旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

しそまきりんごさんのトラベラーページ

  • メイン
  • 旅行記
  • 写真
  • クチコミ
  • Q&A
  • 行ってきます
  • 掲示板
  • コミュニティ
  • フォロー
  • 行きたい

しそまきりんごさんのクチコミ(2ページ)全539件

条件をクリア
エリア
カテゴリ
並び順

  • ホテル
  • ショッピング
  • グルメ・レストラン
  • 交通機関
  • 観光スポット
  • 基本情報
  • 市街地にある建築美が目を引く教会

    投稿日 2018年03月14日

    札幌聖ミカエル教会 札幌

    総合評価:3.5

    札幌の住宅地にあって、建物の建築美が目を引く教会です。
    建築家アントニンレーモンド氏が設計したそうです。
    信徒さんのための教会ですが、一般の人も見学できるそうです。
    ただ、それでもなかなか入りにくいという方には、12月24日のミサでのキャンドルサービスなど、イベントの時に訪れるとよいかもしれません。
    時々、教会の撮影会なるものも催されているようです。

    旅行時期
    2016年03月
    利用した際の同行者
    一人旅
    アクセス:
    2.5
    人混みの少なさ:
    4.0
    バリアフリー:
    3.5
    見ごたえ:
    3.5

  • 大きな赤い本堂が印象的なWELCOMOな雰囲気のお寺

    投稿日 2018年03月10日

    新栄寺(成田山札幌別院) 札幌

    総合評価:3.0

    大きな赤い本堂が印象的なお寺です。
    地下鉄東豊線、豊水すすきの駅の南側にあります。
    駅周辺はお寺が多く、すすきのの寺町といった感じです。
    他のお寺が正面や門を閉ざしている中、新栄寺は、正面が広く開いていて、「本堂にお上がりのうえ、ご自由にご参拝ください」と掲げられている通り、WELCOMOな雰囲気のお寺です。
    他と違ってこちらでは、ときどき信者の方が訪れる様子も見かけます。
    成田山新勝寺の札幌別院との位置づけのようです。
    お寺の北側に広いコインパーキングがあるのとは無関係だと思いますが、車のお祓いなどもやっているようです。

    旅行時期
    2018年03月
    利用した際の同行者
    一人旅
    アクセス:
    3.5
    人混みの少なさ:
    4.0
    バリアフリー:
    3.0
    見ごたえ:
    3.0

  • 小学校の敷地だが道路脇で訪れやすい

    投稿日 2018年02月19日

    楽聖梁田貞先生像 札幌

    総合評価:2.0

    小学校の敷地にありますが、道路脇にあるので、小学校関係者以外でも気楽に訪れられます。
    しかし、冬に訪れると、解説碑に雪が積もっていて、詳しいことが分からない場合があります。
    辛うじて、像のタイトルとその横の簡単な解説が読めます。

    旅行時期
    2018年02月
    利用した際の同行者
    一人旅
    アクセス:
    2.5
    人混みの少なさ:
    4.0
    バリアフリー:
    4.0
    見ごたえ:
    2.0

  • ONちゃんグッズが容易に

    投稿日 2018年02月15日

    さっぽろ雪まつり 札幌

    総合評価:4.0

    北海道のローカル放送、HTBのキャラクター、ONちゃんグッズが容易に手に入りました。
    通常、ショップなどを探してそこまで行かないといけませんが(大通-すすきのの地下街、ポールタウンにもありますが)、こちらでは雪まつりに来たついでに、容易に手に入ります。
    8丁目のHTBがプロデュースする雪像、薬師寺大講堂のプロジェクションマッピングがどうもイマイチだったので、キャラクターの方に走ってしまいました。

    旅行時期
    2018年02月
    利用した際の同行者
    一人旅
    アクセス:
    4.0
    人混みの少なさ:
    1.0
    催し物の規模:
    4.0
    雰囲気:
    4.0
    バリアフリー:
    2.0

  • プロジェクションマッピング上映中!(2018雪まつり期間中見られる)

