トラベルマガジン - 思わず旅に出たくなる!旅ガイドまとめ

ボーナス×旅に関する意識調査

調査レポート 2013/12/09

4travel.jp

フォートラベル編集部

昨今、アベノミクスによる経済効果や景気回復の影響で、一部企業での賃上げやボーナス支給額の増額が話題となっています。そこで、フォートラベルユーザー(会社員、公務員)を対象に、ボーナス(冬季賞与)への期待度や、今後の旅行計画への影響について意識調査を実施しました。

ボーナスは「例年通り」58.2%、「期待できない」22.1%。アベノミクス効果の恩恵は受けられず!?

16

 今年の冬季ボーナスは期待できるか聞いたところ、「例年通り」と回答した人がもっとも多く58.2%。続いて「期待できない」(22.1%)、「そもそもボーナスがない」(13.1%)、「期待できる」(6.6%)の順となった。11月中旬に実施した本調査においては、報道で取りあげられている経済効果の影響は見受けられない。ただし20代については、「期待できそう」と回答した人の割合が大きく12.6%となり、全体平均の倍以上と期待が高い。なお、年代が上がるにつれて「期待できる」という回答は減少する傾向にあった。

ボーナス支給額は旅行計画に「影響しない」63.1%。“旅行費用の捻出”により意見は割れる。

17

 次に、ボーナスの金額が今後の旅行計画に及ぼす影響について聞くと、「ボーナス支給額は旅行に影響しない」と回答した人は63.1%、「影響する」と答えた人は36.9%。6割を超える人がボーナス支給の状況は、旅行計画に影響しないと回答した。 「影響しない」と答えた人に理由を聞いたところ、「もともと旅費はボーナスから出していない(旅費は普段から積み立てている)」「(年俸制などで)ボーナス支給額は直接関係ない」などのコメント、更に「ボーナスの増減にかかわらず、行きたいところに行く」「ボーナス支給額に旅行計画を左右されたくない」という意見もみられた。「影響しない」と回答した人については、旅行に関する支出の優先度が高く、旅行することを前提に、決まった支出として日頃から旅費を確保している人が多いようだ。
 一方で、ボーナス支給額が旅行計画に「影響する」と回答した人からは、「ボーナスを旅費に充てているので、増減によって旅行にかける金額が変わる」「月々の給与は生活資金、ボーナスは旅費など娯楽資金と考えているので影響がある」「ボーナス額が増えたら、旅行に充てる金額をもっと増やしたい」「金銭的に余裕がないと、旅行しようという気にならない」といった意見が寄せられた。
 旅行への影響度については、日頃旅費をどこから充当しているかが影響し、フォートラベルの利用者においては旅行の優先度が高く、日頃から旅行費用を確保している人が多いことが読み取れる。


□調査概要
調査方法: フォートラベルサイト内でアンケートを実施。
調査期間: 2013年11月8日 - 2013年11月14日 の7日間
調査対象: フォートラベル会員(有効回答数:747件)

□データ利用について
1.掲載に際しては「旅行のクチコミサイト フォートラベル(https://4travel.jp/)」と必ず出典元を明記をしてください。
2.掲載の写真は貸与が可能です。元画像をご希望の場合は当社までご連絡ください。
3.本レポートは情報提供を目的としています。掲載したデータ等の正確性・確実性については、その内容を完全に保証するものではありません。また、本調査結果の利用者がこれらの情報を用いて行う判断の一切について責任は負いません。
4.本レポートのご利用にあたっては、以下の事項を禁止いたします。
・本レポートを改竄して使用すること。
・本レポートを第三者に対し有償で提供すること。

※メニューや料金、満足度の評点や施設データなどは、配信日時点のものです。

※当サイトに掲載された情報については、充分な注意を払っておりますが、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP