トラベルマガジン - 思わず旅に出たくなる!旅ガイドまとめ

日常に旅の楽しみをお届け!友だち追加

フィリピンおすすめお土産15選!定番のお菓子から人気の雑貨まで!

フィリピンおすすめお土産15選!定番のお菓子から人気の雑貨まで!

photo by ミンキーさん

ショッピング 2019/06/14

4travel.jp

フォートラベル編集部

フィリピンには特産の果物を使ったお菓子や雑貨、独特な銘菓、安価に買える真珠などさまざまなお土産があります。クセが強いけれど魅力的なお土産の数々をご紹介!

※この記事では、1ペソ:2円で計算しています。

フィリピンのおすすめお土産をご紹介!

1. ドライマンゴー

フィリピン土産の定番「ドライマンゴー」。スーパーに行くと、場所によっては何十種類も売られていて何を買うべきか迷ってしまうかもしれません。いくつか食べ比べてみるのも楽しいですが、無難に選ぶのであれば「7D」がおすすめ。ファスナー付きの袋に入っており保存がしやすいのも、お土産に選びやすいポイントです。

旅行記:セブ 3日目 市内観光と買い物

ミンキーさん

7Dドライマンゴーこれ人気ね。チョコ付いてないやつをヨーグルトに1日漬けておいて食べるのにハマってます。もっと見る

2. バナナチップス

ドライマンゴーと並ぶフィリピンの定番お土産「バナナチップス」。ドライマンゴー同様、多くの種類のなかから選ぶことになります。なかでも人気を集めているのが「JOVY’S」。バナナのくさみがないのに本来の味が楽しめるという、いいとこ取りのバナナチップスです。こちらもファスナー付きの袋に入っているので、お土産にしやすいのがポイント。

3. パンシット・カントン

「パンシット・カントン」とは、フィリピン風焼きそばのこと。スーパーや薬局などでインスタント麺が売られており、1袋8ペソから10ペソ(約16円から20円)ほどで購入することができます。メーカーによりますが、たとえば代表的な「Lucky Me!」には5種類ほど味があり、オリジナルのほか、カラマンシー(かんきつ系)味やチリマンシー(カラマンシー&とうがらし)味などが人気です。

4. ポルボロン

もともとはスペインのお菓子でしたが、スペインの植民地であったフィリピンでも広まり、今も食べられているお菓子です。甘さ控えめなものが多く、ホロホロした食感が特徴です。ちんすこうをイメージすると近いかもしれません。小分けになっているタイプはばらまきお土産にぴったりです。

旅行記:子連れでセブ その8☆その他・帰国・お土産編☆

マスヲさん

ちんすこうとらくがんを合わせたような食感です。おばちゃんうけしそう!もっと見る

5. オタップ

「オタップ」は、セブ島発祥のパイ菓子です。源氏パイ、うなぎパイに近いお菓子で、日本人は非常に親しみやすいのではないでしょうか。値段は店舗やメーカーによって異なりますが、200gであれば50ペソから70ペソ(約100円から140円)、400gであれば100ペソ(約200円)ほどで購入できます。

6. ピーナッツキス

「ピーナッツキス」は、ピーナッツを練り込んだクッキーで、ボホール島のお土産として知られています。ボホール島以外のスーパーでも購入可能で、200gで50ペソ(100円)ほど。ピーナッツの風味を強く感じることができるので、ピーナッツ好きな方のお土産にぴったりです。

7. ナガラヤ

ピーナッツを使用したお菓子の多いフィリピンで、もう1つ人気の高いピーナッツ菓子をご紹介。ピーナッツを甘い衣で包んでシーズニングをまぶした「ナガラヤ」はお酒のおともにぴったりの一品。目安ではありますが40gが9ペソ(約18円)、80gが17ペソ(約34円)、160gが34ペソ(約68円)程度で売られています。場所によっては10袋入りが20ペソ(約40円)ほどで購入できる店舗もあるようです。発見できたらラッキーですね!

8. サルバロ

「サルバロ」はココナッツのクラッカーです。クラッカーと言えば塩味で、ハムやチーズなどとあわせて食べるものという印象が強いかもしれませんが、サルバロは甘いクラッカーです。甘過ぎるのではなく、ちょうどよい甘さなのが特徴で、食べ始めると止まらなくなってしまいます!