    投稿日 2018年02月02日

    北海道庁旧本庁舎 札幌

    総合評価:4.0

    夜6時30分から8時30分まで、道庁赤レンガの建物正面にプロジェクションマッピングが投影されています。
    2018年1月19日から2月25日までと長い間やっているので、さっぽろ雪まつり期間中も見られます。

    建物から、正面少し離れて見ると、建物全体に映る北海道の自然やアイヌを表現したプロジェクションマッピングの様子が眺められます。
    また、建物間近で眺めると、大迫力で、大音量の音楽の中で映像を楽しめます。

    鑑賞時間は1シリーズ10分ちょっと。
    鑑賞中は、夜、氷点下の屋外で静止しているので、結構寒いです。
    手袋、マフラー、帽子などの防寒具は必須で、カイロもあるとよいかもしれません。

    少しのインターバルの後、再び映像が楽しめますが、その合間にもアイヌのかけ声のようなものが会場のあちこちから上がり、雰囲気を盛り上げてくれます。
    暗闇なので、ぜひ観光に訪れた際には真似して挑戦してみてはいかがでしょうか?

    旅行時期
    2018年02月
    利用した際の同行者
    一人旅
    アクセス:
    3.0
    人混みの少なさ:
    2.0
    バリアフリー:
    3.5
    見ごたえ:
    4.0

  • 分け入る

    投稿日 2016年12月05日

    砥石山 琴似・発寒中央

    総合評価:3.0

    札幌市中心部から見ると、西の方には山並みが連なっています。
    近いところで、藻岩山、大倉山などですが、背後には手稲山(標高1023m)、百松沢山(標高1010m)などの高い山が控えます。
    感心が無いと、それらは名も無いだたの山が連続していると思うかもしれませんが、際だった峰にはしっかり名前が付いていて、空と境を接している奥の高い山並みには、南側から砥石山、百松沢山、烏帽子岳、神威岳、手稲山などのピークが実は見えています。
    ただ、スキー場やテレビ塔がある手稲山や、観光地の藻岩山、大倉山と違って、砥石山は平凡な山です。

    砥石山は、夏は登山が楽しめます。
    3つの登山ルート(小林峠ルート5.2km、中の沢ルート5.1km、源八沢ルート)があって、そのうち源八沢ルートは2016年11月現在、崖崩れのため通行止めのようです。
    小林峠ルートは、藻岩山の登山道から続いていて、藻岩山頂まで行かずに、途中の馬の背、T6分岐点から一旦、小林峠に下りて(T6―小林峠は2.9km)、そこから砥石山へと登ります。
    ただ、砥石山へは、藻岩山の延長上とは考えずに、小林峠から新たな山に登り直すと思った方がよいです。
    小林峠では、砥石山登山口はちょうど峠の節のところ、藻岩山方面は節から盤渓方面に100mほど下ったところにあります。
    なお、小林峠(真駒内側)には路肩にわずかに駐車スペースがあって、7、8台が停められるようになっていました。

    11月後半の砥石山は、木々の葉が落ちて、その隙間から周囲の視界がよくなっています。
    雪は標高の高い方では全面覆われるように積もっていましたが、それでも十センチ程度で、かき分けたり、雪を漕いだりということは全くありませんでした。
    むしろ、標高の低い所の南面ではほとんど溶けていて、なおかつ春先のようにぐちゃぐちゃとはなっておらず、落ち葉が積もっていました。
    登山は、スノーシューを使わずとも雪対応の長靴で十分行くことができましたが、少し雪が氷り気味の急斜面では、アイゼンまたは軽アイゼンがあるとよいなと思える箇所がありました。

