マチュピチュ Machu Picchu

ペルー/クスコ州マチュピチュ

険しい山の頂にこつ然と現れる、天空の都市

マチュピチュとは、原住民のケチュア語で「老いた峰」の意味。険しい山々がそびえるウルバン渓谷の山間にあります。標高2,400m超の断崖の上に、石組みの整然とした都市がこつ然と現れる様子はまさに圧巻。山の麓からは見ることができないため、「天空都市」「空中都市」とも呼ばれています。この街ができたのは15世紀のこと。当時、絶大な力を誇っていたインカ帝国の皇帝の命によって建設されたといわれています。しかし、16世紀半ば、インカの人々は突如、マチュピチュを放棄。以後、400年以上もの間、その存在は忘れられていました。しかし、1911年、アメリカの歴史学者ハイラム・ビンガムが、草に覆われて廃墟となったマチュピチュを発見。外の世界に再び存在が知られることとなったのです。

何のために、どうやって? いまだ謎がいっぱい

マチュピチュは謎に包まれた都市です。そもそも、インカの人々は何のために、このような山深い場所に街を築いたのでしょうか。「侵略してくるスペイン人から逃れるため」「スペイン人への復讐の作戦を練るため」「王族の離宮として使用された」「太陽に祈りを捧げるための儀礼の場だった」など、さまざまな説があるものの、いまだに真相はわかっていません。また、建材である巨大かつ大量の石をどこから、どのように運んできたのか。それも解明されていない謎のひとつです。マチュピチュは一生に一度は行きたい絶景スポットとして有名ですが、このように神秘のベールに厚く包まれている点も、多くの観光客を魅了する理由かもしれません。1983年、世界遺産に登録されました。

200以上の建物がずらりと並ぶ遺跡群

マチュピチュの総面積は約5km²。周囲は石の壁でぐるりと囲まれており、斜面に拓かれた段々畑と、神殿や宮殿など200以上の建物があります。これらの遺跡群のうちで中心的建物といえるのが、円筒状の石組みが美しい「太陽の神殿」。夏至の日と冬至の日に、石壁に設けられた2つの窓から陽光が射し込むように設計されています。加えて、マチュピチュ全体を一望できる「見張り小屋」、日時計として利用されていたといわれる「インティワタナ」、翼を広げたコンドルの姿を彷彿とさせる「コンドルの神殿」も必見です。なお、マチュピチュへは、クスコの街から列車とバスを乗り継いで4時間ほどかかります。じっくり見たいなら、遺跡近くに宿泊するツアーを選ぶといいでしょう。

ワイナチュナ登山にクスコ散策もおすすめ

足に自信がある人は、マチュピチュの後ろにそびえるワイナチュナ(ケチュア語で「若い峰」の意味)への登山はいかが? 眼下に広がるマチュピチュの景色は、きっと一生の思い出となるはずです(入場制限あり)。また、マチュピチュの玄関口であるクスコも、じっくりと時間をかけて散策したいスポット。クスコは300年以上もの間、インカ帝国の首都として栄えた歴史ある街で、インカの人々が築いた精巧な礎石と、スペインのコロニアル様式の建物が融合した街並みは一見の価値あり。世界遺産にも登録されています。せっかくペルーまで行くのなら、ナスカの地上絵まで足をのばしてみるのもおすすめです。マチュピチュとナスカ、両方を訪れるツアーもあります。

みんなの旅行記

初めての南米・クスコとマチュピチュ弾丸的ツアーその1

初めての南米・クスコとマチュピチュ弾丸的ツアーその1

by とらこさん

北アメリカに住んで6年以上になりますが、未だに南米は未踏の地でありました。今年のサンクスギビングはどこに行こうと思っていたところ、友人の南米一周の写真を見て感動し、一度は行っておかないと、と衝動的に計画したものです。

年越しボリビア&ペルー vol.2 ペルー前編

年越しボリビア&ペルー vol.2 ペルー前編

by MARIELさん

10代の頃。「行ってみたいところは?」と訊かれると、必ず「ウユニ塩湖」と答えていました。その頃は、ほとんどの人の反応が「え、それどこ??」というカンジ。しかし今回、ウユニに行くと人に言うと、多くの反応は「ああ、鏡ね!」とか「珍しくメジャーな場所に行くんだね」といったものでした。

中南米 古代文明&コロ二アル紀行2014 / 3日目(3/29)前編

中南米 古代文明&コロ二アル紀行2014 / 3日目(3/29)前編

by キートンさん

そろそろマチュピチュに行っとかないとなぁ・・・ そんな想いから始まった今回の旅。ペルー3日目、いよいよその最大の目的をかなえる日がやってきた。

絶景 - Superb view around the world

他の絶景スポットを見る

PAGE TOP