旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

ベネチア6月、延期日程について。

  • ベネチア6月、延期日程について。

    • 投稿日:2020-03-26
    • 回答:7

    締切済

    お世話になります。
    コロナの影響で、6月末からベネチア、ロヴィ二、カッパドキアへ行く予定でしたが延期するか検討中です。

    航空券 来年2月末まで手数料無しで変更可
    ホテル キャンセル手数料無料で予約済み

    行くとしたら初夏のシーズン6月か7月が理想ですが、今年は行けたとしても、現地はピリピリしてそうだし9月以降も台風が来たり、日が短くなるので来年の4月以降かなとも考えてます。

    ただチケットの変更手数料無料が2月末までなので、追加料金払って4月以降に変更するか、2月末までに行くべきか迷ってます。5月中まで様子を見てから決めようかとも思ってますが、私みたいな状況の方がおられますか?

    2月のベネチアカーニバルも考えましたが、ロヴィ二へ行くのも厳しく、カッパドキアで気球乗れる確率が低そうなので悩んでます。

    私事のお悩み相談になってしまいましたが、ご意見やアドバイスなどありましたら是非お聞かせ下さい!

    宜しくお願いします。



    利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。問題のある投稿を連絡する

    jasmineさん

    jasmineさん

回答受付は終了しました

ピックアップ特集

回答 7件

  • 回答日:2020-03-28

    大好きなイタリアがこんな状況で…本当に心を痛めています。
    ベネチアの広場で道行く人を笑顔で眺めていた、あのピッツェリアのおじいちゃん、ベローナの街角でジェラート食べてたお爺ちゃん達、目があったら肩をすくめて笑顔でアイコンタクトとってくれた、ラヴェンナの街で私に道を教えてくれたお婆ちゃん、イタリア語でわからなかったけど笑顔が忘れられない。
    みんな無事で生きているかな…。私は、そう思います。
    夏にイタリアにまた行きたいとか思ってましたが…。
    もし行けるとしたら、黒い腕章を心に持ち、コロナが東方から持ち込まれたと、身内を亡くした方の恨みにあって差別されても、全てを受け入れて、イタリア復興のためにお金を落とす!と使命に燃えて、笑顔抜きで訪れることが出来るなら、イタリアに行こう、と思う。
    でも…私には、そんな勇気は…ない。
    コロナは収束したとしても、身内を、大切なノンノやノンナを亡くした人たちの心が癒されるには、時間は必要と思う。
    そんなイタリアで笑顔で楽しく旅することなんて出来ないとおもう。

    お礼

    こんばんは。
    お返事ありがとうございます。
    今は世界中の人々が通常の生活を1日でも早く送れることを祈ってます!




    (by jasmineさん)

    問題のある投稿を連絡する

    maayさん

    maayさん

  • 回答日:2020-03-28

    私の場合、
    GWのイタリア行きの航空券を持っていましたが、行きのフライトが欠航になったので、キャンセルしました。
    もともと昨年行くはずの航空券で、今年のGWに変更した際に変更手数料を払っていて、キャンセルだと手数料は戻ってこないため、キャンセルでなく変更という選択肢も頭をよぎりました、
    が、変更手数料の3万円は捨ててキャンセルです。

    理由は、この後コロナがいつ終息するか、予想ができないこと。
    一旦、流行がおさまったとしても、油断をすればまた再流行の恐れがあります。
    ましてはイタリアは本当にひどい状況。簡単におさまるとは思えないのです。

    それから、もう1つは仮に来年に延期した場合、航空会社の経営体力が持つかどうか。
    今から12年ほど前、アリタリアが破産の危機に陥り(アリタリアの場合は何度も危機的状況になってますが)、飛行機が飛ぶかどうか、本当にハラハラさせられたことがあります。

    そういう不安要素がつきまとう中、航空券を持っておくのはリスキーだと判断したわけです。
    コロナが収束して、世の中が落ち着いてから、一から旅行の計画を練り直します。

