メリーランド州 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
マチスの収集で有名なコーン姉妹のコレクションや、アンティオークの古代ローマ・モザイクが見所。コンテンポラリーも充実していましたが、時間切れで見られず。古典ものは、意外とビッグネームが少ない印象。ピカソの、キュービズム以後に描いた、パステルカラーがぼやけた色彩の上に、茶色のシンプルな線画で描かれた「母子像」が、とても新鮮でした。(マチスもピカソも撮影禁止だったため、画像はありません。ごめんなさい・・・)<br /><br />写真は、モザイクが展示された、中庭に面した回廊。<br />彫刻はロダン「考える人」

ボルチモア美術館

3いいね!

2005/01/29 - 2005/01/29

4位(同エリア16件中)

マチスの収集で有名なコーン姉妹のコレクションや、アンティオークの古代ローマ・モザイクが見所。コンテンポラリーも充実していましたが、時間切れで見られず。古典ものは、意外とビッグネームが少ない印象。ピカソの、キュービズム以後に描いた、パステルカラーがぼやけた色彩の上に、茶色のシンプルな線画で描かれた「母子像」が、とても新鮮でした。(マチスもピカソも撮影禁止だったため、画像はありません。ごめんなさい・・・)

写真は、モザイクが展示された、中庭に面した回廊。
彫刻はロダン「考える人」

PR

  • アンティオーク・モザイク<br /><br />ここに展示されたモザイクは、1400年前、アンティオークと周辺地域ダフネの、豪奢な邸宅の床に敷き詰められていた。これらの古代ローマの都市は、現在のトルコとシリアの国境付近に位置している。<br /><br />アンティオークのほとんど全ての市民の家に、少なくとも1つのモザイク床があった。豊かな市民は、多くのモザイク床を作らせた。石で出来ているモザイク床は、掃除が楽で、暑い夏にはその上で、涼しく過ごすことが出来た。広い面積が、神話やアレゴリー、花鳥や動物の図柄で装飾された。<br /><br />モザイクには、様々な色の天然石を数センチ単位に切り刻み、セメントの上に並べて作られる。青、赤、オレンジ、黄色のガラスが、一部使われることもあった。図柄は、職人が、当時人気のあったローマの壁画から、モザイク用にデザインしたもの。<br />

    アンティオーク・モザイク

    ここに展示されたモザイクは、1400年前、アンティオークと周辺地域ダフネの、豪奢な邸宅の床に敷き詰められていた。これらの古代ローマの都市は、現在のトルコとシリアの国境付近に位置している。

    アンティオークのほとんど全ての市民の家に、少なくとも1つのモザイク床があった。豊かな市民は、多くのモザイク床を作らせた。石で出来ているモザイク床は、掃除が楽で、暑い夏にはその上で、涼しく過ごすことが出来た。広い面積が、神話やアレゴリー、花鳥や動物の図柄で装飾された。

    モザイクには、様々な色の天然石を数センチ単位に切り刻み、セメントの上に並べて作られる。青、赤、オレンジ、黄色のガラスが、一部使われることもあった。図柄は、職人が、当時人気のあったローマの壁画から、モザイク用にデザインしたもの。

  • アグロスとオポーラ<br />アンティオーク、ダフネ、「プシュケーの小船の家」(3世紀)<br />天然石モザイク<br /><br />古代ローマ人は、長いすにもたれ、食べたり飲んだりしながら何時間も談話に興じた。このモザイクの中の、宴を楽しむ者たちは、アンティオークの豊かな暮らしぶりを象徴する3つの物を表している。がっちりした男性はアグロス(畑)で、美しいオポーラ(果物)と一緒に長いすに座っている。太鼓腹の年老いた召使、オイノス(ワイン)は、水とワインを混ぜる器から2人に飲み物を給仕している。<br /><br />この図像は、アンティオークの裕福な生活を垣間見せてくれる。宴客は、上等な布地に身を包み、ツタのリースと花輪と冠で髪を飾っている。彫刻が施されたテーブルの上には、豪華なカップが置かれ、天幕が贅沢な背景を添えている。<br /><br />モザイクの下部を飾る3つの演劇用マスクは、宴が生きた娯楽であることを暗喩している。右は、サテュロスのマスクで、はげ頭に眉毛をしかめ、口を異様なほど大きく開けている。左の2つの悲劇のマスクは、ぼさぼさの髪にぽかんと口を開け、悲嘆にくれている。このマスクは、部屋に入って来る客に向かって描かれている。<br />

