雲南省 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

 かつて男の桃源郷として名を馳せた、ミャンマーのモンラー。中国政府からもミャンマー政府からも干渉されることなく、「飲む、打つ、買う」が実践できる場所として、多くの中国人と物好きな外国人で賑いました。カジノが閉鎖されて以降、観光客が激減したと聞きます。今のモンラーはどうなっているのか。近くに来たついでに見学してきました。<br /><br /><br />**1元=12.4円で計算。<br /><br />==シリーズ 中国国境のカジノタウン==<br />① 不夜城 ラオカイの過ごし方 (ミャンマー、老街、南傘)<br />http://4travel.jp/traveler/sekai_koryaku/album/10573770/<br />② 桃源郷 モンラーの今 (ミャンマー、打洛) &lt;==<br />http://4travel.jp/traveler/sekai_koryaku/album/10574121/<br />③ 発展途上カジノ ボーテンで途中下車 (ラオス、モーハン) <br />http://4travel.jp/traveler/sekai_koryaku/album/10574274/<br /><br />==カジノ関係==<br />[雲南] 瑞麗の向こう側② 姐告 - スルッとミャンマー裏カジノ<br />http://4travel.jp/traveler/sekai_koryaku/album/10537957/

中国国境のカジノタウン② 桃源郷 モンラーの今 (ミャンマー、打洛)

12いいね!

2011/03/18 - 2011/03/19

214位(同エリア848件中)

    50

     かつて男の桃源郷として名を馳せた、ミャンマーのモンラー。中国政府からもミャンマー政府からも干渉されることなく、「飲む、打つ、買う」が実践できる場所として、多くの中国人と物好きな外国人で賑いました。カジノが閉鎖されて以降、観光客が激減したと聞きます。今のモンラーはどうなっているのか。近くに来たついでに見学してきました。


    **1元=12.4円で計算。

    ==シリーズ 中国国境のカジノタウン==
    ① 不夜城 ラオカイの過ごし方 (ミャンマー、老街、南傘)
    http://4travel.jp/traveler/sekai_koryaku/album/10573770/
    ② 桃源郷 モンラーの今 (ミャンマー、打洛) <==
    http://4travel.jp/traveler/sekai_koryaku/album/10574121/
    ③ 発展途上カジノ ボーテンで途中下車 (ラオス、モーハン)
    http://4travel.jp/traveler/sekai_koryaku/album/10574274/

    ==カジノ関係==
    [雲南] 瑞麗の向こう側② 姐告 - スルッとミャンマー裏カジノ
    http://4travel.jp/traveler/sekai_koryaku/album/10537957/

    PR

    • [目次] <br /><br /> モンラー<br /> 打洛<br /> 国境越え<br /> 街の様子<br /> 中央市場<br /> ストゥーパ<br /> 南側の丘<br /> 宿<br /> カジノ<br /> 地図<br /> まとめ

      [目次]

       モンラー
       打洛
       国境越え
       街の様子
       中央市場
       ストゥーパ
       南側の丘
       宿
       カジノ
       地図
       まとめ

    • [モンラー]<br /><br /> 今から10年ほど前、男性誌の特集をきっかけにモンラーが一躍有名になりました。その記事によると、ミャンマー国境付近に中国人のための「男の楽園」があり、とんでもないことになっているとのこと。カジノあり、風俗あり、タイ人のオカマショーあり、ロシア人ストリップありの治外法権区域。毎日多くの中国人が日帰りでやってきて、羽目をはずして帰っていく。そんな感じで街の様子が描かれていました。<br /><br /> 辺境旅行者に大きなインパクトを残したモンラーですが、この記事が出た頃がモンラーの全盛期後半。その後、何度か国境が閉じられ、カジノも閉鎖され、オカマもロシア人も姿を消しました。それ以降、時々もたらされる現地情報は「寂れた現状」ばかり。かつての伝説だけが残る結果となりました。<br /><br /> やはり今の時代、桃源郷など存在しないのか...。そのことを自らの目で確かめるべく、モンラー行きを決断しました(大げさな!)。少なくとも、当時の面影くらいは確認できるでしょう。

      [モンラー]

       今から10年ほど前、男性誌の特集をきっかけにモンラーが一躍有名になりました。その記事によると、ミャンマー国境付近に中国人のための「男の楽園」があり、とんでもないことになっているとのこと。カジノあり、風俗あり、タイ人のオカマショーあり、ロシア人ストリップありの治外法権区域。毎日多くの中国人が日帰りでやってきて、羽目をはずして帰っていく。そんな感じで街の様子が描かれていました。

