トラベルマガジン - 思わず旅に出たくなる!旅ガイドまとめ

西ロシア観光スポットおすすめ12選! 世界遺産を中心に紹介!

4travel.jp

フォートラベル編集部

ロシアの2大観光エリア「サンクトペテルブルク」と「モスクワ」は、世界遺産の多いエリアとしても知られています。今回は特に初めてロシアを旅行するという方の参考になるように、おすすめの定番観光スポットをご紹介!

西ロシアのおすすめ観光スポットをご紹介!

サンクトペテルブルク

ロシア北西部にある、同国第2の都市。「サンクトペテルブルク歴史地区と関連建造物群」の名称で世界遺産登録された施設を多く有しており、ロシア随一の観光エリアとして栄えています。今回ご紹介する8スポットはすべて世界遺産登録されたスポットです。

東京からのフライト時間:約12時間20分、1か所以上経由
気温:夏は最高気温20~25度(7月がもっとも暑い)、冬は最低気温マイナス10度前後(1月がもっとも寒い)と、日本の北海道・札幌と似たような気温です。

1. エルミタージュ美術館

「エルミタージュ美術館」は、1990年に世界遺産に登録されたロシア最大の美術館です。18世紀から19世紀にかけて建てられた王宮をそのまま美術館にしており、外観が非常に豪華。敷地は広大で、「ルーヴル美術館」に匹敵するとも言われる美術品コレクションをていねいに見るのであれば、2日は必要でしょう。チケット売り場が混み合うため、事前にオンラインでチケット購入をしておくのがおすすめです。

クチコミ:広くて、美しすぎる美術館

aiさん

雪一面、冬景色の中で見た美術館の外観は、おとぎの国のお城のように美しかったです。入館する前から、テンション上がりました。クロークに荷物を預け、身軽になって半日鑑賞しました。展示品は、撮影不可のところもありますが、おおむね撮影可能でした。カメラをお忘れなく。入館後、館内取り図の、簡単なパンフレット(英語またはロシア語)が無料で頂けるので、それを頼りに巡ると、見逃しなく廻れると思います。もっと見る

2. 宮殿広場

エルミタージュ美術館と「旧参謀本部」の間に位置する広場。モスクワの「赤の広場」と並ぶ、ロシアを代表する広場と言えるでしょう。イベントが開催されていることも多いです。広場の中央にある高さ約47.5mの「アレクサンドルの円柱」は、ナポレオン戦争の勝利を記念して建てられたもの。円柱上部にあるのは、アレクサンドル1世をモデルにしたとされる天使の像です。

クチコミ:ロマノフ王朝の文化伝統を感じさせる宮殿広場

AandMさん

訪問時にはロシア軍関係の式典が行われ、軍関係者が整列していました。このようなセレモニーが似合う広場です。広場周辺には、冬宮殿、ナポレオンとの戦争勝利を記念したアレクサンドルの円柱、旧参謀本部、などがあり、サンクトペテルブルグを代表する景観となっています。必見の広場だと思います。もっと見る

3. 聖イサアク大聖堂

エルミタージュ美術館から約1km離れたところにある聖堂。内部の装飾は豪華絢爛で、内壁や天井には聖書をモチーフにした絵が描かれ、美術品も展示されています。高さ約101mのドームは展望台になっており、サンクトペテルブルクの街を一望できるのでおすすめ。夜にライトアップされる外観を見に行くのもよいでしょう。

クチコミ:是非、展望台にも登ってみて!

shiyohさん

スケールの大きく豪華な聖堂です。遠くからも存在感があります。聖堂内部は金と孔雀石や大理石、モザイク、ステンドグラスととにかく豪華で美しいです。展望台へは別料金ですが、サンクトペテルブルクの街並みが一望できるので、ぜひ登ってみて下さい。ただし、別料金です。また、昼と夜では金額が変わるので注意が必要です。また、螺旋階段を延々と上るので、足腰が弱い方には厳しいと思います。もっと見る

4. ペトロパヴロフスク要塞

17世紀後半から18世紀前半にかけて在位したロシアの皇帝「ピョートル1世」(大帝とも)の命によって建てられた要塞。18世紀前半に行われた北方戦争において、スウェーデン軍に対抗するために建てられました。実際には、要塞としてよりも収容所として使用され、当時政治犯とされていた文豪ドストエフスキーなどが収容されたことも。中央にある「ペトロパヴロフスク聖堂」は、歴代皇帝の霊廟でもあります。

