タウポ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
私たちの「KIWI-RACCOさざんか亭」B&amp;Bでは、ゲストのリクエストで、ロトルア市内や周辺のガイドツアーをすることがよくあります。中でも、タウポ1日ツアーは大人気のコース。大自然のエネルギーや、息をのむほど美しい滝や川の水の色。NZで一番美味しいマヌカハニーの製造元で買物したり、温泉入浴したり……。お天気に恵まれれば、タウポ湖越しに、世界遺産のトンガリロの雪山が見えます。<br /><br />1日ドライブにピッタリの、充実のコース。<br />さて、ランチ休憩は、どこにしましょう?<br /><br />タウポのレイクフロントには、カフェやレストランが並んでいますが、お値段が手頃で、本当に美味しい店……となると、お勧めはそれほど多くはないような気がします。<br />以前は、レイクフロントにあった「Mac Cafe」(あのマクドナルド・カフェではなく、全然別)という店が、安くて美味しくてメニューも多くて断然お勧めだったのですが、経営者も店も変わってしまい、高くて味もたいしたことなくてサービスもよくない、NZにありがちなカフェの一つになってしまいました(涙)。<br /><br />ランチに安心して寄れる、「プローン・ファーム」や「フカ・ワイナリー・レストラン」が、私たちの定番。<br />でも、他にもいい所はないか……と、探して、見つけました!<br /><br />「プローマンズ・カフェ」<br />正式名称は、&quot; Ploughmans &quot; (English Inn &amp; Garden Bar)<br />レイクフロントから少し離れますが、英国チューダー風の建物とガーデン・カフェやパブ、室内レストランの内装もとてもシックで心地よい雰囲気。落ち着いてランチやティータイム休憩をしたい時にピッタリです。<br /><br />メニューは、奇をてらわない正統派。<br />そして何より、スタッフさんのキビキビとした笑顔のサービス。日本では当たり前のこのサービスは、他国では得難いものなのです。NZ人は笑顔はいいのだけど、素早く確かなサービスが苦手な人が多くて、日本人にはちょっとストレス溜まりがち……。その点、このカフェのスタッフさん全員、素晴らしいです。<br /><br />場所は、SH1号線沿い、レインボー・ポイント(Rainbow Point)。タウポの街を通り過ぎて、トゥランギ方面に向かって右側にあります。<br />営業時間は、毎日11:00am〜。週末は9:30am〜。<br />Phone: 07-377-3422<br /><br />*「KIWI-RACCO さざんか亭」では、宿泊 または ガイドツアーご利用の方に、現地ならではの細やかな情報提供や旅のお手伝いをしています。そのため、常に自分たちで確かめて、本当にお勧めできるスポットやお店をリサーチしています。<br />  http://web.mac.com/hiroe_kh18/<br />

タウポでランチにいいお店 ~「プローマンズ」Ploughmans

3いいね!

2011/01/04 - 2011/01/04

32位(同エリア64件中)

0

10

kiwi-racco

kiwi-raccoさん

私たちの「KIWI-RACCOさざんか亭」B&Bでは、ゲストのリクエストで、ロトルア市内や周辺のガイドツアーをすることがよくあります。中でも、タウポ1日ツアーは大人気のコース。大自然のエネルギーや、息をのむほど美しい滝や川の水の色。NZで一番美味しいマヌカハニーの製造元で買物したり、温泉入浴したり……。お天気に恵まれれば、タウポ湖越しに、世界遺産のトンガリロの雪山が見えます。

1日ドライブにピッタリの、充実のコース。
さて、ランチ休憩は、どこにしましょう?

タウポのレイクフロントには、カフェやレストランが並んでいますが、お値段が手頃で、本当に美味しい店……となると、お勧めはそれほど多くはないような気がします。
以前は、レイクフロントにあった「Mac Cafe」(あのマクドナルド・カフェではなく、全然別)という店が、安くて美味しくてメニューも多くて断然お勧めだったのですが、経営者も店も変わってしまい、高くて味もたいしたことなくてサービスもよくない、NZにありがちなカフェの一つになってしまいました(涙)。

ランチに安心して寄れる、「プローン・ファーム」や「フカ・ワイナリー・レストラン」が、私たちの定番。
でも、他にもいい所はないか……と、探して、見つけました!

「プローマンズ・カフェ」
正式名称は、" Ploughmans " (English Inn & Garden Bar)
レイクフロントから少し離れますが、英国チューダー風の建物とガーデン・カフェやパブ、室内レストランの内装もとてもシックで心地よい雰囲気。落ち着いてランチやティータイム休憩をしたい時にピッタリです。

メニューは、奇をてらわない正統派。
そして何より、スタッフさんのキビキビとした笑顔のサービス。日本では当たり前のこのサービスは、他国では得難いものなのです。NZ人は笑顔はいいのだけど、素早く確かなサービスが苦手な人が多くて、日本人にはちょっとストレス溜まりがち……。その点、このカフェのスタッフさん全員、素晴らしいです。

場所は、SH1号線沿い、レインボー・ポイント(Rainbow Point)。タウポの街を通り過ぎて、トゥランギ方面に向かって右側にあります。
営業時間は、毎日11:00am〜。週末は9:30am〜。
Phone: 07-377-3422

