ワディ・ラム 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

映画『アラビアのロレンス』の舞台として有名なワディ・ラムにやってきました。人っ子一人いない荒涼とした砂漠…のようではありますが、この地に住むベドウィンに飼われているラクダやハトがうろうろしていたりして、3〜4時間の4WDドライブをのんびり楽しむことができます。古代にナバテア人が住み、神殿を築いていた場所でもあるのです。<br />

ワディ・ラムの砂漠を走る!ベドウィン・テントでランチ

4いいね!

2010/01/03 - 2010/01/11

91位(同エリア134件中)

    8

    映画『アラビアのロレンス』の舞台として有名なワディ・ラムにやってきました。人っ子一人いない荒涼とした砂漠…のようではありますが、この地に住むベドウィンに飼われているラクダやハトがうろうろしていたりして、3〜4時間の4WDドライブをのんびり楽しむことができます。古代にナバテア人が住み、神殿を築いていた場所でもあるのです。

    航空会社
    エミレーツ航空

    PR

    • ワディ・ラムの見学はまずこのビジター・センターから始まります。ここは自然保護区になっていて、よそから人や車がむやみやたらと入ることはできません。ビジター・センターを通り抜けると、そこはいきなり砂漠の世界です。<br />

      ワディ・ラムの見学はまずこのビジター・センターから始まります。ここは自然保護区になっていて、よそから人や車がむやみやたらと入ることはできません。ビジター・センターを通り抜けると、そこはいきなり砂漠の世界です。

    • たくさん並んだ4WD車から一つを選んで乗ります。多くの車は、荷台に腰掛けるイスを用意していて、そのほうが眺めがいいしいい写真が撮れるかもしれませんが、暑い時期は普通に車内に座ったほうが賢明かもしれません…。

      たくさん並んだ4WD車から一つを選んで乗ります。多くの車は、荷台に腰掛けるイスを用意していて、そのほうが眺めがいいしいい写真が撮れるかもしれませんが、暑い時期は普通に車内に座ったほうが賢明かもしれません…。

    • ナバテア人が刻んだ碑文とされるものがあります。ラクダや小動物のようなものが描かれていて、なんだか大昔の洞窟壁画のようですが、一応ナバテア人は、現在のアラビア文字の元とも言われる文字を使っていたはず(博物館などで見ることができます)。<br />

      ナバテア人が刻んだ碑文とされるものがあります。ラクダや小動物のようなものが描かれていて、なんだか大昔の洞窟壁画のようですが、一応ナバテア人は、現在のアラビア文字の元とも言われる文字を使っていたはず(博物館などで見ることができます)。

    • 「ロレンスの家」とされるもの。T・E・ロレンスは、第一次世界大戦のころ、アラブの人々をオスマン帝国から独立させるために尽力したイギリス人将校。アラブ人とともに戦ったロレンスは一時このワディ・ラムを拠点としたそうで、一応「ロレンスの家」と呼ばれるものが残っています。<br />

      「ロレンスの家」とされるもの。T・E・ロレンスは、第一次世界大戦のころ、アラブの人々をオスマン帝国から独立させるために尽力したイギリス人将校。アラブ人とともに戦ったロレンスは一時このワディ・ラムを拠点としたそうで、一応「ロレンスの家」と呼ばれるものが残っています。

    • 「ウンム・タワーキ」というシーク(隘路)に行くと、ロレンスと、彼とともに戦ったアブドゥッラー王子(後のヨルダン国王)の顔が彫られています。比較的最近のもののようですが。

      「ウンム・タワーキ」というシーク(隘路)に行くと、ロレンスと、彼とともに戦ったアブドゥッラー王子(後のヨルダン国王)の顔が彫られています。比較的最近のもののようですが。

    • 休憩所となるベドウィンテントはこんな感じ。床にはじゅうたんを何枚も敷きつめていて、中央に炉があります。天井と壁の部分は黒い布になっているだけで、「雨が降ったらもれるだろうに」なんて思うのですが、基本的に雨は降らないのですね…。

      休憩所となるベドウィンテントはこんな感じ。床にはじゅうたんを何枚も敷きつめていて、中央に炉があります。天井と壁の部分は黒い布になっているだけで、「雨が降ったらもれるだろうに」なんて思うのですが、基本的に雨は降らないのですね…。

    • ベドウィンテントで食べる昼食は、ホムス(ひよこ豆のペースト)などの前菜類にチキンや羊のシシカバブと、ヨルダン料理の定番です。ベドウィンは地面に穴を掘って、その中で炭を焚いて調理するそうです。トマトも焼いてあったりしますね。。焼くとなんだか甘さが増すような気がします。

      ベドウィンテントで食べる昼食は、ホムス(ひよこ豆のペースト)などの前菜類にチキンや羊のシシカバブと、ヨルダン料理の定番です。ベドウィンは地面に穴を掘って、その中で炭を焚いて調理するそうです。トマトも焼いてあったりしますね。。焼くとなんだか甘さが増すような気がします。

    • ベドウィンのドライバーさんが、テントにあった楽器を見せてくれました。このほかコーヒーを入れる道具とか、アラブっぽいようなベドウィンぽいような、いろいろ不思議なものが並んでいます。

      ベドウィンのドライバーさんが、テントにあった楽器を見せてくれました。このほかコーヒーを入れる道具とか、アラブっぽいようなベドウィンぽいような、いろいろ不思議なものが並んでいます。

    1件目~8件目を表示(全8件中)

    この旅行記のタグ

      4いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      この旅行記へのコメント

      ピックアップ特集

      ワディ・ラム(ヨルダン) で人気のタグ


      PAGE TOP

      ピックアップ特集