レンソイス マラニャンセス国立公園
Lencois Maranhenses National Park

ブラジル連邦共和国/マラニャン州

真っ白に輝く広大な砂丘が一面に広がる

ブラジルの北東部、プレキサス川の河口に約15万5000haにわたって広がる真っ白な砂丘。衛星写真でも確認できるほどの広大な砂丘地帯が、1981年に国立公園に指定されたレンソイス マラニャンセス国立公園です。ポルトガル語で、「レンソイス」は「シーツ」、「マラニャンセス」は「マラニャン州の」という意味。まるで真っ白なシーツが敷かれているように見えることから、「マラニャン州のシーツ」という名が付けられたそう。“白砂漠”とも呼ばれるこの砂丘が真っ白に輝く秘密は、砂の成分。砂丘の砂のほぼ100%が、水晶の原料として知られる石英という鉱物で、それが太陽光に反射して白く見えるとか。この石英は、公園より100km南に流れるパラナイーバ川によって内陸部の大地から削られ、大西洋へ運ばれたもの。海流によって石英だけが海岸に打ち上げられ、強風で公園まで吹き飛ばされて積もり、長い年月をかけて現在の砂丘ができあがったのです。

雨季にだけ現れる湖との美しいコントラスト

まるで雪が降り積もったかのように、真っ白な砂丘が一面に広がる景観だけでも見る価値はありますが、雨季にだけ現れる湖(ラゴーア)との共演は、見まごうことなき絶景。1月から6月の雨季の間に降り注いだ雨によって、砂丘の谷間にエメラルドグリーンの湖がいくつも浮かび上がり、雨季の終わりには白とブルーの美しいコントラストが楽しめます。湖にはどこからともなく現れる魚が生息しており、湖が干上がってなくなると魚も姿を消すため、いまだ謎の存在となっています。この湖で泳ぐことも観光のメインイベント。乾季には干上がってしまうため、湖は5月から9月が見頃となっています。砂紋が織り成す幻想的な陰影や、砂丘の壮大なスケール感を楽しむなら、乾季の景色もおすすめです。

連なるラゴーアを上空から眺めるのが醍醐味

レンソイス マラニャンセス国立公園へは、マラニャン州の州都サンルイスから約260km、車で4~6時間のところにあるバヘリーニャスという町が観光拠点となります。さらに、バヘリーニャスからレンソイス マラニャンセス国立公園までは車で約1時間かかります。道なき道を走り、川を渡るなど、砂丘へは長く険しい道のりが続くため、現地ツアーに参加するのが一般的です。また、上空から砂丘を一望できる遊覧飛行ツアーもおすすめです。遊覧飛行で砂丘の全景を見下ろしたあと、実際に足を運んでみてください。簡単には行けないから秘境であり、苦労して訪れるだけの価値がある絶景が待っています。時間によって変化を見せる砂丘の表情を、白砂漠が黄金に輝くサンセットまで満喫したい。

みんなの旅行記

空からの大絶景へTake off!~波打つ白い砂漠と青い湖~レンソイス白砂漠 ☆ ブラジル 二大絶景への旅③

空からの大絶景へTake off!~波打つ白い砂漠と青い湖~レンソイス白砂漠 ☆ ブラジル 二大絶景への旅③

by コージさん

白い砂漠と青いラグーンが作り出す現実離れした光景!それを,この目で見て,そのラグーンで泳ぐのが夢でした。

この世界にあらざる風景@レンソイス

この世界にあらざる風景@レンソイス

by れいろんさん

今、世界の秘境や絶景なら、テレビ番組で見聞きすることができますよね。何日も滞在して撮影する映像は、一観光客が限られた日程で見学するより、素晴らしいのではないでしょうか?

念願のレンソイスマラニャンセス国立公園!!

念願のレンソイスマラニャンセス国立公園!!

by teaさん

お盆休み、念願だったレンソイスレンソイスマラニャンセス国立公園へ。今回も旅の先輩Oさんに連れて行ってもらう。今回は飛行機も順調に飛び、すべて予定通りに。ラグーンで泳いだり、セスナで遊覧飛行したり、大自然を満喫しました♪♪

絶景 - Superb view around the world

他の絶景スポットを見る

PAGE TOP