ワルザザート 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

モロッコの旅のハイライトの一つである、マラケシュからワルザザートへの、オート・アトラス山脈越えです。険しい山をぐるぐる回っていく道を突っ走る、迫力満点のドライブとなります。<br />そしてマラケシュから3時間ほど走ったところで、世界遺産のクサル(要塞のようになった村)、アイト・ベン・ハッドゥにたどりつきます。『アラビアのロレンス』『グラディエーター』など、数々のハリウッド映画の舞台として有名、ベルベル人が昔から住んでいたところのようですが、現在は世界遺産として保護され、ほとんどの村人は川の対岸に作った新しい村に住んでいるそうです。<br />

オートアトラスを越えアイト・ベン・ハッドゥへ!昔ながらのベルベルの世界

3いいね!

2011/10/13 - 2011/10/20

137位(同エリア191件中)

    9

    モロッコの旅のハイライトの一つである、マラケシュからワルザザートへの、オート・アトラス山脈越えです。険しい山をぐるぐる回っていく道を突っ走る、迫力満点のドライブとなります。
    そしてマラケシュから3時間ほど走ったところで、世界遺産のクサル(要塞のようになった村)、アイト・ベン・ハッドゥにたどりつきます。『アラビアのロレンス』『グラディエーター』など、数々のハリウッド映画の舞台として有名、ベルベル人が昔から住んでいたところのようですが、現在は世界遺産として保護され、ほとんどの村人は川の対岸に作った新しい村に住んでいるそうです。

    一人あたり費用
    25万円 - 30万円
    航空会社
    エミレーツ航空
    利用旅行会社
    個別手配
    旅行の満足度
    5.0
    観光
    5.0
    交通
    4.5

    PR

    • マラケシュからオートアトラスへ向かう途中、アロガン・オイルのショップに寄りました。実演販売をしているところで、地元の人はなぜかcooperative(コペラティブ)と呼びます(恐らく、工房というようなことを言いたいのだと思われます)<br /><br />アロガン・オイルは、モロッコにしかないという植物「アルガン」の実から取った油。化粧品にしたり、料理に使ったりします。<br /><br />地元のおばさんたちが、アルガンの実をすりつぶすところから実演していましたが、考古学博物館からそのまま出てきたような道具類が、なんとも感動ものです…!

      マラケシュからオートアトラスへ向かう途中、アロガン・オイルのショップに寄りました。実演販売をしているところで、地元の人はなぜかcooperative(コペラティブ)と呼びます(恐らく、工房というようなことを言いたいのだと思われます)

      アロガン・オイルは、モロッコにしかないという植物「アルガン」の実から取った油。化粧品にしたり、料理に使ったりします。

      地元のおばさんたちが、アルガンの実をすりつぶすところから実演していましたが、考古学博物館からそのまま出てきたような道具類が、なんとも感動ものです…!

    • アロガン・オイル・ショップのトイレ。すでに南部モロッコっぽい、いーい雰囲気となっています…。<br /><br />ちなみにモロッコのトイレはどこもきれいに掃除してあって清潔、観光客向けのところでは、イスラム式のしゃがむスタイルではない、西洋式座るトイレとなっています。

      アロガン・オイル・ショップのトイレ。すでに南部モロッコっぽい、いーい雰囲気となっています…。

      ちなみにモロッコのトイレはどこもきれいに掃除してあって清潔、観光客向けのところでは、イスラム式のしゃがむスタイルではない、西洋式座るトイレとなっています。

    • 途中のタデルトの町の近くでランチ。2階のテラスで、アトラス山を眺めながら昼食を取ります。気候のよい時期にはなんともよい気分になれます。1階はお土産屋さんです。

      途中のタデルトの町の近くでランチ。2階のテラスで、アトラス山を眺めながら昼食を取ります。気候のよい時期にはなんともよい気分になれます。1階はお土産屋さんです。

    • タデルトの町は陶器で有名らしく、道端でタジンなべがたくさん売っています。また、珍しい鉱物が採れるらしく、石を砕いたものがたくさん売られていました。

      タデルトの町は陶器で有名らしく、道端でタジンなべがたくさん売っています。また、珍しい鉱物が採れるらしく、石を砕いたものがたくさん売られていました。

    • オート・アトラスの山道を越え、砂漠の手前、アイト・ベン・ハッドゥにたどりつきます。ハリウッドの人たちが映画撮影のために修復しすぎたという話もありますが、いや実際は何とも美しい廃墟のたたずまいを残していました。

      オート・アトラスの山道を越え、砂漠の手前、アイト・ベン・ハッドゥにたどりつきます。ハリウッドの人たちが映画撮影のために修復しすぎたという話もありますが、いや実際は何とも美しい廃墟のたたずまいを残していました。

    • 映画『グラディエーター』の撮影に使われたということで、グループツアーの方々が立ち止まる撮影スポットとなっています。アイト・ベン・ハッドゥの集落のすぐふもとは、ワジ(涸れ谷)となっていて、荒涼とした雰囲気がなんとも言えないいい味を出してします。

      映画『グラディエーター』の撮影に使われたということで、グループツアーの方々が立ち止まる撮影スポットとなっています。アイト・ベン・ハッドゥの集落のすぐふもとは、ワジ(涸れ谷)となっていて、荒涼とした雰囲気がなんとも言えないいい味を出してします。

    • そして、ワジ(涸れ谷)の対岸に、新しい村がありますが、ここも土色、アイト・ベン・ハッドゥの景観にすっかりなじんでいます。モロッコ、すごいです。なんて趣味がいいんでしょう。

      そして、ワジ(涸れ谷)の対岸に、新しい村がありますが、ここも土色、アイト・ベン・ハッドゥの景観にすっかりなじんでいます。モロッコ、すごいです。なんて趣味がいいんでしょう。

    • アイト・ベン・ハッドゥに住んでいるらしき人が使っていた道具。この道具で、実際に植物をすりつぶしたりしているそうです。まさに生きた博物館です…!いったい何千年前からこうなのでしょう? タイム・トリップしたかのようなアイト・ベン・ハッドゥ、ほとんど住んでみたい世界です。

      アイト・ベン・ハッドゥに住んでいるらしき人が使っていた道具。この道具で、実際に植物をすりつぶしたりしているそうです。まさに生きた博物館です…!いったい何千年前からこうなのでしょう? タイム・トリップしたかのようなアイト・ベン・ハッドゥ、ほとんど住んでみたい世界です。

    • そして、アイト・ベン・ハッドゥの休憩所のトイレ。タイルが施してあって、きれいです…。モロッコ人エライ!と思わされる瞬間です。

      そして、アイト・ベン・ハッドゥの休憩所のトイレ。タイルが施してあって、きれいです…。モロッコ人エライ!と思わされる瞬間です。

    1件目~9件目を表示(全9件中)

    この旅行記のタグ

      3いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      この旅行記へのコメント

      ピックアップ特集

      ワルザザート(モロッコ) で人気のタグ

      この旅行記の地図

      拡大する


      PAGE TOP

      ピックアップ特集