9. シルバナス

やわらかいメレンゲケーキでバタークリームを挟んだ「シルバナス」は、ネグロス島・ドゥマゲティの名物です。軽い食感で中毒性があるお菓子。冷やして食べるのがおすすめです。スーパーなどで10個入り150ペソから170ペソ(約300円から340円)ほどで販売されています。

旅行記:セブ 3日目 市内観光と買い物

ミンキーさん

メレンゲ風の焼き菓子で、周囲にピスタチオが塗してあり、中にバタークリームが入っている伝統的なスウィーツです。冷凍で売られています。ホテルで食べた味がとても美味しかったです。もっと見る

10. はちみつ

フィリピンのはちみつ好きには有名なボホール島の「ボホール ビー ファーム」をはじめとして、数多くの養蜂場がフィリピンにはあります。比較的安価でバリエーション豊かなはちみつはお土産にぴったり。あくまで目安ではありますが、200g90ペソ(約180円)ほどで購入することができます。また、とうがらし入りのはちみつなど、珍しい種類が販売されているのも特徴です。

11. ブコパイ

「ブコパイ」は、避暑地として人気なタガイタイの銘菓です。ブコはタガログ語でベビーココナッツという意味なので、ココナッツパイという意味です。中にココナッツの果肉が入っているお菓子。食べる機会はあまりないであろうココナッツの果肉をぜいたくに食べることができます。値段の目安は1ホール200ペソ(約400円)前後。

旅行記:クリスマス前の光輝くマニラで毎日ハロハロを食べる

鹿野健太郎さん

タガイタイの名物ブコパイ(ココナッツパイ)もお土産で買ってきました。素朴な味わいです。もっと見る

12. バナナケチャップ

ケチャップと言うと、日本ではトマトケチャップを指しますが、世界にはマッシュルームケチャップや、クルミケチャップなど、さまざまな種類のケチャップがあります。フィリピンでひんぱんに使用されているのはバナナケチャップ。トマトが不足していた第二次大戦時に、豊富にあるバナナを代わりに使い始めたことから広がりました。バナナに砂糖やスパイスをくわえて作られており、甘みが強く感じられるのが特徴。フィリピンの味を日本で感じることができます。

13. 真珠

フィリピンでは真珠を安く購入することができます。たとえば真珠のピアスが50ペソ(約100円)ほどと、日本では信じられないような価格で売られているのです。特にマニラの「グリーンヒルズ ショッピングセンター」は、手ごろな値段で豊富な真珠製品を取り扱っていることで知られています。

14. パパイヤ石けん

パパイヤ石けんには、抗酸化作用、美白効果などがあると言われています。日差しの強いフィリピンでは美白コスメが豊富で、迷ってしまうほど多くの種類のパパイヤ石けんが売られているのです。なかでも人気なのは135gで30ペソ前後(約60円)と安価な「Silka」と、120gで80ペソ(約160円)と比較的高価なオーガニックブランド「GT」。Silkaも評判のよいブランドなので、強いこだわりがなければSilkaのほうがコスパ的に満足できるかもしれません。

旅行記:感謝!アジア周遊マイル特典⑤最終目的地マクタン(フィリピン セブ) フィリピン入国時、15才未満片親注意!  マゼランクロスとスーパーマーケット

まむーとさん

職場の後輩が「洗顔が楽しみになった」と言ってくれた。ほんと!洗顔に使ってみたら良かった!パパイヤ石鹸で洗顔するとさっぱりしつつ、つっぱらなかった。もっと見る

15. ココナッツオイル

世界でもトップクラスのココナッツオイル生産国フィリピンには、ココナッツ庁という官庁があり、製造業者に対して品質管理の指導などを行っています。そのため品質が高く、生産量も多いため比較的安価なココナッツオイルを手に入れることができるのです。メーカーによりますが、250mlで150ペソから200ペソ(約300円から400円)程度で購入することができます。

フィリピンのおすすめお土産を紹介しました!

フィリピンのおすすめお土産いかがでしたでしょうか? 欲しいお土産が見つかったら、フィリピンへの旅を計画してみませんか?フィリピンのお得なツアーを探す

この記事で紹介しているエリア

※メニューや料金、満足度の評点や施設データなどは、配信日時点のものです。

※当サイトに掲載された情報については、十分な注意を払っておりますが、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!

\その他の公式SNSはこちら/

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

フィリピンの特集

フィリピンの特集一覧

ショッピングの特集

ショッピングの特集一覧