ツェツェルレグ 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
アルハンガイ県について<br />モンゴル中央部、ハンガイ山脈の北側に位置するアルハンガイ・アイマグ(県)は、モンゴル最初に制定されたアイマグとして知られる歴史のある地域で、これまでに多くの著名人を輩出してきました。<br /> アルハンガイ県は、酪農が盛んなモンゴル国の中でも最もそれらが盛んな地域のひとつで、さまざまなツァガ−ン・イデ(伝統的な酪農製品)が現在にも伝承されています。<br />また、伝統医療の一環で利用されてきた温泉や泉、草原を彩る鮮やかな花々、おいしい果実、多くの種類の野生動物・鳥や川魚、そして鉱物資源などが豊富にある天然資源・資産に恵まれた大地です。1923年、アルハンガイ県はモンゴル国で最初の4アイマグ(県)のうちの1アイマグとして制定されました。<br /> 現在は総面積55,000K?。県内には19のソム(アイマグの次位行政体)、99のバグ(ソムの次位行政体)があり、約24,000世帯・99,000人ほどが居住しています。<br />県庁所在地はツェツェルレグ市で人口は約18,519人、首都のウランバートル市からは、中央国道を経由し約450km西に位置しています。『北に麗しアルハンガイあり』といわれるアルハンガイ県は、モンゴル国内でも最も美しい場所のひとつとして知られている地域です。一度訪れた人は再び、まだ訪れてない人には、一度は行きたい場所として知られています。モンゴルのスイスなどと呼ぶ人もあるほどです。<br /> 	モンゴル国のほぼ中心、ハンガイ山脈の北側に位置し、平均海抜は2000mを超え、最高地点はハルラグタイン・サルダグの3,514m、最低地点は東部の世界遺産リストにも登録されているオルホン川やタミル川流域の1,290mです。高い山々、広い草原、県の15%を占める美しい森たち。青い空のもと穏やかにある188の湖沼、緩やかにそして豊かに流れる800を越える河川、1700種類以上の色とりどりの花々においしい果物、さらには多くの野生動物。そして60を越える温泉や冷泉・・・。アルハンガイ県にはこれらのすべてがあります。<br />野生動物には、野ひつじ(アルガル)、野ヤギ(オゴルツ)、山猫(シルース)、野生ジカ(ブカ(雄)・ソゴー(雌))、野生タ(ガハイ)、オオカミ(チョノ)、キツネ(ウネグ)、リス(へレム)、タラバガン、野ウサギ(チャンダガ)等が、鳥類には、七面鳥(ジグールトヌードゥ)、ハゲワシ(ホイログ)、ワシ(ブルゲド)、ハクチョウ(フン)、コンドル(ヨル)、フクロウ(トンシュール)、オオタカ(タス)、ライチョウ、キツツキ 等々約300種類が、河川や湖沼には、多くのモンゴル固有種を含む40種類程度の魚類が生息しています。樹木は、スギ(フシ)、シラカバ(フス)、ハルモド、ニレノキ(ハイラス)、ポプラ(ウリアス)、ヤナギ(ボルガス)、サクラの一種(ヤラガイ)等々50種類以上が、果実はブルーベリー(ウヒリンヌド(牛の目))、グズベリー(ハド)、クランベリー(アニス)、松のみ(サマル)等々が自生しています。火山爆発の跡である美しいホルゴ、水鳥たちの聖地でありラムサール条約に登録されるテルヒン・ツァガン・ノールやウギ・ノールといった湖、山に挟まれた広大な草原、万年雪に覆われ近隣の5アイマグが望めるスワラガ・ハイルハン等々美しい自然が数え切れないほどあります。<br />アルハンガイへのアクセス<br />首都ウランバートルから県都ツェツェルレグ市までは西方へ約480km。バス(定時制)とタクシー(定員制)が毎日運行されていますが、<br /> 	多くの旅行者は旅行会社等を通して、チャーター車を利用しているようです。<br />ウランバートル市西部のソンギノハイルハン地区にあるバスターミナル(アフトボクザル)から毎朝8時に出発しています。所要時間は約10時間で途中ボルガン県のラシャント村で昼食休憩が30分前後あります。チケットは前売り制となっており、前日の朝から同バスターミナルのチケット売り場で発券されます。空席があれば当日も乗車可能ですが、基本的には毎日満席で運行されています。車種はロシア製のPAZ3205で、定員は20名強です。日によっては荷棚のないバスもありますので荷物は足元や通路に満載されます。運行は運転士と車掌の二名ですが基本的にはモンゴル語でのサービスとなっています。時刻に寛容なモンゴルですが、このバスはとても定時性が保たれていて、2−3分の前後はありますが、毎朝ほぼ8時ちょうどに出発します。チケットには30分前の集合時刻が記載されていますので、この時刻を守られることをおすすめします。座席は指定席ですが車掌の判断で変更されることもあります。料金は片道10500MNTです。<br />ツェツェルレグ:<br />自然保護区域に指定されたボルガン山と呼ばれる岩山の南側の麓に位置するアルハンガイ県の県都である。町の歴史は1586年、ボルガン山の南の麓建てられた寺院に始まる。この寺院はモンゴルで有名な高僧、ザヤ・ゲゲ―ンラのいた寺院である。その後寺院は数を増し、やがて1655年にはフレー(寺院を中心とした門前町)となった。それが現在のツェツェルレグの基礎となった。 <br /><br />

アルハンガイ県について

0いいね!