    小林峠から、T4分岐(中の沢ルートとの分岐)まで3km。
    小峰を幾つか越えるアップダウンの縦走路という印象ですが、勿論、登りの局面が多いです。
    T4分岐を通過してしばらくして、登りが急になり、いよいよ山頂かと思うと、三角山との看板があります。
    ちょっとがっかりすると同時に、名前を知らないと、一瞬、宮の森方面の三角山で、方向を間違えたかとドキッとします。
    付近では、そろそろ遠方の景色が眺望できる箇所が出てきて、三角山山頂でも木々の間から札幌市街地方面などの眺望がききますが、これから登りの方は、迂回路を利用し、下り時にゆっくり観賞すれば良いと思います。
    それからも、山頂と思っていた峰の先に更に峰が現れて、何度かがっかりしますが、尾根が大分痩せてきたところで、本当の山頂に辿り着きます。
    三角山よりも遙かに高い場所にあります。

    山頂からの眺望は、南側の藤野方面がよく見えましたが、落葉期だったので、東側、そして札幌市街地、手稲山、神威岳が木の間越しに見えました。
    藻岩山山頂の展望台、手稲山山頂からだと、やはり山塊の端から山塊方面を眺める感じですが(その分、札幌市街地やよく見えるが)、砥石山は山塊に分け入った中程から周囲を見渡す感じでした。
    小林峠入口からは上り1時間30分、下り1時間10分、藻岩山の慈恵会入口から小林峠は行き帰り共に1時間ちょっとでした。

    旅行時期
    2016年11月
    利用した際の同行者
    一人旅
    アクセス:
    2.0
    景観:
    3.5
    人混みの少なさ:
    4.0
    バリアフリー:
    1.0

  • キティの御朱印帳、破魔矢

    投稿日 2016年12月05日

    西野神社 琴似・発寒中央

    総合評価:3.5

    キティの御朱印帳がありました。
    更に、キティの破魔矢もあります。
    ほか、キャラをあしらった御守が何種類も取りそろえられ、子供だったらとても喜びそうです。
    北海道内いくつかの神社を訪れたことがありますが、ここまで各種キャラクターの入った授与品を置いている神社は見たことがありません。
    安産、縁結び、子宝の神社として地域では有名な神社ですが、訪れてみて意外にも授与品(女性、子供向け)が充実している神社でした。

    旅行時期
    2016年09月
    利用した際の同行者
    一人旅
    アクセス:
    3.0
    人混みの少なさ:
    4.0
    バリアフリー:
    2.5
    見ごたえ:
    2.5

  • -雪と光のプロジェクト-さっぽろユキテラス2018

    投稿日 2018年02月02日

    アカプラ (札幌市北三条広場) 札幌

    総合評価:4.0

    2018年2月3日―11日のさっぽろ雪まつりを含む期間中、赤レンガ道庁前の北3条広場で「さっぽろユキテラス2018」が開催されます。
    大通公園の雪像とは一味違った光や音を使ったアートな氷の造形物を楽しむことができます。
    夜になると、会場のイチョウのイルミネーションが美しいほか、2018年は、北海道命名150年ということで、奥の赤レンガの道庁にプロジェクションマッピングが投影されて、こちらも美しいです。
    雪まつりに訪れた際に合わせて寄ると楽しめます。

    旅行時期
    2018年02月
    利用した際の同行者
    一人旅
    アクセス:
    3.5
    人混みの少なさ:
    3.0
    バリアフリー:
    3.5
    見ごたえ:
    4.0

  • ホワイトイルミネーション2017

    投稿日 2017年11月26日

    さっぽろホワイトイルミネーション 札幌

    総合評価:4.5

    関東などの冷えた空気の中でキラキラ輝くイルミネーションとは一味違う、雪明りのイルミネーションが楽しめます。
    2017年は、札幌では雪が積もるのが早く、例年になく初日から雪の中でイルミネーションが楽しめています。
    また、昨年に比べてエリアが拡大!
    札幌駅前の南口広場でもイルミネーションをやるようになりました。
    大通会場でのイルミネーションの内容は、昨年刷新された雪の結晶のスノークリスタルとジュエリーパレスが今年も登場していました。
    しかし、エリアが広がった分、ほか一部では内容が少し薄まってしまったかもしれません。
    8丁目会場にあったクリエイティブシアタードームが無くなってしまったのは残念ですね( ˘•ω•˘ )
    冷えたけど、ドーム内で癒しの音楽がかかる中、万華鏡のような美しい文様の投影は見られなくなってしまいました。
    6丁目のフォレストアートも大幅に縮小です。
    ただ、新しく、長い長いエキシビショントンネルが登場しましたが、全体的にみて、ちょっと薄く間延びした感がありました。

