チチカカ湖周辺旅行記(ブログ) 一覧に戻る
タキーレ島(La Isla de Taquile)はチチカカ湖(El lago Titicaca) 畔のプーノ(Puno)から連絡船で4時間余り、面積11k?の小さい島だ。島民の殆どはインカの血筋を残すケチュア族(Quechua、又はQuichua)で島には約360所帯の日干しレンガで造られた家がある。(2004年の統計によれば島の人口:約2,200人)男性は編み物をする。<br /><br />連絡船を降りると、そこから530の石段(標高差約140m)を登り詰め、ようやく村の入口となっている石でできた門に辿り着く。島にはホテルが無いので、観光案内所で民宿の手配を頼むことになる。民宿といっても納屋のような空間にベッドが置いてあるだけで洗面は外でする。<br /><br />島には電気も水道もトイレもない。お陰で夜は満天の星を見ることができる。星が降るように煌めいている。朝になると島の女性達が140m下の湖面まで水を汲みに降りていく。<br /><br />7月末、島は秋の終わりで収穫祭の最中だった。ケーナ、サンポーニャ、そして太鼓の音に合わせて大地を踏みしめるようにして踊る。収穫の喜びと感謝を大地の神パチャママ(Patchamama)に伝えているのだという。<br /><br />祭りの踊りの輪の中に、思いもかけず日本人青年が加わってきた。青年海外協力隊から派遣された医師であった。もう7年間もこの島で医療活動に携わっている。<br /><br />彼の1日は日の出と共に島内の患者を往診して回ることから始まる。悩みの種は医薬品の補給にあるという。彼の尽力により、フランス・オランダ両政府からの援助で建てた診療所を見せてもらった。ベッドが1つ置いてあるだけで看護師もいない。急患が出て外科の手術を要する場合は、船で4時間かかるプーノまで送らなければならない。<br /><br />熱っぽく語る彼の眼差しに冬の朝のような張り詰めたものを感じた。

タキーレ島(ペルー・チチカカ湖) - 日本人医師との出会い

28いいね!

1988/07/29 - 1988/07/31

18位(同エリア211件中)

0

20

カリオカケイタ

カリオカケイタさん

タキーレ島(La Isla de Taquile)はチチカカ湖(El lago Titicaca) 畔のプーノ(Puno)から連絡船で4時間余り、面積11k?の小さい島だ。島民の殆どはインカの血筋を残すケチュア族(Quechua、又はQuichua)で島には約360所帯の日干しレンガで造られた家がある。(2004年の統計によれば島の人口:約2,200人)男性は編み物をする。

連絡船を降りると、そこから530の石段(標高差約140m)を登り詰め、ようやく村の入口となっている石でできた門に辿り着く。島にはホテルが無いので、観光案内所で民宿の手配を頼むことになる。民宿といっても納屋のような空間にベッドが置いてあるだけで洗面は外でする。

島には電気も水道もトイレもない。お陰で夜は満天の星を見ることができる。星が降るように煌めいている。朝になると島の女性達が140m下の湖面まで水を汲みに降りていく。

7月末、島は秋の終わりで収穫祭の最中だった。ケーナ、サンポーニャ、そして太鼓の音に合わせて大地を踏みしめるようにして踊る。収穫の喜びと感謝を大地の神パチャママ(Patchamama)に伝えているのだという。

祭りの踊りの輪の中に、思いもかけず日本人青年が加わってきた。青年海外協力隊から派遣された医師であった。もう7年間もこの島で医療活動に携わっている。

彼の1日は日の出と共に島内の患者を往診して回ることから始まる。悩みの種は医薬品の補給にあるという。彼の尽力により、フランス・オランダ両政府からの援助で建てた診療所を見せてもらった。ベッドが1つ置いてあるだけで看護師もいない。急患が出て外科の手術を要する場合は、船で4時間かかるプーノまで送らなければならない。

熱っぽく語る彼の眼差しに冬の朝のような張り詰めたものを感じた。

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ホテル
1.0
グルメ
3.0
ショッピング
3.0
交通
1.0
同行者
一人旅
一人あたり費用
1万円 - 3万円
交通手段
徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • タキーレ島(La Isla de Taquile)はチチカカ湖(El Lago Titicaca) 畔のプーノ(Puno)から連絡船で4時間余り。(地図はWikipediaより)

    タキーレ島(La Isla de Taquile)はチチカカ湖(El Lago Titicaca) 畔のプーノ(Puno)から連絡船で4時間余り。(地図はWikipediaより)