*「KIWI-RACCO さざんか亭」では、宿泊 または ガイドツアーご利用の方に、現地ならではの細やかな情報提供や旅のお手伝いをしています。そのため、常に自分たちで確かめて、本当にお勧めできるスポットやお店をリサーチしています。
 http://web.mac.com/hiroe_kh18/

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
グルメ
4.0

PR

  • 駐車場の看板。<br />「Ploughmans」は、アコモデーション、パブバー、レストランなどの複合施設ですが、カフェとしてもちょうどよい規模のお店です。

    駐車場の看板。
    「Ploughmans」は、アコモデーション、パブバー、レストランなどの複合施設ですが、カフェとしてもちょうどよい規模のお店です。

  • 木漏れ日のガーデン・カフェで、ランチやコーヒータイムが気持ちいい。<br /><br />タウポはロトルア同様、北島の中央部(内陸部)で標高も高いので、夏でも空気は爽やか。でも、日差しは強いので、こんな緑豊かなテラス席が嬉しい。

    イチオシ

    木漏れ日のガーデン・カフェで、ランチやコーヒータイムが気持ちいい。

    タウポはロトルア同様、北島の中央部(内陸部)で標高も高いので、夏でも空気は爽やか。でも、日差しは強いので、こんな緑豊かなテラス席が嬉しい。

  • こちらもガーデン席。<br />イギリスのコテージ・ガーデンのような雰囲気です。

    こちらもガーデン席。
    イギリスのコテージ・ガーデンのような雰囲気です。

  • テラス席の奥は、パブ・バー。<br />黒光りする梁を活かしたインテリア。<br />ビールも旨そう。

    テラス席の奥は、パブ・バー。
    黒光りする梁を活かしたインテリア。
    ビールも旨そう。

  • 狩猟の道具や農具などを配置したインテリアがマッチして、落ち着いた雰囲気。

    狩猟の道具や農具などを配置したインテリアがマッチして、落ち着いた雰囲気。

  • 室内、レストラン&カフェ。<br />ガーデンも見えるので、こちらの席での食事もいいですね。<br />タウポに泊まる場合は、ディナーにここまで出かけるのもいいかも。

    室内、レストラン&カフェ。
    ガーデンも見えるので、こちらの席での食事もいいですね。
    タウポに泊まる場合は、ディナーにここまで出かけるのもいいかも。

  • さらに、奥の部屋。<br />木のパネルと白い壁が小粋。<br />壁の絵画も、どれもとても趣味がよくて、いつまでも心地よくビールやワインを飲んでいられそう。

    さらに、奥の部屋。
    木のパネルと白い壁が小粋。
    壁の絵画も、どれもとても趣味がよくて、いつまでも心地よくビールやワインを飲んでいられそう。

  • 肝心の食べ物。<br />この日、3人で行きましたが、注文したのは、それぞれ、BLTサンド、ステーキ・サンド、フィッシュ&チップス。<br /><br />これが、「プローマンズBLTサンド」<br />BLTとは、ベーコン、レタス、トマトのこと。<br />パンがカリカリのバゲット(ガーリック・ブレッドになってます)なのが、「プローマンズ風」?<br /><br />大きめ短冊形のチップス(フライドポテト)が、何もつけなくても、すごく美味しい!

    肝心の食べ物。
    この日、3人で行きましたが、注文したのは、それぞれ、BLTサンド、ステーキ・サンド、フィッシュ&チップス。

    これが、「プローマンズBLTサンド」
    BLTとは、ベーコン、レタス、トマトのこと。
    パンがカリカリのバゲット(ガーリック・ブレッドになってます)なのが、「プローマンズ風」?

    大きめ短冊形のチップス(フライドポテト)が、何もつけなくても、すごく美味しい!

  • ポールが注文したステーキ・サンド。<br /><br />「サンドイッチ」と称しても、NZのは、ナイフとフォークでしか食べられないサイズが普通です。<br /><br />ポールは、これに、卵(目玉焼き)を追加で入れてもらいました。

    ポールが注文したステーキ・サンド。

    「サンドイッチ」と称しても、NZのは、ナイフとフォークでしか食べられないサイズが普通です。

    ポールは、これに、卵(目玉焼き)を追加で入れてもらいました。

  • NZの国民食、フィッシュ&チップス。<br />「テイクアウェイ」のお店とは、ちょっと格が違うレストラン&カフェの味。<br /><br />要するに、白身魚の揚げ物とフライドポテトですが、<br />美味しいお店のは、ほんとに立派な食事になるのです。<br />魚のフライの衣は、バター(ふわふわ)かクラム(カリカリ)を選べます。

    NZの国民食、フィッシュ&チップス。
    「テイクアウェイ」のお店とは、ちょっと格が違うレストラン&カフェの味。

    要するに、白身魚の揚げ物とフライドポテトですが、
    美味しいお店のは、ほんとに立派な食事になるのです。
    魚のフライの衣は、バター(ふわふわ)かクラム(カリカリ)を選べます。

この旅行記のタグ

3いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

ニュージーランドで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ニュージーランド最安 470円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ニュージーランドの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集