旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

ホテル ブルク トレンデルブルク Hotel Burg Trendelburg

カッセル

住所 Steinweg 1, Trendelburg

地図・アクセス

チェックイン1500 チェックアウト1030
特徴
  • 空港送迎
  • 日本語スタッフ
  • 無料Wi-Fi
  • プール
  • キッチン

施設・サービス一覧

みんなの満足度 実際に宿泊されたトラベラーのクチコミ評価をもとに、クチコミ総合評価として表示しております。
3.31 クチコミを見る(5件)

※フォートラベルはクチコミサイトという性質上、施設情報は保証されませんので、必ず事前にご確認のうえご利用ください。

    メルヘン街道の目玉:ラプンツェル(髪長姫)の古城ホテル トレンデルブルグ城

    5.0 旅行時期:2019/09 (約12ヶ月前)
    jijidaruma

    男性/カッセルのクチコミ:6件

    <2019年ドイツの初秋:メルヘン街道と木組み建築街道の旅>
    期間:2019年9月18日(水)~10月03日 (木)
    (14泊+機中1泊=15泊16日間の旅)

    9月28日(土) 72km 、曇りのち晴れ、14℃~16℃

    *起床6:00、朝食7:50~8:20、Hannoversch Muendenハノーフェルシュ・ミュンデンの市内見物8:45~10:35、11:00出発 =>B3・ B80 17 km Veckerhagenフェッカーハーゲン11:15~12:00 =>K52 L3229 12 km Dornroeschenschloss Sababurg古城ホテル いばら姫のザバブルク城12:17~13:00=>K56・L763  13 km  Hotel Burg Trendelburgホテル ブルク トレンデルブルク 13:30~14:05 

    ザバブルク城を13時に出発した。村道を13 km走ると、人口6000人という小さな木組みの家の並ぶ村の中心に、Hotel Burg Trendelburg古城ホテル ブルク トレンデルブルクが見えて来る。  
    トレンデルブルグ城もラインハルトの森の中にある。グリム童話の赤頭巾ちゃんの話が生まれたラインハルトの森は実に広大なのだ。
    丘陵地帯に茶色の高い塔が見えてくる。あれが名高い“ラプンツェルの塔”だ。

    <Trendelburgトレンデルブルク>
    13:30~14:05

    ザバブルク城と同じく、1977年5月のPfingstenフィングステン(聖霊降臨祭)の4日間の休みを利用した家族旅行(メルヘン街道)、1982年7月の日曜日に一日で700kmのドライブ旅行(カッセルからハーメルンまでのメルヘン街道)と二度、この古城ホテルを訪れているが、二度ともテラスレストランで、ティータイムを取っただけで、泊まりませんでしたが、漸く2005年の旅で1泊することができた。
    2013年10月16日(水)にも訪れた。2013年の時はヴァルデック城をスタートし、カッセルやハン・ミュンデンを経由し、フュルステンベルクを再訪、カールスハーフェンからトレンデルブルク、サバブルク、カルデンと巡り、ヴァルデック城に戻った。
    今回はフェッカーハーゲン、サバブルク、トレンデルブルクと行程が逆になる。
    今年も又再び訪れたが、ぐるりと回遊するだけだ。

    <Burghotel Trendelburg古城ホテル トレンデルブルグ城>
    D-34388 Trendelburg 、 Steinweg.1
    TEL:49(0)5675-9090、FAX:-9362
    http://www.burg-hotel-trendelburg.com/de/

    4星・全22室。この城は1303年コンラッド3世伯爵が建てたのが始まりと云われている。大火災や戦乱に巻き込まれ、城は2度も炎上したものの、その都度修復され、その後も幾多の変遷をへて、1948年この城主の末裔によって、6室のみのホテルが開業された。
    今は中世の雰囲気をもつ古城ホテルとして、メルヘン街道の目玉になっていて、世界中からやって来る観光客の人気も高い。

    古城前の駐車場に車をおき、60mぐらい歩くと、ラプンツェルの塔が目に入る。
    細い橋を渡って、狭い城門をくぐり、石畳の城内に入ると、カスターニアン(とちの木)の大木、見張り塔が目に入ってくる。

    高い塔にはラプンツェルの長い髪を模したロープが下がっていた。以前はここまでやっていなかった記憶だが、ディズニー映画の影響もあるのだろう。
    1907年発行のグリム童話では『魔女に閉じ込められたラプンツェルが塔から長い髪を垂れ下げ、王子に助けてもらった』という話が載っていて、トレンデルブルグの塔は其のモデルに使われたそうです。

    テラスから周辺のラインハルトの森を遠望する。以前は見なかった大きな建物が下に見える。宿泊施設や駐車場・広場といったものだが。こうして森も少しずつ少なくなっていくのだろう。
    塔には登る元気は無いので、古城ホテル トレンデルブルグ城の内部を見せてもらう。城内に入ると、歴史の重みを感じさせる、武具、アンチーックな家具、調度が見事である。
    近年に改装した様子で、Burgrestaurantブルクレストランもきれいになっていた。
    ホテル内の装飾はいろいろと加えられて、古城の雰囲気も増していた。
    ラインハルトの森、赤いレンガ屋根の家々、緑の畑が一望でき、ロマンチックである。
    秋には鹿、猪、キジ、茸など、ラインハルトの森の恵みを受け、ホテル自慢の料理を提供するそうである。


    私共にとって特別のニュースはホーフガイスマルに向かう道で、ディーメル川の岸辺に立つ「Trendulaトレンドゥラの木像」を発見し、漸くその姿を撮った事だろう。

    Diemelディーメル川(ヴェーザー川の支流:全長110.5km)でいったん止まり、木像の写真を撮ってからトレンデルブルクを14:05に出発した。

    ・・・・・


    • ラプンツェルの塔と古城ホテル トレンデルブルグ城

      ラプンツェルの塔と古城ホテル トレンデルブルグ城

    • ラプンツェルの塔

      ラプンツェルの塔

    • カスターニアン(とちの木)の大木

      カスターニアン(とちの木)の大木

    • ラインハルトの森を遠望する

      ラインハルトの森を遠望する

    • ブルクレストラン(左)とテラスレストラン

      ブルクレストラン(左)とテラスレストラン

    • 古城ホテルのブルクレストラン

      古城ホテルのブルクレストラン

    • 眠れる騎士(1530年頃)

      眠れる騎士(1530年頃)

    • 古城ホテル内の部屋

      古城ホテル内の部屋

    • 客室への階段、甲冑

      客室への階段、甲冑

    • トレンデルブルグ城のトレンドゥラ像

      トレンデルブルグ城のトレンドゥラ像

    利用目的
    観光
    同行者
    カップル・夫婦(シニア)
    コストパフォーマンス
    評価なし
    サービス
    評価なし
    バスルーム
    評価なし
    ロケーション
    評価なし
    客室
    評価なし

    ※利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

    いいね:6

    いいね!

    ホテル ブルク トレンデルブルク クチコミ一覧(5)

    jijidarumaさんが泊まったホテル

    jijidarumaさんが行った観光スポット

    jijidarumaさんが行ったレストラン

    jijidarumaさんが行ったショッピング スポット

    jijidarumaさんが利用した交通機関・関連施設