    実は6月出発で、欧州行きの航空券を持っています。
    これは直前まで放置です。
    ホテルも前日までキャンセル料無料で押さえてあるので、今後の状況によって考えます。
    本音を言えば、当分コロナ禍が続きそうなので、出発日が無料キャンセル該当になるのを待っているという感じです。

    お礼

    こんにちは。
    お返事ありがとうございます。
    これからベストシーズンに入るのにこんな状況になるとは、、、ですね。
    いつ終息するからわからないので今延期したとしても予定が立てづらいですし、今の時点で変更手数料無料が2月末なのでギリギリまでまって来年の夏ぐらいまで伸びないか、キャンセルは規定通りの料金がかかるので待ってみようかと思います。
    もし、渡航が解除されたとしてもピリピリした状況でも楽しめなさそうですし、お互い6月出発直前まで待って良い結論が出せるといいですね。

    参考になるご意見ありがとうございました。
    また機会がありましたら、宜しくお願い致します^_^
    (by jasmineさん)

    問題のある投稿を連絡する

    luceさん

    luceさん

  • 回答日:2020-03-28

    私は疫学の専門家ではありませんが、私の意見は次のように今回のコロナの感染者数が横ばい又は減少するのには一年以上かかると思います。その時期の正確な予測は困難です。
    1.新コロナウィルスの感染者がゼロになる時
    a すべての保菌者が発見され治療済
    b すべての人間に抗体ができた時
    全員が感染した場合又はワクチンにより抗体ができた時
    2.新コロナウィルスの感染者が減少する又は横ばいになる時
    a 60%以上が感染
    一度感染した者は抗体を持ち、新しい感染者が他の者を感染させようとしても抗体をもった者が新しい感染者をブロックし、新たな感染者数は横ばい又は減少する。ドイツのメルケル首相がドイツ人は最大60%まで感染するだろうと言っているのはこのことを言っていると理解しています。
    b 60%以上が感染するまでの期間
    ノルウェーの新コロナウィルス件数3月24日現在
    検査件数70608(ノルウェー国民の14%)
    陽性件数2566(本日追加196)
    病院入院212
    重篤51
    死亡12(本日追加2)
    検査は無作為に行われたかどうかはわからないが、無作為に行われたと仮定すると、検査件数の3.6%が感染していることとなる。
    ノルウェー国民全員を検査した結果も3.6%であると仮定すると、約4週間で3.6%の感染が生じ、ノルウェー国民の60%が感染し、新たな感染者数が減少又は横ばいになるのは、さらに約一年間必要になると予測する。
    ノルウェーも外出禁止、入国禁止している。この結果医療崩壊は起こしてないようであるが、国民が抗体を持つには相当長くかかると予測する。
    3.現在各国政府がとっている政策と参考番組
    外出禁止、外出自粛などの政策は感染者の増加を抑制し、医療崩壊を防ぐためである。
    BSフジプライムニュースでは多くの有用な知識を提供し、スマホなどから番組を見ることができるため推奨する。
    日本を含めた世界各国の状況を理解することができる。
    4.各国の感染状況を決める要因
    a 文化的な要因
    新コロナウィルスの感染拡大要因
    身体的な接触(ハグ、キス、握手等)が日常的に行われている。
    大声で話す。飛沫が飛ぶ。
    集団での会食が多い。
    マスクのように顔を覆うことを嫌う。学校ではマスクをとれと言われる。
    手洗い、入浴などの習慣がない。
    b 医療保険制度の普及と効率化
    医療保険制度が普及していることは感染者の把握には役立つが、医療費の削減と効率化を求めることにより、ベッド数、医師、看護婦が削減されている場合は、
    今回のような、パンデミックへの対応は不可能となる。死者数の増加の要因となる。
    c 中国からの移民、渡航者
    中国と交流の多い地域ほど、定住者が多いほどウィルスが持ち込まれている。
    d モラル
    政府の指示に従うのか、陽性者が発見された場合はその施設は自ら発表し、施設を閉鎖するのか、それとも隠そうとするのか、都市の封鎖が行われようとした際は、その前に逃げ出そうとするのか。

