旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

Pic traveler default

しそまきりんごさんのトラベラーページ

しそまきりんごさんのクチコミ全2,824件

条件をクリア
エリア
カテゴリ
並び順

  • ホテル
  • ショッピング
  • グルメ・レストラン
  • 交通機関
  • 観光スポット
  • 基本情報
  • 観光的には…

    投稿日 2019年05月21日

    先祖代々湯元碑 松前半島

    総合評価:2.0

    知内温泉、ユートピア和楽園のー裏手、湯倉神社境内にあります。
    本殿の建物脇にある小っちゃな石碑で、“先祖代々”とたいそうな名前が付いていますが、石碑自体は観光目当てではそれほど注目されるべきものではない気がします。
    また、更にその横に石碑よりも立派な石材で、“かくれキリシタンの碑”との解説碑が立っているので、予備知識なしに初めて訪れた方は、長崎と遠く離れたこの知内で、脈絡もなく何のこと?と思うかもしれません。
    実はその昔、江戸時代の初めころ、西ばかりでなく、この北の辺境の地にも隠れキリシタンが存在し、弾圧を受けたそうです。
    近隣の大千軒岳に登ると解説碑があったり十字架が建っていたりして分かるのですが、金山開発で多くの労働者が連れてこられている中、江戸幕府の方針の下に大千軒岳の麓で多くの信者が殺されたそうです。
    そのため、キリスト教に関する遺構は目立たないよう、分からぬよう作られているのかもしれません。
    ただ、この石碑からでは当時の人々に思いを馳せるのはなかなか難しく、学術的には価値があるのかもしれませんが、観光的にはイマイチよく分からない碑でした。
    何も無い知内温泉での暇つぶしの周辺散策に寄るとよいかなという程度の超々素朴な見どころです。

    旅行時期
    2019年05月
    利用した際の同行者
    一人旅
    アクセス:
    2.5
    人混みの少なさ:
    4.5
    バリアフリー:
    1.5
    見ごたえ:
    1.5

  • トンネル多いが風光明媚

    投稿日 2019年05月20日

    松浦海岸 松前半島

    総合評価:3.5

    北海道の南端、白神岬の東側(函館・木古内方面)3kmあまりは、岩稜が海にせり出した険しい海岸線で、津軽海峡の風景と相まって風光明媚な景色が眺められます。
    その波打ち際を、国道228号線、松前国道が通っているので、アクセス容易にその景色を眺めることがでるのですが、トンネルと覆道の連続で、車窓からすっきりと見える訳ではありません。
    路上駐車は危ないので、白神岬の駐車スペースや、途中、旧道との切り替え部のちょっとした駐車スペースに車を停めるとよいでしょう。
    また、路線バスで訪れるなど、同区間を歩いて眺めるとゆっくり見られて、細部まで堪能できて、いろいろな発見があるかもしれません。

    路線バスについてですが、最寄りのバス停は、松浦海岸の白神岬方面が「灯台下」または「町境」、そして、松浦海岸を挟んでしばらくバス停が無く、次の「松浦」を利用してアクセスします。
    バス本数もさほど多くなく、次のバスが来るまでにその区間を歩けるかもしれませんが、乗り遅れには注意が必要です。
    トンネル内、覆道内にも歩道スペースが付いていました。

    訪れるなら、晴れて視界の良い日がおススメです。
    対岸の津軽半島や下北半島が見えるほか、霞などがなく、特に視界が良ければ岩木山が見える日もあります。

    松浦海岸を行くと、「松浦」バス停から少しのところに、白神神社があります。
    山側の道路脇に鳥居があり、そこから急な階段を82段登ると本殿に到着しますが、少し上のアングルから周囲の景色を見渡せる程度で、視界が引いたアングルになってしまっています。
    道路を挟んで向かいの岩上の松浦展望台の方が、前面にせり出しているためパノラマがダイナミックに広がりますが、上部は現在、老朽化のため立ち入り禁止になっているようです。
    岩上の展望台へは、一旦、波打ち際に下りて海側からアクセスしますが、波が荒い日には注意です。

