ナント 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
今回ロワール渓谷の古城巡りの後に更にナントまで足を伸ばしたのはこの地を本拠地としているラ・マシーン・ド・リルのファクトリーを見学するためです。ラ・マシーンについて分かりやすく説明すると横浜開港150周年で巨大なクモが2匹やってきたのを覚えている方も多いと思いますが、そのクモを造っている所です。更に有名なのが巨大なエレファントです。そして巨大なギャラリーやファクトリーでは海洋生物をモチーフにした愉快な乗り物がたくさん展示され造られています。何故海洋生物かと言うとここナントがジュール・ヴェルヌの生まれた街だからです。ロワール河畔に広がる坂のある古い街並みを歩いてからここを訪れると古い時代の造船と海運で栄えた街を肌で感じることが出来ます。パリでもジュール・ヴェルヌの美しい装丁の本をいくつもの本屋さんで見掛けましたが、フランス語では読めません。日本に帰ったら「海底二万哩」とか探し出して読み返してみようかと思いました。子供の頃に読んだ本への想いと、それを現実に具体化したファクトリーを見て童心に戻れた一日でした。

晩秋のロワール渓谷(12)ナント最大のアミューズメント ラ・マシーン・ド・リル

21いいね!

2011/10/22 - 2011/11/06

6位(同エリア44件中)

今回ロワール渓谷の古城巡りの後に更にナントまで足を伸ばしたのはこの地を本拠地としているラ・マシーン・ド・リルのファクトリーを見学するためです。ラ・マシーンについて分かりやすく説明すると横浜開港150周年で巨大なクモが2匹やってきたのを覚えている方も多いと思いますが、そのクモを造っている所です。更に有名なのが巨大なエレファントです。そして巨大なギャラリーやファクトリーでは海洋生物をモチーフにした愉快な乗り物がたくさん展示され造られています。何故海洋生物かと言うとここナントがジュール・ヴェルヌの生まれた街だからです。ロワール河畔に広がる坂のある古い街並みを歩いてからここを訪れると古い時代の造船と海運で栄えた街を肌で感じることが出来ます。パリでもジュール・ヴェルヌの美しい装丁の本をいくつもの本屋さんで見掛けましたが、フランス語では読めません。日本に帰ったら「海底二万哩」とか探し出して読み返してみようかと思いました。子供の頃に読んだ本への想いと、それを現実に具体化したファクトリーを見て童心に戻れた一日でした。

同行者
カップル・夫婦(シニア)
一人あたり費用
30万円 - 50万円
交通手段
鉄道 高速・路線バス 観光バス 徒歩
航空会社
中国国際航空
利用旅行会社
個別手配
旅行の満足度
5.0
観光
5.0
グルメ
4.5
ショッピング
4.5
交通
4.5

PR

  • ラ・マシーンの存在は数年前にテレビの番組を見て驚いたことと横浜開港150周年のクモ、そして映像+という雑誌の特集です。数年間沸々した思いを抱きながらナントがどこにあるのかすら知りませんでした。今回の旅行でロワール渓谷を旅するに当たり、ナントがロワール川の中州にあるということを思い出してから調べたので最後に予定に入れた訪問地でした。ナント市内を見学した後に最初に見つけたのはカルーゼルでした。これがそこらのアンティークな回転木馬ではありませんでした。

    ラ・マシーンの存在は数年前にテレビの番組を見て驚いたことと横浜開港150周年のクモ、そして映像+という雑誌の特集です。数年間沸々した思いを抱きながらナントがどこにあるのかすら知りませんでした。今回の旅行でロワール渓谷を旅するに当たり、ナントがロワール川の中州にあるということを思い出してから調べたので最後に予定に入れた訪問地でした。ナント市内を見学した後に最初に見つけたのはカルーゼルでした。これがそこらのアンティークな回転木馬ではありませんでした。

  • 美しい木彫と金物が融合した不思議な乗り物がそこにはありました。カメレオンの背中はドーム状になりすでに子供が乗り込んでいます。

    美しい木彫と金物が融合した不思議な乗り物がそこにはありました。カメレオンの背中はドーム状になりすでに子供が乗り込んでいます。

  • こちらの子はオコゼか何か海底にいそうな魚に乗っています。操作をするとヒレや口が動かせるので興味津々に眺めています。

    こちらの子はオコゼか何か海底にいそうな魚に乗っています。操作をするとヒレや口が動かせるので興味津々に眺めています。

  • 上部には怪しい写真が飾られ不思議な雰囲気を醸し出しています。

    上部には怪しい写真が飾られ不思議な雰囲気を醸し出しています。

  • タツノオトシゴは人気が無いようです。

    タツノオトシゴは人気が無いようです。

  • カメレオンはかなりリアルです。

    カメレオンはかなりリアルです。

  • 動物だけでなく蒸気機関で動く車のようなものもあります。よく見ると煙突から煙まで出ている凝り様です。

    動物だけでなく蒸気機関で動く車のようなものもあります。よく見ると煙突から煙まで出ている凝り様です。

  • これには何人も乗れるようです。

    これには何人も乗れるようです。

  • ペガサスの戦車は翼が動かせます。

    ペガサスの戦車は翼が動かせます。

  • もちろんギャロップもしますが漕いだりしないといけないので疲れそうです。

    もちろんギャロップもしますが漕いだりしないといけないので疲れそうです。

  • 子供によって好き嫌いがあるのでしょうね。

    子供によって好き嫌いがあるのでしょうね。

  • ダチョウなんて怖い顔をしていますが。

    ダチョウなんて怖い顔をしていますが。

  • 大クワガタもタンデムです。馬のたずなみたいに触覚で操ります。

    大クワガタもタンデムです。馬のたずなみたいに触覚で操ります。

  • 何だか分からないマシーンまであります。

    何だか分からないマシーンまであります。

  • これも不思議なオブジェ?少し大きくなった子は自分で操作できる物がお気に入りのようです。小さい子は下のもぐら。

    これも不思議なオブジェ?少し大きくなった子は自分で操作できる物がお気に入りのようです。小さい子は下のもぐら。

  • ちゃんと革ベルトで固定して落下しないようになっています。

    ちゃんと革ベルトで固定して落下しないようになっています。

  • 小さなスチームボートは大波に翻弄されて酔いそうです。

    小さなスチームボートは大波に翻弄されて酔いそうです。

  • マンホールから上半身を出す怪人にも乗れるようになっています。

    マンホールから上半身を出す怪人にも乗れるようになっています。

  • 膨らんだフグの気球は足で漕ぐとプロペラが回転します。

    膨らんだフグの気球は足で漕ぐとプロペラが回転します。

  • 妻が呼ぶ声に振り向くと巨大象が出発するところでした。

    妻が呼ぶ声に振り向くと巨大象が出発するところでした。

  • 凄い迫力です。重機の唸るようなエンジンの音と共に歩みを進めています。<br />動く姿を見たら誰でも感動すると思います。

    凄い迫力です。重機の唸るようなエンジンの音と共に歩みを進めています。
    動く姿を見たら誰でも感動すると思います。

  • 出発の雄たけびを上げます。旧市街まで届きそうな大きな声でした。

    出発の雄たけびを上げます。旧市街まで届きそうな大きな声でした。

  • カルーセルの脇を進んでいきます。

    カルーセルの脇を進んでいきます。

  • 水煙を上げて人を蹴散らかして進みます。誰も目の前に立とうとは思いませんが、近づこうとすると鼻から水を吹きかけられます。

    水煙を上げて人を蹴散らかして進みます。誰も目の前に立とうとは思いませんが、近づこうとすると鼻から水を吹きかけられます。

  • 良く見ると運転台が足元にあります。

    良く見ると運転台が足元にあります。

  • そしてスタッフが付きっきりで誘導しています。

    そしてスタッフが付きっきりで誘導しています。

  • 写真を撮るのに気を取られていると水を掛けられそうになります。

    写真を撮るのに気を取られていると水を掛けられそうになります。

  • 元々は造船所だった敷地を時速900メートルでゆっくり進みます。

    元々は造船所だった敷地を時速900メートルでゆっくり進みます。

  • お客さんは49人まで乗れますが、一日に多くても数回しか動かないので事前に運行情報を得るのと早めのチケット購入が必要です。エレファントライドは7ユーロです。動き始めた頃はお客さんも上から見下ろせるので気分良さそうな顔をしています。

    お客さんは49人まで乗れますが、一日に多くても数回しか動かないので事前に運行情報を得るのと早めのチケット購入が必要です。エレファントライドは7ユーロです。動き始めた頃はお客さんも上から見下ろせるので気分良さそうな顔をしています。

  • 5〜6歳の男の子は興味津々で近づいていきます。

    5〜6歳の男の子は興味津々で近づいていきます。

  • ちょっと鼻が自分の方に動くとクモの子を散らすように逃げ出しますが。女の子は誰も近づきませんでした。

    ちょっと鼻が自分の方に動くとクモの子を散らすように逃げ出しますが。女の子は誰も近づきませんでした。

  • ここには運行やマシーンの制作など50人ほどのスタッフがいるそうです。

    ここには運行やマシーンの制作など50人ほどのスタッフがいるそうです。

  • 象は高さ12メートル、体長8メートルもあります。マシーンを含めて45トンあります。ゆっくり進む象の写真を撮り終ると観客はファクトリーへ戻ってしまいます。象は身動きの出来ないお客を乗せてロワール川へ去っていきます。

    象は高さ12メートル、体長8メートルもあります。マシーンを含めて45トンあります。ゆっくり進む象の写真を撮り終ると観客はファクトリーへ戻ってしまいます。象は身動きの出来ないお客を乗せてロワール川へ去っていきます。

  • 元々造船所だった1600平米の敷地がラ・マシーンの工房です。

    元々造船所だった1600平米の敷地がラ・マシーンの工房です。

  • その一角にギャラリーやカフェが設けられています。

    その一角にギャラリーやカフェが設けられています。

  • 夢のある空中都市などのパネルが吊られています。

    夢のある空中都市などのパネルが吊られています。

  • 在りし日の進水式の写真パネル。ラ・マシーンは造船所の再開発の位置プロジェクトでもあります。

    在りし日の進水式の写真パネル。ラ・マシーンは造船所の再開発の位置プロジェクトでもあります。

  • ギャラリーへ入ることにします。ここの入場券も7ユーロです。今まで見てきた物はすべて無料です。つまりお金を掛けなくても楽しめるということです。

    ギャラリーへ入ることにします。ここの入場券も7ユーロです。今まで見てきた物はすべて無料です。つまりお金を掛けなくても楽しめるということです。

  • はじめてきたのならギャラリーの見学は必須です。ガラス天井の明るい展示スペースには不思議なものでいっぱいです。

    はじめてきたのならギャラリーの見学は必須です。ガラス天井の明るい展示スペースには不思議なものでいっぱいです。

  • クラゲマシーン。どうやって座って操縦するのか???

    クラゲマシーン。どうやって座って操縦するのか???

  • こちらのクラゲには座れますが操縦する装置はありません。クラゲ次第ということでしょう。

    こちらのクラゲには座れますが操縦する装置はありません。クラゲ次第ということでしょう。

  • 巨大象の制作過程を紹介するコーナーがありました。最初は金物で動きを調べたのでしょう。

    巨大象の制作過程を紹介するコーナーがありました。最初は金物で動きを調べたのでしょう。

  • その金物に木製の胴体をカバーしようとした試行錯誤が読み取れます。

    その金物に木製の胴体をカバーしようとした試行錯誤が読み取れます。

  • 積層材を造って彫り込んでいるようです。

    積層材を造って彫り込んでいるようです。

  • モックアップ模型は5分の1ほどの大きさです。

    モックアップ模型は5分の1ほどの大きさです。

  • 詳細な図面がパネルになって壁に飾られています。

    詳細な図面がパネルになって壁に飾られています。

  • 夢を実現できるのですから素晴らしい仕事ですね。

    夢を実現できるのですから素晴らしい仕事ですね。

  • ギャラリーと言ってもほとんど工房にロープパーテーションを置いただけのような気がします。

    ギャラリーと言ってもほとんど工房にロープパーテーションを置いただけのような気がします。

  • トビウオのマシーンです。この辺りから実際に乗って操作できるものになっていきます。

    トビウオのマシーンです。この辺りから実際に乗って操作できるものになっていきます。

  • 係員がいるときは一緒に回って体験できるようです。

    係員がいるときは一緒に回って体験できるようです。

  • 貝の中が座席になって、たくさんのトビウオがこれを支えて空を飛ばすのだと思いますが…。子供の頃映画で見た「ドリトル先生不思議な旅」、レックス・ハリソン主演のミュージカル映画でしたがそこで見た海カタツムリを思い出しました。

    貝の中が座席になって、たくさんのトビウオがこれを支えて空を飛ばすのだと思いますが…。子供の頃映画で見た「ドリトル先生不思議な旅」、レックス・ハリソン主演のミュージカル映画でしたがそこで見た海カタツムリを思い出しました。