    旅行時期
    2017年11月
    利用した際の同行者
    一人旅
    アクセス:
    4.0
    人混みの少なさ:
    2.0
    催し物の規模:
    3.5
    バリアフリー:
    3.0

  • クラーク像を訪れた際の休憩に

    投稿日 2017年01月24日

    クラーク会館 札幌

    総合評価:2.5

    クラーク像(羊ヶ丘の有名なクラーク像とは違う)の近くにある北海道大学の福利厚生施設のようです。
    クラークの名を冠しますが、会館内にはクラーク博士に関する展示等は見受けられませんでした。
    その代り、館内にはソファーを備えた休憩スペースとなっていて、銀行ATM(北洋銀行)や食堂がありました。
    観光客も使えるようで、クラーク像の近くにあるため、最寄りの休憩によいです。
    なお、食堂は、学生が使うのだから、きっと量が多くて安いのだろうと思いましたが、確かに安いような気がしますが、その分、量も少なめで期待外れでした。
    また、大学正門のところにあるインフォメーションセンターの方がおしゃれで軽食などもいただけるようなので、混んでいなければ休憩はそちらの方がよいかなと思いました。

    旅行時期
    2016年10月
    利用した際の同行者
    一人旅
    アクセス:
    3.0
    人混みの少なさ:
    3.5
    バリアフリー:
    2.5
    見ごたえ:
    1.5

  • スキーシーズンは、すき気味

    投稿日 2017年02月28日

    手稲曙温水プール 札幌

    総合評価:4.0

    手稲にある冬も泳げる温水プールですが、ここは何と言っても、スキーのメッカ、サッポロテイネのお膝元。
    スキーシーズンに訪れたところ、秋に比べて空いている印象でした。
    休日夜は、秋の頃は1レーンに2、3人はいたのですが、スキーシーズンでは1人がやっとの状態。
    遅い時間になるとぐっと人が減ります。

    旅行時期
    2017年02月
    利用した際の同行者
    一人旅
    アクセス:
    3.0
    人混みの少なさ:
    3.5
    バリアフリー:
    4.0
    見ごたえ:
    3.0

  • これってアリ?

    投稿日 2017年03月16日

    手稲神社 札幌

    総合評価:3.0

    手稲神社の境内に、手稲山山頂に鎮座する手稲神社奥宮の遙拝所があります。
    標高28mの遙拝所に上がっただけで、標高1023mの奥宮を参拝したことになるって…これってアリ?
    いずれにしても、標高一千m分を稼げる訳ですから、これほどお得?なことはありません。
    遙拝所は、本殿まで上がった右手にあります。
    神社は入口の鳥居からは石段を少し上がりますが、手稲山山頂まで登るのに比べたら、大したことはありません。
    休日の昼間に訪れましたが、境内は静まり返り、本殿横の授与所も閉まっていました。
    正面入口の社務所に行くと受け付けてくれるのかもしれません。

    旅行時期
    2017年03月
    利用した際の同行者
    一人旅
    アクセス:
    3.0
    人混みの少なさ:
    4.0
    バリアフリー:
    2.0
    見ごたえ:
    2.5

  • テレビ塔de札幌雪花火!❄🎇❅

    投稿日 2017年03月16日

    さっぽろテレビ塔 札幌

    総合評価:3.5

    2017年、ホワイトデーの日に大倉山ジャンプスキー場で「札幌雪花火」が行われました。
    大倉山といえば、札幌テレビ塔の正面、大通公園の先に見える山です。
    夜になると、ジャンプスキー場がライトアップされます。

    「札幌雪花火」では、大倉山山頂から約1,500発の花火が打ち上げられ、20時から15分ほどにわたって花火が見えました。
    予想はしていましたが、大倉山からテレビ塔まで距離が離れると(約6km)、花火も小さなものです。
    展望台の室内にいることもあり、音も勿論、聞こえません(FMラジオ(Air-G)で会場音楽が聴けるようですが)。

    ただ、大通公園の光のプロムナードの先に見える花火の様子がきれいだろうと思って訪れてみました。
    また、大倉山の会場よりはすいているだろうと思ったのですが、これは予想に反して大混雑!
    ほとんどが何故か高校生の若いカップルで、中には写真を撮りに来た高齢の方も混じっていました。
    会場が有料の¥2,000円だから、高校生にとっては割安な展望台の方に来たのでしょうか?
    花火開始の30分前には、展望台の西面は黒山の人だかり状態で、本当に良いポジションを確保したいなら、1時間ほど前にはいた方が良いようです。

    また、3階の展望レストランも狙ったのですが、こちらも満席で、当分、空かない状態でした。
    こんな状態に、テレビ塔でも普段は開放しない空中階段を開けて、視界を確保してくれていました。

    なお、花火が始まると、高校生にとっては予想していなかったのか、「高校の屋上で見るより小さい」とかで、始まるやいなや、帰って行く人達もいて、ラッキーにも中央最前列で観賞することができました。

    テレビ塔で「札幌雪花火」を見る場合、少なくとも30分以上前には展望台に到着していることと、花火が小さいことは覚悟せねばなりません。
    そのかわり、暖かい室内で、大通公園の夜景の先に見える構図で花火が鑑賞できます。

    旅行時期
    2017年03月
    利用した際の同行者
    一人旅
    アクセス:
    3.5
    人混みの少なさ:
    1.5
    札幌雪花火の日
    バリアフリー:
    3.0
    見ごたえ:
    3.5

  • 稀に花火も見られる

    投稿日 2017年02月10日

    藻岩山 琴似・発寒中央

    総合評価:4.0

    規模の違いこそあれ、札幌では年に何回か花火大会が行われます。
    市内はおろか、石狩平野が一望できる藻岩山展望台からは、その花火の様子が見られますが、どうしても距離が遠く、小さくなってしまいます。
    最大の花火大会は、7月末あたりに開かれる豊平川の花火大会(約4000発)ですが、街の一区画で集中して小さく上がっているな程度にしか見えません。
    より、近いところでは、7月中旬の真駒内の花火大会(約2万発)。
    小規模なところでは、7月上旬あたりに行われる旭丘高校の学園祭で打ち上がる花火があります。
    そして、最も近くで行われるのが、2月上旬に藻岩山スキー場で行われる“雪と虹のまつり”の花火で、近くで見えるのですが、打ち上げ数がわずかで、すぐ終わってしまいます。
    そのかわり、宝石を散りばめたような夜景をバックにあがる美しい花火を見ることができます。
    それぞれの花火大会は、期日が近づいたらそれぞれの団体のホームページで日時を確認できます。
    ただ、折角訪れても、雲がかかって視界が悪かったり、風が強くてロープウェイが運休していたりということもあるので注意が必要です。

    旅行時期
    2017年02月
    利用した際の同行者
    一人旅
    アクセス:
    2.5
    景観:
    4.5
    人混みの少なさ:
    2.5
    バリアフリー:
    3.0

  • 藍色の時間が良い

    投稿日 2017年03月16日

    藻岩山 琴似・発寒中央

    総合評価:4.0

    2015年に日本新三大夜景に選ばれたという、藻岩山の夜景が見られます。
    人口百万都市にありながら、中心部から5kmほどの場所で、標高531mの高所から眺められます。
    目の前に一面に広がる光の海は、目下の麓まで迫る充実ぶり。
    何と言っても、アクセスが比較的便利なのがよいです。
    人里離れた遠方まで、暗い道のりを車で乗り付けなくても、市電やバス、ロープウェイなどでアクセスできます。