クチコミ:サンクトペテルブルグの景観を代表するペテロパブロフスク要塞

AandMさん

ネバ川にある小さな島、ザヤチ島にある要塞で川越しに見ると城壁、鐘楼、黄金色のドームなどが城塞とは思えない美しい景観を成しています。この要塞はロマノフ王朝のピョートル大帝が1703年に建造したもので、今日、サンクトペテルブルグ国立美術館の一部としてロシア歴史上最も重要な施設と見做されています。当初は城塞および監獄が主な用途だったそうです。遠方から金色の尖塔(鐘楼)は良く見え、街の象徴の一つとなっています。もっと見る

5. エカテリーナ宮殿

大広間

全長300m以上、55の部屋を有する世界遺産に登録された宮殿。第二次世界大戦時にドイツ軍の攻撃により被害を受け、2019年現在も修復中の部屋があります。修復済みの「琥珀の間」や「大広間」はまさに豪華絢爛。見どころの多い、満足度の高い観光スポットであると言えるでしょう。

クチコミ:琥珀がこんなに

あささん

最大の見所は琥珀の間ですが、そこに至るまでも豪華絢爛です。玉座の間から通路が二手に分かれますが、どちらに行くかによって見やすさ?が変わります。その点はツアーの方が見所が多い方に連れて行ってくれるので良いと思います。琥珀の間は想像以上に琥珀です。もちろん写真はNG。見張っている学芸員がめっちゃ怖いです。もっと見る

6. カザン大聖堂

1811年に建てられたロシア正教会の聖堂。ロシア正教会の有名なイコン(英語ではアイコン)として知られる「カザンの聖母」を安置するために建てられました。熱心な信者たちが祈りをささげに足を運ぶスポット。自然と厳かな気持ちになります。

クチコミ:ネフスキー通りに面しているカザン聖堂

AandMさん

ネフスキー通り南側にある立派な目につく聖堂です。聖堂前には緑地が広がり、噴水や銅像も立っています。きれいに整備されています。聖堂主要建物の両側に広がる沢山の円柱で構成された円弧状の建造物が印象的です。この聖堂の入場料は無料ですので、自由に内部を見学できます。もっと見る

7. ペテルゴフ宮殿(夏の庭園)

約150もの噴水があることで知られる「ペテルゴフ宮殿」は、18世紀前半にピョートル1世によって建てられました。その後、娘のエリザベータの命で、現在とほぼ同じ姿に改築されたという歴史があります。長年改築や修復をしていたため、バロック、クラシック、ロココなど、それぞれの時代に流行した建築様式が見られるのも魅力の1つです!

クチコミ:噴水

タータルさん

噴水で有名な夏宮。広大な敷地。インスタ映えします。海路と陸路のアプローチがありますが、海路だと反対側から宮殿に向かうことになり坂道を登ることになります。Gettでビジネスクラスを選ぶと2000ルーブル程度、船は良い1700ルーブルで、帰りは選ばないと不便な船着場になります。もっと見る

8. ハリストス復活大聖堂 (血の上の救世主教会)

純ロシア風建築のロシア正教会の聖堂「ハリストス復活大聖堂」は、1881年に暗殺された当時の皇帝、アレクサンドル2世が襲撃された場所に建てられたため「血の上の教会」とも呼ばれています。息子のアレクサンドル3世の命によって建立されましたが、手の込んだ設計であったため、完成はアレクサンドル3世の死後になってしまいました。特に時間がかかったとされる、総面積約7,500平方メートルのモザイクは必見です。

クチコミ:圧倒的

ひよこ日和さん

綺麗…とため息がでました。鮮やかな色彩で視界が一杯になります。教会内はモザイク画と色大理石で隙間なく装飾されています。美しさに圧倒される快感がありました。鑑賞を終えて外の空気を吸ったら、なんだかほっとしました。装飾の洪水に酔っていたのかもしれません。もっと見る

モスクワ

ロシアの首都「モスクワ」は2019年現在、近郊を含む都市圏の人口が約1,655万人というヨーロッパ最大の都市です。「クレムリン」、「ボリショイ劇場」といった観光スポットがコンパクトにまとまっているため、観光しやすいエリアと言えるでしょう。

