旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル
カンチャナブリ×
旅行ガイド
観光
グルメ
ショッピング
交通
ホテル
旅行記
Q&A

JEATH戦争博物館JEATH War Museum

博物館・美術館・ギャラリー
住所:
Ban Tai, Muang Kanchanaburi, Kanchanaburi 71000 地図

5

カンチャナブリ 観光満足度ランキング

みんなの満足度:
3.34
クチコミ 25件
アクセス:
3.20
コストパフォーマンス:
3.40
人混みの少なさ:
3.67
展示内容:
3.32
観光の所要時間:
1-2時間

※施設情報については、時間の経過による変化などにより、必ずしも正確でない情報が当サイトに掲載されている可能性もあります。

ピックアップ特集

クチコミ

25
  • 満足度が高いクチコミ:4点〜(9件)

    JEATH戦争博物館

    4.0

    旅行時期:2018/02 (約1年前)

    カンチャナブリのバスターミナルから歩いて15分くらいの場所に存在します。
    泰緬鉄道建設時の資料を保存している博物館です。
    当時の様子を知ることができます。
    裏手には川があって、握手している平和のモニュメントを見ることができます。

    ベトナム太郎さん

    ベトナム太郎さん

    カンチャナブリ クチコミ:9件

  • 満足度が普通〜低いクチコミ:〜3点(11件)

    拍子抜け

    2.5

    旅行時期:2018/07 (約8ヶ月前)

    タイ西部のカンチャナブリにあるクウェー川鉄橋のすぐそばにある太平洋戦争に関する戦争博物館になります。JEATHはクウェー川鉄橋の建設に携わった国々の頭文字(Japanese/English/Australian/American/Thai/Holland)から名付けられています。戦争博物館といっても写真の展示と爆弾の模型が置かれているくらいで特にこれといって見どころは無かったように感じました。その写真の一部は説明が明らかに間違っており、ちょっと残...
    続きを読む

    とよとよ25さん

    とよとよ25さん

    カンチャナブリ クチコミ:8件

  • カンチャナブリのJEATH博物館は、2ケ所あります。タイ観光局の地図では、南側です。

    JEATH戦争博物館の満足度: 3.5

    旅行時期:2018/12(約3ヶ月前) 0

    さいたまさん 写真

    さいたまさん(男性)
    カンチャナブリのクチコミ:42件

    カンチャナブリのJEATH博物館は、2ケ所あります。クウェー川鉄橋の傍とメークロン川合流点の南側の2ケ所です。タイ観光局の地図では、メークロン川合流点の南側になっています。
    地元の人達も、あまり理解していないようです。クウェー川鉄橋傍の博物館は、中華系の人が作ったと言っていました。
    展示の内容としては、あまり変わりはないように感じられます。
    メークロン川合流点の南側のJEATH博物館は、カンチャナブリバスターミナルの西側約1kmの場所にあり、徒歩で約10〜15分くらいの近距離のメークロン川沿いにあります。
    クウェー川鉄橋の建設にあたっての状況を再現しています。
    平屋の建物が主体で、クウェー川鉄橋傍の博物館のような高層的な建物はありません。
    当時の状況は判りませんが、高層的な建物は無かったのではないかと推測しています。
    なんとなく平屋の建物の方が真実味が感じられます。
    タイ観光局の扱いが正しいのではないかと、感じています。入場料は、50バーツです。

    同行者:
    一人旅
    所要時間:
    1-2時間
  • カンチャナブリのクウェー川鉄橋の近傍にJEATH博物館があります。

    JEATH戦争博物館の満足度: 3.5

    旅行時期:2018/06(約9ヶ月前) 0

    さいたまさん 写真

    さいたまさん(男性)
    カンチャナブリのクチコミ:42件

    カンチャナブリのクウェー川鉄橋の近傍にJEATH博物館があります。
    第二次世界大戦中、泰緬鉄道建設に携わった日本軍の捕虜収容所の様子を中心として、各種の資料や関係する遺品等を展示しています。
    JEATHとは、J =Japan、E =England、A =Australia、T=Thailand、H=Hollandの頭文字を並べたものとなっています。
    中国は、別の大きな施設で扱っています。
    当時の建築物が展示されていて、竹等が使われています。
    また、泰緬鉄道の建設に従事した捕虜や労務者と言われていた人達等の生活の様子や、兵士たちが残したスケッチ、日本軍が使っていた銃や剣などが展示されています。
    第二次世界大戦中、泰緬鉄道建設に関連する状況を知ることができる博物館です。
    現地の環境が、観光目的を主眼に整備されていることもあり、事前に勉強していくことが正しい理解に役立つものと考えています。
    同行者:
    一人旅
    所要時間:
    1-2時間
  • JEATH戦争博物館

    JEATH戦争博物館の満足度: 3.0

    旅行時期:2018/01(約1年前) 0

    w0514さん 写真

    w0514さん(男性)
    カンチャナブリのクチコミ:3件

     この日のメインとなる観光地のカンチャナブリに到着して、最初に訪れたのはJEATH戦争博物館となります。JEATH戦争博物館はJ=Japan、E=England、A=Australia&America、TH=Thailandなど泰麺鉄道に関わった国名を博物館の名称として残しているそうです。建物内は当時の雰囲気を残しており、第二次世界大戦中の日本軍の捕虜収容所の様子や旧日本軍・連合国軍兵士の遺物や写真なども数多く展示されいます。
    同行者:
    一人旅
    所要時間:
    1-2時間

クチコミをもっと見る(25件)

タイで使うWi-Fi は、もうレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
タイ最安50円/日〜

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

料金プランを見る

Q&A掲示板 0

JEATH戦争博物館について質問してみよう!

行ったことがあるトラベラーのみなさんに、いっせいに質問できます。

さいたまさん

さいたまさん

w0514さん

w0514さん

とよとよ25さん

とよとよ25さん

ベトナム太郎さん

ベトナム太郎さん

タビガラスさん

タビガラスさん

とっしーさん

とっしーさん

…他

この観光スポット・名所に関する旅行記17

旅行記をもっと見る (17件)

施設情報

※施設情報については、時間の経過による変化などにより、必ずしも正確でない情報が当サイトに掲載されている可能性もあります。

施設名:
JEATH戦争博物館
英名:
JEATH War Museum
住所:
Ban Tai, Muang Kanchanaburi, Kanchanaburi 71000 (地図
営業時間:
8:00〜17:00
休業日:
なし
予算:
50バーツ (外国人料金)
カテゴリー:
観光 >文化・芸術・歴史 >博物館・美術館・ギャラリー

施設情報の訂正・追記はこちら施設情報を変更する

周辺のおすすめホテル

カンチャナブリ地図

※実際のポイントと離れている場合があります。

地図を拡大表示