    旅行時期
    2019年05月
    利用した際の同行者
    一人旅
    アクセス:
    3.0
    景観:
    4.0
    人混みの少なさ:
    4.0
    バリアフリー:
    2.5

  • 風光明媚な公園で“兵どもが夢の跡”に浸る

    投稿日 2019年05月20日

    トンネルメモリアルパーク 松前半島

    総合評価:3.5

    陸上の位置関係では、ちょうど青函トンネルが北海道の陸地から海へ出ていく吉岡の地にあり、高台の公園から津軽海峡、そして視界が良ければ竜飛岬など本州側が眺められる風光明媚な眺めの公園です。
    そして眼下には吉岡の集落や、直下に青函トンネルや旧吉岡海底駅が存在する吉岡漁港が見えます。

    青函トンネル記念館がある福島町の中心部からは、国道で5kmほど離れた場所にあり、公園には青函トンネルのモニュメントなどの石碑、そして入口には、ぽつんとトンネル内作業車(蓄電池機関車)が野外展示されている程度なので、トンネルに関する詳しい解説をご所望の方は記念館の方を訪れることをおススメします。
    公園の方は、訪れる人も少なそうで、NHKのプロジェクトXの青函トンネルのドキュメンタリーを見た方にとっては、トンネル内作業で懸命に戦った作業員たちの“兵どもが夢の跡”のような寂しさを感じるかもしれません。
    もっとも、彼らの夢は今、実現し、かの地の地下で多くの人に利用されています。
    爽快な景色を眺めながら静かに物思いにふけるのによい公園です。

    公園には10台ほどが停められそうな駐車スペースが隣接していて、車で訪れることができますが、路線バスで訪れる場合は、「吉岡」バス停下車で、そこから松前方向にある側道の坂道を少し登ると到着します。

    周辺の見どころとしては、吉岡漁港の入口のところに伊能忠敬の北海道上陸のモニュメントがあったので、合わせて訪れるとよいかもしれません。
    集落にあった吉岡八幡神社は、授与所も開いておらず素朴な集落の鎮守さまでしたが、5月中旬ころは境内に八重桜が1、2本咲いていてきれいでした。
    吉岡橋の信号を曲がって数百メートル先には、吉岡温泉ゆとらぎ館(10時30分-21時30分・400円)があるので休憩していくのに良いです。

    旅行時期
    2019年05月
    利用した際の同行者
    一人旅
    アクセス:
    3.0
    人混みの少なさ:
    4.5
    バリアフリー:
    3.0
    見ごたえ:
    4.0
    視界が良ければ

  • ただの運動公園

    投稿日 2019年05月20日

    新緑公園 松前半島

    総合評価:3.0

    国道228号線(松前国道)から見ると、ちょうど福島町の青函トンネル記念館の裏手あたりで、福島町の公共施設が集まる福祉センターや体育館、プールの裏手にあります。
    公園と言っても、野球場やテニスコートがある運動公園で、公衆トイレのほか、一部、公園樹や池がある程度なので、散歩はあっても、散策、ましてや観光に訪れるような場所ではありません。

    新緑の中の散策なら、ここよりも更に裏手の山にある展望公園の方が楽しめるでしょう。
    ただし、展望とは名が付きますが、入口から少し登ったところでは、木々が生い茂り、周囲の展望はあまり利きませんでした。
    展望公園の方は、アップダウンがあり、森の中のオリエンテーリングに良さそうな公園でした。

    旅行時期
    2019年05月
    利用した際の同行者
    一人旅
    アクセス:
    3.0
    人混みの少なさ:
    4.0
    バリアフリー:
    3.0
    見ごたえ:
    2.0

  • 真剣勝負あり笑いあり

    投稿日 2019年05月16日

    北海道女だけの相撲大会 松前半島

    総合評価:4.0

    2019年は5月12日(日)の9時30分から行われました。
    場所は、福島大神宮の境内にある土俵ですが、雨天の場合は福島町総合体育館で行われるようです。
    土俵の回りの観客席は、国技館のように広い訳ではなく、開催時間の朝9時30分の時点で前方の席などはレジャーシートが敷かれたりして結構、埋まっていました。
    なお、9時30分からは、本殿前での参加力士への事前説明や、神社へのお参りなどが行われ、実際に力士が土俵に入ってくるのは9時55分の手前あたりです。

