストが素晴らしい!!<br /><br />

    大空のスカイブルー、太陽の赤、植物の緑、海のマリンブルー・・・

    そして純白のパウダーシュガー。

    地球上の全ての美しさを集結したような色のコントラストが素晴らしい!!

  • 島内にはこの鳥がいっぱい!!そこら辺いたるところを歩き回っています!!

    島内にはこの鳥がいっぱい!!そこら辺いたるところを歩き回っています!!

  • トカゲもいっぱい。

    トカゲもいっぱい。

  • レストラン外観。

    レストラン外観。

  • 内部はふかふかのサンドカーペット♪ フルーツがいっぱいです!!

    内部はふかふかのサンドカーペット♪ フルーツがいっぱいです!!

  • 今日(初日)はアンサナの海を巡ります。パッセージは全部で5つ。パッセージ1(ダイビングセンター前辺り)。パッセージ2(44番前辺り)。パッセージ3(33番前辺り)。パッセージ4(7番前辺り)。パッセージ5(1番前辺り)。このうちメインジェッティからパッセージ5〜4までくらいが波も穏やかでかつドロップオフまでも一番近いエリア。私が泊まった32番前辺りは島内ではもっとも波が荒くなる場所でかつドロップオフまでも遠い。でもまぁ遠いといってもバンヤンに比べれば全然だいじょぶです^^<br /><br />ところで、せっかく島内の地図を出したので部屋選びのアドヴァイスもさせていただきます。1番から10番くらいまではビーチがほとんどないかかなり狭いのでお勧めしません。それとパッセージ3から4の間が長いためシュノーケリング派の方は7番から33番の真ん中辺(20番前後)は不便になると思われます。ビーチはメインジェッティの反対側(西側)が比較的広いので、総合的に考えると28番くらいから40番くらいまでが良いのかもしれません。

    今日(初日)はアンサナの海を巡ります。パッセージは全部で5つ。パッセージ1(ダイビングセンター前辺り)。パッセージ2(44番前辺り)。パッセージ3(33番前辺り)。パッセージ4(7番前辺り)。パッセージ5(1番前辺り)。このうちメインジェッティからパッセージ5〜4までくらいが波も穏やかでかつドロップオフまでも一番近いエリア。私が泊まった32番前辺りは島内ではもっとも波が荒くなる場所でかつドロップオフまでも遠い。でもまぁ遠いといってもバンヤンに比べれば全然だいじょぶです^^

    ところで、せっかく島内の地図を出したので部屋選びのアドヴァイスもさせていただきます。1番から10番くらいまではビーチがほとんどないかかなり狭いのでお勧めしません。それとパッセージ3から4の間が長いためシュノーケリング派の方は7番から33番の真ん中辺(20番前後)は不便になると思われます。ビーチはメインジェッティの反対側(西側)が比較的広いので、総合的に考えると28番くらいから40番くらいまでが良いのかもしれません。

  • ここがパッセージ1。ジェッティの右側の白い目印が見えるでしょうか? アンサナイフルは各パッセージに白いシュノーケリングの看板が立っているのでわかりやすいです。<br />ところで実は今回、海中の写真がほとんどありません。旦那が飛行機疲れで2日目くらいまでダウンしてて、やっと回復してきた3〜4日目には天候が大荒れで海にほとんど入れなくなってしまったためです。私もちょっとチャレンジしてみたんですが急に撮ろうとしても操作の仕方とかコツがわからなくて断念しました。<br />

    ここがパッセージ1。ジェッティの右側の白い目印が見えるでしょうか? アンサナイフルは各パッセージに白いシュノーケリングの看板が立っているのでわかりやすいです。
    ところで実は今回、海中の写真がほとんどありません。旦那が飛行機疲れで2日目くらいまでダウンしてて、やっと回復してきた3〜4日目には天候が大荒れで海にほとんど入れなくなってしまったためです。私もちょっとチャレンジしてみたんですが急に撮ろうとしても操作の仕方とかコツがわからなくて断念しました。

  • これが我が部屋32番の前付近の海です。中央よりやや左側にパッセージマークが立っています。ここはパッセージ3ですがここからパッセージ4の間でカメやサメを見ました。もちろんドロップオフの深いほうでです。

    これが我が部屋32番の前付近の海です。中央よりやや左側にパッセージマークが立っています。ここはパッセージ3ですがここからパッセージ4の間でカメやサメを見ました。もちろんドロップオフの深いほうでです。

  • 翌日(2日目)は日程中最も晴れ渡った日になりました。今日はバンヤンツリーに行きます!! 正面に見えてるのがバンヤンツリーバビンファルです。

    翌日(2日目)は日程中最も晴れ渡った日になりました。今日はバンヤンツリーに行きます!! 正面に見えてるのがバンヤンツリーバビンファルです。

  • こっちは砂浜がひろ〜い!!!!!

