鶴岡 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
今年は例年に比べ桜の開花が遅く、見頃が心配でしたが、当日は天気にも恵まれ、ちょうど桜の満開日に「庄内さくら巡り」を楽しむことが出来ました。<br />

4/24-25 「庄内さくら巡り」 

7いいね!

2012/04/24 - 2012/04/25

196位(同エリア321件中)

0

6

cradle-ds

cradle-dsさん

今年は例年に比べ桜の開花が遅く、見頃が心配でしたが、当日は天気にも恵まれ、ちょうど桜の満開日に「庄内さくら巡り」を楽しむことが出来ました。

同行者
カップル・夫婦
一人あたり費用
3万円 - 5万円
利用旅行会社
ツアー(添乗員同行あり)

PR

  • まず、初めに訪れたところは致道博物館。酒井忠久館長が迎えて下さいました。<br />館長より貴重なお話を聞いた後は、庭園で記念写真を撮らせていただきました。<br /><br />そして「日本桜名所100選」の鶴岡公園に向けて歩き出しました。<br />昨日まで5分咲きの状態でしたが、一気に開花してくれました。まるで招かれているようでした!「人ごみの中で見る桜はうんざりだけど、ここでゆっくり見れるとは思わなかった」とみなさんご満悦の様子。<br />▼すみません、写真がないのです・・・><<br /><br />鶴岡公園からくるまで15分、まだ満開には少し早かったですが、<br />その代り松ヶ岡開墾場付近にあるミズバショウは他の地域にくらべてビッグサイズです!

    まず、初めに訪れたところは致道博物館。酒井忠久館長が迎えて下さいました。
    館長より貴重なお話を聞いた後は、庭園で記念写真を撮らせていただきました。

    そして「日本桜名所100選」の鶴岡公園に向けて歩き出しました。
    昨日まで5分咲きの状態でしたが、一気に開花してくれました。まるで招かれているようでした!「人ごみの中で見る桜はうんざりだけど、ここでゆっくり見れるとは思わなかった」とみなさんご満悦の様子。
    ▼すみません、写真がないのです・・・><

    鶴岡公園からくるまで15分、まだ満開には少し早かったですが、
    その代り松ヶ岡開墾場付近にあるミズバショウは他の地域にくらべてビッグサイズです!

  • 湯田川温泉では理太夫旅館の若女将に情緒あふれる街並みと、今が見頃の梅林公園をご案内いただきました。<br />梅の美しさはもちろん、若女将の庄内弁交じりのトークでとても楽しいひと時を過ごさせていただきました。  <br />

    湯田川温泉では理太夫旅館の若女将に情緒あふれる街並みと、今が見頃の梅林公園をご案内いただきました。
    梅の美しさはもちろん、若女将の庄内弁交じりのトークでとても楽しいひと時を過ごさせていただきました。

  • 宿泊先のあつみ温泉に到着するや否や、温泉街に繰り出しました。<br />ガイドの楢崎さんと一緒にあつみ川沿いの桜、朝市会場、源泉試飲場所を散策していたところで、雨がパラパラと降ってきてしまいました。<br /><br />宿泊先の「萬国屋」さんで、テーブルを囲んで楽しい懇親会の時間もありました。<br />さすが全国屈指の宿「萬国屋」です。おいしい料理に舌鼓を打ちながら、話にも花が咲きます。初めて会った方々もあっという間に友達になりました。<br />男性陣は地酒に盛り上がり、気付いたら酒瓶の数が・・・信じられないくらいに。<br />▼また写真がないのですが(汗)

    宿泊先のあつみ温泉に到着するや否や、温泉街に繰り出しました。
    ガイドの楢崎さんと一緒にあつみ川沿いの桜、朝市会場、源泉試飲場所を散策していたところで、雨がパラパラと降ってきてしまいました。

    宿泊先の「萬国屋」さんで、テーブルを囲んで楽しい懇親会の時間もありました。
    さすが全国屈指の宿「萬国屋」です。おいしい料理に舌鼓を打ちながら、話にも花が咲きます。初めて会った方々もあっという間に友達になりました。
    男性陣は地酒に盛り上がり、気付いたら酒瓶の数が・・・信じられないくらいに。
    ▼また写真がないのですが(汗)

  • 2日目、本当にすがすがしいくらいの快晴に恵まれました。<br />庄内海岸の海を眺めながら、庄内北部の遊佐町へ直行!<br />バスが鳥海山に近づけば近づくほど、美しい鳥海山がハッキリと目の前に映し出されていきます。 <br /><br />遊佐町で待っていて下さったのは鳥海山里山ガイドの畠中さん。<br />清流の「牛渡川」エメラルド色に輝く「丸池様」を丁寧にご案内いただきました。<br />さすが地元ガイドです。湧水、ご神木、伝説いろんなお話が出てきます。<br />そして今日のメイン桜の名所「洗沢川の桜」へと向かいます。<br />

    2日目、本当にすがすがしいくらいの快晴に恵まれました。
    庄内海岸の海を眺めながら、庄内北部の遊佐町へ直行!
    バスが鳥海山に近づけば近づくほど、美しい鳥海山がハッキリと目の前に映し出されていきます。

    遊佐町で待っていて下さったのは鳥海山里山ガイドの畠中さん。
    清流の「牛渡川」エメラルド色に輝く「丸池様」を丁寧にご案内いただきました。
    さすが地元ガイドです。湧水、ご神木、伝説いろんなお話が出てきます。
    そして今日のメイン桜の名所「洗沢川の桜」へと向かいます。

  • 最高の風景でした!<br />雄大な鳥海山をバックにした美しい桜並木、風に舞う鯉のぼり、小さく聞こえる川のせせらぎ、言葉になりません。<br />只々しばらく呆然と見とれていました。

    最高の風景でした!
    雄大な鳥海山をバックにした美しい桜並木、風に舞う鯉のぼり、小さく聞こえる川のせせらぎ、言葉になりません。
    只々しばらく呆然と見とれていました。

  • 「香梅咲」で美味しい懐石料理をいただいた後は、桜の名所「日和山公園」で桜を見ながら「文学の道めぐり」を楽しみました。<br />元来、湊町酒田には多くの文人墨客が多く訪れています。<br /><br />酒田市観光協会ガイドの阿部さんのガイドにも熱が入ります。<br />斎藤茂吉、松尾芭蕉、竹久夢二の詠んだ句が刻まれている石碑も巡りました。<br />ガイドさんの特別サービスで、歌碑の前で県歌「最上川」を熱唱して下さいました。<br />阿部さんの美声に周囲の人たちも立ち止まり、一緒に合唱したのが印象的でした。<br /><br />最後は今年1月に国指定名勝になった本間美術館の庭園「鶴舞園」を田中館長の案内で歩きました。

    「香梅咲」で美味しい懐石料理をいただいた後は、桜の名所「日和山公園」で桜を見ながら「文学の道めぐり」を楽しみました。
    元来、湊町酒田には多くの文人墨客が多く訪れています。

    酒田市観光協会ガイドの阿部さんのガイドにも熱が入ります。
    斎藤茂吉、松尾芭蕉、竹久夢二の詠んだ句が刻まれている石碑も巡りました。
    ガイドさんの特別サービスで、歌碑の前で県歌「最上川」を熱唱して下さいました。
    阿部さんの美声に周囲の人たちも立ち止まり、一緒に合唱したのが印象的でした。

    最後は今年1月に国指定名勝になった本間美術館の庭園「鶴舞園」を田中館長の案内で歩きました。

この旅行記のタグ

7いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

cradle-dsさんの関連旅行記

cradle-dsさんの旅行記一覧

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集