    プログラム(2019年)は、次のとおりです。
    9時55分―土俵開き
    10時―開会式
    10時25分―デモンストレーション(子供力士による土俵入りの模範演技と解説)
    10時30分―花相撲(2本勝ち抜き戦)
    10時50分―トーナメント戦開始
    13時―観戦者プレゼント抽選会
    13時15分―準優勝・3位決定戦
    13時40分―決勝戦
    14時―閉会式

    開会式では来賓のお偉いさんの祝辞が長々と述べられますので、都合に合わせて訪れてもよいのですが、9時30分くらいまでに訪れておくと、会場前で協賛企業の試供品や、13時からの抽選会の抽選券兼プログラムをいただくことができます。
    また、観客席上に屋根はありません。
    訪れた日はよく晴れ、風は清々しかったものの、日差しが結構強かったので、日傘や帽子があった方が良かったですが、年によっては天候がイマイチで肌寒い場合もあると思うので、屋外でしばらくいられるような臨機応変の服装、装備を持参するとよいでしょう。
    敷物の持参も必須です。
    また、簡易テントを後方で張って観戦している方もいました。

    そして、取り組みですが、花相撲では、余興的要素がありますが、本番のトーナメント戦でも、真剣勝負のほか、笑いあり奇策ありで会場も盛り上がり、力士と観客が一体となってとても楽しく観戦することができました。
    会場の後方では、ちゃんこなどの食べ物や飲料などを販売しているので、取り組みで目が離せなくなる前に美味しいものを調達しておくことをおススメします。

    旅行時期
    2019年05月
    利用した際の同行者
    一人旅
    アクセス:
    3.0
    人混みの少なさ:
    2.0
    催し物の規模:
    4.0
    雰囲気:
    4.0
    バリアフリー:
    2.0

  • 5月に女相撲

    投稿日 2019年05月16日

    福島大神宮 松前半島

    総合評価:4.0

    5月に境内の土俵で女相撲大会が行われます(雨の日は福島町総合体育館)。
    正式名称は「北海道女だけの相撲大会」と言って、参加者は松前やその周辺の街の人のほか、札幌や道外、外国人の参加者もいます。

    2019年は5月12日(日)に開催されました。
    朝9時30分からの開催でしたが、土俵の周辺には、街の人や観光客など既に多くの人が集まり、前の方の席はレジャーシートが敷かれるなど、結構、埋まってしまっていました。
    なお、最初の時間は本殿前での説明や神社へのお参りなどが執り行われ、実際に女力士が土俵に上がってセレモニーなどが始まるのは10時くらいからです。
    13時には観客プレゼントの抽選会があり、14時には終了とのプログラムでした。

    また、境内の本殿前からは津軽海峡の眺めがよいです。
    視界の良い日は、対岸の青森側の下北半島などが良く見え、癒されます。
    取り組みの合間に眺めてみるとよいでしょう。

    旅行時期
    2019年05月
    利用した際の同行者
    一人旅
    アクセス:
    3.0
    人混みの少なさ:
    3.5
    バリアフリー:
    2.0
    見ごたえ:
    4.0

  • 5月上中旬、ニリンソウや山吹がきれい

    投稿日 2019年05月15日

    孟宗竹林 松前半島

    総合評価:3.5

    観光客のあまり訪れない場所にあります。
    松前城の西側、唐津内川沿いです。
    素朴な見どころなので、松前城や松前の寺町の各寺社、道の駅や郷土資料館など、松前観光の目ぼしいものは既に見てしまったという方や、郷土の歴史が好きな方、周辺散策でウォーキングを楽しみたい方などに良い場所かもしれません。
    また、近くには旧松前線松前駅跡とソメイヨシノの桜並木道路、永倉新八居住地跡があるので、合わせて訪れるとよいかもしれませんが、どれにしても素朴な見どころばかりです。