    こっちは砂浜がひろ〜い!!!!!

  • 竹垣で囲まれたアジアンな客室。

    竹垣で囲まれたアジアンな客室。

  • サブジェッティ側。こちら側のドロップオフで大きなサメが右往左往していました。でも浜からドロップオフまでが遠い!!泳ぎ疲れます!!しかも超遠浅でドロップオフまで白い砂浜ばかりだから余計にめんどくさいの。でも帰ってくるとき遠浅の砂浜の上をエイがまるで鳥のようにヒレをぱたぱたさせながら泳いでてそれがとっても可愛かった♪

    サブジェッティ側。こちら側のドロップオフで大きなサメが右往左往していました。でも浜からドロップオフまでが遠い!!泳ぎ疲れます!!しかも超遠浅でドロップオフまで白い砂浜ばかりだから余計にめんどくさいの。でも帰ってくるとき遠浅の砂浜の上をエイがまるで鳥のようにヒレをぱたぱたさせながら泳いでてそれがとっても可愛かった♪

  • 午後5時からエイの餌付けが始まりました!!時間が来ると勝手にぞろぞろ・・・列をなしてやってくるのです(笑)

    午後5時からエイの餌付けが始まりました!!時間が来ると勝手にぞろぞろ・・・列をなしてやってくるのです(笑)

  • お兄さんにすっかりなついています♪

    お兄さんにすっかりなついています♪

  • ちょうだいちょうだい攻撃がとにかく凄い!! あげないとヒレを水にぱたぱた打ち付けて催促します。とてもワガママです(笑)

    ちょうだいちょうだい攻撃がとにかく凄い!! あげないとヒレを水にぱたぱた打ち付けて催促します。とてもワガママです(笑)

  • 甘えてます♪♪エイがこんなにも賢く可愛いとは思いませんでした!

    イチオシ

    甘えてます♪♪エイがこんなにも賢く可愛いとは思いませんでした!

  • これからカメの餌付け・・・ではなく餌やりです。カメはバンヤンで飼育されています。

    これからカメの餌付け・・・ではなく餌やりです。カメはバンヤンで飼育されています。

  • これは海の中に作られた生簀です。先ほどの小亀が成長するとここに移され、さらに大人になれば海に放します。

    これは海の中に作られた生簀です。先ほどの小亀が成長するとここに移され、さらに大人になれば海に放します。

  • 長い長いバンヤンのメインジェッティ。<br />「ジェッティが長い」イコール「ドロップオフまでが遠い」イコール「シュノーケリングに行くのが大変になる。」ってことなんです。<br />だから私はバンヤンよりアンサナ派です。

    長い長いバンヤンのメインジェッティ。
    「ジェッティが長い」イコール「ドロップオフまでが遠い」イコール「シュノーケリングに行くのが大変になる。」ってことなんです。
    だから私はバンヤンよりアンサナ派です。

  • 実はこれはアンサナ側で私がシュノーケルをやっているときの写真なんですが、なんとそこに偶然先ほどのカメの生簀が写ってました。上の右側が船着場で真ん中がジェッティ、左側に見える青い囲いがカメの生簀だと思われます。この写真からもアンサナとバンヤンの近さがよくわかります。

    実はこれはアンサナ側で私がシュノーケルをやっているときの写真なんですが、なんとそこに偶然先ほどのカメの生簀が写ってました。上の右側が船着場で真ん中がジェッティ、左側に見える青い囲いがカメの生簀だと思われます。この写真からもアンサナとバンヤンの近さがよくわかります。

  • 夕飯を食べにバーに来ました!

    夕飯を食べにバーに来ました!