    お礼

    こんにちは。
    ご意見ありがとうございます!
    まだまだ終息には時間がかかりそうですが、今年は厳しそうですね。
    理解した上でギリギリまで待って結論を出したいと思います。
    貴重な情報ありがとうございました。
    また機会がありましたら宜しくお願い致します^_^(by jasmineさん)

    問題のある投稿を連絡する

    kirstiNorgeさん

    kirstiNorgeさん

  • 回答日:2020-03-26

    ワクチンが大量生産されるまではコロナの問題は収束しませんよ。

    感染者が少なくなってある程度落ち着くことはあるでしょうが、また逆輸入されて2次的流行の可能性もあるでしょうから。

    希望的観測ならいくらでもできますが、完全に収束して旅行客がイタリアに戻ってきたのを確認されてから計画を立てられた方がよろしいかと。

    イタリアではアジア人に対する感情もかなり悪化したでしょうしね。
    今はまだ表面化していないような問題も今後起きてくるかもしれません。
    色々な状況をみながら慎重に行動されるのをお勧めします。

    お礼

    こんばんは^_^
    ご回答ありがとうございます。
    冷静なご判断でご最もです!
    最悪延期のプランも考えた上でギリギリまで検討しようと思います。
    いくら行けたとしてもまだまだ自粛状態、ピリピリした状況だったり、マスク着用など普段と違う状況はなるべく回避したいと思ってます。
    貴重なご意見ありがとうございます!
    またの機会がありましたら是非宜しくお願いします!
    (by jasmineさん)

    問題のある投稿を連絡する

  • 回答日:2020-03-26

    電話できいた話で
    ベルガモのイタリア人は、夏には収束を願いつつ南部の高齢の母が心配してベルガモにくるのは10月に予定してると言ってます。医療的な動きはまったく私はわかりませんがユーロは新学期の秋には期待しているという感じでした。

    イギリスのニュースでまだここまでになる前に6月末に収束すればいいとありましたが、どうなることやらですね。
    イタリアのベルガモの状況がほんとにこれまでにない悲惨さで落ち込んでましたので、精神的にもどのくらいで立ち直れるのか心配になります。

    追加料金で延期できるなら様子をみて決められても良いのではと思いました。

    お礼

    こんにちは^_^
    お返事ありがとうございます。
    イタリアはピークにもまだなってないともテレビで聞きました。
    悲惨と伺うと本当に心苦しいです。
    これからどうなるのか、終息の見通しもつきませんが、まだ少しだけ考える日にちがあるのでギリギリまで検討します。
    貴重なご意見ありがとうございました。
    追加料金での延期もプランとして検討したいと思います。
    またの機会がありましたら是非アドバイス宜しくお願いします^_^
    (by jasmineさん)

    問題のある投稿を連絡する

  • 回答日:2020-03-26

    こんにちは

    私も4月のヨーロッパ旅行を延期しました。
    楽しみにしていたので悲しいですが、早くも気分を切り替えて、いつ行くか?来年の同じ時期にするか?などと考えています。

    実は6月後半にも旅行を予定しており、それまでには落ち着くことを願って、まだ延期は考えていません。
    様子を見ながら…かなと。
    延期を決めるとしたら、1ヶ月前くらいになると思います。
    (4月の旅行も、航空会社のアナウンスを待っていたこともあり、今日払い戻ししました)

    さて、延期をする場合いつにするか?は、この旅に何を期待するか、によるとは思うのですが、

    ・2月にした場合
    まず、カッパドキアの気球を心配されていますが、私は1月に行ったときに乗ることができました。
    写真で見る、いわゆるカッパドキア!とは違う、真っ白な雪景色を空から見ることができ、とてもいい経験ができたので、確率の問題もありますが、もし乗ることができるとすれば、オススメの時期ではあります。
    とても寒いですが、観光客も少ないですし…。

    ロヴィニは行ったことがないので、ノーコメントで。

    ヴェネツィアのカーニバルは、やはり素晴らしいです。カーニバルでない時期も十分綺麗ですが、初めてであれば、オススメしたいです。

    まとめとしては、
    カッパドキアの雰囲気 ○
           気候  ×
        気球の確率  ×〜△
    ロヴィニ       ×
    ヴェネツィア雰囲気  ○
        カーニバル  ○
    手数料面       ○
    コロナへの安心度   ○?(希望的観測)