    5月のゴールデンウィークが終わって1週間くらいの頃に訪れましたが、松前ではソメイヨシノは散っていましたが、関山や普賢象などの品種の桜が咲いていて、松前の桜の見ごろはまだまだ続いていました。
    なお、孟宗竹林周辺は唐津内川の谷深く、ひっそりとした山里の雰囲気があって、途中の民家の庭先に咲く桜がきれいで、人のあまり訪れない場所に咲く純真な桜を見つけた気分になりました。
    また、孟宗竹林の林下には、ニリンソウや山吹が咲いていて、この時期、とてもきれいでした。
    ちなみにタケノコはまだ出てきていないようでしたが、北海道から学術自然保護地区に指定されているようなので、採取はできないと思います。

    本州からの観光客にとっては、特に何の変哲もない竹林かもしれませんが、気候が寒い北海道で竹林はほぼ無く、北海道の人にとっては珍しい場所なのかもしれません。
    訪れた時は、緑に囲まれ、林下にわずかに降りそそぐ日の光がまぶしく、周辺から聞こえる鳥のさえずりや、小川のせせらぎの音がとても癒されました。

    旅行時期
    2019年05月
    利用した際の同行者
    一人旅
    アクセス:
    2.0
    人混みの少なさ:
    4.5
    バリアフリー:
    2.5
    見ごたえ:
    3.5

  • 各寺社で、咲く時期が微妙に異なる桜

    投稿日 2019年05月15日

    松前の寺町 松前半島

    総合評価:4.0

    松前城の天守閣の裏手に、幾つもの寺院があり、それぞれの境内に咲く桜もきれいです。
    全てのお寺に桜が植わっている訳ではない上、それぞれ品種が異なって見頃の時期も微妙に異なります。
    ・光善寺………血脈桜が有名。5月に入ってからゴールデンウィーク後半にかけて見頃。品種は南殿が中心。
    ・龍雲院………本堂前の蝦夷霞桜が見事。ゴールデンウィーク内が見頃。ゴールデンウィーク1週間後には、小さな花壇だがチューリップも咲く。
    ・法源寺………本堂左手の枝垂れ桜はゴールデンウィーク内。本堂右手の関山桜はゴールデンウィーク終わって1週間後くらい。
    ・法憧寺………境内に桜は少なめだが、本堂前の桜はゴールデンウィーク後半ころ?

    旅行時期
    2019年05月
    利用した際の同行者
    一人旅
    アクセス:
    3.0
    人混みの少なさ:
    3.5
    バリアフリー:
    2.5
    見ごたえ:
    4.0

  • ゴールデンウィーク明け1週間後でも、かなりのボリュームの桜

    投稿日 2019年05月15日

    松前町桜見本園 松前半島

    総合評価:3.5

    松前城の入場チケットを販売する資料館入口の前の道路の少し先にあります。
    松前の桜の見ごろは、4月末から5月のゴールデンウィーク明けしばらくまで、品種を変えて続きます。
    桜見本園へは5月のゴールデンウィーク明け1週間後くらいに訪れましたが、まだまだ全体的にかなりのボリュームで咲いていたので、見ごろが続いていると言えます。
    ただ、松前公園全体ではかなり咲いていたものの、クライマックスは過ぎたのかなという感じでした。
    桜見本園内に咲く桜には、株ごとに品種名の札が掛かっていて、実際の花を見てお気に入りの品種を覚えておくとよいかもしれません。

    旅行時期
    2019年05月
    利用した際の同行者
    一人旅
    アクセス:
    3.0
    景観:
    4.0
    人混みの少なさ:
    4.0
    バリアフリー:
    3.5

  • 境内の蝦夷霞桜はゴールデンウィーク後半が見頃?

    投稿日 2019年05月15日

    龍雲院 松前半島

    総合評価:4.0

    松前城天守閣の裏手、松前の寺町の一角にあります。
    血脈桜で有名な光善寺の隣ですが、龍雲院の蝦夷霞桜もなかなか見事です。
    松前の桜の花期は、4月末から5月のゴールデンウィーク明けしばらくまで続きますが、品種を変えて咲き続けるため、目的のお寺の品種が花期でないと、訪れてもちょっとがっかりします。
    龍雲院の蝦夷霞桜はゴールデンウィーク後半が見頃と思われます。
    また、ゴールデンウィークが終わって1週間後くらいに訪れると、蝦夷霞桜は散っていますが、わずかな植栽ですが参道横の花壇のチューリップがきれいでした。

    旅行時期
    2019年05月
    利用した際の同行者
    一人旅
    アクセス:
    3.0
    人混みの少なさ:
    3.5
    バリアフリー:
    2.5
    見ごたえ:
    4.0

  • 血脈桜

    投稿日 2019年05月15日

    光善寺 松前半島

    総合評価:4.0

    境内の血脈桜が有名です。
    血脈桜の言われは、お寺に入る前の解説板に詳しく書かれています。
    なお、血脈桜の品種は“南殿”で、見ごろは、5月のゴールデンウィーク後半くらいと思われます。
    本堂の前に植わっていて、江戸時代からの名木ですが、それほど老衰することなく、たくさんの花をつけるので、お寺の和風建築と相まって見応えがあります。
    また、山門前の南殿桜の並木も山門と相まって、良い感じでした。
    松前の寺町の中では、一番に、そして松前城天守閣(資料館)を見たら次に訪れたい場所です。

    旅行時期
    2019年05月
    利用した際の同行者
    一人旅
    アクセス:
    3.0
    人混みの少なさ:
    3.5
    バリアフリー:
    2.5
    見ごたえ:
    4.0

  • 松前城天守閣の絵柄のお守り

    投稿日 2019年05月15日

    松前神社 松前半島

    総合評価:3.5

    松前城の天守閣の背後にある神社です。
    天守閣の近くなので、ここと、血脈桜で有名な光善寺は比較的、観光客がいました。
    訪れた時は、社務所が開いていて、お守りなどの授与品がありました。
    松前城天守閣の絵柄の入ったお守りがあったので、松前を訪れた記念にもなるかと思います。

    旅行時期
    2019年05月
    利用した際の同行者
    一人旅
    アクセス:
    3.5
    人混みの少なさ:
    3.0
    バリアフリー:
    3.5
    見ごたえ:
    3.5

  • 火渡り行事

    投稿日 2019年05月14日

    阿吽寺 松前半島

    総合評価:4.0

    毎年5月に境内で霊場八十八カ所山開き、柴燈大護摩火渡りの行事があります。
    行事の日は、まだまだ松前の桜の見ごろの時期で、松前城内の桜は勿論、阿吽寺境内の桜もきれいです。
    また、同じ松前公園内には、食べ物などを売る露店も立つので、都合がつくのであれば、桜見物と合わせて阿吽寺の行事を見ていくとよいです。
    おこころざしは別として、見物・参加料は無料です。

    2019年は、5月11日に行われ、山開きは朝8時30分から、火渡りは午後1時からでした。
    火渡り行事では、まず、行者の方がまだ炎が燃え盛る中、火を渡り、その後、柴燈火が整えられた後に一般の方々が次々に渡りました。
    信者の方でなくとも、信心のある方(あと、裸足で歩ける方)は、どなたでも参加できます。
    なお、煙の中を歩くので、女性の方は服に付くニオイなどを気にされた方がよいかもしれません。
    足は渡った後に拭くことができます。
    火渡り行事は、全体が1時間弱ほどで終了しましたが、その中で行者の方が実際に火を渡り始めるのが、30分過ぎくらいから、一般の方が渡れるようになるのは、40分ころからでした。

    事前手続き等、全く不要で、その場に並ぶだけで飛び入り参加できるので、都合がついたら是非参加して、花見のついでの厄落としはいかがでしょうか。

    旅行時期
    2019年05月
    利用した際の同行者
    一人旅
    アクセス:
    3.0
    人混みの少なさ:
    2.5
    火渡り行事
    バリアフリー:
    2.5
    見ごたえ:
    4.0
    火渡り行事

  • 4月末からゴールデンウィーク明けまでさまざまな桜を楽しめる

    投稿日 2019年05月14日

    松前公園 松前半島

    総合評価:4.5

    松前城のある公園で、特に4月末から5月前半のゴールデンウィーク明けにかけて咲く桜の頃に訪れるのがおススメです。いろいろな品種があり、その中で桜の代表、ソメイヨシノが咲くのは早めの時期の4月末。その後、公園内のポイントとなる場所に咲く桜としては、南殿(ナデン)、関山(カンザン)、普賢象(フゲンゾウ)が咲いていきます。

    注意点は、ソメイヨシノについては、本州のように咲き始めから満開まで1週間と続かず、2、3日であっという間に満開になって、すぐ散ってしまうことです。そんな桜の見ごろに関する特徴を頭に入れた上で、桜の開花期全般を通じて最も良い時期と言えるのは、ソメイヨシノがまだ残り、南殿が咲くゴールデンウィーク前半から中くらいのように思えます。

    ソメイヨシノは城内の要所に植えられているので、咲いているとお城が映えます。また、南殿は、松前の桜の見所のポイントの1つ、光善寺の血脈桜(ケ「チ」ミャクザクラ)の品種で、光善寺の山門前にも何本か植栽されています。龍雲院には、北大元教授が名付けたという見事な蝦夷霞桜があり、これも南殿と同じくらいの花期です。

    引き続いて、ゴールデンウィークが終わって1週間後も、まだ桜の見ごろは続いていますが、前半で活躍したソメイヨシノ、南殿、蝦夷霞桜は色あせ、代わって関山、普賢象などが見頃になっています。前半と異なり、要所に植わる桜は散ってしまっていますが、公園全体の桜のボリュームは、少し落ちた程度で、まだまだ見頃だなと思いました(連続訪問した訳ではないので、単純比較はできませんが)。それだけ、ソメイヨシノ、南殿以外の桜も植えられているということです。後半では、松前公園内の桜見本園や、阿吽寺、法源寺本堂右手の桜(左手の枝垂桜は散り気味)が特に見頃ですが、その他でも公園内の各所で今が盛りの桜を多く見かけることができます。

    旅行時期
    2019年05月
    利用した際の同行者
    一人旅
    アクセス:
    3.0
    人混みの少なさ:
    3.0
    バリアフリー:
    2.5
    見ごたえ:
    4.5

  • 北海道南端の地にある最北のお城

    投稿日 2019年05月14日

    松前城 松前半島

    総合評価:4.0

    アイヌのチャシ(砦)を除いて、天守閣などがある日本の近世城郭としては最北にあるお城ですが、北海道では南端の地にあるお城です。
    北海道南端ということで、桜前線が北海道でまず初めに上陸する場所で、お城の天守閣資料館入口には、ソメイヨシノの標準木があります。

    松前城の桜の見ごろは、4月末から5月のゴールデンウィーク明け後1週間過ぎくらいまで、さまざまな品種を長く楽しめますが、決して、寒い気候だから花が持つということではなく、むしろソメイヨシノなどは、開花から2、3日で満開を迎え、すぐ散ってしまうなど、開花から1週間をかけて満開になる本州とは、花の咲き方が異なります。
    ソメイヨシノを見るなら、4月末から5月初め、そのほか南殿、関山、普賢象などの品種が続きますが、全体的に見て最も見頃といえるのは、ソメイヨシノが残る5月初めのゴールデンウィーク前半ではないでしょうか。
    松前さくら祭りもゴールデンウィーク中がメインで行われます。

    お城はコンクリート製で、内部は資料館となっています。
    天守閣内とその近辺だけは有料で、大人¥360円です。
    資料館にはアイヌに関する展示もあるのが北海道らしいですが、本丸御門を出たところの前庭からの天守閣の様子も素晴らしいです。

    旅行時期
    2019年05月
    利用した際の同行者
    一人旅
    アクセス:
    3.0
    人混みの少なさ:
    3.5
    バリアフリー:
    2.5
    見ごたえ:
    3.5