東京からのフライト時間:約10時間
気温:夏は最高気温20~25度(7月がもっとも暑い)、冬は最低気温マイナス10度前後(1月がもっとも寒い)と、サンクトペテルブルクと同じような気温です。

9. クレムリン

「モスクワのクレムリンと赤の広場」の名称で世界遺産登録されているスポット。赤の広場、「モスクワ川」、「アレクサンドロフスキー公園」に囲まれた三角形のエリアがモスクワのクレムリンです。ロシアの城塞のことをクレムリンと言うため、モスクワ以外にもクレムリンはありますが、モスクワのものがもっとも有名。旧ソ連時代から政治の中枢部として機能しています。

クチコミ:モスクワに来たら必ず訪れましょう

masaさん

武器庫、ダイヤモンド庫も行く場合はいったん外に出ることになるので、最後に行くようにするか、武器、ダイヤモンド庫を先にするかした方がいいです。それ以外は、自由に回ることができます。晴れているときは、金色のドームが輝いていてきれいです。クレムリン外も噴水や緑がありきれいです。もっと見る

10. 赤の広場

聖ワシリイ大聖堂

レーニン廟

クレムリンに隣接する形で、北東に位置する広場。タマネギ型のドームが印象的な「聖ワシリイ大聖堂」、レーニンの遺体が安置されている「レーニン廟」、19世紀末に建てられた美しい外観の「グム百貨店」などを有する、モスクワ観光の必須スポットの1つです。イベントの準備期間中は敷地内に入ることができないため、事前にイベント情報などを調べておくとよいでしょう。

クチコミ:昼と夜の両方を見た方が良いと思います。特に夜の美しさは言葉にならない感動があります。

kojikojiさん

バイオハザードの映画でこの広場の夜景を見て絶対に夜に来たいと思いました。映画は当然CGですが、本物は本当に美しくて言葉が出ませんでした。そして思い出されたのはアルフォンス・ムハ(ミュシャ)のスラブ叙事詩の農奴解放の絵です。その絵のままの景色が目の前に広がっています。昼間の景色と夜の景色を比べると夜の方が数倍い良いので、時間をやりくりしてでも訪れた方が良いと思います。もっと見る

11. ボリショイ劇場

世界的に有名なロシア最大の劇場。赤の広場のすぐ近くにあるので、あわせて見に行くとよいでしょう。外観だけでもすばらしいですが、興味があるのであれば、バレエやオペラを鑑賞するのがおすすめ。2011年に改修工事が完了した劇場は、天井の壁画などが美しく芸術的な内装を楽しむことができます。

クチコミ:神殿!

肉団子さん

クレムリンに行く為にメトロ2番線のテアトラーナ駅で下車したら目の前にあった歌劇場。外観はギリシャなどにある神殿のような重厚で威風堂々とした造りがとても凄い!正面にある綺麗に整備された公園からはインスタ映えするようで多くの人が順番待ちしていた。外観観光だけでもかなり得した気分になった!もっと見る

12. セルギエフ ポサドのトロイツェ セルギー大修道院の建造物群

モスクワ中心部から約90kmと少々離れますが、モスクワに来たのであればぜひとも行っていただきたいスポット。美しい建造物が多く集まっており、1993年には世界遺産に登録されています。スポットの中心的建造物「ウスペンスキー聖堂」は、映画に出てきそうなかわいらしいデザイン。さまざまな角度から楽しむことができます。

クチコミ:行ってほしい!

あささん

モスクワからは距離があり、しかも大渋滞だったので時間がかかりました。いつも渋滞しているようです。でも時間がかかってでも行って欲しい!本当に可愛いところです。もうただただ可愛いしか言ってませんでした。どの角度で撮っても絵になります。もっと見る

西ロシア観光のおすすめスポットを紹介しました!

ロシア旅行におすすめのスポットはいかがでしたでしょうか? フォートラベルではお得なロシアのツアーを紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。最後までお読みいただきありがとうございました。ロシアのお得なツアーを探す

この記事で紹介しているエリア

※メニューや料金、満足度の評点や施設データなどは、配信日時点のものです。

※当サイトに掲載された情報については、十分な注意を払っておりますが、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP