旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

プーケットで安く洗濯する方法 - プーケットのクチコミ

errantさん 写真

errantさん
非公開 / プーケットのクチコミ : 18件
旅行時期 : 2017/11(約7年前)

正面の大きな数字は洗濯料金

正面の大きな数字は洗濯料金

  • 正面の大きな数字は洗濯料金
  • 英語とタイ語で表示されている

ホテルが提供する洗濯・乾燥サーヴィスは高いので、一種のコインランドリへ赴いて、自分で洗濯するのが安上がりで、しかも早いでしょう。ぬれた衣類も部屋に一晩掛けておけば大抵は殆ど乾くので、乾燥機を使うまでもないと、私は思います。パトンでは、1キロまでの洗濯物を50バーツで洗濯してくれますが、空港近くのナイヤン地区では、そういう広告は全く見られず、替りに4,5台の洗濯機が設置されたコインランドリが結構あります。一番安いところでは、6キロ前後の洗濯物を20バーツで洗えます。それより多いと30バーツ、更に多いと40バーツ、といった具合に汚れ物を多く洗える大きな洗濯機になるほど金額も上昇する形です。

洗剤は自分で用意します。問題は使い方なのですが、汚れ物と洗剤を洗濯機の中に入れて蓋を閉め、20バーツの洗濯機なら10バーツ硬貨を二枚入れると電源が入り、選択漕が回転して衣類の重量を計り、自動的に水量を決定します。そして水が蛇口から入り、決められた容量を満たし、洗濯が開始されます。洗濯時間はおよそ55分です。洗濯中は、洗濯機のふたを開けないようにしましょう。入れた衣類に対し水量が少ないと感じた時は、写真の一番左にあるボタンを押して水量を増やせます。私が知っているパトン地区とナイヤン地区では、8割の洗濯機が《サムスング》製で、造りも似たようなものなので、私が乗せた写真でもかなり参考になると思われます。

表示はタイ語と英語になります。私が使ったときは《Fuzzy》(ファジー)というやつで洗濯されました。黙って何もしなければ、自動的に《Fuzzy》(ファジー)コースで洗濯されて終了するようです。これがいわゆる《標準コース》みたいなものなのでしょう。別の洗い方を選びたいときは、開始した時に他のボタンを押して変更できます。

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。問題のある投稿を連絡する

PAGE TOP