  • 4月末から5月初めのソメイヨシノの時期に訪れるとよい

    投稿日 2019年05月14日

    旧松前駅記念碑 松前半島

    総合評価:3.5

    桜の時期に松前を訪れた際、鉄道好きの方なら合わせて寄りたい場所です。
    1988年まで走っていた松前線の終点、松前駅があった場所に建つ碑で、ここの近くも桜がきれいな場所があります。

    松前城がある辺りからは、少し離れていて、城の西側、小松前川、更に唐津内川を渡って間もなくのところです。
    お城を歩いて回っているなら、天守閣の裏側にある血脈桜で有名な光善寺の前から、橋を渡る方の道路を進み、小松前川を渡った後、山側から来た道と合流して唐津内川を渡ると到着します。
    駅のあった碑のある場所は、現在では駐車場となっている空地で、碑の背後の光善寺からの道からアクセスすると、木に視界を遮られて、うっかり見落としかねないので、予め地図を確認してから訪れるとよいでしょう。

    碑の周りは、花が植栽された花壇となっていて、背後の道路はソメイヨシノの並木が続く道路になっています。
    ソメイヨシノは松前では桜の時期の前半に咲く桜で、4月末から5月初め辺りが見頃なので、記念碑を訪れるなら、特にこの時期がおススメです。

    また、晴れて視界が良い日なら、目の前の津軽海峡を挟んで青森側が見えます。
    訪れた時は特に視界が良い日で、岩木山の山影も望むことができました。

    旅行時期
    2019年05月
    利用した際の同行者
    一人旅
    アクセス:
    2.5
    人混みの少なさ:
    4.0
    バリアフリー:
    3.0
    見ごたえ:
    3.0

  • 小学校のお遊戯会?(^_^;)

    投稿日 2019年05月13日

    伊佐沢念仏踊り 長井

    総合評価:3.0

    4月中下旬の伊佐沢の久保桜の開花に合わせるように、隣接する伊佐沢小学校のグラウンドで行われます。
    2019年は、4月21日15時から。
    無料で観覧することができます。
    久保桜を観に来たついでに、時間を合わせて一緒に観ていくとよいです。

    400年ほどの歴史がある踊りだそうですが、一時期、途絶え、数十年前に地域の青年たちによって復活したそうです。
    踊り手は、女性の衣装をまとった人もいますが、全て男性です。
    10人ほどの踊り手が円形に踊り巡りますが、2019年は“のっぴきならぬ理由”で踊り手の辞退が相次ぎ、小規模なものになってしまったそうです。

    念仏踊りは、県の無形文化財にも指定されているとのことですが、会場が小学校のグラウンドで行われることや、それも石灰で引かれた円形の白線の上で踊る様子が、どこか小学校のお遊戯会のようで、薄っぺらい印象でした。
    踊りの人数が少なくなってしまったこと、そしてわずか30分ほどで終了したことに加え、当地を訪れた主目的、伊佐沢の久保桜が老齢化のため、大きく伐採されてしまっていたことも印象の低下に拍車をかけました。
    始まる前、広報車で宣伝したり、踊り自体も、鐘を打ち鳴らしたりして、どこかチンドン屋のような感じに見えなくもなかったです…(^_^;)。

    会場では、周辺に特設の駐車場が設けられていたほか、桜の手前に幾つかの露店が立ち、コロッケや玉こんにゃく、団子、羊羹、ゆべしなどの地元の素朴な食べ物を売っていました。

    旅行時期
    2019年04月
    利用した際の同行者
    一人旅
    アクセス:
    3.0
    人混みの少なさ:
    3.0
    催し物の規模:
    1.5
    雰囲気:
    3.0
    バリアフリー:
    3.0

  • 大きく伐られて残念な姿に( ; -;)

    投稿日 2019年05月13日

    伊佐沢の久保桜 長井

    総合評価:2.5

    4月20日前後に見頃を迎える久保桜ですが、2019年に訪れたところ、大きく伐採されて残念な姿になっていました。
    訪れた人も過去の壮麗な姿を知っている人は、落胆の声を上げていました。
    樹勢を回復させる措置なのかもしれませんが、残念です。