       辺境旅行者に大きなインパクトを残したモンラーですが、この記事が出た頃がモンラーの全盛期後半。その後、何度か国境が閉じられ、カジノも閉鎖され、オカマもロシア人も姿を消しました。それ以降、時々もたらされる現地情報は「寂れた現状」ばかり。かつての伝説だけが残る結果となりました。

       やはり今の時代、桃源郷など存在しないのか...。そのことを自らの目で確かめるべく、モンラー行きを決断しました(大げさな!)。少なくとも、当時の面影くらいは確認できるでしょう。

    •  モンラーがあるのは、シャン州の北東部にある東シャン州軍支配区域。この辺りは軍閥が自治権を得ており、中央政府の意向を無視して好き勝手に活動しています。その中で生まれたのが、モンラーのような経済特区。実質、外貨を当てにした中国人タウンです。<br /><br /> モンラーに行く場合、普通は、タイからからミャンマー・タチレクに入り、バスか乗り合いタクシーでチャイントンヘ(3時間)、さらに乗り合いタクシーでモンラー(2時間)まで悪路を走ります。車を貸しきるか早朝に出発すれば、1日でモンラーに到着できるでしょう。途中、何ヶ所か検問所があり、モンラーに入る前には入域料(確か36元=450円)が徴収されます。もちろんミャンマーのビザ、またはタチレクでの入国許可証が必要です。<br /><br /> 以上が、タイから行く「ノーマル・ルート」の場合。私が今いるのは中国の雲南省。しかも、モンラーからそう遠くない場所にいます。モンラーに行ってみたいけど、旅行者は国境を越えられない。さあ、どうする? ここはもう、強行突破しかないでしょう。<br /><br /><br />地図: 水色の点が中国・ミャンマー国境にあるモンラー。ピンクの点が、下からタチレク(タイ側メーサイ)、チャイントン、モンハイ、景洪。<br />

       モンラーがあるのは、シャン州の北東部にある東シャン州軍支配区域。この辺りは軍閥が自治権を得ており、中央政府の意向を無視して好き勝手に活動しています。その中で生まれたのが、モンラーのような経済特区。実質、外貨を当てにした中国人タウンです。

       モンラーに行く場合、普通は、タイからからミャンマー・タチレクに入り、バスか乗り合いタクシーでチャイントンヘ(3時間)、さらに乗り合いタクシーでモンラー(2時間)まで悪路を走ります。車を貸しきるか早朝に出発すれば、1日でモンラーに到着できるでしょう。途中、何ヶ所か検問所があり、モンラーに入る前には入域料(確か36元=450円)が徴収されます。もちろんミャンマーのビザ、またはタチレクでの入国許可証が必要です。

       以上が、タイから行く「ノーマル・ルート」の場合。私が今いるのは中国の雲南省。しかも、モンラーからそう遠くない場所にいます。モンラーに行ってみたいけど、旅行者は国境を越えられない。さあ、どうする? ここはもう、強行突破しかないでしょう。


      地図: 水色の点が中国・ミャンマー国境にあるモンラー。ピンクの点が、下からタチレク(タイ側メーサイ)、チャイントン、モンハイ、景洪。

    • [打洛]<br /><br /> 国境をはさんでモンラーの反対側にあるのが、雲南省モンハイ県の打洛鎮(ダールオ)。道路が整備されたため、打洛へのアクセスは比較的簡単です。シーサンパンナ自治州の中心・景洪から車で約2時間(133キロ)。モンハイからだと、1時間20分(70キロ)。景洪から小型バスが一日何本か出ており、モンハイ経由で国境の打洛に向かいます。

      [打洛]

       国境をはさんでモンラーの反対側にあるのが、雲南省モンハイ県の打洛鎮(ダールオ)。道路が整備されたため、打洛へのアクセスは比較的簡単です。シーサンパンナ自治州の中心・景洪から車で約2時間(133キロ)。モンハイからだと、1時間20分(70キロ)。景洪から小型バスが一日何本か出ており、モンハイ経由で国境の打洛に向かいます。

    •  滞在先のモンハイからバス(18元=230円)に乗り、打洛のバスターミナルに到着です。バスターミナルを出ると、いきなりバイタクの男から市内観光を誘われました。打洛には、「219界碑公園」、「独樹成林」などのしょぼい見所があり、バイタクでそれらの場所を回るのです。私はミャンマー側にしか興味がないので、とりあえずパス。