    ・4月以降にした場合
    カッパドキアの気球は、何月になれば確率が上がるのでしょうか?行っていない時期なのでちょっとわからないのですが…。気候は夏のように暑すぎず、ちょうどいいかもしれないですね。

    ヴェネツィアは、カーニバルこそないですが、もともとない時期に行く予定でいらっしゃったことを考えると、なくてもいいのかな…?とも。

    まとめると、
    カッパドキアの雰囲気 ○
           気候  ○
        気球の確率  △〜○?
    ロヴィニ       ○
    ヴェネツィア雰囲気  ○
        カーニバル  ×
    手数料面       ×
    コロナへの安心度   ○?(希望的観測)

    →ここまでの比較では、元々の予定や目的に近い(あるいは同等の)ものを求めるか、手数料を節約するか?ですね。手数料が、いくらかにもらよりますが。


    ・今年6月末予定通り
    理想は、事態が収束して、予定通り行けることですよね!

    カッパドキアの雰囲気 ○
           気候  ×
        気球の確率  ○
    ロヴィニ       ○
    ヴェネツィア雰囲気  ○
        カーニバル  ×
    手数料面       ○
    コロナへの安心度   未定


    変更や払い戻しにはまだ時間があるので(来年2月や4月なら、5月でもまだ希望の便が取れるという前提で言ってます…)、今は「延期する場合、どうするか?」だけ考えておき、様子を見るのはいかがでしょうか。もしかすると、予定通り行けるようになるかもしれませんし、コロナ禍が長引いて手数料かからず4月以降に変更できるようになるかもしれませんし…。
    そわそわしてしまいますが、今は、選択肢の用意だけしておいて待つ、がいいのではないでしょうか。

    早く元に戻るよう、祈りましょう…

    お礼

    meme0128さん、こんにちは。
    とても丁寧なご回答ありがとうございます。

    せっかくのご旅行、気分を入れ替えられて良かったです。
    終息の見通しもつかないので色々なプランを立ておかないとバタバタしますよね。
    私も1か月前(5月いっぱい)まで様子をみてみます。

    手数料がギリギリかからない2月ならカーニバルが見れるかなと思いましたが、ホテルが高め?の設定とやはり初夏に行きたい気持ちが強いのでプランの候補として検討してみたいと思います。
    カッパドキアの気球の雪景色は惹かれますね。
    あとは確率の問題ですかね。
    貴重な情報ありがとうございます。

    仰る通り、延期する場合どうするか?
    のプランをいくつか立てようかと思います。
    お互い楽しめた!って思える旅行ができるといいですね。
    まだ決断するまで時間あるので私も祈ります!
    沢山の情報を細かくアドバイスしていただきありがとうございました!
    また何かありましたら是非ご意見お願いします。
    (by jasmineさん)

    問題のある投稿を連絡する

    meme0128さん

    meme0128さん

  • 回答日:2020-03-26

    こんにちは。イタリア在住の者です。
    ご存知の通りイタリアでは現在、ウイルス封じ込めのための対策をかなり強化しています。
    その効果があらわれれば、個人的には6月末頃には今より落ち着いているのではないかと思いますが、毎日のように状況が変わる今は、なかなか先の見通しがつきません。
    変更できるギリギリのタイミングまでは様子を見るのがよろしいのではないでしょうか?
    繰り返しになりますが、個人的にはその頃には完全収束とはいかないまでも旅行できるようになっているのではないかと思いますし、そうなってくれることを望みます。

    お礼

    こんにちは^_^
    大変な状況の中お返事ありがとうございます。
    終息がいつにらなるかわからない状況ですし、
    仰る通りギリギリまで様子をみます。
    romagnaさんはじめ、イタリアの皆さんが1日でも早く通常の生活に戻れることを祈ってます。(by jasmineさん)

    問題のある投稿を連絡する

    romagnaさん

    romagnaさん

イタリアの観光・遊ぶ カテゴリー別〜 クチコミ・Q&A等の情報をまとめたページです

PAGE TOP