  • その映画の原作はアメリカ人のヒュー・ロフティングですが、ここはナントでジュール・ヴェルヌの生誕地です。まさに彼はこの辺りの中州で生まれ育ちました。

    その映画の原作はアメリカ人のヒュー・ロフティングですが、ここはナントでジュール・ヴェルヌの生誕地です。まさに彼はこの辺りの中州で生まれ育ちました。

  • 深海の生物をモチーフにしている発想の原点は「海底二万里」の方にあります。

    深海の生物をモチーフにしている発想の原点は「海底二万里」の方にあります。

  • これくらいの子供が乗っていると可愛らしいですね。

    これくらいの子供が乗っていると可愛らしいですね。

  • このラ・マシーンを主宰しているのはフランソワ・ドゥラロジエールと言う人で劇団の美術や装置を担当していた人です。そして大道芸の集団ロワイヤル・ド・リュクスに参加してジャン・リュック・クールクーとのコラボレーションで「星から落ちてきた巨人」で巨大なマリオネットを使ったスペクタクルパフォーマンスを展開します。

    このラ・マシーンを主宰しているのはフランソワ・ドゥラロジエールと言う人で劇団の美術や装置を担当していた人です。そして大道芸の集団ロワイヤル・ド・リュクスに参加してジャン・リュック・クールクーとのコラボレーションで「星から落ちてきた巨人」で巨大なマリオネットを使ったスペクタクルパフォーマンスを展開します。

  • そして1999年にトゥールーズでラ・マシーンを立ち上げ、2004年にナント市の都市開発プロジェクトでここに工房を設立します。

    そして1999年にトゥールーズでラ・マシーンを立ち上げ、2004年にナント市の都市開発プロジェクトでここに工房を設立します。

  • そして今日このようなアトラクションとギャラリーを見ることが出来るわけです。

    そして今日このようなアトラクションとギャラリーを見ることが出来るわけです。

  • これも可愛らしいです。

    これも可愛らしいです。

  • 大人が乗れる大きさではないので子供が操縦できるわけも無く矛盾した乗り物ですがクルミのボートなんて…。

    大人が乗れる大きさではないので子供が操縦できるわけも無く矛盾した乗り物ですがクルミのボートなんて…。

  • クルミのボートは連作です。これは何となくあり得る様な気がします。家にプールがあって小さい子供がいたら売ってくれるように交渉すると思います。

    クルミのボートは連作です。これは何となくあり得る様な気がします。家にプールがあって小さい子供がいたら売ってくれるように交渉すると思います。

  • 小さい子供もいないし、プールも無いので良かったです。

    小さい子供もいないし、プールも無いので良かったです。

  • ヤドカリのサイドカーには乗ってみたい気がしますが、エンジンは無くて自転車なので坂道はきつそうです。

    ヤドカリのサイドカーには乗ってみたい気がしますが、エンジンは無くて自転車なので坂道はきつそうです。

  • 宿の無いヤドカリは後ろから見るとちょっと間抜けですね。

    宿の無いヤドカリは後ろから見るとちょっと間抜けですね。

  • 昔のサーカス団のようなちょっと怪しい雰囲気の看板です。

    昔のサーカス団のようなちょっと怪しい雰囲気の看板です。

  • 「海底二万里」にも登場するダイオウイカはほぼ原寸大の5メートルほどの大きさです。

    「海底二万里」にも登場するダイオウイカはほぼ原寸大の5メートルほどの大きさです。

  • 頭部のヒレは細かく波打つように動くようです。

    頭部のヒレは細かく波打つように動くようです。

  • ガラス玉で出来た目がリアルです。鎌倉時代の仏像彫刻みたいです。

    ガラス玉で出来た目がリアルです。鎌倉時代の仏像彫刻みたいです。

  • 2本の腕もワイヤーでクネクネ動きます。ボルトやナットと木部の止め方が機能面と吸盤に見立てたデザインが素晴らしいですね。

    2本の腕もワイヤーでクネクネ動きます。ボルトやナットと木部の止め方が機能面と吸盤に見立てたデザインが素晴らしいですね。

  • これらの展示物は次のプロジェクトである「海の世界」の回転木馬のパーツです。良く見るとダイオウイカも見えます。このスケールで考えると巨大な円筒のビルがグルグル回る感じでしょうか。

    これらの展示物は次のプロジェクトである「海の世界」の回転木馬のパーツです。良く見るとダイオウイカも見えます。このスケールで考えると巨大な円筒のビルがグルグル回る感じでしょうか。

  • 3つに分けられたフロアはそれぞれ上から海上、水中、海底に分かれています。各フロアに100人づつ300人収容するようです。2011年完成予定らしいですがまだ数年かかりそうです。

    3つに分けられたフロアはそれぞれ上から海上、水中、海底に分かれています。各フロアに100人づつ300人収容するようです。2011年完成予定らしいですがまだ数年かかりそうです。

  • 海上のフロアに置かれるであろうウツボ(竜に見えますが)。

    海上のフロアに置かれるであろうウツボ(竜に見えますが)。

  • 顔だけで1メートル以上あります。

    顔だけで1メートル以上あります。

  • これはピラニアを想像させる色使いですが深海の魚なんでしょう。

    これはピラニアを想像させる色使いですが深海の魚なんでしょう。

  • ちょっと怖い顔しています。

    ちょっと怖い顔しています。

  • ゲージの中には飛行機みたいなマシーンが置かれています。

    ゲージの中には飛行機みたいなマシーンが置かれています。

  • 想像ですが飛行機に乗るとチェーンで吊り上げられて前から風が吹き荒れるのでしょう。

    想像ですが飛行機に乗るとチェーンで吊り上げられて前から風が吹き荒れるのでしょう。

  • アオサギの木の模型。普通に生えている木の大きさくらいの模型です。

    アオサギの木の模型。普通に生えている木の大きさくらいの模型です。

  • このヘロンの木は直径50メートルの巨大なもので、海の世界の後のプロジェクトだそうです。このギャラリーのカフェの横にも部分が完成しています。

    このヘロンの木は直径50メートルの巨大なもので、海の世界の後のプロジェクトだそうです。このギャラリーのカフェの横にも部分が完成しています。

  • この辺りの乗り物も可愛かったです。

    この辺りの乗り物も可愛かったです。

  • 特にこのハリセンボン。売っているのなら買いたいくらいです。

    特にこのハリセンボン。売っているのなら買いたいくらいです。

  • これは動きません。

    これは動きません。

  • 観客が乗って一番面白いのはこれでしょう。親子4人乗りで全員黄色い雨合羽を着せられます。舟は大揺れ、風と雨で大嵐になります。周りで見ている観客は大笑いですが乗っている人たちは大真面目でした。

    観客が乗って一番面白いのはこれでしょう。親子4人乗りで全員黄色い雨合羽を着せられます。舟は大揺れ、風と雨で大嵐になります。周りで見ている観客は大笑いですが乗っている人たちは大真面目でした。

  • この帆船も可愛いです。

    この帆船も可愛いです。

  • タラか何かの形をしていながら脇ビレはセーヌ川で見掛ける船のデザインです。

    タラか何かの形をしていながら脇ビレはセーヌ川で見掛ける船のデザインです。

  • こちらは深海で堆積物から栄養を捕っているサメの仲間のようです。

    こちらは深海で堆積物から栄養を捕っているサメの仲間のようです。

  • どこか動くのでしょうか?

    どこか動くのでしょうか?

