フブスグル湖周辺旅行記(ブログ) 一覧に戻る
フブスグル湖<br />外国の観光客の中で、モンゴルのスイスと呼ばれているフブスグル県は山脈がそびえ立つち、清らかな川が流れ、草花が色とりどりに咲く清らかな空気のある県です。フブスグル県の北はロシアと接していて、1万平方キロの面積を有します。中央アジアで一番深い湖であるフブスグル湖に因んで名づけられたこの地方にはエルヘル、アチマグ、ツェンゲルなどの湖や海抜3500メートルに立ち並ぶブレンハーン、ホリドル・サルディグ、ソヨンと言った山々などでもよく知られています。この県の森林資源は国内で第1に当たりますが、1人当たり5千平方メートルにも及びます。ここには冷泉や温泉などの鉱泉もたくさんあります。森林にはカラマツ、ヒマラヤすぎ、えぞまつ、松、モミなどがありますが、カラマツの高さは40メートルぐらいの高さのものまであります。また、薬草もたくさん生えています。動物では、鹿、へラジカ、野生の山羊、野生の羊、クロテン、ビーバーなどの珍しい動物のほか、キツネ、狼、熊、リス、スカンクと言った動物も生息しています。鳥ではコンドル、ワシ、きつつきなどが生息しています。フブスグル県の自然資源も豊富です。良質の石炭、宝石、ヒスイ、推奨、建築材料としての灰石や大理石も数多く採掘されています。フブスグル湖は国内で一番大きな湖で79%が100メートル以上の深さです。この湖はとてもきれいで有機物質も少なく、湖の底には酸素もおおいです。湖は小川のように澄んでいて10メートルにも生息する魚も見ることが出来ます。ここには、捕集用の10種の魚が生息しています。あらゆる山脈からを源流とした100ほどの川がこの湖にたどり着き、ここからさらにエギという河川となり、セレンゲ川と一緒になりバイガル湖に注ぎます。フブスグル湖は11月の下旬ごろ凍り始め、1メートルから1.5メートルの厚い氷に覆われます。フブスグル県の人口はウランバートル市に次いでの人口を有します。全人口は11万6千人で、行政区は24郡からなります。県庁所在地はムルン市で、ウランバートル市から692キロ離れる所にあります。フブスグル県はフブスグル湖をメインにした観光やインフラを目指して発展しています。<br />ハンフからハトガルの石油の湖上輸送は禁止されたものの、冬に凍結した湖面を走るタンク・ローリーによる石油輸送は続いている。氷が割れてタンク・ローリーが湖に沈む事故も少なくない。また湖の西岸に眠るリン鉱石の採掘も続いている。フブスグルの青はいつまで保全できるのだろうか。さて、この湖の近くのハトガルという町で、過去30年間、気象データが計測されています。この地域の気温上昇は1年間に約0.05℃で、赤線で示した彦根の気温上昇(年間約0.027℃上昇)の約2倍になっています。この湖を訪れるには、ウランバートルから小さな飛行機でムルンという町まで飛びます。この町から、ジープで3時間くらいかけて道なき道を北に走ります。<br />

フブスグル湖

1いいね!

2008/01/31 - 2008/12/31

5位(同エリア5件中)

0

0

モンゴルツアー モンゴル旅行なら現地旅行会社シネズーチトラベルへ

モンゴルツアー モンゴル旅行なら現地旅行会社シネズーチトラベルへさん

フブスグル湖
外国の観光客の中で、モンゴルのスイスと呼ばれているフブスグル県は山脈がそびえ立つち、清らかな川が流れ、草花が色とりどりに咲く清らかな空気のある県です。フブスグル県の北はロシアと接していて、1万平方キロの面積を有します。中央アジアで一番深い湖であるフブスグル湖に因んで名づけられたこの地方にはエルヘル、アチマグ、ツェンゲルなどの湖や海抜3500メートルに立ち並ぶブレンハーン、ホリドル・サルディグ、ソヨンと言った山々などでもよく知られています。この県の森林資源は国内で第1に当たりますが、1人当たり5千平方メートルにも及びます。ここには冷泉や温泉などの鉱泉もたくさんあります。森林にはカラマツ、ヒマラヤすぎ、えぞまつ、松、モミなどがありますが、カラマツの高さは40メートルぐらいの高さのものまであります。また、薬草もたくさん生えています。動物では、鹿、へラジカ、野生の山羊、野生の羊、クロテン、ビーバーなどの珍しい動物のほか、キツネ、狼、熊、リス、スカンクと言った動物も生息しています。鳥ではコンドル、ワシ、きつつきなどが生息しています。フブスグル県の自然資源も豊富です。良質の石炭、宝石、ヒスイ、推奨、建築材料としての灰石や大理石も数多く採掘されています。フブスグル湖は国内で一番大きな湖で79%が100メートル以上の深さです。この湖はとてもきれいで有機物質も少なく、湖の底には酸素もおおいです。湖は小川のように澄んでいて10メートルにも生息する魚も見ることが出来ます。ここには、捕集用の10種の魚が生息しています。あらゆる山脈からを源流とした100ほどの川がこの湖にたどり着き、ここからさらにエギという河川となり、セレンゲ川と一緒になりバイガル湖に注ぎます。フブスグル湖は11月の下旬ごろ凍り始め、1メートルから1.5メートルの厚い氷に覆われます。フブスグル県の人口はウランバートル市に次いでの人口を有します。全人口は11万6千人で、行政区は24郡からなります。県庁所在地はムルン市で、ウランバートル市から692キロ離れる所にあります。フブスグル県はフブスグル湖をメインにした観光やインフラを目指して発展しています。
ハンフからハトガルの石油の湖上輸送は禁止されたものの、冬に凍結した湖面を走るタンク・ローリーによる石油輸送は続いている。氷が割れてタンク・ローリーが湖に沈む事故も少なくない。また湖の西岸に眠るリン鉱石の採掘も続いている。フブスグルの青はいつまで保全できるのだろうか。さて、この湖の近くのハトガルという町で、過去30年間、気象データが計測されています。この地域の気温上昇は1年間に約0.05℃で、赤線で示した彦根の気温上昇(年間約0.027℃上昇)の約2倍になっています。この湖を訪れるには、ウランバートルから小さな飛行機でムルンという町まで飛びます。この町から、ジープで3時間くらいかけて道なき道を北に走ります。

一人あたり費用
1万円未満
交通手段
観光バス
航空会社
ミアットモンゴル航空

PR

この旅行記のタグ

1いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

モンゴルで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
モンゴル最安 686円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

モンゴルの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

フブスグル湖周辺(モンゴル) で人気のタグ

PAGE TOP

ピックアップ特集