    もっとも、札幌の中心部からだと、乗り換えが多いのは玉にキズですが、暗い夜道を行ったり、ほとんど歩いたりせずに到着できるのは、メリットだと思います。
    勿論、車でも山頂近くまで行けますが、有料な上、冬期(11月―3月くらい)は通行止めです。

    個人的におすすめは、日没から、空の色が茜から群青、藍、黒まで変化する時間帯です。
    太陽が山の端に隠れてから、空が完全に黒色になるまではちょうど1時間。
    そんなに長く時間が取れないという方は、お好みの色合に絞って訪れてもよいです。
    なお、西側が山なので、展望台では、その日の札幌の日没時間よりも20分早く、太陽が山の端に隠れました。
    また、この時間帯なら、冬なら街中に積もっている雪も見えて、北の都市の夜景ならではです。

    更に欲を言わば、満月の時期が特にきれいです。
    そして満月の時期は(藻岩山ロープウェイHP参照)、ロープウェイ山麓駅でロープウェイ&もーりすカーの往復乗車券を購入すると、当日限り乗り放題になるキャンペーンもやるようになりました。

    冬の晴れた日は、空気が澄んだ感じで、夏よりも夜景がきれいに見える感じがします。
    しかし、吹きさらしの山頂は風が冷たく、寒いのも事実。
    帽子や手袋、マフラーで肌の露出はできるだけ抑えた上で、冷えてしまったら、間近の屋内へ逃げ込んで体を温めるとよいです(室内は暖かくなっている)。
    展望台は3階が屋上の建物で、2階には椅子・テーブルもある室内で暖かい無料の展望室があるのですが、夜景が見える下の方は、やや木々が邪魔する感じです。
    なお、隣接するレストランからは、夜景がよく見えますが、ちょっとお高めで、いつも混でいます。

    旅行時期
    2017年03月
    利用した際の同行者
    一人旅
    アクセス:
    2.5
    景観:
    4.5
    人混みの少なさ:
    2.0
    バリアフリー:
    3.0

  • 合格発表!

    投稿日 2017年03月16日

    北海道大学 札幌

    総合評価:3.0

    3月は大学の合格発表シーズン!
    北海道大学でも合格発表が見られます。

    合格発表は正門と思いきや、大分離れた北17条付近の校舎で行われていました。
    地下鉄南北線18条駅から西へ500mほど行ったところにあり、北18条駅もさっぽろ駅から2駅目と、北海道大学の広さを感じます(さっぽろ駅から¥200円・たった2駅だが東京に比べて高い)。
    時間も朝9時と早めに行かないと間に合いません。
    ただ、掲示はその後も終日されているようですが、受験生は減り、発表の雰囲気はあまり味わえません。

    朝早くに大学を訪れ、発表を見た後の大学内の散歩も気持ち良いものです。
    北海道大学には、クラーク像(胸像)、ポプラ並木、イチョウ並木などの見所がありますが、北18条付近にも、昔の牧舎跡を残した札幌農学校第2農場というのがあるのですが、夏期のみ(ゴールデンウィークあたりから11月初めまで)開いているようで、残念ながらこの時期は入ることはできませんでした。

    緑の多いキャンパスですが、この時期は、木々が雪とまとうこともあって、冬ならではの美しさがあります。
    寒いですが、朝の清冽な光がさす中の雪景色の散歩も、なかなか気持ち良いものです。
    キャンパス内は車がそれほど走っておらず、歩道もあるので、散歩しやすかったです。

    旅行時期
    2017年03月
    利用した際の同行者
    一人旅
    アクセス:
    3.5
    人混みの少なさ:
    2.5
    バリアフリー:
    3.5
    見ごたえ:
    3.0

  • 冬はイルミネーションきれい

    投稿日 2017年03月12日

    アカプラ (札幌市北三条広場) 札幌

    総合評価:4.0

    11月の半ばから翌年3月の半ばあたりまで、イチョウ並木のイルミネーションがきれいです。
    奥に道庁の赤レンガがひかえ、ライトアップされています。
    更に白い雪が積もっていると、光を反射してロマンチックな雰囲気になります。

