ペトラ 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

ヨルダンに来たら必ず訪れる遺跡がここ、ペトラ。紀元前6世紀からこの土地に暮らしていたナバテア人の都です。以前の岩山に神殿や墳墓、住居を切り出した、世界で唯一ともいえる不思議な景観。もちろん、世界遺産です。実はとっても奥が深く、何日もかけても攻略しきれないくらいですが、ここではシーク(隘路)からエル・カズネ(宝物庫)へと抜ける、誰もが歩く王道コースを紹介します。

ペトラの王道コースを歩く!エル・カズネ―宝物庫―を抜けて

4いいね!

2010/01/03 - 2010/01/11

318位(同エリア485件中)

    11

    ヨルダンに来たら必ず訪れる遺跡がここ、ペトラ。紀元前6世紀からこの土地に暮らしていたナバテア人の都です。以前の岩山に神殿や墳墓、住居を切り出した、世界で唯一ともいえる不思議な景観。もちろん、世界遺産です。実はとっても奥が深く、何日もかけても攻略しきれないくらいですが、ここではシーク(隘路)からエル・カズネ(宝物庫)へと抜ける、誰もが歩く王道コースを紹介します。

    航空会社
    エミレーツ航空

    PR

    • 遺跡入口のビジター・センターでチケットを買った後、この小さいゲートを抜けると、遺跡のエリアに入ります。誰もが早くエル・カズネが見たい…!という気持ちでいっぱいなわけですが、実はそこにたどりつくまで、ちょっとした道のりが待っています!

      遺跡入口のビジター・センターでチケットを買った後、この小さいゲートを抜けると、遺跡のエリアに入ります。誰もが早くエル・カズネが見たい…!という気持ちでいっぱいなわけですが、実はそこにたどりつくまで、ちょっとした道のりが待っています!

    • まず、ゲートからシーク(隘路)の入口まで、歩くと15分くらいかかります。途中に「オベリスクの墓」とか「ジン(精霊)の岩」とかあるのでのんびり見て歩くのもいいのですが、とりあえず体力を温存するには、馬に乗るのが便利。乗馬料金はチケット代に含まれています(降りるときに馬引きがチップを要求するので、ちょっとした交渉が必要です)。

      まず、ゲートからシーク(隘路)の入口まで、歩くと15分くらいかかります。途中に「オベリスクの墓」とか「ジン(精霊)の岩」とかあるのでのんびり見て歩くのもいいのですが、とりあえず体力を温存するには、馬に乗るのが便利。乗馬料金はチケット代に含まれています(降りるときに馬引きがチップを要求するので、ちょっとした交渉が必要です)。

    • いよいよ、シーク(隘路)の入口です!元々一つの岩だったものが裂けて、このような通路ができたそうです。左右の岩の模様が呼応しているのが、かつて同じ岩だった証拠なのだとか。

      いよいよ、シーク(隘路)の入口です!元々一つの岩だったものが裂けて、このような通路ができたそうです。左右の岩の模様が呼応しているのが、かつて同じ岩だった証拠なのだとか。

    • シークはただの通路ではありません。ナバテアのダムの跡、テラコッタで作られたかつての水道管の跡、ローマ時代の舗装跡、そしてこの左側に見えるラクダの像など、見どころがいっぱいです。せっせと歩いても通り抜けるのに20分くらいかかるります。どうせなら、シークの見どころをじっくりチェックしていきましょう。

      シークはただの通路ではありません。ナバテアのダムの跡、テラコッタで作られたかつての水道管の跡、ローマ時代の舗装跡、そしてこの左側に見えるラクダの像など、見どころがいっぱいです。せっせと歩いても通り抜けるのに20分くらいかかるります。どうせなら、シークの見どころをじっくりチェックしていきましょう。

    • シークの切れ目に忽然と現れる、エル・カズネ!英語ではTreasury(宝物庫)と呼ばれます。ここだけ広々とした空間が開けていることといい、この光の当たり具合といい、自然の演出効果を考えて作られたとしか思えません。内部には装飾のようなものはほとんどなく、小さな部屋があるだけ。地下から人骨が見つかったことから、王の墓だったのでは、と言われています。