2008/01/31 - 2008/12/31

4位(同エリア5件中)

0

0

モンゴルツアー モンゴル旅行なら現地旅行会社シネズーチトラベルへ

モンゴルツアー モンゴル旅行なら現地旅行会社シネズーチトラベルへさん

アルハンガイ県について
モンゴル中央部、ハンガイ山脈の北側に位置するアルハンガイ・アイマグ(県)は、モンゴル最初に制定されたアイマグとして知られる歴史のある地域で、これまでに多くの著名人を輩出してきました。
 アルハンガイ県は、酪農が盛んなモンゴル国の中でも最もそれらが盛んな地域のひとつで、さまざまなツァガ−ン・イデ(伝統的な酪農製品)が現在にも伝承されています。
また、伝統医療の一環で利用されてきた温泉や泉、草原を彩る鮮やかな花々、おいしい果実、多くの種類の野生動物・鳥や川魚、そして鉱物資源などが豊富にある天然資源・資産に恵まれた大地です。1923年、アルハンガイ県はモンゴル国で最初の4アイマグ(県)のうちの1アイマグとして制定されました。
 現在は総面積55,000K?。県内には19のソム(アイマグの次位行政体)、99のバグ(ソムの次位行政体)があり、約24,000世帯・99,000人ほどが居住しています。
県庁所在地はツェツェルレグ市で人口は約18,519人、首都のウランバートル市からは、中央国道を経由し約450km西に位置しています。『北に麗しアルハンガイあり』といわれるアルハンガイ県は、モンゴル国内でも最も美しい場所のひとつとして知られている地域です。一度訪れた人は再び、まだ訪れてない人には、一度は行きたい場所として知られています。モンゴルのスイスなどと呼ぶ人もあるほどです。
  モンゴル国のほぼ中心、ハンガイ山脈の北側に位置し、平均海抜は2000mを超え、最高地点はハルラグタイン・サルダグの3,514m、最低地点は東部の世界遺産リストにも登録されているオルホン川やタミル川流域の1,290mです。高い山々、広い草原、県の15%を占める美しい森たち。青い空のもと穏やかにある188の湖沼、緩やかにそして豊かに流れる800を越える河川、1700種類以上の色とりどりの花々においしい果物、さらには多くの野生動物。そして60を越える温泉や冷泉・・・。アルハンガイ県にはこれらのすべてがあります。
野生動物には、野ひつじ(アルガル)、野ヤギ(オゴルツ)、山猫(シルース)、野生ジカ(ブカ(雄)・ソゴー(雌))、野生タ(ガハイ)、オオカミ(チョノ)、キツネ(ウネグ)、リス(へレム)、タラバガン、野ウサギ(チャンダガ)等が、鳥類には、七面鳥(ジグールトヌードゥ)、ハゲワシ(ホイログ)、ワシ(ブルゲド)、ハクチョウ(フン)、コンドル(ヨル)、フクロウ(トンシュール)、オオタカ(タス)、ライチョウ、キツツキ 等々約300種類が、河川や湖沼には、多くのモンゴル固有種を含む40種類程度の魚類が生息しています。樹木は、スギ(フシ)、シラカバ(フス)、ハルモド、ニレノキ(ハイラス)、ポプラ(ウリアス)、ヤナギ(ボルガス)、サクラの一種(ヤラガイ)等々50種類以上が、果実はブルーベリー(ウヒリンヌド(牛の目))、グズベリー(ハド)、クランベリー(アニス)、松のみ(サマル)等々が自生しています。火山爆発の跡である美しいホルゴ、水鳥たちの聖地でありラムサール条約に登録されるテルヒン・ツァガン・ノールやウギ・ノールといった湖、山に挟まれた広大な草原、万年雪に覆われ近隣の5アイマグが望めるスワラガ・ハイルハン等々美しい自然が数え切れないほどあります。
アルハンガイへのアクセス
首都ウランバートルから県都ツェツェルレグ市までは西方へ約480km。バス(定時制)とタクシー(定員制)が毎日運行されていますが、
  多くの旅行者は旅行会社等を通して、チャーター車を利用しているようです。
ウランバートル市西部のソンギノハイルハン地区にあるバスターミナル(アフトボクザル)から毎朝8時に出発しています。所要時間は約10時間で途中ボルガン県のラシャント村で昼食休憩が30分前後あります。チケットは前売り制となっており、前日の朝から同バスターミナルのチケット売り場で発券されます。空席があれば当日も乗車可能ですが、基本的には毎日満席で運行されています。車種はロシア製のPAZ3205で、定員は20名強です。日によっては荷棚のないバスもありますので荷物は足元や通路に満載されます。運行は運転士と車掌の二名ですが基本的にはモンゴル語でのサービスとなっています。時刻に寛容なモンゴルですが、このバスはとても定時性が保たれていて、2−3分の前後はありますが、毎朝ほぼ8時ちょうどに出発します。チケットには30分前の集合時刻が記載されていますので、この時刻を守られることをおすすめします。座席は指定席ですが車掌の判断で変更されることもあります。料金は片道10500MNTです。
ツェツェルレグ:
自然保護区域に指定されたボルガン山と呼ばれる岩山の南側の麓に位置するアルハンガイ県の県都である。町の歴史は1586年、ボルガン山の南の麓建てられた寺院に始まる。この寺院はモンゴルで有名な高僧、ザヤ・ゲゲ―ンラのいた寺院である。その後寺院は数を増し、やがて1655年にはフレー(寺院を中心とした門前町)となった。それが現在のツェツェルレグの基礎となった。

同行者
友人
一人あたり費用
1万円未満
交通手段
観光バス
航空会社
ミアットモンゴル航空

PR

この旅行記のタグ

0いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

モンゴルで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
モンゴル最安 990円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

モンゴルの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

ツェツェルレグ(モンゴル) で人気のタグ

PAGE TOP

ピックアップ特集