    旅行時期
    2015年12月
    利用した際の同行者
    一人旅
    アクセス:
    3.5
    人混みの少なさ:
    3.0
    バリアフリー:
    3.5
    見ごたえ:
    4.0

  • 小さなアトリエのような八剣山の麓のワイナリー

    投稿日 2016年10月11日

    八剣山ワイナリー 厚別・豊平・真駒内

    総合評価:3.5

    八剣山の麓にある小さなワイナリーです。
    アトリエのような小屋の1階には、販売コーナーがあり、ワインのほか、果実酒、ジュース、ジャムなどを販売していました。
    購入にはクレジットカードも使えるようです。
    また、2階は休憩スペースになっていて、デッキからはぶどう畑や八剣山を望むことができ、のんびり休憩することができます。

    毎年10月上旬ころ、ワイン祭りがあります。
    祭りと言っても、小規模なもので、お肉を焼くテントや野菜の販売コーナーなどが2、3ある程度。
    そのほか、ぶどう踏みや歌などのイベントをやっていました。
    無料試飲コーナーではりんごのシードルがありましたが、車の運転手は飲めません。

    ワイナリーへは、「豊滝小学校」または「八剣山登山口」バス停から1kmほどあります。
    祭りの時くらいは真駒内から送迎バスでもあればよいと思っていましたが、祭りは小規模で、あまり、その場でワインに食事を楽しむという雰囲気ではありませんでした。
    ただ、折角訪れたならシードルくらいは楽しみたいところですが、隣の梅や紫蘇などの自家製ジュースも十分美味しかったです。

    旅行時期
    2016年10月
    利用した際の同行者
    一人旅
    アクセス:
    2.5
    人混みの少なさ:
    4.0
    バリアフリー:
    3.0
    見ごたえ:
    3.5

  • スリルが半端ではない山

    投稿日 2016年10月10日

    八剣山 厚別・豊平・真駒内

    総合評価:4.0

    藻岩山(531m)より低い標高498mにもかかわらず、登った時のスリルが半端ではなく、高度感満点の山です。
    特に山頂尾根は、麓から見える重厚な岩の様子とは異なり、岩屏風のように薄く、両側が切り立った狭く岩場の登山道を行く箇所もあります。
    風が強い時はどれほど恐ろしいことでしょうか。
    岩ごつごつで、手で岩をつかみながら岩稜にとりつく箇所、急峻なため、一瞬、道幅が30cmほどになってしまう箇所
    登る数日前にも死者が出ており、何人もの人が滑落して亡くなっている山です。
    どれほど恐ろしい山かと登ってみると、確かに登りは怖く、すぐ横に見える真下の麓に目線を向けられず、登山道のみを見つめて進みます。
    しかし、切り立った山頂にしばらく居ると、不思議と、暗闇で目が慣れるかのように何でもなくなるのです。
    すっくと立ち上がり、平気で下をのぞきこむこともできるようになりました。
    これが危険なのかもしれません。
    山頂部は3mほどの幅しかなく、木々も少なく、屹立とした岩稜の上に立つ感じです。
    あいにくの天気でしたが、札幌ドームなどが見える札幌の街並みも一部望めました。
    登り下り共にちょうど30分かかりました。
    容易に高度感のあるスリルが楽しめる山です。
    ただし、登山には、登山靴でなくてもよいですが、必ず滑らない靴が必要です。
    また、岩やロープをつかむので、手袋、軍手があると汚れなくてよいです。
    滑落は、登山道の端に寄ったり、ふざけたり、無茶をしなければ、大丈夫だと思います。
    気を引き締めて登っていれば、スリルはありますが、問題はない山です。
    訪れた時も老若男女、多くの人が登っていました。
    ただし、初めて山登りというものをする人、ハイキング気分で行けると思っている人にはおすすめの山ではありません。
    初心者には、せめて藻岩山、銭函天狗山くらいは挑戦した後に登った方がよい山です。

    旅行時期
    2016年10月
    利用した際の同行者
    一人旅
    アクセス:
    2.5
    景観:
    4.0
    人混みの少なさ:
    3.5
    バリアフリー:
    1.0