      シークの切れ目に忽然と現れる、エル・カズネ!英語ではTreasury(宝物庫)と呼ばれます。ここだけ広々とした空間が開けていることといい、この光の当たり具合といい、自然の演出効果を考えて作られたとしか思えません。内部には装飾のようなものはほとんどなく、小さな部屋があるだけ。地下から人骨が見つかったことから、王の墓だったのでは、と言われています。

    • エル・カズネを通り過ぎると、「ファサード通り」という道に出ます。神殿のファサード(正面)のようなものがいくつも並んでいることから、こう呼ばれるのだとか。ギザギザの階段状の装飾はcrow step(カラスの階段)と言われ、メソポタミアにもある古代からの意匠です。

      エル・カズネを通り過ぎると、「ファサード通り」という道に出ます。神殿のファサード(正面)のようなものがいくつも並んでいることから、こう呼ばれるのだとか。ギザギザの階段状の装飾はcrow step(カラスの階段)と言われ、メソポタミアにもある古代からの意匠です。

    • ローマ時代には、おなじみ円形劇場が建てられました。岩山をすり鉢状になっているところが、ペトラらしいですね。ペトラの人口の3分の1くらいをいっぺんに収容できるだけの大きさだったそうです。

      ローマ時代には、おなじみ円形劇場が建てられました。岩山をすり鉢状になっているところが、ペトラらしいですね。ペトラの人口の3分の1くらいをいっぺんに収容できるだけの大きさだったそうです。

    • ローマ劇場から列柱通りに向かう途中、右手上方に、「貴族の墓」が見えます。それぞれの装飾から、Urn Tomb(ツボの墓)、Corinthian Tomb(コリントの墓)、Silk Tomb(絹の墓)、Palace Tomb(宮殿の墓)といった、面白い名前がついています。正面はかなり凝っていますが、エル・カズネ同様、中には何の飾りもない部屋があるだけです。

      ローマ劇場から列柱通りに向かう途中、右手上方に、「貴族の墓」が見えます。それぞれの装飾から、Urn Tomb(ツボの墓)、Corinthian Tomb(コリントの墓)、Silk Tomb(絹の墓)、Palace Tomb(宮殿の墓)といった、面白い名前がついています。正面はかなり凝っていますが、エル・カズネ同様、中には何の飾りもない部屋があるだけです。

    • 列柱通りからは、ローマ時代に都市の中心部だったところに出ます。なかでもひときわ目立っているのが、Great Temple(大神殿)。ナバテア人の神殿を拡張して、ビザンチン時代まで使われていたそうです。

      列柱通りからは、ローマ時代に都市の中心部だったところに出ます。なかでもひときわ目立っているのが、Great Temple(大神殿)。ナバテア人の神殿を拡張して、ビザンチン時代まで使われていたそうです。

    • 列柱通りの最後に、カスル・エル・ビントと呼ばれる建物があります。元は、ナバテアの山の神ドゥシュラに捧げられた神殿。アラブ人たちが、なぜかカスル・エル・ビント・ファラオーン(ファラオの娘の宮殿)と呼ぶようになったとのことです。

      列柱通りの最後に、カスル・エル・ビントと呼ばれる建物があります。元は、ナバテアの山の神ドゥシュラに捧げられた神殿。アラブ人たちが、なぜかカスル・エル・ビント・ファラオーン(ファラオの娘の宮殿)と呼ぶようになったとのことです。

    • ペトラの王道コースの「ゴール」とも言えるのが、この博物館の手前にあるレストランです。ビュッフェ形式になっていて、アラブ風の前菜料理や、チキン、羊のケバブ(焼肉)など、ヨルダンではおなじみのメニュー。この後エドディルに行くにしろ、犠牲祭壇の道に行くにしろ、ここでしっかり休憩を取って行く必要があります…!

      ペトラの王道コースの「ゴール」とも言えるのが、この博物館の手前にあるレストランです。ビュッフェ形式になっていて、アラブ風の前菜料理や、チキン、羊のケバブ(焼肉)など、ヨルダンではおなじみのメニュー。この後エドディルに行くにしろ、犠牲祭壇の道に行くにしろ、ここでしっかり休憩を取って行く必要があります…!

    1件目~11件目を表示(全11件中)

    この旅行記のタグ

      4いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      この旅行記へのコメント

      ピックアップ特集

      ペトラ(ヨルダン) で人気のタグ


      PAGE TOP

      ピックアップ特集