スフバートル 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
スフバートル県<br /><br />スフバートル県は何もない草原で、有名で、中国との国境があります。首都はバルーンウルト市です。ウランバートル市から556キロメートル離れています。<br /><br />ダリガンガ村:この村には「金の山」という聖なる山があるという。高低差100m程の小高い山だ。山の姿は本宮山に似ている。この山に登り沈む太陽を拝むことにする。<br />モンゴルに300ぐらい死火山がります。死火山が多いところはスフバートル県になります。<br />スフバートル県のダリガンガ郡だけに200死火山登録されてます。<br />一番有名のはアルタンオボー(金山)です。その金山にはあそこは男の人しか登っていけない山です。<br />スフバートル県の南部にあるタリガンガの多くの死火山を見学し,それらの中では一番有名で昔から崇拝されて来た&quot;アルタン・オボー&quot;です。<br />この聖山は、モンゴルが国家として崇拝する五つの聖なるものの一つ。モンゴル人なら誰もが一生に一度は訪れてみたいと願い、崇敬する聖地だと聞いた。<br />ダリガンガ村はモンゴルの東南端に位置し、中国(内モンゴル)との国境に近い。この地域はかつて火山地帯であったことから、多くの死火山が点在する。その山々の中にアルタンオボー山はある。<br />シリンボグド山:<br />モンゴルで「聖なる山」と呼ばれているシリンボグド山(海抜1800m)に登る。<br />この山はチンギス・ハン時代の大昔から「聖なる山」として人々の信仰の対象となっていた山だ。昔から女人禁制で、いまでも女性は登ることは出来ないという。<br />モンゴル国民にとって シンボル的なこの山に登れたなら<br />広い心の 心優しき 豊かな人間になれるのだそうです。<br />モンゴルが清国に300年間支配されていた当時、男達がこの山に登りお互いの帯を交換し兄弟の契りを交わしてから清国に抵抗して共に命を落としたという男達の誓いの場所だ。 <br /> またこの山に登る者は「運が開ける」「願いがかなう」としてモンゴルの男達のあこがれの場所でもあるという。モンゴルの男達は一生に一度この山に登りたいと言っているが、ウランバートルから陸路で1000キロも離れている山である。<br />またこの山には一つの物語がある。清がモンゴルを支配していた当時、清国皇帝はモンゴル中から選りすぐりの馬、牛、羊を数万頭も集め、この山の周囲で飼育し乗馬や食用にしていたという。だからこの地方の家畜は血統が良く、馬は速く走り、家畜のお肉が美味しいと言われている。<br />  <br />

スフバートル県

2いいね!

2008/01/31 - 2008/12/31

1位(同エリア1件中)

0

1

モンゴルツアー モンゴル旅行なら現地旅行会社シネズーチトラベルへ

モンゴルツアー モンゴル旅行なら現地旅行会社シネズーチトラベルへさん

スフバートル県

スフバートル県は何もない草原で、有名で、中国との国境があります。首都はバルーンウルト市です。ウランバートル市から556キロメートル離れています。

ダリガンガ村:この村には「金の山」という聖なる山があるという。高低差100m程の小高い山だ。山の姿は本宮山に似ている。この山に登り沈む太陽を拝むことにする。
モンゴルに300ぐらい死火山がります。死火山が多いところはスフバートル県になります。
スフバートル県のダリガンガ郡だけに200死火山登録されてます。
一番有名のはアルタンオボー(金山)です。その金山にはあそこは男の人しか登っていけない山です。
スフバートル県の南部にあるタリガンガの多くの死火山を見学し,それらの中では一番有名で昔から崇拝されて来た"アルタン・オボー"です。
この聖山は、モンゴルが国家として崇拝する五つの聖なるものの一つ。モンゴル人なら誰もが一生に一度は訪れてみたいと願い、崇敬する聖地だと聞いた。
ダリガンガ村はモンゴルの東南端に位置し、中国(内モンゴル)との国境に近い。この地域はかつて火山地帯であったことから、多くの死火山が点在する。その山々の中にアルタンオボー山はある。
シリンボグド山:
モンゴルで「聖なる山」と呼ばれているシリンボグド山(海抜1800m)に登る。
この山はチンギス・ハン時代の大昔から「聖なる山」として人々の信仰の対象となっていた山だ。昔から女人禁制で、いまでも女性は登ることは出来ないという。
モンゴル国民にとって シンボル的なこの山に登れたなら
広い心の 心優しき 豊かな人間になれるのだそうです。
モンゴルが清国に300年間支配されていた当時、男達がこの山に登りお互いの帯を交換し兄弟の契りを交わしてから清国に抵抗して共に命を落としたという男達の誓いの場所だ。
 またこの山に登る者は「運が開ける」「願いがかなう」としてモンゴルの男達のあこがれの場所でもあるという。モンゴルの男達は一生に一度この山に登りたいと言っているが、ウランバートルから陸路で1000キロも離れている山である。
またこの山には一つの物語がある。清がモンゴルを支配していた当時、清国皇帝はモンゴル中から選りすぐりの馬、牛、羊を数万頭も集め、この山の周囲で飼育し乗馬や食用にしていたという。だからこの地方の家畜は血統が良く、馬は速く走り、家畜のお肉が美味しいと言われている。

同行者
友人
一人あたり費用
1万円未満
交通手段
観光バス
航空会社
ミアットモンゴル航空

PR

この旅行記のタグ

2いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

モンゴルで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
モンゴル最安 990円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

モンゴルの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

スフバートル(モンゴル) で人気のタグ

PAGE TOP

ピックアップ特集