  • 旦那が食べたアジアン焼きそば。

    旦那が食べたアジアン焼きそば。

  • 私が食べたチキンサテ。

    私が食べたチキンサテ。

  • 3日目。曇天で強風。まるで大洗のように(笑)波立っていました。午後からはスコール。<br />ギンガメアジの超大群。実はなんとアンサナでは毎日普通に見れる光景です。こいつらの大群に取り囲まれるのは既に2回目。<br />天候が悪いのと古いカメラで撮ったため写りが非常に悪いのが残念。

    3日目。曇天で強風。まるで大洗のように(笑)波立っていました。午後からはスコール。
    ギンガメアジの超大群。実はなんとアンサナでは毎日普通に見れる光景です。こいつらの大群に取り囲まれるのは既に2回目。
    天候が悪いのと古いカメラで撮ったため写りが非常に悪いのが残念。

  • 今夜はモルディビアンナイトらしいです。行って初めてわかりました。

    今夜はモルディビアンナイトらしいです。行って初めてわかりました。

  • いきなり1番のりで踊らされました(笑)。疲れたけど超楽しかった!!次回行ったらまた踊りたいです!!!!!

    いきなり1番のりで踊らされました(笑)。疲れたけど超楽しかった!!次回行ったらまた踊りたいです!!!!!

  • 最終日。今日はなんと1日中スコール・スコール・スコール!!!!!<br />

    最終日。今日はなんと1日中スコール・スコール・スコール!!!!!

  • 仕方がないので島内を最後のお散歩です。

    仕方がないので島内を最後のお散歩です。

  • 暗がりでも大雨でもこんなに美しいビーチ。絹のような肌触りの砂浜に心から癒されます・・・。

    暗がりでも大雨でもこんなに美しいビーチ。絹のような肌触りの砂浜に心から癒されます・・・。

  • これ以上島が侵食されないようにするため毎日懸命の作業が続いています。

    これ以上島が侵食されないようにするため毎日懸命の作業が続いています。

  • 悪天候の中でも一生懸命。

    悪天候の中でも一生懸命。

  • 最後の夕食を食べにバーへ。

    最後の夕食を食べにバーへ。

  • バーのベランダ。

    バーのベランダ。

  • 各テーブルにはこんなロマンチックな灯りが配置されています。

    各テーブルにはこんなロマンチックな灯りが配置されています。

  • ビールとパパイヤジュースに囲まれて♪

    ビールとパパイヤジュースに囲まれて♪

  • 私のカレー。これは超美味!!チキンたっぷり、本格チャツネ付。

    私のカレー。これは超美味!!チキンたっぷり、本格チャツネ付。

  • 旦那のサンドウィッチ。サンドウィッチはたいていこのパターンでした。ちょっとイマイチだったかな。

    旦那のサンドウィッチ。サンドウィッチはたいていこのパターンでした。ちょっとイマイチだったかな。

  • 帰りの機内食。マレ〜チャンギ間での朝食。チキンのクリームパスタ。シンガポール航空の機内食はパスタが一番美味しかったです!!また食べたい!!!!!

    帰りの機内食。マレ〜チャンギ間での朝食。チキンのクリームパスタ。シンガポール航空の機内食はパスタが一番美味しかったです!!また食べたい!!!!!

  • これはチャンギ〜成田間での昼食。これも大変美味しかったです。<br /><br />最後にちょっとしたアイディアを。<br />シンガポール航空はいつもアイスが出るんですよ。でもいかんせん機内は寒い。アイスだけ食べると冷たすぎてイマイチ美味しさが湧かないんですよね・・・。そこで自分はいつもパンを残しておいてパンと一緒に食べています。実はそれがとんでもなく美味しいのです!!ウエハース代わりどころではありません。ちょっとしたアイスケーキのような味わいに変身します。バニラアイスのときはもちろんチョコバーのときにはチョコケーキのような味に昇格しとっても満足します。もしかして意外と試してる方は多いかもしれませんが、まだの方はぜひ一度お試しあれ♪

    これはチャンギ〜成田間での昼食。これも大変美味しかったです。

    最後にちょっとしたアイディアを。
    シンガポール航空はいつもアイスが出るんですよ。でもいかんせん機内は寒い。アイスだけ食べると冷たすぎてイマイチ美味しさが湧かないんですよね・・・。そこで自分はいつもパンを残しておいてパンと一緒に食べています。実はそれがとんでもなく美味しいのです!!ウエハース代わりどころではありません。ちょっとしたアイスケーキのような味わいに変身します。バニラアイスのときはもちろんチョコバーのときにはチョコケーキのような味に昇格しとっても満足します。もしかして意外と試してる方は多いかもしれませんが、まだの方はぜひ一度お試しあれ♪

50いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (7)

開く

閉じる

  • ネネさん 2014/09/16 21:26:48
    エキストラベッドについて
    cocoさん、改めましてこんばんは。

    お部屋については非常に分かりやすい解説でした。
    我が家は大人3人での旅行ですが、アンサナイフルはソファがエキストラベッドになる模様。
    このソファですが、横幅は結構ありましたでしょうか?
    ソファをエキストラベッドとして使う場合、我が家は皆大きいので非常に心配です。
    一番小さい私で約170cmです。
    写真で見るソファに納まるのか不安です。

    まだ行けるかも分からないのに、先走ってそんな事を不安に思ってみました(笑)

    coco

    cocoさん からの返信 2014/09/19 03:55:06
    RE: エキストラベッドについて
    ネネさんへ。

    アンサナイフルのエキストラベッドはほとんど使いものにならないと思います。実は私もリクエストしたのですが結局使わずじまいでした。幅はもちろん狭いですが加えて硬かったと記憶しています。見た瞬間に「これに寝るのは無理」と思いました。実は部屋自体もそんなに大きいわけではない(おそらくそのぶん庭を広くとってある)ので、大人がゆったりと寝られるベッドをもうひとつ置くスペースからしてないというのが現状かと思います。アンサナのお部屋は基本的に大人2人用として作られているような気がします。

    coco

    ネネ

    ネネさん からの返信 2014/09/19 19:03:43
    RE: RE: エキストラベッドについて
    cocoさん、お返事有難うございます。

    実は、マイルで航空券を取るのを諦め自腹で購入し、モルディブ行きが確定しました。
    そんな訳でホテルにあまりお金を掛けられなくなってしまい、アンサナを諦めクルンバにしました。
    でも、cocoさんのお返事を見る限り、結果オーライだった気がします。
    有難うございました!

    coco

    cocoさん からの返信 2014/09/20 02:37:15
    良かったですね♪
    ネネさんへ。

    わぁ、モルディブ行き決まったんですね! 良かったですね!!
    クルンバは行ったことないのでネネさんの旅行記が楽しみですよ♪
    どうぞ楽しんできてください^^

    coco

    ネネ

    ネネさん からの返信 2014/09/20 11:21:32
    RE: 有難うございます!
    お水や烏龍茶を何本持って行こうかとか、ウキウキ思案中です(笑)
    あ、勿論カップラーメンも。

    行く島は違いますが、cocoさんの日記を繰り返し見せて頂いて妄想致します♪
  • norisaさん 2014/07/12 05:55:31
    素晴らしい!
    cocoさん

    おはようございます。
    (早すぎ!?)(笑)

    さて、モルディブの旅行記素晴らしいですね。

    なにしろ詳細で親切。
    大変参考になります。

    エンブドゥの旅行記もそうでしたが欠点と長所が分かりやすいです。

    ありがとうございました!


    norisa

    coco

    cocoさん からの返信 2014/07/12 17:03:46
    おはようございます!^^
    norisa様。

    拙い旅行記をご覧頂きましたばかりかコメントまで頂戴し誠にありがとうございました。

    旅行って3倍、楽しいような気がします。
    行く前の準備期間のわくわく。
    旅行そのもの。
    そして楽しい旅行を思い出しながらの旅行記作成。
    どなた様もそうでいらっしゃると思いますが、自分もそのような気持ちで書かせていただいております。

    それにやっぱり記録って大事ですよね・・・。
    あとで読み返したとき、自分自身にとって確実に参考になるように作成するため、長〜く詳細に、ときには過激に?!どうしてもなってしまいます。
    人によっては不適切に感じる点もあろうかと思いますがご容赦いただきたく存じております。

    ところで、norisa様の旅行記も一通り拝見いたしました。
    私のなんかとは比べ物にならないほど詳細で写真も素晴らしくビックリいたしました!
    これからもたびたび覗かせていただきたいと思います。
    こちらこそありがとうございました^^

cocoさんのトラベラーページ

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

モルディブで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
モルディブ最安 850円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

モルディブの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集