  • ペルーのクスコ(Cusco)からボリビアのラパス(La Paz)まで旅を一緒にすることになったフランス人一家の娘さん。

    ペルーのクスコ(Cusco)からボリビアのラパス(La Paz)まで旅を一緒にすることになったフランス人一家の娘さん。

  • プーノ(Puno)から連絡船で4時間余り、タキーレ島(La Isla de Taquile)が見えてきた。

    プーノ(Puno)から連絡船で4時間余り、タキーレ島(La Isla de Taquile)が見えてきた。

  • 連絡船を降りると、そこから530の石段(標高差約140m)を登り詰め、ようやく村の入口となっている石でできた門に辿り着く。

    連絡船を降りると、そこから530の石段(標高差約140m)を登り詰め、ようやく村の入口となっている石でできた門に辿り着く。

  • 少女が村の広場まで道案内をしてくれることになった。

    少女が村の広場まで道案内をしてくれることになった。

  • 少女は羊の世話をしていた。

    少女は羊の世話をしていた。

  • 連絡を受けて民宿先からは2人の女性が出て来た。後ろの日干しレンガの建物が宿泊所となる。

    連絡を受けて民宿先からは2人の女性が出て来た。後ろの日干しレンガの建物が宿泊所となる。

  • 村の広場では収穫祭の最中だった。ケーナ、サンポーニャ、そして太鼓の音に合わせて大地を踏みしめるようにして踊る。収穫の喜びと感謝を大地の神パチャママ(Patchamama)に伝えているのだという。<br />

    村の広場では収穫祭の最中だった。ケーナ、サンポーニャ、そして太鼓の音に合わせて大地を踏みしめるようにして踊る。収穫の喜びと感謝を大地の神パチャママ(Patchamama)に伝えているのだという。

  • 男性はフランネルの白シャツと黒のズボンにお祭り用のベスト、女性はポジェラと呼ばれるスカート(Pollera)を着用している。男女共色とりどりの羽で作られた帽子をかぶっている。

    男性はフランネルの白シャツと黒のズボンにお祭り用のベスト、女性はポジェラと呼ばれるスカート(Pollera)を着用している。男女共色とりどりの羽で作られた帽子をかぶっている。

  • 女性はポジェラと呼ばれるスカート(Pollera)を着用している。カラフルな布を縫い付けて何枚も重ねる。多い時には20枚を超す場合がある。

    女性はポジェラと呼ばれるスカート(Pollera)を着用している。カラフルな布を縫い付けて何枚も重ねる。多い時には20枚を超す場合がある。

  • 広場では島で作られた民芸品が並んでいる。

    広場では島で作られた民芸品が並んでいる。

  • 祭りの踊りの輪の中に、思いもかけず日本人青年が加わってきた。青年海外協力隊から派遣された医師であった。もう7年間もこの島で医療活動に携わっている。<br />名前は眞島医師。佐賀県の出身だと言っていた。我々の島への歓迎会で、「うさぎ追いしかの山」をスペイン語で歌ってくれた。もしこの旅行記を見たらメールして欲しい。

    祭りの踊りの輪の中に、思いもかけず日本人青年が加わってきた。青年海外協力隊から派遣された医師であった。もう7年間もこの島で医療活動に携わっている。
    名前は眞島医師。佐賀県の出身だと言っていた。我々の島への歓迎会で、「うさぎ追いしかの山」をスペイン語で歌ってくれた。もしこの旅行記を見たらメールして欲しい。

  • 広場にある日干しレンガで作られた鐘楼。

    広場にある日干しレンガで作られた鐘楼。

  • 村長さんとその孫が出迎えてくれた。村長さんがかぶっている帽子は自分で編んだものらしい。

    村長さんとその孫が出迎えてくれた。村長さんがかぶっている帽子は自分で編んだものらしい。

  • 機織りの姉妹。

    機織りの姉妹。

  • たきぎを運ぶお母さんと子供。

    たきぎを運ぶお母さんと子供。

  • 宿泊先で飼っている羊。

    宿泊先で飼っている羊。

  • 島の子供にとって羊の赤ちゃんは遊び相手だ。

    島の子供にとって羊の赤ちゃんは遊び相手だ。

  • 宿泊先のお父さんは編み物が主な仕事だ。

    宿泊先のお父さんは編み物が主な仕事だ。

  • チチカカ湖畔にて。

    チチカカ湖畔にて。

この旅行記のタグ

関連タグ

28いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

「旅の計画」作成でもれなく300ポイント!

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

ペルーで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ペルー最安 560円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ペルーの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集