    アグロスとオポーラ
    アンティオーク、ダフネ、「プシュケーの小船の家」(3世紀)
    天然石モザイク

    古代ローマ人は、長いすにもたれ、食べたり飲んだりしながら何時間も談話に興じた。このモザイクの中の、宴を楽しむ者たちは、アンティオークの豊かな暮らしぶりを象徴する3つの物を表している。がっちりした男性はアグロス(畑)で、美しいオポーラ(果物)と一緒に長いすに座っている。太鼓腹の年老いた召使、オイノス(ワイン)は、水とワインを混ぜる器から2人に飲み物を給仕している。

    この図像は、アンティオークの裕福な生活を垣間見せてくれる。宴客は、上等な布地に身を包み、ツタのリースと花輪と冠で髪を飾っている。彫刻が施されたテーブルの上には、豪華なカップが置かれ、天幕が贅沢な背景を添えている。

    モザイクの下部を飾る3つの演劇用マスクは、宴が生きた娯楽であることを暗喩している。右は、サテュロスのマスクで、はげ頭に眉毛をしかめ、口を異様なほど大きく開けている。左の2つの悲劇のマスクは、ぼさぼさの髪にぽかんと口を開け、悲嘆にくれている。このマスクは、部屋に入って来る客に向かって描かれている。

  • 17世紀ヨーロッパ絵画の展示室

    17世紀ヨーロッパ絵画の展示室

  • 近代の誰かが、フェルメールを真似して書いたもの。<br />(誰だったかな〜・・・)

    近代の誰かが、フェルメールを真似して書いたもの。
    (誰だったかな〜・・・)

  • マチスって、こんなイメージです。<br />これは、2003年1月に、ニューオリンズの<br />旧造幣局での特別展のときに撮ったものです。<br />この写真は、本の挿絵の原画ですが、<br />ボルチモア美術館には、油絵がほとんどでした。

    マチスって、こんなイメージです。
    これは、2003年1月に、ニューオリンズの
    旧造幣局での特別展のときに撮ったものです。
    この写真は、本の挿絵の原画ですが、
    ボルチモア美術館には、油絵がほとんどでした。

  • ボルチモア美術館 外観

    ボルチモア美術館 外観

この旅行記のタグ

3いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (2)

開く

閉じる

  • ホレス・ウォルポールさん 2005/02/10 21:03:25
    ボルチモア美術館、いいですね。
    ビケ♪さん、こんにちは。
    ホレス・ウォルポールです。先日は書き込みありがとうございました。

    ボルチモア美術館、全く知りませんでしたが良さそうですね。
    館自体の雰囲気も、展示もコレクションもセンス良さそうで、
    是非行ってみたくなりました。

    ビケ♪さんのモザイクの説明は非常に面白かったです。
    お詳しいですね!!

    ビケ♪

    ビケ♪さんからの返信 2005/02/11 13:39:30
    RE: ボルチモア美術館、いいですね。
    来てくださってありがとうございます!
    アメリカの美術館は、一日で全部見切れたことが
    ほとんどないほど、どこに行っても充実しています。
    モザイクの説明は、壁に貼ってあった説明を訳しただけです・・・^^;
    ああやって訳して残しておくと、私にとっても、
    あとで勉強になりますからね!
    旅行記って、結局自分のために残しているようです、私の場合。

    また遊びに行きますね!ありがとうございました。

ビケ♪さんのトラベラーページ

ピックアップ特集

アメリカで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
アメリカ最安 130円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

アメリカの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

アメリカ で人気のタグ


PAGE TOP

ピックアップ特集