       滞在先のモンハイからバス(18元=230円)に乗り、打洛のバスターミナルに到着です。バスターミナルを出ると、いきなりバイタクの男から市内観光を誘われました。打洛には、「219界碑公園」、「独樹成林」などのしょぼい見所があり、バイタクでそれらの場所を回るのです。私はミャンマー側にしか興味がないので、とりあえずパス。

    •  バスターミナルから800メートルほど道沿いに歩くと、市場や商店のある町の中心部(写真)に到着します。ここから国境まではまだ3キロほど。国境ゲートへ行くには、バイタク(10元=120円)や、市場前から出発する乗り合いワゴン(5元=60円)を利用します。

       バスターミナルから800メートルほど道沿いに歩くと、市場や商店のある町の中心部(写真)に到着します。ここから国境まではまだ3キロほど。国境ゲートへ行くには、バイタク(10元=120円)や、市場前から出発する乗り合いワゴン(5元=60円)を利用します。

    • [国境越え]<br /><br /> 乗り合いワゴンに乗り、街を抜け川を越え、打洛口岸に到着です。写真が、中国側の立派な税関建物。私の中国ビザはマルチエントリーのため、可能ならばミャンマー側に渡ってみたいところです。しかしこの国境は外国人に未開放。それに、私はミャンマーのビザを持っていません。将来、ここからタチレクまで自由に移動できれば、タイへのアクセスが格段によくなるんですけどね。<br /><br /> とにかくダメなものはダメ。さて、どうしたものか..。国境越えの裏道があるのは、ネットで確認済み。実際、国境に到着後、ワゴン車の運転手はミャンマー側へのミニ観光をしきりに勧めてきました。

      [国境越え]

       乗り合いワゴンに乗り、街を抜け川を越え、打洛口岸に到着です。写真が、中国側の立派な税関建物。私の中国ビザはマルチエントリーのため、可能ならばミャンマー側に渡ってみたいところです。しかしこの国境は外国人に未開放。それに、私はミャンマーのビザを持っていません。将来、ここからタチレクまで自由に移動できれば、タイへのアクセスが格段によくなるんですけどね。

       とにかくダメなものはダメ。さて、どうしたものか..。国境越えの裏道があるのは、ネットで確認済み。実際、国境に到着後、ワゴン車の運転手はミャンマー側へのミニ観光をしきりに勧めてきました。

    •  その内容はというと、ゲートの右奥に見えるお城のような黄金ストゥーパ(写真)や麻薬博物館、教会などのミャンマー側観光ポイントを数ヶ所回って帰ってくるというもの。国境越えなど面倒なことは、すべて彼らがアレンジしてくれるので安心といえば安心です。でも、言い値の250元(景点チケット込み、3100円)は高すぎます。まずは、自力で行く方法を探してみることにします。

       その内容はというと、ゲートの右奥に見えるお城のような黄金ストゥーパ(写真)や麻薬博物館、教会などのミャンマー側観光ポイントを数ヶ所回って帰ってくるというもの。国境越えなど面倒なことは、すべて彼らがアレンジしてくれるので安心といえば安心です。でも、言い値の250元(景点チケット込み、3100円)は高すぎます。まずは、自力で行く方法を探してみることにします。

    •  国境ゲートを正面に見て、左側に中国側の市街地、右側フェンスのとなりにミャンマー側の小さな集落があります。ネット情報によると、この左側市街地の奥にミャンマー側に通じる未舗装の道(オートバイ用)があるとか。そちらの道も良さそうですが、すぐそばにあるミャンマー集落の方が気になります。というわけで、先に右側エリアからチェックしていきます。<br /><br /> 国境フェンス沿いの土の道を北側に進んでいくと、すぐにフェンスが途切れた場所を見つかりました(写真)。そこには、「違法な道。この道を通っての出入国は厳禁です」と書かれた警告が立てられています。恐らく、この集落に住むのミャンマー人が、中国へ出入りするのに使うのでしょう。辺境エリアに住む人達は、他の国境ゾーン同様、自由な行き来が許されているはずです。<br />

       国境ゲートを正面に見て、左側に中国側の市街地、右側フェンスのとなりにミャンマー側の小さな集落があります。ネット情報によると、この左側市街地の奥にミャンマー側に通じる未舗装の道(オートバイ用)があるとか。そちらの道も良さそうですが、すぐそばにあるミャンマー集落の方が気になります。というわけで、先に右側エリアからチェックしていきます。