    久保桜の周囲には木道が整備され、間近とは行きませんが、比較的近くから眺めることができます。
    久保桜には花付きの枝が少なかったため、久保桜の回りを歩いていて、周囲に植わる小さな桜の方がきれいでした。

    辺りには幾つかの露店が立ち、コロッケや玉こんにゃく、団子、羊羹、ゆべしなどの地元の素朴な食べ物を売っていたので、食べ歩きによいのですが、桜の回りに2、3のベンチがあるだけで、ゆっくり食べられる場所はありませんでした。
    久保桜自体も田の畔の縁に生え、あまり観光地化されていない環境でした。
    桜の時期は、周辺に特設の駐車場が設けられ、車でアクセスできます。

    桜の時期に、隣接する伊佐沢小学校のグラウンドで、伊佐沢念仏踊りが行われます。
    2019年は4月21日の15時から行われました。
    400年あまりの伝統を誇る、県の無形文化財にも指定されている踊りなので、可能なら時間を合わせて一緒に観ていくとよいです。

    旅行時期
    2019年04月
    利用した際の同行者
    一人旅
    アクセス:
    2.5
    景観:
    2.5
    大きく伐られてしまった
    人混みの少なさ:
    2.0
    桜の時期の休日は比較的人出がある
    バリアフリー:
    3.0

  • 新元号令和初日の御朱印は3種類

    投稿日 2019年05月13日

    寒川神社 茅ヶ崎

    総合評価:4.0

    令和元年初日、神門の前の特設テントで御朱印の授与が行われていました。
    普段とは異なる、美しいきらびやかな特別色紙によるものが3種類ありました。
    初穂料はそれぞれ¥500円。
    朝8時過ぎに訪れたところ、既に100人以上が列を作り、30分後には列が更に長く伸びていました。
    お昼頃などは、神社参道に多くの参拝者の車の列ができていたので、きっと御朱印待ちの列も凄いことになっていたでしょう。
    それから5日後、まだ特設テントでの御朱印の授与が行われていましたが、特別色紙による御朱印は既に終了し、通常の御朱印帳への授与となっていました。

    旅行時期
    2019年05月
    利用した際の同行者
    一人旅
    アクセス:
    3.0
    人混みの少なさ:
    3.0
    バリアフリー:
    3.0
    見ごたえ:
    3.5

  • 令和初日の御朱印は比較的すいていた

    投稿日 2019年05月13日

    前鳥神社 平塚・大磯

    総合評価:3.5

    相模の国四之宮に列せられる比較的格式のある神社で、社務所があり、御朱印の授与も行われています。
    令和元年初日に訪れたところ、授与所の前で何人かが御朱印の書きあがるのを待っていましたが、同時刻、川の反対側にある相模の国一之宮、寒川神社が200人を越える御朱印待ちの列ができていたのに対し、前鳥神社の方はその数、十人に満たず、比較的楽に御朱印をいただけるようになっていました。
    前鳥神社では、寒川神社や鶴嶺八幡宮のような特別色紙による授与は無く、通常通りの御朱印帳への授与で、初穂料は¥500円でした。

    旅行時期
    2019年05月
    利用した際の同行者
    一人旅
    アクセス:
    3.0
    人混みの少なさ:
    3.5
    バリアフリー:
    3.0
    見ごたえ:
    3.5

しそまきりんごさん

しそまきりんごさん 写真

  • 旅行記

    0

  • クチコミ

    4960

    204

  • QA回答

    0

  • アクセス数(2013年03月10日登録)

    438,425アクセス

海外12カ国渡航

国内38都道府県訪問

写真 | QA掲示板 | 行ってきます | 掲示版 | コミュニティ | 行きたい

しそまきりんごさんにとって旅行とは

自分を客観的にみた第一印象

大好きな場所

大好きな理由

行ってみたい場所

現在12カ国に訪問しています

現在38都道府県に訪問しています

参加中のコミュニティ(全0件)