  • 登りやすい

    投稿日 2016年10月03日

    春香山 定山渓温泉

    総合評価:3.5

    標高906m。
    銭函側の桂岡登山口と、定山渓側の春香沢コースがメインである。
    どちらも途中までは車の轍の跡もある林道が続き、標高700m付近の銀嶺荘までは比較的緩やかで登りやすい。
    特に銭函峠~銀嶺荘は、ほとんど登っている感じがなく、子供でも気軽に楽しめるハイキングコースと言ってもよい。
    草木に覆われ、10月中旬の紅葉のころはさぞやきれいであろう。
    なお、コースは草木がよく刈られていて、登りやすい。

    銀嶺荘が一つの休憩ポイントである。
    休憩¥400円、宿泊¥800円。
    よく整備された山小屋である。
    銀嶺荘を過ぎると、登山道に沢水が入り込んでいる箇所があるが、それを過ぎると傾斜が増してくる。
    銀嶺荘に山頂まで30分と表示されていた。
    草木の間から銭函側の景色がちらっと見える箇所があり、手前にそびえる和宇尻山(標高856m)との標高くらべが山頂までの一つの目安となろう。
    春香山山頂では和宇尻山が一段低い場所に見えているので、そうなるまでは山頂に着かない。
    更に進むと、最後にロープもかかる高さ2、3mほどの岩があるが、スリルのあるような場所ではなく、それを越えるとまもなく頂上である。

    頂上からは銭函側の展望が開けていた。
    石狩湾~手稲山にかけて眺められたが、定山渓や余市岳、赤井川方面は草木に覆われ、望むことができなかった。
    桂岡からの登りは1時間30分。
    定山渓側への下りは1時間40分かかった。
    桂岡登山口~銭函峠(定山渓側との分岐点)が1時間。
    銭函峠~銀嶺荘が10分。
    銀嶺荘~山頂が20分という感じだった。

    近くの銭函天狗山に比べると、緩やかで登りやすかったが、距離があり、時間がかかった。
    桂岡の登山口は、車の駐車スペースがなく、皆、道路に路上駐車していたが、桂岡の住宅街の外れで森に隣接していて、行き交う車はほぼ無いに等しい。
    公共交通機関では、銭函駅からは道なりに2.8km。
    国道にある「桂岡」バス停からは1.6km。
    最寄りの「銭函浄水場」バス停からは300mほどである。
    登山者のほかにも、訪れた時にはきのこ狩りの人もいて、途中、袋にきのこ満載の方に出会った。

    一方、定山渓側の春香沢コースには道道1号線横に車5、6台ほど停められそうなスペースがあった。
    公共交通機関は現在では無いようだが、訪れた10月上旬では札幌国際スキー場までの季節バス(紅葉ゴンドラシャトルバス)が定山渓観光案内所から出ていた。
    登山口には停まらないが、スキー場まではここから道なりに2.5kmほどの距離がある。
    ちょうど春香山もゴンドラも同時期に紅葉が見頃になるので、シャトルバスを利用すると便利だが、運行期間が10月1日~10日(2016年)であること、1日3便しかないことなどに注意である。

    旅行時期
    2016年10月
    利用した際の同行者
    一人旅
    アクセス:
    3.0
    景観:
    3.5
    人混みの少なさ:
    4.0
    バリアフリー:
    1.0

しそまきりんごさん

しそまきりんごさん 写真

  • 旅行記

    0

  • クチコミ

    5158

    215

  • QA回答

    0

  • アクセス数(2013年03月10日登録)

    470,742アクセス

12国・地域渡航

39都道府県訪問

写真 | QA掲示板 | 行ってきます | 掲示版 | コミュニティ | 行きたい

しそまきりんごさんにとって旅行とは

自分を客観的にみた第一印象

大好きな場所

大好きな理由

行ってみたい場所

現在12の国と地域に訪問しています

現在39都道府県に訪問しています

参加中のコミュニティ(全0件)