  • カメの乗り物も夢があります。

    カメの乗り物も夢があります。

  • 首と手足がゆっくり動くんでしょうね。

    首と手足がゆっくり動くんでしょうね。

  • これには乗ってみたかったですね。

    これには乗ってみたかったですね。

  • これは回転木馬に似合いそうなデザインです。

    これは回転木馬に似合いそうなデザインです。

  • デザインの由来はギリシャ神話のネプチューンの馬車を引いている海馬(ヒッポカンプス)ですね。

    デザインの由来はギリシャ神話のネプチューンの馬車を引いている海馬(ヒッポカンプス)ですね。

  • とっても楽しいギャラリーでした。これ以外にもオブジェが置かれています。

    とっても楽しいギャラリーでした。これ以外にもオブジェが置かれています。

  • 一度表に出て通rの反対側、カフェの上に登ると工房への入り口があります。ちょうどそのタイミングでエレファントが戻って来るのを妻が見つけました。

    一度表に出て通rの反対側、カフェの上に登ると工房への入り口があります。ちょうどそのタイミングでエレファントが戻って来るのを妻が見つけました。

  • 造船ドックの一番奥からゆっくり中に入ってきます。

    造船ドックの一番奥からゆっくり中に入ってきます。

  • ドックの先には木々が生い茂り本当のジャングルにいるようです。

    ドックの先には木々が生い茂り本当のジャングルにいるようです。

  • このシーンは結構感動します。

    このシーンは結構感動します。

  • 離れているので機械の音も聞こえないので生きているようでした。

    離れているので機械の音も聞こえないので生きているようでした。

  • 青空の下を歩くのも良いですが、こんな眺めはまるで象のパサージュみたいです。

    青空の下を歩くのも良いですが、こんな眺めはまるで象のパサージュみたいです。

  • 10メートルくらいの高さから眺められるので象と視線が合います。

    10メートルくらいの高さから眺められるので象と視線が合います。

  • 出発時には得意げだった乗客も1時間もするとぐったり疲れているようでした。

    出発時には得意げだった乗客も1時間もするとぐったり疲れているようでした。

  • カンボジアやタイで見たものと同じで、高い所に乗り場が造られています。

    カンボジアやタイで見たものと同じで、高い所に乗り場が造られています。

  • お疲れ様でした。

    お疲れ様でした。

  • お客が降りて機械が停まると瞼を閉じます。

    お客が降りて機械が停まると瞼を閉じます。

  • 工房に入ります。カニのマシーンを造っているよりはカニを解体しているように見えます。

    工房に入ります。カニのマシーンを造っているよりはカニを解体しているように見えます。

  • これは横浜の開港150周年の写真です。

    これは横浜の開港150周年の写真です。

  • これはパリのグランパレでのイベントの様子です。

    これはパリのグランパレでのイベントの様子です。

  • こんな写真パネルがたくさん展示してありました。横ではビデオが流れています。

    こんな写真パネルがたくさん展示してありました。横ではビデオが流れています。

  • 工房ではたくさんの作品が造られています。これはオウム貝。大きさは2メートルは越えていると思います。

    工房ではたくさんの作品が造られています。これはオウム貝。大きさは2メートルは越えていると思います。

  • マンタはリアルに動かすための機械が上に載っています。編み機みたいですね。

    マンタはリアルに動かすための機械が上に載っています。編み機みたいですね。

  • フグ?

    フグ?

  • 彫刻する前の様子がよく分かります。

    彫刻する前の様子がよく分かります。

  • 巨大ガニの干物造りのように見えるのは私だけでしょうか。

    巨大ガニの干物造りのように見えるのは私だけでしょうか。

  • だんだんおいしそうに見えてきます。

    だんだんおいしそうに見えてきます。

  • ヘロンの木に登ってみます。下はカフェになっています。

    ヘロンの木に登ってみます。下はカフェになっています。

  • お昼に動いていた回転木馬も営業が終わっています。これも運行時間が決まっているようです。

    お昼に動いていた回転木馬も営業が終わっています。これも運行時間が決まっているようです。

  • ヘロンの木はこんな感じです。ロワール川と対岸のナントの町が望めます。

    ヘロンの木はこんな感じです。ロワール川と対岸のナントの町が望めます。

  • 工房の全体はこんなに巨大です。

    工房の全体はこんなに巨大です。

  • チョウンアンコウがいました。

    チョウンアンコウがいました。

  • まだまだこんなオブジェがどんどんと造られていくのでしょう。

    まだまだこんなオブジェがどんどんと造られていくのでしょう。

  • 最後に象を見納めます。

    最後に象を見納めます。

  • 通りかかったおじさんに写真を撮ってもらいました。妻の希望で年賀状はこの写真になりました。

    通りかかったおじさんに写真を撮ってもらいました。妻の希望で年賀状はこの写真になりました。

  • 数年来の想いが叶ったナントの旅でした。

    数年来の想いが叶ったナントの旅でした。

この旅行記のタグ

21いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (2)

開く

閉じる

  • 大目付さん 2012/01/06 22:06:43
    kojikojiさん 今晩は〜!
    明けましておめでとう御座います。今年も宜しくお願いします。

    ナントにはこんな面白い場所があるんですね〜。是非行きたくなりました。ここへ行けば丸1日ここにいそうです。

                                〜大目付〜

    kojikoji

    kojikojiさんからの返信 2012/01/07 12:38:42
    RE: kojikojiさん 今晩は〜!
    大目付さん
    あけましておめでとうございます。
    いつも旅行記を見ていただいてありがとうございます。
    ロワール渓谷の旅を思いついた後にナントが確かロワール河畔にあったと
    思い出して見つけました。地球の歩き方にも欄外に小さくコメントされてるだけなので日本人では行く人も少ないみたいです。機会がありましたら訪れてみてください。一日はかからないと思いますが半日は絶対に楽しめますよ。
    本年もよろしくお願いいたします。

kojikojiさんのトラベラーページ

フランスで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
フランス最安 110円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

フランスの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

ナント(フランス) で人気のタグ

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集