       国境フェンス沿いの土の道を北側に進んでいくと、すぐにフェンスが途切れた場所を見つかりました(写真)。そこには、「違法な道。この道を通っての出入国は厳禁です」と書かれた警告が立てられています。恐らく、この集落に住むのミャンマー人が、中国へ出入りするのに使うのでしょう。辺境エリアに住む人達は、他の国境ゾーン同様、自由な行き来が許されているはずです。

    •  ということは、フェンスの中に入れば、そこはすでにミャンマー。この村がモンラーと繋がっている保証はありませんが、とりあえず中に入ってみます。<br /><br /> 入ってすぐ、国境線を示す217界碑(写真)を発見。ここが217界碑ということは、税関あたりが218界碑になるのかな。<br />

       ということは、フェンスの中に入れば、そこはすでにミャンマー。この村がモンラーと繋がっている保証はありませんが、とりあえず中に入ってみます。

       入ってすぐ、国境線を示す217界碑(写真)を発見。ここが217界碑ということは、税関あたりが218界碑になるのかな。

    •  そのまま集落のある方へ向かいます。ここならまだ見つかっても言い訳がきくはず。畑の間の道を奥に進むと、道が2手に分かれます。右に行くと農地。左に行くとさらに民家が続きます。

       そのまま集落のある方へ向かいます。ここならまだ見つかっても言い訳がきくはず。畑の間の道を奥に進むと、道が2手に分かれます。右に行くと農地。左に行くとさらに民家が続きます。

    •  左折して民家の並ぶ集落を抜けると、道は国境ゲートのほうに下り始めます(写真)。おいおい丸見えじゃん! なんとも大胆ですが、覚悟を決めて国境フェンス沿いの道を進みます。<br /><br /><br />写真: ミャンマー側集落からの眺め。道を進んだ先、左に税関建物、その後ろに黄金ストゥーパ。

       左折して民家の並ぶ集落を抜けると、道は国境ゲートのほうに下り始めます(写真)。おいおい丸見えじゃん! なんとも大胆ですが、覚悟を決めて国境フェンス沿いの道を進みます。


      写真: ミャンマー側集落からの眺め。道を進んだ先、左に税関建物、その後ろに黄金ストゥーパ。

    •  現地人のふりをして、しれっと国境ゲート横を通過。軽い緊張を感じながら歩いていると、若者が二人、駐車場横のフェンス穴から侵入してきました。もうなんでもありです。彼らは初めてこの道を通るようで、少しオドオドした様子。そして、なぜか私を常連と勘違いして、後をピッタリついてくるのです。あのー、私もこの道がどこに続いてるか知らないんですけど..。

       現地人のふりをして、しれっと国境ゲート横を通過。軽い緊張を感じながら歩いていると、若者が二人、駐車場横のフェンス穴から侵入してきました。もうなんでもありです。彼らは初めてこの道を通るようで、少しオドオドした様子。そして、なぜか私を常連と勘違いして、後をピッタリついてくるのです。あのー、私もこの道がどこに続いてるか知らないんですけど..。

    •  国境建物の真横を過ぎ、少し坂を登ると、右前方に見張り台のようなものが見えてきました。この時は無人だったので、何なのか不明。というか、超ラッキー! そのまま坂を上り、下り坂に変わったところで、モンラーの街が視界に入ってきました(写真)。

       国境建物の真横を過ぎ、少し坂を登ると、右前方に見張り台のようなものが見えてきました。この時は無人だったので、何なのか不明。というか、超ラッキー! そのまま坂を上り、下り坂に変わったところで、モンラーの街が視界に入ってきました(写真)。

    •  モンラーがこれほど近いとは思っていませんでした。山を越えたすぐ向こう側だったんですんね。さっそく市街地まで下りていきます。道路を下る途中、現地のパトカーとすれ違いましたが、お咎めもナシ。越境者などめずらしくないのか、私が旅行者に見えなかったのか、おそらくその両方でしょう。<br /><br /> なにはともあれ、私が今いるのは国境の裏側モンラーの町。期せずして、徒歩による「新ルート開拓」に成功です。

       モンラーがこれほど近いとは思っていませんでした。山を越えたすぐ向こう側だったんですんね。さっそく市街地まで下りていきます。道路を下る途中、現地のパトカーとすれ違いましたが、お咎めもナシ。越境者などめずらしくないのか、私が旅行者に見えなかったのか、おそらくその両方でしょう。

