高尾・八王子 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
東京富士美術館 常設コレクション (1)  <br /><br />◆ルネサンスからバロック時代(15-17世紀)<br />◆バロック、ロココから新古典主義(17-19世紀)<br /><br /><br /><br />心の赴くままに、美術鑑賞♪   <br /><br />好きな芸術家、気になった作品、は撮影枚数多めです^^;<br /><br /><br />-------------------------------------------------------<br /><br />◆まず、第1の部屋から、ベリーニ、ティントレット、クラナハ、ラ・トゥール、ブリューゲル、ルーベンス、ヴァン・ダイクと巨匠の絵が並んでいてテンションUP! ◆次の部屋にはロイスダール、カナレット、グアルディ、ヴァトー、ブーシェ、フラゴナール、ルブラン、アングル等々。 ここまで見るだけでも時間がかかる! ◇それでは終わりません・・ お次は、ドラクロワ、クールベ、ミレー、コロー、トロワイヨンにドービニー。 ◇レストコーナー前には、ロダンの彫刻! ◇そして次は印象派中心に、ブーダン、セザンヌ、シスレー、モネ、ルノワール、カイユボット、ピサロ。 後期印象派以降はゴッホ、モディリアーニ、ユトリロ、ボナール等々! [ ◆旅行記(1) ]<br /><br />私の場合、ひととおり見終わるのに軽く2時間はかかりました。<br />(その後またはじめに戻って見始める!)<br /><br />・ベリーニの絵画を飾る額縁の味のある古さ<br />・ティントレットの作品から漂う全体の豪華さ<br />・ブリューゲル(子)の「農民の結婚式」「雪中の狩人」<br />・ラ・トゥールの光と影の対比が静謐な「煙草を吸う男」【:表紙写真】<br />・カナレットの透き通るようなヴェネツィア、<br /> 同、賑わいのローマ・ナヴォーナ広場、<br />・ドミニク・アングルの「ユピテルとテティス」<br />・コローの「もの思い」と「ユディト」<br /> このテーマの違いを同じ部屋で鑑賞できる贅沢<br />・大好きなブーダンにシスレー、ピサロもあり ・・。<br /><br />常設は一般800円。<br />(行くまでに色々 行きづらい要素 はあるかもしれないけれど)<br />企画展のない時に、ゆっくり常設を見るのも良いですよ。<br /><br />※本館は、現在改装工事中。<br /><br />-------------------------------------------------------

■Tokyo Fuji Art Museum Collection (1) 15-19C

20いいね!

2011/07/16 - 2011/07/16

386位(同エリア1369件中)

2

72

東京富士美術館 常設コレクション (1)  

◆ルネサンスからバロック時代(15-17世紀)
◆バロック、ロココから新古典主義(17-19世紀)



心の赴くままに、美術鑑賞♪   

好きな芸術家、気になった作品、は撮影枚数多めです^^;


-------------------------------------------------------

◆まず、第1の部屋から、ベリーニ、ティントレット、クラナハ、ラ・トゥール、ブリューゲル、ルーベンス、ヴァン・ダイクと巨匠の絵が並んでいてテンションUP! ◆次の部屋にはロイスダール、カナレット、グアルディ、ヴァトー、ブーシェ、フラゴナール、ルブラン、アングル等々。 ここまで見るだけでも時間がかかる! ◇それでは終わりません・・ お次は、ドラクロワ、クールベ、ミレー、コロー、トロワイヨンにドービニー。 ◇レストコーナー前には、ロダンの彫刻! ◇そして次は印象派中心に、ブーダン、セザンヌ、シスレー、モネ、ルノワール、カイユボット、ピサロ。 後期印象派以降はゴッホ、モディリアーニ、ユトリロ、ボナール等々! [ ◆旅行記(1) ]

私の場合、ひととおり見終わるのに軽く2時間はかかりました。
(その後またはじめに戻って見始める!)

・ベリーニの絵画を飾る額縁の味のある古さ
・ティントレットの作品から漂う全体の豪華さ
・ブリューゲル(子)の「農民の結婚式」「雪中の狩人」
・ラ・トゥールの光と影の対比が静謐な「煙草を吸う男」【:表紙写真】
・カナレットの透き通るようなヴェネツィア、
 同、賑わいのローマ・ナヴォーナ広場、
・ドミニク・アングルの「ユピテルとテティス」
・コローの「もの思い」と「ユディト」
 このテーマの違いを同じ部屋で鑑賞できる贅沢
・大好きなブーダンにシスレー、ピサロもあり ・・。

常設は一般800円。
(行くまでに色々 行きづらい要素 はあるかもしれないけれど)
企画展のない時に、ゆっくり常設を見るのも良いですよ。

※本館は、現在改装工事中。

-------------------------------------------------------

PR

この旅行記のタグ

20いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (2)

開く

閉じる

  • コクリコさん 2012/12/23 14:21:19
    偶然!
    wizさーん、

    つい最近新聞屋さんから富士美術館の招待券をもらったのです!
    遠いからどうしようかな〜と思っていたのですが、もしかしてwizさんの旅行記にUPされていたような、と思い出しました。
    やっぱりUPされていましたね!
    私がもらった招待券は1月4日から3月31日までで『ルネサンスから印象派まで』の絵画約70点と『アーモリー・ショー1913の作家たち』(私は知りませんが^^;)展のものです。
    wizさんの旅行記拝見したら行く気になりました!

    まだ大掃除中なのでざっくりとしか見ていませんが、またゆっくり見させていただきますね。

    wiz

    wiz さんからの返信 2012/12/25 17:12:23
    RE: Joyeux Noel・・☆

    コクリコさん〜、
    富士美術館の旅行記見て頂きありがとうございます〜♪

    富士美のHPを見てみると、『ルネサンスから印象派まで』は
    常設の作品をテーマに沿うように並べる展覧会っぽいですね?!
    http://www.fujibi.or.jp/exhibitions/upcoming-exhibitions.html
    招待券良いですね!常設だけでも見応えたっぷりです〜。
    逆に大きな展覧会をしていない時の方が常設はしっかり見られると思います。
    あんまりパッとしなかったけれどシダネルの作品もありました。

    私は、富士美の後、同じ八王子の村内美術館に寄ったのですが、
    この2つの美術館コース、絵画を堪能するならおすすめです〜!
    一応・・ 村内美のクチコミです^^;
    http://4travel.jp/domestic/area/kanto/tokyo/hachioji/takao/tips/10187056/

    両美術館とも(公共交通機関だと)八王子駅からバスに乗らなきゃいけないので
    行く時は、よし行くぞ!と気合い入れないといけないですよね〜。
    村内美は、一応無料シャトルバスがあるので帰路片道だけ利用しました!

    Joyeux Noel・・☆

      wiz

wiz さんのトラベラーページ

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

高尾・八王子(東京) で人気のタグ

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集