       なにはともあれ、私が今いるのは国境の裏側モンラーの町。期せずして、徒歩による「新ルート開拓」に成功です。

    •  では、従来の密入国はどのようなルートを通るのでしょうか。私がバイタクで中国へ帰った時は、国境ゲート東側の森を抜けて行きました(水色の線)。<br /><br /> モンラー側からだと、市街地を出たところでまず登記料(3元=40円)の支払い。坂道を登り黄金ストゥーパの右側を通り森を下った先にあるチェックポイントで、さらに通行料10元(140円。荷物チェックあり)徴収。そして、中国側市街地を抜けて、国境ゲード前の広場へ。リクエストすれば、バイタクは打洛の市街地まで行ってくれます。このように、非合法ルートを使った越境はごく日常的な風景なようです。<br /><br /><br />地図: 黄緑の線が国境。黄色い線が徒歩ルート。水色の線が、メインの非公式越境ルート(予想。点線部分は多分右側)。ピンクの点が、上からフェンス抜け穴、税関建物、黄金ストゥーパ、モンラーの市場。

       では、従来の密入国はどのようなルートを通るのでしょうか。私がバイタクで中国へ帰った時は、国境ゲート東側の森を抜けて行きました(水色の線)。

       モンラー側からだと、市街地を出たところでまず登記料(3元=40円)の支払い。坂道を登り黄金ストゥーパの右側を通り森を下った先にあるチェックポイントで、さらに通行料10元(140円。荷物チェックあり)徴収。そして、中国側市街地を抜けて、国境ゲード前の広場へ。リクエストすれば、バイタクは打洛の市街地まで行ってくれます。このように、非合法ルートを使った越境はごく日常的な風景なようです。


      地図: 黄緑の線が国境。黄色い線が徒歩ルート。水色の線が、メインの非公式越境ルート(予想。点線部分は多分右側)。ピンクの点が、上からフェンス抜け穴、税関建物、黄金ストゥーパ、モンラーの市場。

    • [街の様子]<br /><br />==街並み==<br /><br /> 丘を越えた先に突然広がる賑やかな街。自然とわくわく感が高まります。モンラーは盆地のような場所にあり、街全体がゆったりとしています。道路は中国と同じ右側通行。でも、車の大半は日本と同じ右ハンドルです。<br /><br /> 東側の丘には、町を見下ろすように建つ黄金ストゥーパ。あちらからモンラーが見えなかったように、この丘のおかげでこちらから中国の町は見えません。よく見ると、ストゥーパの横に携帯電波塔が見えてますね(写真)。塔が二本あるということは、中国移動と中国聯通でしょうか。

      [街の様子]

      ==街並み==

       丘を越えた先に突然広がる賑やかな街。自然とわくわく感が高まります。モンラーは盆地のような場所にあり、街全体がゆったりとしています。道路は中国と同じ右側通行。でも、車の大半は日本と同じ右ハンドルです。

       東側の丘には、町を見下ろすように建つ黄金ストゥーパ。あちらからモンラーが見えなかったように、この丘のおかげでこちらから中国の町は見えません。よく見ると、ストゥーパの横に携帯電波塔が見えてますね(写真)。塔が二本あるということは、中国移動と中国聯通でしょうか。

    •  モンラーは、幅広の川の両側に町が広がっています。モンラーに経済特区的な殺伐感を感じないのは、このゆったりと流れる川に加え、椰子の木が並ぶ南国風の街並みが関係している気がします。イメージとは逆に、この川は中国側(北側)に流れ、打洛市街地手前で本流に流れ込みます。

       モンラーは、幅広の川の両側に町が広がっています。モンラーに経済特区的な殺伐感を感じないのは、このゆったりと流れる川に加え、椰子の木が並ぶ南国風の街並みが関係している気がします。イメージとは逆に、この川は中国側(北側)に流れ、打洛市街地手前で本流に流れ込みます。

    •  その川に架かる橋には時計台ゲートがあり、町のランドマークになっています。<br />

       その川に架かる橋には時計台ゲートがあり、町のランドマークになっています。

    •  市街地エリアには、大型ホテルもちらほら。普通に営業しています。

       市街地エリアには、大型ホテルもちらほら。普通に営業しています。

    1件目~20件目を表示(全50件中)

    この旅行記のタグ

      12いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      この旅行記へのコメント

      ピックアップ特集

      中国 で人気のタグ


      PAGE TOP

      ピックアップ特集